【Chance-Making 事例103】目標は「SV」になること!!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介をします。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

ウィルオブ・ワークに新卒として入社

Nさんは2017年4月に新卒として店ウィルオブ・ワークに入社。

その後展舗スタッフとして現場での勤務が始まりました。
OJTを受け着実に販売スキルを身に着け、次第に店舗主力として活躍。

しかし、業務に慣れて自信がついてきたところで上司へのエスカレーションを怠ったことで、
クライアント様に迷惑、ご指摘を頂いてしまいました。

Nさんはとても落ち込みました。

そんな状況の中でもNさんは目標である「SV」になるために日々努力をし、
クライアント様にどうしたら貢献できるのか奮闘してくれていました。

転機が訪れる

そんなNさんに転機が訪れます。

クライアント様から新規案件を受注、ウィルオブ・ワークとして新しいチャンスが巡ってきました。

入社当時から「SVになりたい!」という気持ちをもっていたNさんは、
新規立ち上げのリーダーとして異動。

クライアント様から求められるものは非常に高く、
柔軟な対応や高い販売スキル、お客様対応の質を強く求められるものでした。

そんな中でもNさんは入社当時の常勤スタッフの経験を活かして活躍。

SVに代わってクライアント様との相対をはじめ、
少しずつ経験と失敗を重ねていくうちに目標としていた「SV」としての機会が訪れました。

SVとして

そんなNさんのもとに、上司から、
「SVにチャレンジしてみないか?」と声がかかりました。

Nさんは、「やります!!!」と即答。

初めはトレーナーSVとして新人スタッフの教育を中心に業務に励んでいました。

自身が新人だった時に、
・悩んだこと
・困ったこと
・不安だったこと

を思い出しながら新人スタッフに何ができるのか?試行錯誤しながらNさんは新人フォローを行いました。

そんなNさんの姿を見て、「Nさんのようになりたい!!」と思うスタッフさんが増えていきました。

その後

トレーナーSVとしてクライアント様の評価を勝ち取ったNさんは、念願のSVに着任。

SV着任後も、スタッフ様のお手本、相談相手になることで活躍してくれています。

まとめ

新卒としてウィルオブ・ワークに入社した彼の原動力は、
「スキルアップしたい」「成長したい」そして何より「挑戦しよう!!」という強い気持ちを持っていました。

もちろん失敗もありクライアント様に迷惑をかけしてしまうことも……。

ただNさんは常に、
何が問題で、どうしたら良かったのか?自身で納得いくまで考えることができる社員の一人でした。
その姿勢が今のNさんをつくったのではないようでしょうか。

そして最後に挑戦しようという気持ち。

「自信がない……」
「結果を出せなかったらどうしよう……」
「失敗したらどうしよう………」

と不安から踏み出せないこともあると思います。

そんな中でもポジティブにチャレンジしてみよう!!という気持ちが大切なことをNさんから教えてもらいました。
これからもNさんの活躍を楽しみにしています!