IT/Webエンジニアの転職を成功に導くエージェント10選 | 比較しながら徹底解説! 

  • はてブ

IT技術の普及によりエンジニアのニーズが高まっているため、IT通信業界は常に人手が足りず、エンジニアの転職は売り手市場となっています。

ただ、エンジニアの転職活動は非常に難しく、1人での活動には限界があります。もし、1人での転職活動に行き詰っている方は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職サイトを使って1人で転職活動を進めるよりも、スムーズにスキル・年収アップが目指せるからです。

本記事では、おすすめの転職エージェントの特徴を比較します。転職の成功ポイントも解説するので、転職を考えているエンジニアはぜひご覧ください。 

エンジニアの転職は、ウィルオブテックにお任せください!

エンジニアとしてステップアップを考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。 キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか? ウィルオブテックは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます。

キャリア相談を申し込む

IT/Webエンジニアの転職は転職エージェントの利用がおすすめな理由

まずは、どうしてIT/Webエンジニアが転職する際に転職エージェントの力を借りた方がいいのか考えていきましょう。一般的な転職サイトとの違いを含めて、代表的なメリットをご紹介します。

自分に合った求人を紹介してくれる

転職エージェントは、事前に伝えておいた希望条件やキャリア志向から、自分に適した求人を探して紹介してくれます。転職サイトでは、ピンとくる企業を見つけるまで自分の力で探し続けなければいけませんが、転職エージェントではその必要がありません。

IT/Webエンジニアとしての市場価値を検討した上で企業を紹介してくれるので、自分では気づけていなかった自らの価値を知ることもできます。第三者の視点を持ちながら転職活動を進められるため、企業とのミスマッチが起きにくいところもポイントです。

もしも選考に落ちた時でも、エージェントを通して企業からフィードバックをもらえることもあります。いろんな形で自分と向き合いながら転職活動ができるのは、転職エージェントの強みです。

非公開求人案件が豊富にある

転職エージェントの中でも、IT業界に特化したエージェントなら、良質な非公開求人がたくさん存在します。転職サイトを利用しているだけでは、決して出会えることがない優良企業の求人と出会うことができます。

企業が求人を非公開にする理由はいくつかありますが、その内の1つに「応募の殺到を避けるため」というものがあります。それほどまでに条件が良かったり、仕事内容が魅力的だったりという求人を複数抱えているのです。

上位ポストの求人や、専門知識が必要なハイレベルな求人であるケースが多いため、自分の希望条件と合致した求人とも出会いやすくなります。キャリアアップを目指して転職活動を行うなら、転職エージェントの利用は外せません。

面接対策などのサポートが充実している

転職エージェントを使えば、企業の紹介以外でも幅広いサポートを受けられます。書類選考を通過するための効果的な履歴書・職務経歴書・スキルシートなどの書き方指導や添削をはじめ、面接対策のサポートもしてくれます。

初めて転職活動を行う場合でも、わからないことがあればすぐにキャリアアドバイザーやコンサルタントに質問できるので安心です。「企業側が見たらどう思うか」「どんな評価が行われるのか」という視点で指導してくれるので、着実に採用に繋がる対策が取れるでしょう。

心配事があった時も気軽に相談可能なので、転職活動に不安が残る人は利用がおすすめです。心配がつきものの転職活動で、心強い存在になってくれます。

IT/Webエンジニアの転職に強いおすすめ転職エージェント10選

ここからは、IT/Webエンジニアが良い結果を出しやすい上質な転職エージェントを5つ厳選し、特徴を紹介します。

転職エージェントは企業の規模感や求人数、サポートのクオリティなどさまざまな違いがありますが、重要なのは自分に合っている転職エージェントを見つけることです。自分にはどのエージェントが合うのか、考えながら見ていきましょう。

ウィルオブテック

ウィルオブテックは、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの2名体制でサポートしてくれる、手厚い支援体制が特徴です。

特にリクルーティングアドバイザーは企業の採用担当者と密接に関わる存在なので、より企業に沿った対策を取ることができます。

勤務実態や職場環境など、一般的なエージェントでは把握できない情報を提供できるところもポイントです。入社後のミスマッチを防ぎ、本当に心から納得できる企業探しを手伝ってくれるエージェントです。企業選びで失敗したくないと強く感じている人に適しています。

ウィルオブ・テックの公式サイトはこちら

doda

大手転職エージェントの1つであるdodaの特徴は、地方求人へのカバー力です。

保有しているIT求人は1万件を超えると言われ、なかなかIT関係の求人が見つけづらい地方での転職活動でも力を発揮してくれるので、都市部以外でITエンジニアとして働きたい人には最適です。レスポンスの早さを評価されることも多いので、スピーディーに転職活動を進めたい人にも適しています。

dodaエージェントサービスの公式サイトはこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大級の求人数で知られています。3〜4万件ものIT求人を用意しているので、大手からベンチャー系まで、複数の求人を比較しながら検討したい人に向いているでしょう。

業界に特化していない総合型のエージェントではありますが、その求人数には目をみはるものがあります。転職を考え始めた人が業界の状況を知るために、まず登録するパターンも多いようです。なお、担当者による履歴書添削・面接指導などのサポートもクオリティが高く、登録者からの評判も良いです。

リクルートエージェントの公式サイトはこちら

マイナビIT AGENT

IT業界に特化したマイナビIT AGENTは、名前にある通り最大手の「マイナビグループ」が運営しています。大手企業から成長中のベンチャー企業まで全国規模で膨大な数の求人情報を取り揃えています。

マイナビグループが持つ信頼と実績を活かした、他社では出会えない独占求人も多数あり、転職を検討する際には必ず登録しておきたいエージェントです。またサポート面においても、アドバイザーの質が良く、クオリティのサポートを熱心に丁寧すぎるほどしっかりとしてくれると好評です。

マイナビ IT AGENTの公式サイトはこちら

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、webエンジニアやクリエイター専門の特化型エージェントです。エンジニア求人の中でも給与が高い、ハイクラスの求人案件を集めているところが特徴です。全求人の8割以上が年収600万円以上で、希望条件に給与の高さを挙げている人に向いています。有名企業や大企業で働きたいと考えている人におすすめです。

15年以上もITエンジニアの転職を支援してきた実績があり、ITに特化した転職アドバイスも受けられます。エンジニアとして一定の経験を積んできた人が満足できるサービス内容になっています。

レバテックキャリアの公式サイトはこちら

ワークポート

未経験からのITエンジニア採用を目指す人は、ワークポートが好適です。他エージェントにはない、未経験者採用に特化した独自のノウハウを活用しています。

関係者に元IT業界経験者が多いこともあり、IT求人数も1万件を超え、総合型エージェントとは思えない充実度を誇っています。エンジニア以外のIT系職種の求人も多く用意しているので、職種を限定せずに転職活動を始めてみたい人にもおすすめです。

ワークポートの公式サイトはこちら

GEEK JOB

他のエージェントとは少し違う特徴を持つGEEK JOBは、転職のサポートの一部として、エンジニア向けの学習支援を受けることが出来ます。転職を考えているけれど、スキルに自信がなく不安という方には、スキルアップや年収のアップにもつながる心強いサービスと言えるでしょう。

経験者のスキルアップはもちろん、未経験の人でもエンジニアの正社員を目指せるほど、基礎から応用まで幅広く学習することが出来ます。また、転職成功率が90%以上というのも魅力でしょう。

GEEK JOBの公式サイトはこちら

 パソナキャリア

人材派遣サービスの会社であるパソナが運営するパソナキャリアは、とても細やかで丁寧なサポートが特徴です。初めての方でもスムーズに転職を成功させられるように、どのような仕事を求めているのか、またキャリアプランの組み立てから面接の時にアピールすべきポイントまで包括的にサポートしてくれます。

また非公開求人の割合が高い事でも有名で、オリコン顧客満足度(R)調査では転職エージェント4年連続第1位を獲得しています。転職が初めてで何をしたらいいのか分からない、自分に合っている仕事が分からないという状況の方はまず登録しカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

パソナキャリアの公式サイトはこちら

type転職エージェント

type転職エージェントは、一都三県に範囲を絞りIT業界に特化したサービスを提供しています。また職種はエンジニアに限らずバックオフィス業務や、営業職などの分野も得意としており、エンジニアだけでなくIT業界全般で転職を考えている場合は、まず登録しておきたいエージェントと言えるでしょう。

求人を首都圏に絞っていることでより高い専門性を持ったアドバイザーと濃い時間を過ごすことができ、転職後の満足度も高く評価されています。

type転職エージェントの公式サイトはこちら

社内SE転職ナビ

社内SEへの転職を目指すなら社内SE転職ナビがおすすめです。名前の通り社内SEとしてキャリアを積んでいきたい方を支援することに特化しており、求人紹介数も1人あたり7.3社と業界トップクラスの社内SE求人数を誇っています。

社内SEを目指すエンジニアに多い悩みを解決するためのノウハウも充実しており、理想とする仕事に就くことを全面的にサポートしてくれるでしょう。

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

 

売り手市場でもIT/Webエンジニアの転職が難しい理由

エンジニアの転職は売り手市場なため、働く環境を良くしたいと考えているエンジニアの方は転職で環境を良くするチャンスと言えます。
ただ売り手市場のエンジニア転職でも、1人で転職活動をしていると行き詰ってしまうことがあります。

求められるスキルや人柄の違い

エンジニアの転職が難しい理由は、求められるスキルや内面的な人柄が、年代やこれまでの経験によって違うからです。

20代や若年未経験であれば、将来の伸びしろや、新しい環境での適応能力、新しい技術への吸収意欲など、今後を期待して採用となります。

ただし、30代や経験者のエンジニアは、これまでの経験に見合ったスキルと併せて、若手エンジニアをチームとしてまとめるリーダーシップも求められるため、内面の人柄も重視されます。

また、30代経験者は20代よりも給与が高くなることから、企業側も慎重に採用を進めるので、なかなか内定が出ず、時間と労力がかかり、体力的にもメンタル的にも行き詰ってしまうのです。

年齢 所定内給与額 年間賞与 年収
20~24歳 23万2,400円 34万5,400円 313万4,200円
25~29歳 26万8,300円 81万400円 403万円
30~34歳 31万8,800円 114万5,300円 497万900円
35~39歳 36万1,400円 116万6,300円 550万3,100円
40~44歳 39万7,000円 132万8,700円 609万2,700円
45~49歳 40万7,800円 133万6,700円 623万300円
50~54歳 43万6,400円 158万5,800円 682万2,600円
55~59歳 44万200円 161万6,000円 689万8,400円

※参考
・「年収」=「所定内給与額(月収)×12」+「年間賞与」で算出
・性別は男性の数値をもとに算出
・厚生労働省「賃金構造基本統計調査 職種第3表DB(2019)」

また、新型コロナウィルスの影響で企業側の採用枠が減り、少ない枠の中で優秀なエンジニアを獲得しようとする意識が高まっています。

そのため、これまで以上に即戦力が求められる傾向になっていることも、エンジニアの転職を難しくしている要因となっています。

一つの職場で働き続ける落とし穴

ここまででエンジニアの転職が、一筋縄ではいかないことがわかったと思います。

ただ転職をせず、一つの職場で長年働き続けることも思わぬ落とし穴があるので、転職をしようか悩んでいる方は注意してください。

思わぬ落とし穴、それはエンジニアとしての市場価値です。

冒頭でも話した通り、IT技術は日々使いやすいものへと進化し、技術の進化に合わせエンジニアもスキルや知識をアップデートしていく必要があります。

もし、勤めている会社が新しい技術を扱っていれば、業務を通して経験を積むことで、市場価値は上がっていきます。

ですが、独自の社内システムなどを扱っている会社で働いていた場合、最新技術からは遠ざかり、長年働いていたのに市場価値が低い、もしくは下がってしまうと言うこともあり得るので、お気を付けください。

IT/Webエンジニアの転職に強いエージェントを利用するコツ

転職エージェントには、賢く利用するコツがあります。これらのコツを頭に入れておくと、より理想的な企業に出会いやすくなったり、手間が省けたりします。

ここからは、そんなコツを5つピックアップして紹介します。

要望を素直に伝えておく

まず、これだけは外せないという強い要望をキャリアアドバイザーに伝えておくことが必要です。

例えば、「なるべく大手企業に入りたい」「将来的にはフリーランスとして活動できるプランが立てられる企業が良い」「労働環境が良い企業でなければ入りたくない」などが挙げられます。

要望や希望条件をあいまいにしてしまうと、マッチしていない企業を紹介される可能性が高いです。もしも条件に無理がある場合はプロの目線からアドバイスもしてもらえるので、まずは自分が考えていることを漏れなく伝えた方が良いでしょう。

転職可能時期を最短で伝える

キャリアアドバイザーには、一定の売上目標があります。目標達成は早いに越したことはないので、早めに転職可能な登録者は対応の優先順位を上げてくれる場合があります。

転職可能時期を尋ねられたら、「自分にぴったりの企業があれば、今すぐにでも対応できます」と答えるようにしましょう。

ただし、もしも今すぐに転職することが難しい場合は、無理に答えなくて問題ありません。自分ができる範囲内で、最短日程を伝えてください。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントを1社のみに絞ってしまうと、合わないキャリアアドバイザーとマッチングしてしまった場合などに対応できなくなります。安全策として、少なくとも2〜3社は登録しておくようにしてください。

複数のエージェントと定期的にコンタクトを取っていると、さまざまな価値観を学ぶこともできます。本当に自分と合ったエージェントを見極めることにも繋がりますし、企業選びには多角的な目線も重要です。客観的な考え方を忘れずにいるためにも、複数のエージェントに登録するようにしましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募しない

転職エージェントを使い始めたばかりの人が陥りがちなミスですが、同じ求人案件に異なる転職エージェントから応募することはやめましょう。

複数のエージェントから応募していることは、企業はもちろん各エージェントの耳にも入ります。企業・エージェントの両方に不信感を与えることになるでしょう。企業の選考に落ちるだけではなく、エージェントとの信頼関係を崩してしまいかねません。

どのエージェントからどの求人に応募したのか表などにまとめ、きちんと把握するようにしてください。

推薦文を確認する

キャリアアドバイザーやコンサルタントは、企業応募時に推薦文を添えてくれます。

しかし、推薦文のクオリティが低い場合も少なくありません。中には、こちらが書いた自己PR文章を丸写しという場合もあるようです。せっかくのアピールの機会を無駄にしないように、書類提出前に一度、推薦文の内容を確認させてもらってください。

もしもその際にキャリアアドバイザーを変更したいと感じたら、迷いなく担当者変更を申し出ましょう。

IT/Webエンジニアへの転職を成功させるポイント

最後に、IT/Webエンジニアの転職に成功し、キャリアアップを実現するためのポイントをご紹介します。

これらを意識しながら取り組めば、理想的な企業でIT/Webエンジニアとして働ける日も、決して遠くはありません。

転職の目的を明確にする

これは全業種・全職種の転職でも言えることですが、転職理由ははっきりさせておきましょう。「自分はどうして転職したいのか?」「これからどんなキャリアを進みたいのか?」という疑問に、問題なく答えられるようにしておく必要があります。

面接でも、キャリアプランについてはほぼ聞かれます。これから1つの企業に落ち着いて安定した職場環境で働きたいのか、または年収を上げることを重視したいのか、しっかりと考えておいてください。

自分の中でビジョンが明確になっていないと、正しい選択肢が見えてきません。

年齢が若いうちに行う

IT/Webエンジニアの転職は、できるだけ20代のうちにチャレンジしておきましょう。

20代の間は教育期間としての猶予が与えられ、実績や資格などが伴っていなくても、ポテンシャルや将来性で採用してもらえるケースも多いからです。

30代以降は実績が求められるので、軽い気持ちで転職することはなかなか難しくなります。正社員採用は厳しくなり、契約社員として働くことも多いようです。

現在の会社に納得がいっていなかったら、20代の間に転職を決断する方が、賢い選択と言えるでしょう。

自分のスキルを整理する

書類選考でも面接でも、IT/Webエンジニアの転職で重視されるのは今まで積んできた経験とスキルの詳細です。経験者採用の場合は即戦力として働いてくれる人材を探しているので、自分のスキルを明確に伝える必要があります。

これまでどんなプロジェクトに参加していたのか、チームの中でどのような役割を果たしていたのか、説明できるようにならないといけません。

自分の経験を一度紙に書き出して、可視化してから整理してみるとわかりやすいです。

キャリアアドバイザーに相談する

確実に転職を成功させたいなら、転職エージェントに所属しているキャリアアドバイザーの力を頼ることが早道でしょう。

キャリアアドバイザーは、いわば転職のプロフェッショナルです。自分1人では解決方法が見つからない悩みも、キャリアアドバイザーに相談してみたら一気に道が見えてくることもあります。二人三脚で転職活動をサポートしてくれるので、いざという時にも安心です。

自分にぴったりの転職エージェントを探して、キャリアアドバイザーに助けを求めることをおすすめします。

まとめ

IT/Webエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、転職エージェントの活用は必須条件と言えます。

選考対策のアドバイスに加えて、非公開の求人も紹介してもらうことができ、選択肢が大きく広がるでしょう。エージェントによっておすすめのタイプや具体的な特徴は変わってきますが、その中でも「ITエンジニアのキャリアを向上させて、より好条件な企業に転職したい」と考えている人におすすめなのがウィルオブ・テックです。

2人体制でサポートしてくれるエージェントは多くありませんし、なかなか知ることができない会社のリアルな労働環境まで、詳しくデータを集めることができるからです。

興味のある人は、ぜひ気軽に相談してみてください。

エンジニアの転職は、ウィルオブ・テックにお任せください!

エンジニアとしてステップアップを考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。 キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか? ウィルオブテックは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます。

キャリア相談を申し込む

よくある質問

転職エージェントを利用することでどのようなメリットがありますか?

転職エージェントは、事前に伝えておいた希望条件やキャリア志向から、自分に適した求人を探して紹介してくれます。他にも非公開求人の案件や面接対策などのサポートが充実している点が挙げられます。 くわしくは「 IT/Webエンジニアの転職は転職エージェントの利用がおすすめな理由」をご覧ください。

複数登録しても大丈夫ですか?

転職エージェントへの登録数に制限はないため、複数のエージェントへの登録が可能です。
むしろ、複数の転職エージェントに登録をすることでより多くの求人情報から仕事を探すことができるようになるのでおすすめしています。
くわしくは「IT/Webエンジニアの転職に強いエージェントを利用するコツ」をご覧ください。

  • はてブ