【Chance-Making 事例26】住まい探しをサポートし、可能性を見いだす!!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介します。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

初めての社会人経験のKさん

Kさんが就職を希望し、派遣登録を弊社にしてくれたのは数年前になります。

その際Kさんの就職状況を確認すると、
「仕事をなるべく早くはじめたい、がなかなか自宅から近い場所での仕事が見つからない。」
との事でありました。

キャリアアドバイザーも、Kさんの要望通り、自宅近くの勤務地を探しましたがなかなか見つかりません。

最終的に何度もカウンセリングや電話でのやり取りをした結果、
Kさんから、「少し遠い勤務地でも問題ないので、仕事を紹介してもらえませんか?」と連絡が入りました。

キャリアアドバイザーが詳細を確認すると、
最初は通いながらではあるがゆくゆくは引っ越しをしようと考えていているとのことでした。

悩むKさんに担当コーディネーターが行ったこととは?

キャリアアドバイザーが紹介した仕事での就業が決定した数日後、Kさんから担当コーディネーター電話がありました。
「改めて通勤距離を考えたのですが、やはり通勤が不安です。」とのことでした。

そこで担当コーディネーターがあることをKさんに聞きました。
「お部屋探しは進まれていますか?」

Kさんは、初めての引っ越しなので、何から手を付けていいかがわからずまだ進んでいないとのことでした。

そこで担当コーディネーターさんが、
「不動産会社まで一緒に行きましょう!」と声を掛け、初めてのお部屋探しに行くことに!

引っ越し先決定!

結果、引っ越し先は1週間後に決まり、無事内定が出ていた就業先への就業がスタートしました。

Kさんに後々聞いた時には、
「そこまで行ってくれる派遣会社があるのかのか!!!」と驚いたと同時に、「嬉しかった」と話してくれました。

まとめ

Kさんの就業への不安の根本を見逃さず、それに対して出来ることをやりきった担当コーディネーターの行動は素晴らしいですね♪

Kさんの早く就業したいという想いに応えることが出来た瞬間です!!