【Chance-Making 事例20】根拠なきチャレンジによるチャンスメイク!!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介します。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

北海道での案件スタート

ある日新宿支店の担当営業に、ある企業様から、
「北海道に遠征をお願いしたい」と要望を頂きました。

「わかりました、頑張ります!」
と言ったものの、実はその地域は非常に採用が困難は地域でありました。

案の定、現地採用は難航していました。

様々な採用手段や方法を考えるも、採用が決まらない日々が続きました。

そこで断られる事を承知で、担当SVに異動をお願い、
その結果、「僕がいきます!」「立ち上げ成功させます!」と快く引き受けてくれました。

本当にその時の彼の覚悟は素晴らしく、感動しました。

そのSVの人望の厚さを感じた瞬間

ただ現地採用すべき必要立ち上げ人数は担当SVを入れて三人。
後二人現地採用し、立ち上げスタート日までに間に合わせる必要がありました。

毎日毎日採用手段を講じるも、なかなか採用が決まらなく担当営業は焦りを感じていました。

そんなある日、
「僕も〇〇SVと一緒に働きたいので、北海道に異動させてください!」
「私も異動します!」
と二人のスタッフが名乗り出てくれたのです。

担当営業は驚きました。

なぜ異動を願い出たのか?二人に聞きました。
「〇〇SVと一緒に仕事がしたい」
「〇〇SVの力になりたい」
「〇〇SVと立ち上げ成功させたい」

と、そんな言葉をいただくことができました。
SVの人望の厚さを感じた瞬間でありました!

立ち上げは見事成功!

SVの頑張りはもちろん、二人のスタッフの協力もありみごと立ち上げは成功!

企業様からも、
「ありがとう!」と感謝の言葉を頂く事ができました。

SVはもちろん、ともに戦う事を選択してくれた、二人には感謝です。
みなさん、ありがとうございます!

まとめ

SVの日々のやり取りから、どれだけ信頼を得ることができたのか?この出来事で私たちは勉強させてもらいました。

「スタッフさんへのフォロー、気遣い、思いやり、厳しさ」
そんな日々のやり取りが、SVへの信頼に変わったのだと思います。

改めて、スタッフさんや企業様との日々のやり取り、大切にしたいですね!