【Chance-Making 事例 42】ポジションが人を成長させる

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介します。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

最悪のスタート

これは私が担当した、新米店長Aさんのお話です。

他エリアから来たAさんは販売接客の経験も長く、過去の実績も申し分ありません。
本人は初の店長職とあってやる気満々!!

集客の多いショッピングモールの中で、店舗の位置も悪くない。
私もAさんもこれは圧倒的な結果が出る!!と思っていました。

……しかしオープンして数日後、彼の欠点が徐々に明るみになっていきました。

そもそも初めて店長職に就いたので、メンバーの教育をしたことがない。
店舗運営のノウハウがない。。
パソコンのExcelが使えない、、などなど出来ないことだらけ……

そんな彼の下ではメンバーのスキルも伸びず、目標も未達。
さらに彼はプライドが高く他人を頼ることを知らなかったため、
自分でなんとかしないといけない!と間違った解釈をしていました。

クライアント様からは「Aさんが店長で大丈夫ですか?」「安心できない…」
など何度も言われてしまいました。
期待してスタートした新しいショップなのに、
クライアント様からの評価も低く、実績も出ていない……
メンバーとの関係値も低い……
スタートから最悪の状況でした。

挫折と改心

そんなある日、私宛にAさんから電話が掛かってきました。

「今の僕では全然だめです……
メンバー、ショップそしてクライアントの商材、全てのポテンシャルを活かしきれていないです。
でもどうしたらいいか分かりません。
現状を変える方法を教えてください。」

今までの自分の力では通用しないと思い、初めてAさんが誰かを頼ろうとした瞬間でした。
即時で私はミーティングを行い、改善策を一緒に考えました。

パソコンの勉強、他の店長と連絡を取り店舗運営のコツを学び、
メンバーにも仕事を割り振るなど、1人だけでなくチーム皆で運営していく方法に切り替えました!

変化

実行して1か月弱、みるみる実績が伸びていきました!
閑散期である11月にも関わらず、繁忙期並みの数字を叩き出し、
周辺エリアで圧倒的1位の成績を残しました!

クライアント様からの評価も良くなり、Aさんは他の店舗にも成功事例として共有される店長になりました。

メンバーとの関わり方も変えたので、今やメンバーから絶大な信頼を得ているAさん。
「店長のために実績を残そう!」
「店長に負けてられない!」
「圧倒的1位の店舗を作りましょう!」
今までにないポジティブな言葉が飛び交う店舗に変わっていきました。

Aさんは、余計なプライドは捨てて人を頼ること、
過去の実績にしがみつかず常に自身をアップデートしていくことを意識して頑張ってくれた1か月でした。

”役職が人を成長させる”と、とある部長に聞いたことがありましたが、まさにそうだと思いました。

まとめ

未経験でもやる気のある社員に役職を与え、その社員が成長し、
巡り巡ってスタッフさんやクライアント様へも還元していく。
そんなチャンスメイクを実現してくれてたAさんでした。

今やクライアント様、スタッフ、社内メンバー皆から信頼される存在になっているAさん。
現状に慢心せず、これからのさらなる飛躍を期待したいですね♪