【Chance-Making事例90】3人の熱い気持ちが掴んだ希望職!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介をします。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

Aさんとの出会い

ある日、Aさんがウィルオブ・ワークの登録説明会に来社しました。

Aさんは金髪におしゃれなパーマという恰好でした。
希望条件を確認するカウンセリング時では、
Aさんの言葉遣いは荒く、敬語もうまく使えない状況…。

応募をしてくれた仕事は、きちんとした対応を求められる受付職だったため、
担当のキャリアアドバイザー(以下、CA)は
「受付職は難易度が高いお仕事だから少し難しいかもしれない」と感じました。

しかし…
カウンセリングを進めていくと、CAはこう思いました。
「物凄く素直だし、思った以上に考えがしっかりしている!コミュニケーション力も高いしきちんと研修を行えばきっと希望のお仕事のご紹介ができる!どうにかこの人を働かせてあげたい!

CAは担当コーディネーター(以下、CD)に引き継ぎをする際、Aさんの魅力を伝え、
「Aさんが希望している受付職に就けるようアシストしたい!」と熱意をぶつけました。

約1週間の間で

CDは、CAの熱意と素直なAさんを見て、
Aさんが受付職に就けるよう1週間かけてスキルアップ研修を行いました。

言葉遣いや身嗜みなど、ビジネスマナーを一から指導しAさんの全てを磨き上げたのです!
Aさんも、一生懸命勉強をして変わろうと努力をしてくれました。

入社に向けて

そして1週間後。
Aさんは外見のみならず内面も大変貌を遂げました!
受付として完璧な言葉遣い、身嗜み、そして受け答え。

Aさんは希望した受付のお仕事で無事就業することになりました!!

その後のAさん

就業後のAさんは受付として、お客様のリスト作成など、覚えることが沢山で大変だったそうですが、
自分なりに勉強をして、楽しくいきいきと仕事ができているそうです。
今回のことが自信に繋がり、現在は受付職から更なるステップアップに向け、努力を続けています。

まとめ

人の可能性を信じる、そしてその可能性を引き出すために最大限のアシストを行った結果、
素晴らしいチャンスメイキング事例となりましたね!

今回のことを自信につなげ、Aさんの更なるステップアップを応援しています!