【Chance-Making 事例 49】若手育成に力をいれてます!!!

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介します。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

新卒1年目のAさん

2019年4月より弊社に新卒として入社をしたAさん。

配属先の店舗でしっかりと販売実績を残し、店舗の方々ともしっかりと関係値を深めてくれており、
とにかく毎日頑張ってくれている社員になります。

彼女の今後のVISIONは、
「スタッフフォローができる社員になりたい」というものでした。

「一人でも多くのスタッフさんの働きやすい環境を作りたい。」
「販売の楽しさを感じて欲しい」

そんな事をAさんは私たちに語ってくれました。

そんなAさんにも悩みが……

VISIONへの強い想いを持つAさんにも一つだけ悩みがありました。

それは4月に配属された店舗には、ウィルオブ・ワークの派遣スタッフさんが所属しておらず、
フォローする機会がなく、学ぶ機会がない、というものでした。

どうしたらよいか?悩む日々が続きましたが、
まずは目の前の仕事を頑張ろう、一販売員として活躍できるよう努力しようとAさんは考えました。

通常であればそこでモチベーションが下がる社員が多い中、
Aさんは仕事の手を全く抜かないどころか売上やクライアント関係地はどんどん伸びていきました。

そんなAさんにチャンスが!?

約1年弱、現在の配属店舗で勤務を続けたAさん。

当時の担当コーディネーターは彼女の真面目さや仕事に対する意欲など、
高く評価をしておりある大きな決断をしました。

それは……

「Aさんを代行店の店長に抜擢しよう!」とのことでした。

店長業務には、
実績管理や、スタッフフォロー、マネジメント等、一販売員とは違い、大変な仕事ばかりです。

「うまくいかない事もあるかと思いますが、失敗しながらも彼女ならやりとげられる。」
そう担当コーディネーターは自信をもって上司に推薦したそうです。

まだ1年目ではあるものの日頃からしっかり手を抜かずにVISIONに向けて努力をすれば、
誰にでもチャンスや機会は訪れるということです。

それをAさんは証明してくれたのです!

まとめ

やる気と元気に溢れた若手社員を弊社はとても大切にしています!

チャンスを自分次第で掴むことのできる、弊社の環境で皆さんもVISIONを掲げて私たちと一緒にお仕事しませんか♪