【Chance-Making 事例 17】母国語を活かし活躍するKさん!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介します。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

中国出身のKさん

初めてKさんとお会いしたのは、とある就職説明会でした。

「日本で正社員の仕事がしたい」と考えていたKさんは、とても素直で可愛らしい笑顔の方です。

弊社に興味を持って頂き、正社員の面接を受けるが、おしくも内定には至らず……。
その後Kさんは、正社員の仕事が決まらず、飲食店でのアルバイトとして勤務していました。

そんなある日

弊社アパレル営業部の担当営業より、「中国のお客様を相手にする仕事なので、中国語を活かしたい!方がいたらぜひ」という連絡が入ってきました。

その連絡を受けたKさんを担当していたコーディネーターは、すぐKさんに電話をしたのです。

「Kさん、母国語を活かして働ける仕事があるけどどうかな?」

担当コーディネーターからの提案にKさんは、「現在飲食店でアルバイトしていますが、チャレンジしてみたいです!」と、嬉しそうな声で返事をくれました。

この時、担当コーディネーターは「必ず就職先を探してあげたい」と思ったのです。

そして、連絡をしてから数日後、みごとアパレル営業部が担当している企業様より内定をいただきました!!

先日Kさんと電話をした際

先日、担当コーディネーターがKさんに電話したところ、嬉しい報告を受けました。

「一緒に働くメンバーから親切な指導を受け頑張っています。中国人観光客が多く訪れる店舗のための母国語である中国語が活かせるのでとても充実しています」

また、弊社にとっても嬉しいことがありました。
それは、今回のKさんの活躍により、企業様から追加で13枠の外国籍採用をいただいたのです。

Kさんの頑張りが弊社にも良い影響を与えてくれたことに、とても感謝しています。

グローバルHRグループからのメッセージ♪

我々グローバルHRグループは、外国籍専用の就業をサポートする部署になります!!

これからも「外国人をポジティブに!!」のミッションのもとより多くの外国人雇用の機会を増やしてまいります。

何かあればいつでも相談ください!!