ネットワークエンジニアの平均年収は? 年収アップの方法も解説

  • はてブ

ネットワークエンジニアは需要が多くスキルによって年収アップも望める仕事です。この記事では、ネットワークエンジニアの年収や資格、年収アップの方法を解説します。

ネットワークエンジニアの平均年収の相場をチェックしたい、年収を上げる方法が知りたいという方は必見です。

年収UPをお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いませんか?

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談を申しこむ

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとは、サーバーやコンピューターなどを接続するコンピューターネットワークの設計や構築から、運用時の保守・監視までを行う技術者のことです。インターネット接続、社内ネットワークといった通信環境の構築や維持、保守がネットワークエンジニアの主な仕事です。

ネットワークはデータ共有や業務管理などに使用されるインフラとして重要な役割を果たしているため、つながらないと業務に大きな支障が生じます。このような会社の重要なインフラを支える仕事がネットワークエンジニアです。

ネットワークエンジニアはIT企業への就職が一般的です。ネットワークだけでなくサーバー環境の設計や構築まで幅広い業務を行うこともあります。エンジニアの中でも、特にさまざまな知識と技術が必要とされる仕事と言えます。

ネットワークエンジニアの主な3つの仕事内容

ネットワークエンジニアの主な仕事には、ネットワーク設計、ネットワーク構築、ネットワーク保守・運営があります。各コンピューターをつなぐネットワークの設計やシステムの知識などが幅広く求められます。

ネットワーク設計

ネットワーク設計は、コンピューター同士をつなぐネットワークを一から設計する作業です。クライアントの希望に合うシステムを設計するための細かいヒアリングから始め、求められている要件を的確にまとめなければなりません

設計では、ネットワークの主な用途、提示された要件に適したネットワーク構成や、使用するシステム、ルーターなどの機器類、導入する回線まで全てを決める必要があります。

設計の段階では、ネットワークの維持管理にかかるコスト計算、構築までのスケジュールを立てる作業もあります。

回線から使用するシステムまでネットワークの全般的な知識はもちろん、クライアントにアピールするプレゼンテーションスキルやコミュニケーションスキルも求められます。

ネットワーク構築

ネットワーク構築は、ネットワークエンジニアのメインとなる業務です。設計時に立てたスケジュールをもとに、ネットワーク構築に使用する機器の設置、ソフトウェアの設定などを行います。

構築にかかる期間はネットワークの規模によって異なります。大規模なネットワークの場合には完成までに数ヶ月以上かかることもあり、複数のネットワークエンジニアが作業を分担して進めていくケースが一般的です。

ネットワーク構築が完了したら、運用テストを行ってから実際の運用を開始します。

ネットワーク保守・運営

ネットワークを稼働中は、常に問題なく使用できる状態を維持し、システムダウンなどの大きな問題が発生しないように保守や運営などの業務を行わなければなりません。

快適な使用環境を維持するため、機器やシステムなどの監視や、トラブル発生時には原因を発見してトラブルを解決する作業が保守・運営の仕事です。

トラブル発生時には、迅速な原因究明・解決、また、ソフトウェアアップデートやパッチ適用、定期的なネットワーク機器の再起動や構成変更、機器の設定などの作業も行います。

▼ネットワークエンジニアついては
こちらのネットワークエンジニアってなに?他のエンジニアとの違いについても解説でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

ネットワークエンジニアの年収は?

ネットワークエンジニアの年収は、年代が上がりスキルレベルが上がるにつれ高くなる傾向があります。基本的には、システムエンジニアなど他のエンジニアの年収と比べても大差はありません。

ネットワークエンジニアの年代別平均年収

サーバーやシステム運用や管理などを業務とするシステムエンジニアの年収は、全国平均が559.3万円とされています。

また、システムエンジニアの中でも、ITインフラの設計や開発などを担うシステムエンジニアやネットワークエンジニアの全国平均は690万円です。

参照元:令和2年度 厚生労働省 日本版O-NE「システムエンジニア」 

ネットワークエンジニアを含むシステムエンジニアの年収は、全国平均が559.3万円とされています。また、ネットワークエンジニアとしての年収は全体平均で450万円程度です。

年齢的には20代、30代で300~500万円の割合が最も多いといわれています。40代になると役職につくケースが増えることもあり、年収500~700万円ほどの割合が増加します。

参照元:令和2年度 厚生労働省 日本版O-NE「システムエンジニア」 
参照元:「doda」公式サイト 平均収入ランキング

他エンジニアとの年収比較

ネットワークエンジニアの年収を他のエンジニアの年収と比較すると、それほど大きな差はみられません。よくネットワークエンジニアと比較されやすいのはサーバーエンジニアです。

ネットワークエンジニアの平均年収は約450万円ですが、サーバーエンジニアの平均年収は400~500万円といわれています。サーバーエンジニアは平均年収に幅がありますが、両方の年収を比べてみると大きな差額ではありません。

ネットワークエンジニアは今後も必要とされるため、需要が期待できる仕事です。収入も一定レベルを維持できると予想されます。

ネットワークエンジニアの年収アップにつながる働き方

ネットワークエンジニアで年収アップを目指すには、年収の高い企業へ転職する方法や、フリーランスとなる方法があります。よりよい条件を求めて職場環境を変えることが年収アップにつながります。

転職して年収アップを目指す

ネットワークエンジニアは、転職によって年収アップが目指せます。現在勤めている会社では年収アップが難しいという場合には、ITや通信業界の大手企業へ転職を行うとスキルアップとともに年収を徐々に上げることが可能です。

「要件定義・設計・提案」などの上流工程に対応できるエンジニアとしてのスキルがあると転職に役立ちます。大企業ならではの安定した収入や福利厚生、毎年の昇給などにより、将来性も期待できます。

たとえば、ITインフラにおける上流工程の設計や開発を担うシステムエンジニアやネットワークエンジニアの全国平均は690万円です。

参照元:令和2年度 厚生労働省 日本版O-NE「システムエンジニア 」 

IT系のメガベンチャーへの転職でも、大幅な年収アップが望めます。ベンチャーから大成長したメガベンチャーでは、大手企業にも劣らない年収、福利厚生など好待遇が用意されており、働きやすい環境も魅力です。

ただし先進的な技術を次々と採用する傾向があるため、常に新しい技術に興味を持ち、自身のスキルを更新していく姿勢が大事です。

家電などのさまざまなデバイスをインターネットにつなげるIoT(Internet of Things)は、売り上げ急増中の現在注目されている分野です。IoT市場で大きな利益を出している企業はまだ多くないため、現在の時点では高い年収が期待できないかもしれません。

ただし、今後の市場動向などから企業が成長するにつれて年収アップが見込める転職先といえます。

フリーランスで年収アップを目指す

他の会社に転職をするのではなく、独立してフリーランスになった場合でも会社員のときより多くの年収を得ることが可能です。フリーランスでは契約内容によって報酬が異なりますが、業務量を必要に合わせて調整できるため、より年収アップが期待できます。

クライアントのオフィスに常駐して働くケースが多いですが、会社の福利厚生や社会保障などは受けられません。ある程度自由な働き方ができる半面、契約終了後の収入が保障されていないなど安定性がないため、メリットやデメリットをよく比較検討して決めることが重要です。

ネットワークエンジニアの年収アップにつながる資格

ネットワークエンジニアは、「シスコ技術者認定」「ネットワークスペシャリスト試験」「AWS認定」「LPIC認定」などの資格を持っていると年収アップにつなげやすくなります。

広い業界で活用できる資格や国家資格、世界中で通用する資格を身につけると、年収アップが目指せます。

シスコ技術者認定

シスコ技術者認定は、たくさんの企業がネットワークエンジニアの取得を望んでいる資格です。

世界でも有数のネットワーク機器会社Cisco Systems社の機器は、多くの会社で採用されているため実践的な資格として人気があります。

ネットワークエンジニアの初歩的な知識が身につく「エントリー」から「アソシエイト」「プロフェッショナル」最高レベルの「エキスパート」までレベルは4段階あり、各レベルに業務、業界別で異なる内容の資格が準備されています。

そのため、業務に必要な内容を選び、下位のレベルから順番に受験することが可能です。最上位のエキスパートレベルの認定を受けていると、世界で通用するレベルとして認められるため高収入が狙えます。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、経済産業省によって認定されている国家資格です。

ネットワーク技術の試験では国内で最も難易度が高い試験で、資格取得者はネットワークシステムの企画から構築・保守までの全体的な知識を持ち、主導できるレベルが認められます。

下位資格の「基本情報処理試験」「応用情報技術者試験」に受かってから受験するケースが一般的ですが、希望すれば下位資格取得前に受験できます。

AWS認定

AWS認定資格は世界中の企業で導入されている、Amazonの公式認定資格です。

人気の高い資格で、認定されると世界中で利用されているクラウドサービスAWS(Amazon Web Service)の各種サービスに関する知識を持っていることが認められます。

大きく3種類の「レベル別資格」試験、「専門知識認定資格」試験に分かれています。レベル別では基礎・入門レベルの「ベーシック」から難易度が上がる「アソシエイト」「プロフェッショナル」まで、内容別に全6種類の資格が取得できます。

より難易度の高い専門知識認定資格試験には「高度なネットワーキング」「データ分析」「セキュリティ」「機械学習」「データベース」の5分野があり、「クラウドプラクティショナー」資格保持者が受験可能です。

Amazon以外でもホスティングサービスは似ている部分が多いので、さまざまなシステムに応用できる実務的な資格です。

LPIC認定

LPIC認定(Linux技術者認定試験)は、世界共通基準でもあるLinuxの技術力を認定する資格です。

資格保持者は、Linuxの基本的な使い方からシステム管理、サーバー構築など専門的な知識があると認められます。レベルは1~3までの3段階(レベル3は分野によって3種類)あり、下位試験から順番に受験できます。

日本企業では約7割がLinuxを導入しているため、実務に活かせる資格です。

ネットワークエンジニアの年収アップにつながるスキル

ネットワーク系の資格以外にも、ネットワークエンジニアの年収アップにつながるスキルとしてコミュニケーション力や英語力があります。業務の特性上、これらのスキルも身につけると有利です。

コミュニケーション力

ネットワークエンジニアには、ネットワーク関係の技術や知識だけでなくコミュニケーションスキルも欠かせません。

実際にネットワークを使用するクライアントからのヒアリング力、上司や営業への説明、一緒に作業を進めるエンジニアと上手く連携するスキルなどが必要です。

ネットワークエンジニアは多くの人々と円滑なコミュニケーションを取りながら仕事を進める必要があります。

英語力

ネットワークエンジニアには、「エラーメッセージを読み解くとき」「英語の製品マニュアルを読むとき」など、英語力が必要な場面が多々あります。

特に最新技術の情報は英語で書かれたものが多いため、情報をチェックする際にも英語が必要です。英語力があるネットワークエンジニアは外資系企業への転職がしやすく、国外で働くことも可能です。

IT業界の先進的なアメリカや中国で働く場合には、日本で働くよりも高額の年収を狙えます。

クラウドホスティングの知識

クラウドホスティングサービスは、Amazonのサービス「AWS」を代表として100種類以上ものサービスが存在するといわれています。

企業がテレワークなどでサービスを導入した後には、クラウドホスティングの知識があるネットワークエンジニアが必要です。クラウドの知識を身につけることで、年収の高い業務に就ける機会も生まれます。

エンジニア不足の現状やAWSの認定試験が世界的に重要視されていることもあり、知識のあるエンジニアはこれからも需要が増えることが予想されます。

▼エンジニア転職については
こちらのIT/Webエンジニアの転職を成功に導くエージェント10選|比較しながら徹底解説! でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

まとめ

ネットワークエンジニアは、ネットワークの設計や構築、運用・保守までを行う技術職です。

ネットワークエンジニアは他のエンジニアと比較して平均年収が低いわけではなく、一定レベルの年収が維持できる仕事です。転職や資格取得、スキルアップによって、大幅な年収アップも期待できます。

年収UPをお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いましょう

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談を申し込む

よくある質問

ネットワークエンジニアの平均年収はいくらですか?

ネットワークエンジニアの年収は、年代が上がりスキルレベルが上がるにつれ高くなる傾向があります。基本的には、システムエンジニアなど他のエンジニアの年収と比べても大差はありません。システムエンジニアの年収は、全国平均が559.3万円とされています。詳しくは「ネットワークエンジニアの年収」で説明しているので確認ください。

ネットワークエンジニアの年収を上げるためにするべきことはありますか?

よりよい条件を求めて職場環境を変えることが年収アップにつながると言われています。「フリーランスで年収アップを目指す」「転職して年収アップを目指す」「副業して年収アップを目指す」が例としてあげられます。詳細は「ネットワークエンジニアの年収アップにつながる働き方」で説明しているので確認ください。

関連記事

ネットワークエンジニア

エンジニアの年収

  • はてブ