【Chance-Making 事例79】敵は自分の中にあり

ウィルオブのスタッフによるチャンスメイキング事例の紹介をします。

チャンスメイキング事例とは、ウィルオブのビジネスビジョンでもある「Chance Making(チャンスメイキング)」に取り組む社員の活動を報告していくものです。

我々社員がどういった仕事をしているのか、少しでも理解を深めていただければと思います。

異業種からの転職

ある日Iさんという方がウィルオブ・ワーク セールスアシスト事業部の面接に来ました。

履歴書を見ると前職が農家のみ!

「農家以外の職歴がないこの子に販売ができるのか」と採用担当者である支店長は心配しましたが、
Iさんは「いままでの人生を変えたい、チャレンジしたいです!」と熱い思いをぶつけました。

その熱意を目の当たりにし、「この子の可能性を信じよう!」と支店長はIさんの採用を決めました。

しかし入社直後…

ところが、入社して1週間後、
研修を受けているIさんから支店長へ一本の電話が入りました。

「僕には無理です、辞めたいです」

支店長はどうにか可能性を信じたいという一心でIさんに言葉を投げかけます。

「人生を変えたいのではないのか?」

「いままでの自分を変えたいのではないのか?」

どうするIさん

支店長の問いかけにIさんは数秒黙って考え込みます。

支店長が再度「どうする?」と優しく問いかけると
「もう一度本気で頑張ります!」とIさんから力強く返答がありました。

その後も挫けそうになるIさんと何度も面談を行い、支店長はIさんの無限の可能性を信じ続けました。

怒涛の成長

そこからのIさんの頑張りは目を見張るものがありました。

試行錯誤しながらも先輩スタッフの背中を追いかけ続け、前向きに仕事に取り組んだ結果、

全国販売実績1位!
就業店舗内で8か月連続首位をキープ!
全スタッフ対象の取引顧客主催【本部長賞】複数回受賞!など

入社時からは想像もつかないような成長を遂げ続けています。

先輩スタッフの背中を必死に追いかけ続けたIさんも
今では後輩から「Iさんのようになりたいです!」と言われるまでに!!

まとめ

何かにチャレンジする時、思い通りにいかない事が多いと思います。
そんな時は周りのせいすれば、楽になります。
しかし、そんな楽な選択をしようとする自分自身に打ち勝たないと、
可能性を広げることはできません。

Iさんはそれを行動で示し、可能性を広げ、自分の成長に繋げることができました。

農家からの転職という大きなチャレンジを大成功させたIさん。
今後のさらなる活躍が楽しみですね!