【Chance-Making 事例 44】最高な仲間を増やしていこう!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介します。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

きっかけはB君の一言から!

これは長野支店で実際にあった事例になります。

きっかけは、長野県のショッピングモールの店舗で勤務している社員、
B君の
「ショッピングモールで勤務しているスタッフさんを集めてイベントをしましょう!」
という一言でした。

実際に現場では現状の労働環境や就業条件に対してなどのグチも多く、
一度そういった不満の捌け口を作りたい、という狙いでした。
実際に現場で勤務をしていたB君には、そういったスタッフ間の心境がわかったのでしょう。
長野支店一丸となってイベントの準備を進めました!

イベント当日!

イベントは音楽イベントにしよう!とイベントの方向性を決定!
B君の知り合いのDJの方や、地元の飲食店の方ご協力を頂き当日を迎えました。
(上の画像は実際に使った当日のフライヤーです!)

ウィルオブ・ワークの派遣スタッフとしてショッピングモールで働いている方だけでなく、
他の派遣会社で働いている方などにも参加を頂きました。

当日はイベントを楽しみながら、スタッフさんが日々感じていることや今後のビジョンなど
現状の店舗で起きている不安や悩みを知ることが出来ただけでも
イベントを開催した甲斐がありました!

そんな中、他の派遣会社で働いている方の中には、
自分の働いている派遣会社は長野に支店がなく、連絡・相談がなかなか取れない…
という悩みを抱えている方が非常に多かったのです。

B君を通して、こういったイベントを派遣会社が開催している!
ということに非常に驚いていただけました。

そしてなんと!

「こんなに働いている人をフォローしてくれたり、
イベントまで開催してくれる派遣会社があるんですね!」

「今度ウィルオブ・ワークさんに登録しに行ってもいいですか?」

と言っていただけました!!

その後…

後日、実際に5名もの方がウィルオブ・ワークへ派遣登録に来てくれました!
そのうち2名の方がウィルオブ・ワークに入社を決め、現在も元気に働いてくれています。
新しい仲間も増え、お互いがチャンスメイクし合えた事例だと思います。

またこちらのイベントは現在第2回まで開催されております!
また近々第3回も企画していきたいと思います!!

まとめ

B君の一言から始まったイベントですが、
イベントを成功させたのは紛れもなくB君の人柄と熱意によるものです。
自分のスタッフさんだけでなく、周りで働いている人たちもポジティブにした例でした!

こういった周りに発信していけるエネルギーを持っていきたいですね♪