2020年3月2日 健康経営優良法人2020(大規模法人部門)に3年連続認定

株式会社ウィルオブ・ワーク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長告野崇)は、2020年3月2日、経済産業省と日本健康会議が主催する「健康経営優良法人認定制度」において、特に優良な健康経営を実践している企業として「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)」の認定を受けました。
今回の認定は3年連続となります。

「健康経営優良法人認定制度」とは?

健康経営優良法人認定制度は、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

認定概要

本制度は、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。

規模の大きい企業や医療法人等を対象とした「大規模法人部門」と、中小規模の企業や医療法人等を対象とした「中小規模法人部門」の2つの部門により、それぞれ「健康経営優良法人」を認定されます。

当社親会社の株式会社ウィルグループとともに認定されました。

主な取り組み

当社グループは、「個と組織をポジティブに変革するチェンジエージェント・グループ」をミッション(私たちの存在意義)として経営に取り組んでいます。
そのためには、社員一人ひとりの心身が健康であり、自らの能力を最大限に発揮できる職場環境が不可欠だと考えます。
社員とその家族の心と身体の健康保持・増進に向けた取り組みを推進し、すべての社員がいきいきと働くことができる環境づくりに努めることを宣言しています。

【健康経営宣言】
①健康診断受診率向上 ⑤業務効率化の推進
②特定保健指導の推進 ⑥職場環境の整備
③健康向上教育の実施 ⑦コミュニケーションの活性化
④長時間労働の抑制

当社は、従業員の健康維持・増進を経営の重要テーマと位置づけて積極的に取り組み、すべての社員がいきいきと働くことのできる環境整備を進めていきます。