SEの転職に転職エージェントはおすすめ?選び方や転職成功のコツを徹底解説

  • はてブ

この記事でわかること

  • SEが転職エージェントを利用するメリット
  • 転職エージェントの選び方・活用のコツ
  • SE転職を成功させるポイント
編集者プロフィール
ウィルオブテック編集部

エンジニア転職に関するお役立ち情報を発信

「SEに転職したいけど、どのように進めればいいかわからない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。自分に合った企業の選定や応募書類の作成、面接対策など一人でこなすには限界があります。

そこでおすすめなのが、転職エージェントです。IT業界やSEに詳しい転職のプロが、あなたの転職活動を徹底的にサポートしてくれます。

この記事では、転職エージェントの選び方や賢く転職するコツを詳しくご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

エンジニアが転職するならウィルオブテックがおすすめ!

IT業界は転職のハードルが難しいため、まずは自己分析を通じてエンジニアとしてどのように働いていきたいかを理解することが大切です。そのためには、客観的な視点が必要です。エンジニアに特化した転職エージェントのウィルオブテックでは、専属2名体制で親身になってあなたの転職をサポートします。キャリアアップを目指している方はぜひお気軽にご相談ください。

無料キャリア相談に申し込む

SEが転職エージェントを使うメリット

まず、SEが転職する際に、転職エージェントを活用するメリットを紹介します。

特にこれまで転職エージェントを利用したことがない方は、ぜひ参考にしてください。

キャリアカウンセリングを受けられる

エンジニア業界は今後も必要となってくる職種ではあるものの、エンジニアの採用を重視しているところは優秀な人材を採用する傾向があるので転職活動が難しくなっています。

そのため、転職エージェントを活用することでキャリアアドバイザーからカウンセリングを受け、自分の働き方や強みなどを理解できます

将来的にどのような仕事をしたいかを整理できるため、転職活動に大いに役立ちます。特に、キャリアアップを目指して転職をする方はキャリアカウンセリングを受けつつ、転職活動を進めましょう。

非公開求人の情報を保有している

多くの転職サイトでは、非公開求人を保有しています。転職エージェントに登録しなければ閲覧できない非公開求人は、一般の求人よりも年収や待遇が高い傾向にあります。

また、公開求人は他の転職エージェントで取り扱っていることも多く、ライバルの多さが気になります。一方、非公開求人は候補者の母数が少ないため、転職活動を有利に進めやすいでしょう。

応募書類の添削を受けられる

転職活動で不安な要素は人によって異なるものの、応募書類の作成は多くの求職者が悩みがちです。自己PRや志望動機などの定型文がないため、「書き方が分からない」と悩む方も少なくありません。

下記関連記事では志望動機や職務経歴書の書き方に関して紹介していますが、志望動機や自己PRなどは一人ひとり書く内容が違います。採用担当者に納得してもらえる応募書類を書くためには、第三者の添削が必要です。

キャリアアドバイザーは、応募書類の添削も行っているので書き方や内容に対するアドバイスをしてくれます。応募書類の添削だけでなく面接対策も実施しているため、不安を解消した状態で面接本番に臨めます。

企業との連絡・交渉を代行してくれる

一人で転職活動をしていると、企業との連絡も自分で行わなくてはなりません。そのため、質問しにくいことがあって聞きそびれたままになる場合もあります。

しかし転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーが代行して企業に連絡を取ってくれるので、質問しにくいことでも気兼ねなく聞けます。また、年収アップの交渉もしてくれるため、より自分が働きやすい環境に転職できる可能性が高まりますよ。

SEにおすすめしたい転職エージェントの選び方・活用のコツ

転職エージェントを利用するメリットは把握できても、どのエージェントを選べばよいかわからない方も多いでしょう。

ここからは、転職エージェントの選び方や活用のためのポイントを解説します。

複数の転職エージェントを組み合わせて使う

転職エージェントを1社に絞らなければならないというルールはありません。むしろ複数の転職エージェントに登録し、自分にマッチするかどうか吟味しましょう。

もちろん転職エージェントごとに特徴や傾向はありますが、どのような担当者が自分に付いてくれるかにも大きく影響されるものです。その担当者の能力やサポートの仕方、自分との相性も結果を大きく左右します。

ひとつのエージェントに登録して満足してしまうのではなく、必ず複数社の担当者のサポートを受けて比較してみましょう。

希望求人の保有数を確認する

転職エージェントが自分の希望に合った求人数をどれくらい保有しているのかチェックしておきましょう。

具体的なエージェントの活用方法として、専門性に特化したエージェントと、広く案件を抱える総合的なエージェントを使い分けるのもおすすめです。

転職活動では「どうしてもこの職種で転職したい」と視野が狭くなりがちで、苦戦する方も多くいます。そのため、特徴の異なるエージェントに登録することで、複数の情報源から情報を集めて意識的に視野を広げ、柔軟に転職活動を進めていくとよいでしょう。

サポートの内容を確認する

転職エージェントがどのようなサポートを実施しているのか確認し、自分に合ったサポートが受けられるエージェントを選択しましょう。

特にこれまで転職経験のない方であれば、職務経歴書をはじめとした応募書類の添削指導が手厚いことや、面接の指導が丁寧な転職エージェントがおすすめです。

SE転職を成功させるポイント

SEの転職をするなら転職エージェントの利用がおすすめではあるものの、キャリアアドバイザーに任せきりで良いわけではありません。

ここからは、自分でも転職を成功に近づけるポイントを紹介するので、待つだけでなく積極的に転職活動を行えるようにしましょう。

自己分析を行う

求人を探すためには、ある程度条件を絞ることが大切です。以下内容の条件を参考に自己分析を行い、キャリアアドバイザーに伝えることをおすすめします。

  • やりたい仕事や得意なこと
  • 苦手な仕事やできない仕事
  • 保有している資格
  • 身についているスキル
  • 将来目指している働き方
  • 通勤が可能な範囲の設定
  • 給与や待遇面の希望 など

なお、自分では分からない場合は、ぜひキャリアアドバイザーに相談してみてください。

転職先の情報を集める

転職エージェントによっては、転職先の職場環境や離職率などのくわしい情報を教えてもらえます。求人情報だけでは見えない情報を知りえるチャンスです。

また、複数の転職先の情報を比較することで市場価値を判断しやすくなります。自分がどこまで希望を通せるかの目安にもなるので、キャリアアドバイザーとともに情報を集めていきましょう。

下記の記事をチェックしつつ、転職先の職場だけでなくエンジニア業界についても情報を集めるとよいでしょう。

自分のスキルを整理する

転職を決意したら、自分のスキルを整理しましょう。これから初めてエンジニアとして働くのであれば、今の自分ができることやこれまで培ってきたスキルを洗い出してみてください。

すでにエンジニアとして働いていて、スキルアップのために転職をしたい方は、さらに良い条件で働けるように得意なことや今後挑戦してみたいことをチェックするとよいでしょう。

キャリアアドバイザーには正直に相談する

転職エージェントを活用するのであれば、キャリアアドバイザーに正直に話すことが重要です。希望条件についてだけでなく、わからないことや苦手なこと、転職や働き方で不安なことなども正直に話すようにしてください。

キャリアアドバイザーは、聞いた希望条件や不安要素などを踏まえて求人を紹介します。そのため、正直に話してもらえないと探した求人が希望に沿わない可能性が高くなってしまいます。

もし、より良い条件の仕事をしたいからと自分にはないスキルや経験を詐称してしまうと、転職が決定しても働き始めてから仕事についていけません。

自分が働きやすい仕事に就くためにも、ありのままの自分を伝えていきましょう。

SEの転職事業

実際に今のSE業界はどうなっているのか、今後SE業界で働いていけるかなど、これからエンジニア業界で働こうと考えている人は参考にしてください。

エンジニア業界の将来性については、こちらの「エンジニアの種類について解説!詳しい仕事内容や将来性なども紹介」で解説しているのであわせてご覧ください。

人手不足になりつつあるエンジニア業界

現代は、IT技術が発展してSNSサービスやBtoCサービスなどが拡大しているため、IT業界の市場は拡大をしています。しかし、経済産業省が2019年に発表した「IT人材需給に関する調査」によると、2030年までにエンジニア不足の問題は悪化していくと予測されているのです。

このことから、今後もIT技術を活用する場が広がっていくと予測されるため、需要は高くなっていきます。

未経験からも始められる

システムエンジニアには特殊な資格はないため、未経験から始めることは可能です。しかし、専門性が求められるので、ある程度スキルや知識が備わっている方が採用される可能性は高まります。

また、IT技術は日々アップデートされており、長く働くためには継続的な学びや資格取得など自主性が求められます。たとえ未経験から始めたとしても、自ら学ぼうとする意志がなくては働き続けることは難しいといえるでしょう。

つまり、始めるだけであれば未経験からも可能ですが、長く続けるのであれば経験を積み、資格取得やスキル磨きなどの努力をしなくてはならないのです。

SE転職におすすめのスキルとは?

SEの仕事を長く続けたいと考えているなら、基礎的な能力は不可欠です。

ここでは、実際にSE職でおすすめのスキルを解説していきます。すぐにでも学び始められるので、ぜひ参考にしてください。

プログラミングスキル

SEは、システムの設計を行うことが主な仕事なので、直接プログラミングを行うことはほとんどありません。

しかし、設計をするためにはプログラミングの知識が必要です。そのため、最低限の知識は身に着けておきましょう。

コミュニケーション能力

SEはシステムの設計をして終わりでなく、システム開発に携わる社員に設計内容を分かりやすく説明しなければなりません。そのため、コミュニケーション能力は必要です。

さらに、クライアントの要望を聞いたり、社員の意見を聞いたりできるヒアリング能力もあるとベターです。

論理的思考

システムの仕組みを理解し、組み立てられる思考力がなくてはうまく設計できません。 SEにとって論理的思考力は欠かせないスキルだといえるでしょう。

もちろん、技術面だけでなくクライアントやエンジニアに説明をするときも順序だてて説明をすることで、話が伝わりやすくなります。

まとめ

転職活動をする際、今よりも良い条件の仕事やキャリアアップを目指せる働き方ができる仕事に就けるように転職エージェントを活用することをおすすめしています。一人で転職活動をするのが大変であれば、天翼エージェントの選び方や活用のコツを参考に、この記事で紹介した転職エージェントの特徴を参考に相談してみてください。

転職エージェントはそれぞれ特徴が異なるため、自分に合ったエージェントを選ぶようにします。複数のエージェントを使いこなすと、より良い結果が生まれやすいことを覚えておきましょう。

また、あわせて解説をした転職を成功させるポイントは、未経験・経験者に関係なくできることなので転職前に確認をしておいてくださいね。

SE転職を目指すならウィルオブテックがおすすめ!

SEに転職したいけど何をすればよいか分からなければ、まずは自己分析からはじめてみませんか?エンジニアに特化した転職エージェントのウィルオブテックなら、あなたに寄り添いながら自己分析をサポート。専属2名体制なので求人紹介や選考サポートも充実しています。キャリアアップを目指している方はぜひお気軽にご相談ください。

無料キャリア相談に申し込む

よくある質問

転職エージェントを利用することでどのようなメリットがありますか?

 転職エージェントは、事前に伝えておいた希望条件やキャリア志向から、自分に適した求人を探して紹介してくれます。他にも非公開求人の案件や面接対策などのサポートが充実している点があげられます。 くわしくは「転職エージェントを使うメリット」をご覧ください。

複数登録しても大丈夫ですか?

転職エージェントへの登録数に制限はないため、複数のエージェントへの登録が可能です。
むしろ、複数の転職エージェントに登録をすることでより多くの求人情報から仕事を探すことができるようになるのでおすすめしています。
くわしくは「転職エージェントの選び方・活用のコツ」をご覧ください。

関連記事

SE(システムエンジニア)の転職先でおすすめは?年代別の難易度も解説!

SE(システムエンジニア)の平均年収は?1000万円を目指す方法を解説

IT・システムエンジニア(SE)志望動機の書き方と例文 | 未経験者向けの例文も紹介

SE(システムエンジニア)転職の職務経歴書はこう書く!わかりやすい テンプレート付きで解説

  • はてブ