コロナ禍で携帯ショップに転職した本当の理由

新型コロナウイルスは様々な仕事で働く人たちに影響を与えました。

今回は、ウィルオブの派遣社員として携帯ショップでご勤務いただくCさんにお話です。

実際にコロナウイルスの影響はどのようなものだったのか、コロナウイルス感染拡大前と現在で何が変化したのか、正直なお気持ちを伺いました。

スタッフインタビュー第17弾です。

Cさんのお仕事とは?

――まずは、Cさんのお仕事内容を教えていただけますか?

僕は、ウィルオブの派遣社員としては最近入ったばかりで、2020年3月から入社し現在の携帯ショップで約5か月弱就業しています。

新型コロナウイルスの影響

――2020年に入って新型コロナウイルスが流行り、その真っただ中に現在の携帯ショップの就業がスタートされておりますが、お仕事やご自身にとっての変化はありましたか?

変化ですか?

あったといえばありましたね。

――具体的にどんな変化があったのですか?

僕は、ウィルオブさんに入る前に別の派遣でお仕事をしていまして、コロナの影響を受けやすい業種だったため、段々と仕事が減っていってしまい最終的には仕事がない状態になりました。

直ぐに働けて、今後に活かせれるお仕事はないか探していたら、ウィルオブさんが検索の一番上にあったのとお仕事の紹介をして貰えそうだったので、登録し直ぐに今の携帯ショップを紹介して貰って就業ができるようになりました。

また、僕はWワークをしているので、平日限定での仕事という条件も受け入れて頂いたので、とても助かっています。

――コロナの影響で前職を辞めざるを得なかったんですね。携帯ショップでのお仕事は今回初めてだったのでしょうか?

はい、初めてです!

もともと前々職が車の整備の仕事をしており、今と全然違う業界や職種で働いていたんです。

朝は6:30出勤で退勤は21:00頃と長い時間拘束されての働き方でした。

整備士不足で手が回らないというのは分かっていたので、車整備の仕事も好きで楽しかったし、尊敬できる上司もいたので続けていました。

ですが、日々の疲れやストレスが知らない間に溜まってしまっていたのか、ろれつが回らなくなってたことや気持ちが沈み後ろ向きになっていたのに気づき、この先もここで働きつづけて良いのか?と悩んでいました。

そんな中、知り合いに相談する機会があり、様々な働き方があると知り、自分の働き方を見直すキッカケができたので思い切って職転換をすることにしました。

携帯ショップは今までとは違う働き方ではありますが、元々いろんな方と話すのが好きなのと、人に何か伝えるという事が自身にとって今後活かせるスキルになると思い、この仕事を選びました。

――そうだったのですね!車の整備士から別業界への転職は思い切りましたね!実際働いてみていかがですか?

そうですね、はじめは覚えることがいっぱいで大変でしたが、今はお客様の対応がとても楽しいです。

様々なお悩みやお困りごとを解決したり、お客様の気持ちに寄り添ったりすることが出来ているので楽しいと感じています。

また、先輩方皆さんも優しくてしっかりフォローして頂けるのでとても働きやすいです。

――携帯販売は覚えることたくさんあるのは聞いていましたが、どのように覚えたのでしょうか?

はい、覚えることは沢山あります!

でも、就業する前に必ず研修があって、そちらで携帯機種や機能・接客対応・マナー等を学んでから就業に就けるので初心者の僕でも仕事内容を理解したうえで就けたので安心しました。

出社してからも現場では先輩方が見ていてくださるので、覚えてしまえば不安な事はなかったです!

――初心者でも研修があったり、先輩方が見ていてくれたりとサポートが充実している携帯ショップでのお仕事に前向きなCさん。

引き続き、コロナ禍で就業がスタートになった率直な意見をお聞きしました。

新型コロナウイルスの渦中での就業で感じたこと

――就業時間は契約時の時間からスタートしましたか?

僕が就業開始した時はすでに時短営業期間の真っただ中でしたので、勤務時間は11:00~15:00の4時間でした。

――本来の勤務時間は8時間でしたが、状況的に仕方がないのではないでしょうか?

むしろ僕の場合は4時間勤務で助かってはいましたが……。

――4時間勤務で助かっていた!?生活等は大丈夫だったのでしょうか?

まぁ、大丈夫でした。

今はWワークしているので、そちらの方への時間が作れたため、収入面や生活面は心配はなかったです。

僕のもう一つの仕事はネット販売系の内容なので、この時期の需要があったためかそちらに時間の比重を高くしてバランスよく就業できていました。

今は携帯販売の仕事が8時間に戻っているので、メインで働けている状況ではあります。

――なるほど!このコロナ禍はWワークで収入面を調整できていたんですね!今後もWワークは続けていくのでしょうか?

はい。

どちらか1つだけの仕事というよりかは、こういったときにWワークしていて良かったなと本当に思ったので、今後もバランスよく両立できたらいいなと思っています。

――今回のように、Wワークをしている事でコロナ禍でも収入面の心配が無かったとおっしゃっていましたが、Cさんの今の働き方の強みってなんでしょう?

強みと言えるかはわかりませんが、僕自身が、正社員での働き方にこだわっている訳ではなく、どういった人生を歩みたいかが重要なんです。

なので、その時々で適切な仕事をしていけたらいいなと思っているので、今回のような事態でも乗り越えていけるし、どちらの仕事に比重を持っていけばいいのかをその都度変えられる派遣の仕事は今の僕にはあっていると思います。

――そうなんですね。“働き方にこだわっているわけではなく、どんな人生を歩みたいか“で働き方を変化させていく。これからのニューノーマルな時代にはぴったりな働き方かもしれませんね!ちなみに、どんな人生を歩みたいのでしょうか?

僕は基本プライベートを充実させたいので、働き方の異なるWワークで収入を安定させていき、今後は僕の好きな車の整備ができる整備工場を自分で作って趣味のように車の整備の仕事ができたらなと思っています。

あとは、早く家庭も作りたいので、結婚や子供もと人生計画は立てています!

あ、彼女はまだいませんけどね(笑)そこも頑張ります(笑)

まとめ

今回、コロナの影響を受けて仕事がなくなってしまったり、反対に増えたりと変化の多い時期を経験しているCさん。

自由に自身の人生を歩むため派遣での働き方を選んでポジティブかつ計画的に今を過ごしているのだなと感じました。

今後の彼の活躍と人生を応援したいと思いました。

今回はインタビューを受けていただきありがとうございました。

別業界への転職から研修などの業務サポートを行います
世の中の影響で今までとおなじように仕事ができなくなったとき、転職を考える方もいるでしょう。ですが、転職活動を一人でこなすのは大変です。

そこで、派遣社員として働いてみませんか?ウィルオブでは、転職活動から仕事を開始するまでのサポート、業務が始まってからも担当者が相談に乗ったりと、安心して働ける環境を心がけています。
登録はこちらから