【Chance-Making 事例115】今では正社員に!!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介をします。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

Nさんとの出会い

普段平日は工場で勤務をしており、
ダブルワークで土日のみ仕事をしたいとのことでウィルオブ・ワークにご登録をいただきました。

これまで接客・販売の就業経験がありませんでしたので、すぐ傍でフォローができるように、
ウィルオブ・ワークの社員と一緒に同行する出張販売イベントのお仕事を紹介し、お仕事がスタートしました。

週5日フルタイムで一緒に働きませんか?

仕事スタートから2ヵ月程経った頃。
企業様から担当コーディネーターSに連絡がありました。

「Nさん未経験ながら、非常に頑張ってくれている。週5日で勤務できませんか?」と。

企業様からの嬉しい相談にSはすぐにNさんと面談を組みました。
週2日勤務から週5日勤務に切り替える相談をしたところ、

Nさんの回答は意外にもネガティブでした。
「今の工場での仕事を一生続けていきたいとは思わないが、
辞めて新しい環境に飛び込んでいく勇気がない。週5日すべて切り替えるのは自信がない。少し考えさせてほしい。」と。

勿体ない!と感じたSはすぐに想いをぶつけました。

「人生ってのは選択の連続である、その中でどんな選択をするのかが大事というわけではなく、
その選択を正しいものにしていくことが大事だと思いますよ!」
「企業様から頂いたこのチャンスをどう活かすかが大切です。変わるなら今ではないですか?」と。

フォローしていくのでチャレンジしてみましょう!と想いをNさんに伝えました。

Nさんはこれまでずっと続けてきた工場での仕事を退職。
ウィルオブ・ワークの販売のお仕事で一本化し、週5日勤務への切り替えとなりました。

Nさんにとってとても勇気のある選択だったと思います。

直接雇用へ

週5日勤務に切り替えてから半年後、企業様からSに連絡がありました。
「Nさんを直接雇用として迎え入れたい!」と。

Sから直接雇用の件をNさんに伝達。

「是非、お願いします。」と即返事をいただきました。
当時Nさんと面談した時とは見違える程に、自信に溢れている顔つきでした。

最後に

無事に直接雇用に切り替え後、ウィルオブ・ワークの事務所に来ていただき、
Nさんからは「あの時、背中を押してくれてありがとう御座いました!」と感謝の言葉をいただきました。

企業様評価を勝ち得たのはNさん自身の力。
Nさんのチャレンジを応援できて良かったとSは強く感じました。

これからも、ウィルオブ・ワークで一緒に働く皆様のチャンスを作るサポートができるよう尽力してまいります!