派遣で掛け持ちはしても大丈夫?掛け持ちするメリットや注意点などを解説

働いている人の中には、もう少し収入を増やしたい、空いてる時間があるからそこに他の仕事も入れたいと思っている方もいるでしょう。

そのため、Wワークや掛け持ちなどの働き方が増えています。

アルバイトであれば、掛け持ちで仕事をしても良いのですが、正社員は基本掛け持ちでの仕事は禁止です。

では、派遣はどうなのでしょうか?

ここでは、派遣会社の掛け持ちや、派遣社員が仕事の掛け持ちをしていいのか、できるのであればどんな点に注意すればいいのかなどを解説していきます。

派遣で掛け持ちは可能!でも仕事を始める前に派遣会社への報告は必要です
法律的には、掛け持ちで仕事をすることを禁止していませんが、派遣会社によっては、掛け持ちの仕事をすることを禁じているところがあります。

ですが、収入面の問題で掛け持ちをしたいのであれば、まずは派遣会社に相談をしてみましょう。掛け持ち以外の方法でも問題を解決してくれる案を提案してもらえることがありますよ。
派遣会社への登録はこちら

派遣の掛け持ちしても大丈夫?

結果から言えば、派遣会社へ複数登録しても良いし、仕事の掛け持ちをしても大丈夫です。

派遣会社は1社だけではなく、複数の傾向の違う会社に登録することで、自分に合う仕事を見つける確率を高めることができます。

ただし、数が多すぎると仕事がダブルブッキングしてしまう可能性もあり、仕事を紹介されても受けられないことが続いてしまったら自身の評価が下がってしまう恐れがあります。

では、派遣の掛け持ちについてもう少し掘り下げていきましょう。

掛け持ちは法律的に制限してない

実は、派遣では仕事の掛け持ちを禁止する派遣法などの法律はないので、掛け持ちが可能なのです。

派遣会社に掛け持ちで仕事がしたいと伝えれば、掛け持ちで働ける場合があります。

ただし、掛け持ちで仕事をする場合は注意しなくてはならない点が5つあるので、こちらの「掛け持ちをする際の注意点」をご確認ください。

派遣会社によっては禁止にしている

法律的に制限していなかったとしても、派遣会社によっては禁止しているところがあります。

そのため、掛け持ちで仕事をする際は掛け持ちで仕事をしても良いのか派遣会社の規則を確認しておきましょう。

また、派遣会社とのトラブルにならないよう、掛け持ちで仕事を始める前に担当コーディネーターに相談をしておくと安心して働くことができますよ。

掛け持ちをするメリット

では、掛け持ちで仕事をするメリットには何があるのか、ここで紹介していきます。

収入アップ

仕事を掛け持ちするということは、収入源が増えることになるので、単純に収入が増えます。

たとえば、週4日は昼間に働き、週3日は夜に働く、と言ったように調整することもでき、掛け持つことで昼と夜でシフトを入れて調整することも可能です。

ただし、無理なシフトを組むと仕事に支障が出てしまうこともあるので、そのあたりの調整が1つの仕事をしているよりも難しくなってきます。

仕事の経験を積める

複数の仕事をすることで、それだけ多くの仕事経験ができますので、1つの仕事だと飽きてしまう方には向いている働き方と言えるかもしれません。

それが全く別の職種であれば、とくにその傾向が強く出ます。

仕事の経験を積むために他の仕事もしてみたいと思う方は、掛け持ちで働くことを視野に入れるのも良いかもしれませんね。

掛け持ちをするデメリット


収入が増えたり仕事の経験を積めるといったメリットを紹介してきましたが、その一方でデメリットとなる部分もあるので、今度はこちらの紹介をしていきます。

スケジュール管理が大変

掛け持ちで仕事をするということは、その分スケジュール管理が難しくなることに繋がります。

1つであれば、その仕事に専念すれば良いのですが、掛け持ちの場合は仕事が被らないように調整することが難しくなります。

仕事によっては、その日でなくてはならないこともあるので、どちらを優先すべきか考えなくてはなりません。

普段からそういった管理が苦手な方にとっては難しい働き方と言えます。

体力的な不安

2つの仕事をしなくてはならないので、その分休みやプライベートな時間が減ってしまうので、体力的に厳しく感じてきます。

とくに、年を重ねていくとその実感は強くなっていきます。

無理をして疲れが溜まりやすくなると、集中力も続かなくなりますし、最悪怪我にも繋がることもあるので、体力に不安がある方はやめておいた方が良いでしょう。

掛け持ちをする際の注意点

掛け持ちで仕事をする場合、注意すべき点が5つあります。

仕事を決めてしまう前に、以下の内容を理解し、安心して働けるようにしましょう。

派遣会社で掛け持ちできるか確認

最初にも簡単に話しましたが、派遣会社によっては掛け持ちを禁止しているところもあるので、まずは派遣会社で許可しているかを確認しましょう。

また、派遣会社に自分が掛け持ちで仕事をするということを伝えて置くことで、無理なく掛け持ちで仕事ができるようにシフト調整をしてくれますよ。

掛け持ちするときは必ず報告

上記で説明した派遣会社で掛け持ちで仕事ができるかを確認して、できるようであれば、担当コーディネーターに掛け持ちで仕事をしたいことを伝えましょう。

会社で禁止していないからと掛け持ちで仕事を始めてしまうと、派遣会社から紹介された仕事がダブルブッキングしてしまい、紹介されても断らなくてはならなくなります。

そんなことが何度も続いてしまうと、「この人は仕事をする気があるのか?」と思われて印象が悪くなってしまう可能性が出てきます。

そうならないためにも、掛け持ちの仕事を決める前に、派遣会社に報告を必ずしておいてください。

同じ派遣会社で掛け持ちをしない

同じ派遣会社で掛け持ちをしてしまうと、労働基準法で定めている労働時間を超してしまう可能性があるからです。

労働基準法では、1日8時間、1週間40時間以内と定められており、これを超えて働いてしまうと、派遣会社は割増料金を支払わなくてはなりません。

そのため、掛け持ちで仕事をしたいのであれば、別の派遣会社で掛け持ちで仕事をするようにしましょう。

雇用保険はメインとなる派遣会社で

雇用保険の条件を満たしている場合、その派遣会社で加入する必要があります。

メイン(収入が多い方)となる派遣会社で雇用保険を満たす仕事で働き、もう1つの会社では入らないようにしてください。

本来、雇用保険は1社でしか加入ができないので、どの会社をメインとするのかを決めて置いてください。

年末調整は自分で行う

通常、年末調整は派遣会社の方で行ってくれるものですが、掛け持ちをしている場合は少し変わってきます。

もちろん、収入が多い方の派遣会社で雇用保険に加入し、年末調整をして貰うのですが、もう1つの会社の分は自分で年末調整を行わなくてはなりません。

自分で年末調整を行う会社から源泉徴収票をもらい、それを元に確定申告を行うようにしてください。

年収によっては扶養内で働けなくなる


もし、配偶者の扶養内で収まるように働きたいのであれば、年収に注意して働くようにしてください。

年収103万円を超えると、扶養控除から外れてしまい、所得税を支払わなくてはなりません。

年収額によっては、社会保険などの税金を支払わなくてはならず、逆に手取り収入が減ってしまう恐れがあるのです。

掛け持ちをしている収入を考え、自分がどのくらい稼げば良いのかを計算しておきましょう。

詳しくは、こちらの「103万の壁を超えたらどうなる?扶養内での働き方についてくわしく解説」で詳しく解説しています。

【結論】掛け持ちは難しい

掛け持ちで仕事をすると収入が増えたり、多くの経験が積めるメリットがありました。

ですが、体力的な問題やスケジュール管理の大変さ、そして年末調整などを自分で行わなくてはならないなどのデメリットとなる部分が実質的に負担となります。

そのため、掛け持ちで仕事をすることのメリットは薄く、あまりおすすめできない働き方と言えます。

それでも、今の収入をもっと増やしたいのであれば、まずは派遣会社に相談をすることをおすすめします。

派遣会社の担当コーディネーターが今の派遣先で時給を増やせないかの交渉をしてくれたり、今より収入が多いところを紹介してくれたりと一緒に考えてくれます。

また、どれだけ時給を増やしても派遣の収入だと不安を感じる方は正社員を目指すのも良いでしょう。

派遣会社によっては、正社員を目指す方のために紹介予定派遣制度を取り入れてたり、最初から正社員として働ける仕事探しをしてくれるところもあります。

派遣会社については「派遣会社10社を徹底比較!おすすめじゃなく自分で選ぶ6つの選定基準付」で紹介しているので、自分に合う派遣会社を探してみてください。

まとめ

掛け持ちで仕事をする上でのメリットやデメリット、注意点などを解説してきました。

メリットがあってもデメリットの方が大きく、派遣で収入を増やすなら時給が高い仕事を探すか正社員を目指すなどの方法が良いことが分かりました。

収入で不満があっても、掛け持ちをするにしても、まずは派遣会社に相談をすることが大切です。

自分の中で疑問や悩みを完結させるのではなく、第三者の意見でもある派遣会社からのアドバイスを聞くことで、思いつかなかった解決方法が見つかることもあります。

ですが、メリットとなる部分も魅力的ではあるので、大変でも掛け持ちをしたいのであれば、注意点ややるべきことを守り、無理のない範囲で仕事をするようにしましょう。

掛け持ちで仕事をするよりも派遣会社に相談をして解決を目指しましょう
掛け持ちで仕事をするのは、体力面やスケジュール管理などデメリットとなる部分が大きい傾向にあります。

それでも収入や仕事で不安がある方は、まずは派遣会社に相談をし、解決策を一緒に考えましょう。時給が高い仕事を紹介してもらったり、正社員を目指すプランを考えてくれたりしますよ。
派遣が気になる方はこちらから登録