テレアポ代行で課題解決??サービス内容や代行会社を選ぶポイントを解説

営業活動において、最初の一歩である電話での営業活動(テレアポ)。

しかしながら、多くの企業においては、営業マンが他の業務と並行して、テレアポも行わなければならないため、営業マンの負担が大きくなっているのも事実です。

この記事では、営業マンの業務軽減と営業経費削減の効果のあるテレアポ代行の基本的なサービスの特徴、テレアポ代行を活用した際のメリット・デメリットなどを解説していきます。

営業活動におけるコア業務に集中したい!そんなときはテレアポ代行を検討してみては?
営業活動と一言でいっても、その中には様々な業務が含まれます。ターゲット選定、営業リストの作成、荷電によるアポ獲得、商談、契約業務、受注後のアフターサポートなどがあります。

「アポ獲得以降の業務に集中することができたら、もっと業務効率が上がるのに…。」そんな営業担当者様の声に応えるサービスがテレアポ代行です。他で代行できる業務は代行会社に任せてみてはいかがでしょうか。業務効率改善に繋がりますよ。

営業代行会社『ウィルオブ』の資料請求はこちら

テレアポ代行とは

テレアポ代行とは、見込み顧客や見込み案件を商談フェーズに移行させるために行う面談のアポイント獲得を代行会社にアウトソーシングするサービスのことです。

案件受注の第一歩となる大切な業務ですが、ターゲットリストやトークスクリプトの準備など時間と工数がかかります。

自社で行わず代行会社へ委託することで、営業マンの業務効率向上を図る企業が増えてきているのです。

テレアポ代行と営業代行の違い

見込み顧客へのアプローチ手段として電話を使うことから、テレアポ代行と営業代行の違いが分かりづらいという声を聞くことがあります。

ここでは、具体的にはどのような部分でサービス内容が異なっているか紹介します。

テレアポ代行の特徴

テレアポ代行の特徴としては、コール業務をアルバイトスタッフが対応することがあります。

その場合、正社員で運用するより、人件費コストを抑制できるため、アポイント1件あたりの費用を安価で抑えることが可能です。

その反面、アルバイトスタッフがコール業務を行う場合、クライアント業界の経験や商材理解も不十分なケースが多く、具体的な商材の強みを訴求することができません。

質の高いアポに繋がりにくいという一面もありますが、商談の質よりもとにかく商談数を増やしたいという意図であれば、活用するメリットはあると考えられます。

営業代行の特徴

営業代行の特徴としては、営業活動の全体像を理解した上でクライアント企業へのアプローチ業務を代行するため、テレアポ代行に比べて商談の質を保つことができます。

このことから、商談件数ではなく質に重点を置かれる場合であれば営業代行が向いていると言えます。

また、電話以外の手段でアプローチした方が効果的なターゲットであれば他の手段を提案するなど、営業活動のパートナーとしての視点でクライアントに接するのも営業代行会社の特徴として挙げられます。

営業代行のサービス解説に関しましては、「営業代行会社は成果報酬型がいいの?選ぶ時のポイントや費用など徹底解説」でも解説しているので、あわせてご覧ください。

テレアポ代行のメリット・デメリット

テレアポ代行のメリット・デメリットを紹介していきますので、自社に合うかの判断材料としてみてください。

テレアポ代行のメリット

①営業活動に専念できる

テレアポから成約(受注)までをすべて自社で遂行するとなると、アポ獲得までのマーケティング領域から、受注までの商談領域までリソースが必要です。

しかし、一番重要な局面の商談獲得後のフェーズにリソースを集中させることが困難となります。

テレアポ代行に依頼すればテレアポ業務にリソースを消費せず、商談獲得後のフェーズにのみ集中できます。

②人件費の抑制が可能

前述の通り、商材理解が簡単なものであればコール業務をアルバイトスタッフが対応することも可能です。

人件費コストの抑制、つまり、アポイント1件あたりの費用を安価で抑えられます。

③プロフェッショナルなスキルを活用可能

テレアポを専門に行う代行会社であれば、豊富な経験から積み上げたノウハウやスキルを保持していることが多いため、導入段階からすぐにテレアポに関するノウハウやスキルを取り入れることができます。

テレアポ代行のデメリット

①代行会社によって成果が左右される

テレアポ代行会社によって得意とする業界や業種が異なり、たとえ実績豊富な会社でも思うような結果に繋がるとは限りません。

代行を依頼する場合は複数社を比較し、会社で異なる得意業界や業種などをチェックしてください。

②料金形態によっては成果に結びつかなくても費用が発生する

テレアポ代行の料金形態の中には、商談獲得の成否に限らず、1架電=○円という料金が発生する型があります。

商談獲得に至らなかった場合にも、費用が発生してしまうというリスクがあるため、テレアポ代行を依頼する際にはどういった料金形態のサービスなのかもしっかりとチェックしておきましょう。

また、この後話す「テレアポ代行会社を選ぶポイント」でも解説しているので、是非ご覧ください。

テレアポ代行会社を選ぶポイント

テレアポ代行を依頼したいと思っても、自社に最適な会社がどこなのか判断材料がわからないと言った声も多く聞きます。

そこで、テレアポ代行会社を選ぶポイントを3つお伝えします。

料金体系

テレアポ代行の料金形態は、大きく分けて「コール課金型」「成果報酬型」の2つがあります。

コール課金型

コール先1件ごとに〇〇円という形態です。

成果報酬型と比べてアポイント1件あたりの費用が安く済むことが多いですが、アポイントが取れなかった場合でも費用が発生してしまうデメリットがあります。

成果報酬型

アポイント取得1件ごとに〇〇円~という形態のもです。

アポイントが取れなかった場合の負担が少ないので成果が保証されていることから、稟議が通りやすいといったメリットがあります。

ですが、確度の低いアポイントでも取得してしまうなど費用対効果や営業効率が悪くなる可能性も含まれています。

ターゲットリストの有無

テレアポ代行を依頼するにあたり、代行会社がリストを提供してくれることがあります。

ですが、別途料金が発生したり、代行会社が保持しているリストが自社がターゲットとする業界とは違う可能性も考えられます。

また代行業者からのリスト提供サービスそのものがなく、自社で用意しなければいけないケースもあります。

代行会社を選択する際には、ターゲットリストがあるか、そのリストは自社とマッチしているかのチェックが必要です。

複数社で比較する

自社の課題解決を担う代行会社を探すのは大変なことです。

最初から1社に絞るのではなく、これまで話してきたポイントを参考に複数の会社を比較するようにしましょう。

ウィルオブ・ワーク

  • 東証一部上場企業ウィルオブグループのウィルオブ・ワークが運用
  • 業界別にターゲットリストを用意することが可能
  • 全国に拠点展開しているため、地方エリアからでも荷電することが可能
  • 正社員の専任営業マンを配置することで、依頼企業のサービスのみに焦点をあてた質の高い営業活動が可能

株式会社アソウ・ヒューマニーセンター

  • 創業は1984年、これまで新規開拓した企業は20万社以上
  • 経験豊富な質の高いスタッフを配置
  • アポイント獲得率は業界平均の1.6倍

株式会社ambient

  • 各業界で実績豊富なオペレーターを専任で配置
  • 最新のコールシステム(CTIシステム)を導入
  • 最低契約期間の縛りなし

まとめ

ここまでテレアポ代行とは何か、テレアポ代行と営業代行の違いを説明してきました。

テレアポ代行と一言でいっても、料金形態や提供サービスは様々あります。

メリット・デメリットを把握して、自社の課題を解決するために最適な代行会社を選び、より効果的な営業活動の実現を目指していきましょう。

自社の課題解決に結びつくサービスは、テレアポ代行?それとも営業代行?
今回、ご紹介したテレアポ代行はテレアポまでの業務を代行するサービスです。もし、自社の課題が商談後のフェーズやアポの質の低さにあるのであれば、テレアポ代行ではなく、営業代行を検討してみてもいいかもしれません。

今回の記事をきっかけに一度、自社の営業課題を洗い出してみてはいかがでしょうか?これまで解決できなかった営業課題も代行会社を通すことで、解決に繋がる可能性が拡がりますよ。

営業代行会社“ウィルオブ”の資料請求はこちら