PHPの将来性はある?現在のPHPエンジニアのニーズを詳しく解説!

  • はてブ

PHPはPythonなどのプログラミング言語と比較すると歴史が古く、多くのWebサービスで使われています。そのため「PHPには将来性がないのでは」という意見も徐々に増えています。本稿ではそんなPHPの将来性と、それを踏まえたPHPエンジニアに求められるスキルについて詳しく解説します。

PHPエンジニアとして今後ステップアップをお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!
自身のスキルの整理を行いましょう

エンジニアとしてステップアップを考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。
キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?
ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする

「Webに強い」といわれるPHPの需要

「PHPはWebに強い」といわれていますが、その需要を解説する前にそもそもPHPとはどのような言語なのか、おさらいしておきましょう。
PHPとはWebアプリやWebシステムの開発に適したプログラミング言語のことであり、以下のような特徴があります。

  • 動的型付け言語と呼ばれる分類にあたるもので、データの種類を問わない比較的自由度の高いプログラミングが可能
  • シンプルな構文の言語であるため可読性が高い
  • Webフレームワークが豊富であるため効率的に開発を行える

このような特徴を持つため、PHPは非常に多くのWebアプリで用いられています。

すでにPHPはさまざまな場面で用いられており、他言語と比べると歴史があるため習得者が多いことから、今後PHPおよびそのエンジニアの需要が大きく拡大することはないでしょう。ただし、あくまで今後の需要の拡大が期待できないだけで、基本的な需要は衰退することなく、一定の水準を維持すると考えられます。

PHPの将来性が高い理由

PHPの将来性が高い理由
なぜPHPの需要は衰退せず、ある程度の将来性が見込まれるのでしょうか。本章では、この点について解説します。

WordPressでPHPが採用されている

1つ目の理由は、WordPressでPHPが採用されているからです。

WordPressは、世界で最も利用されているオープンソースのCMS(Content Management Service)です。個人ブログの作成に用いられることもありますが、企業HPやオウンドメディアなどでも広く活用されています。

このように世界で広く利用されているサービスがPHPを使用しているため、PHPの需要は当面縮小することはないでしょう。

PHPで作られたシステムの保守に必要な言語である

2つ目の理由は、PHPで作られたシステムを保守するためにはPHPが必要になるからです。

当然ですが、PHPを用いて作られたシステムの保守や改修などに用いる言語はPHPです。現代のWebシステムやWebアプリはPHPで作られたものが多いため、そのようなサービスの運用・維持をするにあたってはPHPが必須になります。

その観点で考えても、PHPやそれを習得しているエンジニアの需要がなくなることはないでしょう。

勉強のしやすさと整った学習環境

3つ目の理由は、PHPが非常に習得しやすい言語であることです。

特徴の紹介でも少し触れましたが、PHPは非常にシンプルな構文を基本としているため非常に理解しやすく、プログラミングの初学者でも比較的とっつきやすい言語といえます。

その簡単さに加えて学習環境も整っていることが、PHPの習得しやすさにつながっています。PHPは古くからある言語なので習得している人も多く、彼らはインターネット上や書籍などでPHPにまつわるさまざまな情報を発信しています。

そのような経験者の情報やアドバイスを容易に手に入れることができるため、PHPは他言語に比べて学習環境が整っているといえます。習得しやすいため「PHPなら触れる」というエンジニアは多く、「PHPの案件なら業務委託でお願いしよう」「インターンでまずはPHPを使ってプログラムを書いてもらおう」といったように企業側もPHPの需要を見出すことができます。

間口が広いことが多くの習得者を生み、その豊富な供給に応じて需要が創出されるため、しばらくはPHPエンジニアの需要がなくなることはないでしょう。

PHPの将来性を懸念する意見

上記の要因からすぐにPHPの需要が消えることはないと考えられますが、それでも一部ではPHPの将来性を懸念する意見もあります。
いくつか例を挙げてみましょう。

スマホアプリやAIなどの開発には向かない

これは、PHPがWebアプリ開発に特化した言語であるためです。Web上で動かすWebアプリと、スマホやその他機器にインストールして動作させるようなアプリには明確な違いがあり、後者の開発にPHPが不向きであることは事実です。

そのため、PHPは既存のWeb周りの需要を維持していくことになりますが、新規市場を開拓できないという意味では、需要の拡大は期待できないでしょう。

他言語にシェアを奪われる可能性がある

PHPはAI開発やスマホアプリ開発のようなホットな分野には適さないため、Web領域で需要を維持していくしかないでしょう。

しかしホットな分野のさらなる拡大や、他言語におけるWeb開発のサポート拡大、Web開発関連の各種フレームワークの新規開発が進んでいるため、相対的にPHPのシェアが下がる可能性が指摘されています。この指摘は的を射ており、特に言語の流行にも左右されてPHPが相対的に不人気になることもあり得ます。

他言語と比べてセキュリティが弱い

PHPはシンプルな構文であり、比較的自由にコードを記述できるのが魅力ですが、それゆえ完璧なコードでなくとも動作してしまうことがあります。

そのため、セキュリティに穴があったとしても発見しにくく、穴があった場合は容易にその穴を突かれるおそれがあります。常にPHPのバージョンを最新に保つことである程度防ぐことはできますが、セキュリティの観点で脆弱性を懸念して、他の言語の利用が広がるという意見が一定数あります。

PHPエンジニアの転職ニーズ

結論からいえば、PHPエンジニアの転職ニーズは高いといえます。

昨今はさまざまなWebサービスやWebメディアが台頭しており、そういったサービスを有する企業の多くは、サーバーサイド(バックエンド)エンジニアとしてのPHPエンジニアを求めています。特にインターネット関連企業においては、PHPエンジニアの需要が高まっているといえるでしょう。

▼PHPエンジニアの転職については
こちらのPHPエンジニアの転職を成功させるには?キャリアアップの方法を解説!でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

PHPエンジニアに求められるスキル

ここからは、ニーズの高いPHPエンジニアに求められる具体的なスキルについて解説します。

PHPに関連する言語

1つ目はPHPに関連する言語のスキルです。

Web開発においてPHPのみですべて完成するような案件は皆無で、基本的にはPHPにJavaScriptやHTMLやCSSといった言語を組み合わせて用います。PHPだけでなく、このような言語の基本知識やスキルを身につけておくことで、現場でさまざまな業務に携わることができ、それによってさらに経験やスキルを身につけられます。

それ以外に、Webアプリ開発の環境としてオーソドックスな「LAMP環境」についても詳しく知っておくとよいでしょう。「LAMP環境」は、以下の4つのソフトの頭文字を取ったものです。

  • L:Linux(開発でよく用いられるOS)
  • A:Apache(開発でよく用いられるWebサーバー用ソフト)
  • M:MySQL(開発でよく用いられるデータベースソフト)
  • P:PHP

LAMP環境も、関連言語同様に知識を身につけると現場で役に立ちます。「PHPが書けるから大丈夫」と安心せず、PHP開発の全体像を理解する意味でも周辺知識の習得を怠らないことが大切です。実際に環境を構築して覚えるのもよいでしょう。

サーバーやデータベースについての知識

必要とされるスキルの2つ目は、サーバーやデータベースの知識です。

WebアプリやWebサービスは前述の「LAMP」のA、すなわちWebサーバー上で構築するものです。よって、必然的にサーバーに関する知識が求められます。また、サーバー構築もできるようにしておいたほうがよいでしょう。

「LAMP」のMでも触れましたが、PHPを用いて開発する範囲はフロントエンド(ユーザーが目にするWebブラウザなど)とデータベースとの接続部分です。すなわちPHPを用いた開発とはデータベースとの接続や連携を考えることであり、PHPエンジニアにはデータベースにまつわる知識も求められます。

このように書くと、「PHPは言語を学ぶだけなら簡単といっておきながら、関連言語や環境について知識を身につけてスキルを磨き、さらにサーバーやデータベースに関する知識も習得する必要があるとは、話が違うではないか」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、PHPエンジニアとしてより高い価値を持つ人材を目指すのであれば、これらのスキルは最低限持っておかなければなりません。人数が多いPHPエンジニアだからこそ、他のエンジニアよりも豊富な知識を有して業務に臨めるように準備しておくべきです。

PHP関連の資格取得

PHPエンジニアとしてスキルを評価されるためには、このような実践的スキル以外に資格取得という手段もあります。

具体的な資格としては、PHP技術者認定機構という一般社団法人が認定している「PHP技術者試験」が挙げられます。PHP技術者試験にはいくつか種類がありますが、その中でも以下の3つは取得をおすすめしたい資格です。

PHP5技術者認定初級試験

この試験はPHPプログラミングの基本知識を問うもので、『初めてのPHP5』という公式テキストに準じて出題されます。

基本的な関数の理解やデータベースとの情報のやり取りといった項目が出題され、難易度は低めです。とはいえ60分間で40問のうち7割以上正解する必要があるため、対策はしっかり行う必要があります。公式テキストに沿って学習を進め、その過程で実際に手を動かすことが合格への近道です。

PHP5技術者認定上級・準上級試験

この試験は初級の認定を受けている、あるいはそれに準じたスキルや知識を有する人向けの試験です。

『プログラミングPHP 第3版』という公式テキストに準じて、関数やデータベースといった基本からセキュリティに関するテーマや実用的なプログラミングのテクニックまで幅広い知識が問われます。

試験時間は120分、設問数は60問と、初級試験に比べて歯ごたえがある試験です。5割以上の得点で準上級、7割以上の得点で上級と認定されます。

PHP5技術者認定ウィザード

これはPHP5技術者認定上級の試験で9割以上を獲得した人が、所定の文章を認定機構に提出することで認定される資格です。

試験で高い成績を残し、文章の審査まで行われるという非常にレベルの高い資格ですが、この資格を持っていればPHPをマスターしていることをアピールできます。

文章中にも記載しましたが、ここで紹介しているスキルはPHPエンジニアとしての年収を上げるために必要なものを紹介しています。

PHPエンジニアの年収

最後に、PHPエンジニアの平均年収について解説します。

マイナビ転職の調査による「モデル年収平均」は、アプリ設計・Web・オープン・モバイル系のシステムエンジニアの平均年収は568万円となっています。

ただし、年収はエンジニアとして業務に携わった経験年数や個人が持つスキルによって変動しますので、あくまで目安としておくのがよいでしょう。

▼PHPエンジニアの年収については
こちらのPHPエンジニアの平均年収|年収アップのために必要なスキルでも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

まとめ

PHPはWordPressを始めとするさまざまなWebサービスで用いられている言語であり、既存サービスの保守作業なども含めて、今後も一定の需要が見込まれる言語です。

そのPHPを扱うPHPエンジニアの転職ニーズは、各種Webサービスの興隆と発展によって現在でも高いため、エンジニアにはさらなるキャリアアップのチャンスが広がっています。エンジニアとしてさらなる成長を求めて転職をお考えの方は、業界や職種に詳しいエージェントの活用をおすすめします。

PHPエンジニアとしてキャリアアップには、転職も視野に入れてみましょう!

今後のキャリアアップを考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。
キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?
ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする

関連記事

PHPエンジニア

エンジニアの将来性

  • はてブ