【Chance-Making 事例 30】新しい環境で再挑戦!!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介します。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

仕事がうまくいかない……

Cさんはとある店舗の販売員として仕事をしてくれている派遣社員さんです。

Cさんは正直業務をなかなか覚える事ができず、企業様からも指摘をいただく事も少なくはありません。

そんなCさんに先輩社員から、
「1か月後のにひとり立ちをする試験を行うので頑張ってくださいね」
と1か月後のある試験を行う事を聞かされました。

またその試験で不合格の場合、現店舗での継続は難しいと企業様からも言われてしまいました。

あっという間に1か月が過ぎ、試験を実施、結果は不合格となりあえなくCさんは勤務終了となりました。

Cさんと面談をした担当コーディネーター

Cさんと今後について話をすべく、担当コーディネーターは面談をしました。

担当コーディネーターはCさんに聞きました。
「試験に向けて勉強はしたのか?」

その問いに対して、Cさんは、
「していません……」

そんなCさんに対して担当コーディネーターは、
「今の心持ちで社会人を続けていくのか?今の自分を見てどう思うのか?」

と少し苛立ちを感じながらも聞きました。

その問いに対してCさんは、
「イヤです、自分を変えたいです……」

ものすごく悔しそうな表情で、Cさんは答えました。

そこからのCさんは

その悔しさが彼の意識を変えました!!!

その数日後、新しい職場が見つかり就業がスタートしたCさん。

人がかわったかのように、何事にも一生懸命に取り組み、
他の販売員の方々とも積極的にコミュニケーションを図っているCさんを見て、担当コーディネーターは嬉しくなりました。

今では職場の中心核となり、活躍。
発言や表情も前向きにポジティブになり、Cさんの仕事に対する姿勢に対して企業様からお褒めの言葉を頂く事もできました!

まとめ

一度腐りかけた気持ちを奮い立たせ、”投げ出さず諦めない気持ち”が仕事に対する意識を大きく変えました。

人のせいにせず、何事も自分に矢印を向けて自分事化することが大切ですね♪