【Chance-Making 事例 07】接客経験ゼロの派遣スタッフさんが活躍する販売員に!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介します。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

登録会社に来社

Aさんは、派遣就業希望で弊社登録会に参加されていました。

希望の仕事内容は事務だったので、「なぜ事務希望なのか?」とキャリアアドバイザーが聞くと、Aさんはこう答えました。

「接客経験がないので自分には接客が向いてないと思うので……」

結果、Aさんへキャリアアドバイザーは2つの仕事を紹介することにしました。

  • 事務のお仕事
  • 接客のお仕事

このことをAさんに話すと、少し考えたいとのことで、翌日Aさんから電話をもらう約束をして話を終えました。

翌日キャリアアドバイザーに入電

翌日、Aさんは約束通り電話をしてくれました。

「やはり紹介いただいたお仕事は、私にはできないと思いまして、お断りいたします。」というのがAさんからの答えでした。

キャリアアドバイザーはAさんに、「私にはできないと思った理由はなんでしたか?」と尋ねました。

Aさんは、

「その仕事をするイメージが沸かない。だから紹介された通信の仕事ができないと思った。」という理由で断ったそうです。

そこでキャリアアドバイザーは、「ご紹介予定のお仕事を見学しに行きませんか?」と一つ提案をしました。

たまたまご紹介予定の店舗には、同じく未経験から始められて活躍しているスタッフがいたため、「そのスタッフさんと会ってみて色々聞いてみませんか?」とAさんに言いました。

店舗見学実施

当日は店長様にもご協力を得ることができたので、不安に思うことなど色々とスタッフと話すことができたこともあり、スタッフの不安を払拭することができました。

その結果、Aさんより、「この仕事にチャレンジしてみます!頑張ります!」と前向きな内容の連絡が入りました。

現在のAさん

店舗での活躍は素晴らしく、企業様からも「採用してよかった!」とお褒めの言葉をいただいております。

まとめ

担当したキャリアアドバイザーの可能性見出し方も素晴らしいですね!

私たちが日々相対する、スタッフや企業様の隠れた可能性も見出していくことで、チャンスや可能性が広がっていくということですね♪