派遣管理デスクとは?サービス内容やメリット、活用事例を詳しく解説

働き方の多様化が加速する中で、派遣社員を雇用することは珍しいことではありません。

急な人材不足や一時的な人員増加など即戦力として人員を確保できる点、人材固定費の削減が見込める点などが理由としてあげられます。

派遣社員を雇う際に発生する直接雇用と異なる採用業務・管理業務を代行して行うサービス「派遣管理デスク」について解説するとともに、活用方法も合わせてご紹介していきます。

派遣社員の雇用や発生する業務にお悩みの企業の方におすすめですので、ぜひご覧ください。

派遣社員の管理が不安、人材派遣会社とのやりとりが大変!そんな時は派遣管理デスク?
派遣社員の雇用は自社で直接雇用する際と異なるため、人材派遣会社とのやりとりや業務が煩雑化しやすかったり、専門知識がない担当者による管理は、コンプライアンス面での不安が多いのではないでしょうか。

そこで、派遣社員の採用業務や管理を採用代行会社の派遣管理デスクに任せてみませんか?人材ビジネスで豊富な知見をもつ採用代行会社にサポートしてもらうことで、業務効率が向上するだけでなく採用活動も改善できますよ。

派遣管理デスク“ウィルオブの採用代行”の資料請求はこちら

派遣管理デスクとは

派遣管理デスクとは、企業の採用担当者に代わって採用プロセスを代行する採用代行サービスの一つです。

採用代行については、こちらの「採用代行会社6社を徹底比較!メリット・デメリットや選ぶポイントも解説」でも詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

派遣社員を雇用の際に人材派遣会社を数多く活用している場合、人材派遣会社とのコミュニケーションにおいて発生する業務や雇用管理はさまざまです。

人事や現場の採用担当者のリソースが割かれる採用業務・管理業務全般または一部をアウトソースするサービスのことをさします。

派遣管理デスクを利用する企業の特徴

雇用形態によって、採用業務や人材の管理業務は変わってきます。

とくに派遣社員を雇用する際は、直接雇用の正社員や契約社員、アルバイトと異なるので注意が必要です。

そのため、業務が煩雑化しやすい上にリソースが割かれてしまい、本来すべきコア業務へ手が回らないという声が多くあります。

そんな時に派遣管理デスクを利用し、プロのノウハウを取り入れて業務を最適化することで、コスト削減やコア業務にリソースを集中できる可能性が高くなります。

では実際に、派遣管理デスクを利用する企業が抱えている課題や解決方法を紹介します。

派遣社員の管理業務に時間が割かれる

多くの派遣社員を抱える場合、勤怠管理方法が各人材派遣会社によってバラバラで承認作業に時間がかかることや、勤怠や派遣先管理台帳の管理が煩雑になることが考えられます。

こうした課題がある場合、派遣管理デスクを利用すると、煩雑化している業務をアウトソースすることでコア業務にリソースを集中させることが可能です。

また、企業の状況に合わせて最適なプランで業務効率と生産性が向上を実現し、サービス品質に還元することができます。

派遣社員の雇用や管理においてコンプライアンス体制が未熟

派遣社員を雇用すると、企業は指揮命令権と管理監督権をもつことになります。

しかし多くの企業は、派遣先責任者の業務を現場が担っているため、労働法や派遣法の知識が不足していることも多く、コンプライアンス体制が整っていないことがほとんどです。

派遣管理デスクは、労働法や派遣法を熟知した専門知識で法改正にも柔軟に対応しています。

近年、問題とされているコンプライアンスに対する不安を解消することで、人材の定着にもつながります。

複数にわたる人材派遣紹介会社の対応に時間が割かれる

多くの派遣社員を雇用する際に、取引する人材派遣会社は複数にわたります。

現場担当者は、各人材派遣会社とのやりとりや管理に多くの時間を使ってしまうこと、活用のノウハウがないことで採用コストが予想以上にかかってしまうことが多くあります。

人材派遣会社の窓口をアウトソースすることで、一元管理が可能となるだけでなく、現場の大幅な負担と業務の削減につながります。

また、取引実績や内容が見える化し、適切なコストで適切な人材派遣会社の選択が可能となることで、戦略的に採用活動を行うことができます。

派遣社員の定着率が低い

派遣社員の定着率は多くの企業が抱えている課題ではないでしょうか。

煩雑化している管理業務をアウトソースすることで、現場担当者の大幅な負担と業務の削減により、派遣社員一人ひとりに寄り添った管理が可能となります。

また、人材派遣会社の一括管理によって取引実績を把握することができ、マッチング率や人材定着率の大幅な向上を見込めます。

派遣管理システムとの違い

派遣社員の管理を効率的に行うには、派遣管理デスクを利用してアウトソースするほかに、企業が自社で派遣管理システムを導入して運用していく方法もあります。

ここでは派遣管理デスクと派遣管理システムの違いを解説します。

派遣社員の管理についてお悩みの方には「派遣社員の管理は大変?派遣先企業がやるべきことや解決方法を解説!」でも詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

派遣管理システムとは

人材派遣管理システムとは派遣社員を効率的に管理するシステムのことです。

派遣元である人材派遣会社向けと派遣先企業向けがあり、煩雑化しやすい社員の管理を一元化することで業務効率向上が見込めるため、多くの企業で活用されています。

派遣管理デスクと派遣管理システム

これまで派遣管理デスクと派遣管理システムをご紹介しましたが、2つのサービスが混同する方もいるのではないでしょうか。

2つの大きな違いは、アウトソースをするか企業が自社で構築するかという点です。

煩雑化しやすい管理業務においてシステムを導入することで、業務効率の向上とペーパレス化を実現する派遣管理システムに対し、派遣管理デスクは全ての業務を採用のプロがアウトソースします。

企業は現状のリソースや、トータルでかかるコストや費用対効果をあらかじめ把握して、どちらを利用するか決めるとよいでしょう。

派遣管理デスクのメリット

企業によって派遣社員の雇用や管理、採用における課題はさまざまです。

派遣管理デスクは、企業の限られたリソースをコア業務に集中させることのほかにも、生産性の高い採用活動ができるメリットがあります。

最適な人材派遣会社の選択とコストコントロール

現場担当者の多くのリソースが割かれる人材派遣会社の対応をアウトソースすることで、現場の大幅な負担と業務の削減につながります。

また、取引実績や内容の見える化をすることで、適切なコストで適切な人材派遣会社の選択が可能となります。

安定した人材供給を実現できる運営体制の構築と、戦略的な採用活動を行うことができます。

優秀な派遣社員の採用と定着率の向上

昨今の採用難である状況の中でミスマッチを防ぐためには、採用活動のボトルネックを把握し改善することが近道です。

派遣管理デスクでは、各企業の採用プロセスでボトルネックとなる課題を見つけ、ボトルネックを解消するために採用オペレーションの改善をし、新たに体制を構築していきます。

そうすることで、優秀な人材とのマッチ率が向上し採用へとつながり定着化へと導きます。

コンプライアンスリスクを低減する派遣社員の管理

企業の状況や課題に合わせて、派遣管理システムの選択から導入支援、運用までアウトソースすることで、煩雑化しがちな勤怠管理の一元化が実現し、リソースを割かれていた業務効率の向上が見込めます。

また、労働法や派遣法を熟知した専門知識で法改正にも柔軟に対応しているため、コンプライアンスに対する不安を解消し人材の定着化を実現します。

派遣管理デスクのデメリット

社外に業務をアウトソースすることはデメリットもあります。

派遣管理デスクの利用を検討している場合は、あらかじめデメリットとなる点を理解し、注意をして適切な手順を踏まえる必要があります。

コストがかかる

派遣管理デスクにかかわらず社外でアウトソースをすると、必ずコストがかかります。

また、業務範囲が広ければ広いほどコストは加算します。

派遣管理デスクを使用した場合の費用対効果や時間的コスト、内製化で進める場合のバランスを事前に調べ、アウトソースするべき業務を整理するようにしましょう。

ノウハウが蓄積できない

アウトソースする業務においては、ノウハウを社内に蓄積することが難しくなります。

しかし日々変化する採用市場において、知識豊富なプロの見解やアドバイスは大変貴重なものです。

社内体制の構築もあらかじめ依頼することで、ノウハウの共有は可能となります。

個人情報取扱いによる流出のリスク

アウトソーシングは、顧客や社員の個人情報などの機密情報を提供することになるため、情報漏洩のリスクが高まる可能性があります。

そういったリスクを低減するには、信頼できる設備を整えている会社を選ぶことが重要です。

派遣管理デスクの利用する際は、情報が漏洩するリスクが少なからず存在することを考慮して、情報取り扱いの方法を確認しておきましょう。

派遣管理デスク5社比較

派遣管理デスクサービスを展開している採用代行会社のそれぞれの特徴をご紹介いたします。

ウィルオブ・ワーク

【3つの特徴】

  • 全国50拠点以上のネットワークによる豊富な知見
  • 人材ビジネス20年以上の業界業種を問わない多種多様な取引実績
  • ニーズに合わせて依頼内容の細かいカスタマイズが可能

アデコ

【3つの特徴】

  • 600名を超える経験豊富なスーパーバイザーが在籍
  • 専任コーディネーターがクライアント先に常駐
  • ITテクノロジーを活用した運営提案

パソナ

【3つの特徴】

  • 人材業界で委託売上実績No.1
  • 官公庁・自治体・外郭団体など多くの公的機関での実績多数
  • 国内で13箇所のアウトソーシングセンター

ランスタッド

【3つの特徴】

  • 外資系企業を中心とした豊富な取引実績
  • 専任担当者としてクライアント先に常駐
  • 世界70カ国以上でビジネス展開による人材や採用支援経験

マンパワー

【3つの特徴】

  • 専門子会社との連携
  • 50年に渡る総合人材サービス会社としての経験
  • クラウドサービスの導入

まとめ

ここまでで、派遣管理デスクの解決できることや派遣管理システムとの違い、各社サービスの特徴を説明してきました。

自社の課題解決をする方法について検討しやすくなったのではないでしょうか。

まずは、課題を明確にすることが大切です。

派遣管理デスクを利用すれば、業務効率アップとコストの見える化が可能となり、派遣社員の雇用や採用活動をよりよいものにしましょう。

派遣社員の管理や採用のことなら、まずは派遣管理デスクサービスに相談を
人事や採用担当者が抱えているお悩みや課題は、人材業界において知見豊富な採用代行会社に相談することで課題の整理や見える化が実現します。

客観的な分析で自社の課題を整理して、業務や採用スキームの見直しからはじめてみてはいかがでしょうか?

派遣管理デスク“ウィルオブの採用代行”の資料請求はこちら