インフラエンジニアへの転職で求められるスキルは? 注意点も解説

  • はてブ

インフラエンジニアに転職する際には、なるべく有利な条件をそろえて転職できるように、求められるスキルについてはもちろんのこと、転職における注意点などにも目を向けておきたいところです。

IT化が進む現代において、インフラエンジニアを含む技術専門職は、あらゆる企業において需要が高まっています。そのため事前にしっかりと準備を重ねて転職すれば、それまでよりも高待遇で転職できる可能性も高まります。

年収アップにつながることもあるでしょう。

そこで本記事では、インフラエンジニアへの転職についての知識として、重要となるスキルや注意点を解説していきます。

インフラエンジニア転職をお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いましょう

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする

インフラエンジニアの概要と種類

転職事情や成功の秘訣、欠かせないスキルについて知る前に、はじめにインフラエンジニアが担う仕事の内容や、種類について整理していきましょう。

SE(システムエンジニア)やプログラマーと違って、インフラエンジニアと聞くと、IT業界にそこまで明るくない人は仕事内容についてピンとこない場合も少なくないでしょう。

しかしインフラエンジニアは、現代において欠かせない通信環境の基盤を整える仕事となっているのが特徴です。

データのやり取りをするネットワークや、そのデータの保管や加工をするための場所であるサーバー、これらは通信を行ううえでなくてはならない要素になります。そのためこれらはITインフラと呼ばれ、このITインフラを整備するのがインフラエンジニアにあたります。

例えばSNSやECサイトを利用するうえで、データのやり取りや保管を行うサーバーやネットワークといったインフラがなければ、これらのサービスは成立しません。

SNSやECサイトのサービスを使ううえでのシステムを設計し、それを実際にプログラミングするのが、SEとプログラマーです。

一方でそれらのシステムを成り立たせるためにサーバーやネットワークを構築するのが、インフラエンジニアになるというわけです。

インフラエンジニアは、設計、構築、運用といった仕事を主に担当します。そしてさらに詳しく分類するとインフラエンジニアは、

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア

以上の2つの業種に分けられるのが特徴です。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、主にWebサービスやシステムなどを成り立たせるうえで必要なデータを蓄積させる、サーバーの設計や構築、運用を担当します。

もちろん、単純にサーバーを管理するだけでなく、必要に応じてソフトウェアの導入作業を担うことも少なくありません。サーバー管理にかかわる一連の業務を幅広く担当するエンジニアというとわかりやすいでしょう。

ただ、近年はあらゆるサービス・システムのクラウド移行が著しく進んでいるのが特徴です。そのため各企業は自社サーバー管理のためにエンジニアを用意する必要がなくなり、サーバーエンジニアの需要は昔と比べると少々減少傾向にあると言えます。

とはいえサーバー管理の仕事自体がなくなったわけではないため、時代に合わせてクラウドサーバーの知識をつけ、スキルを高めていけば、サーバーエンジニアとして将来性についても安心して仕事ができると言えるでしょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークが整備されている状態で、正常に通信を行うことができるのかどうかを管理する仕事を、ネットワークエンジニアといいます。

インターネットを通じてあらゆるデータのやり取りを行う現代では、まさに欠かせない職業の一つと言えます。

具体的には、ネットワークを構築するためのルーターなどの機器を整備し、適宜設定を行ったうえで運用・点検を行っていくのが主な業務内容です。

このためインフラエンジニアの中でもネットワークエンジニアになるには、通信技術の仕組みやネットワークの成り立ち、各種機器の知識が必要になるのはいうまでもありません。

また、安定的な通信を行うためにどのようなネットワークを構築するのが望ましいのか、適切な判断を下したうえでクライアントに提案を行うのもネットワークエンジニアの大事な仕事です。

インフラエンジニアの将来性

ここからは、具体的にインフラエンジニアの将来性についてチェックしておきましょう。

エンジニア職をはじめとしたIT関連の仕事は、一般的に人手不足が課題として指摘されているため、インフラエンジニアへの転職を検討する場合も将来性については期待したいところです。

結論からいうと、インフラエンジニアの将来性については十分に期待が持てると言えるでしょう。DX推進の流れもあいまって、需要も拡大していくと考えられます。

理由としては、AIやIoTといったITサービスの需要拡大の流れがあるためです。経済産業省の統計データによれば、今後AIやIoTといったITサービスはどんどん市場を拡大していくと見られています。

しかし同時に、IT人材の供給は追い付かないことも課題として指摘されています。ITサービスを成り立たせるうえでサーバーやネットワークといったITインフラの整備は欠かせません。

したがって、インフラエンジニアも売り手市場になっていくことが予想されます。ITインフラに関する知識・技術を持つ人は、IT業界を中心に今後も重宝されることでしょう。

インフラエンジニアに求められるスキル

続いてチェックしておきたいのは、インフラエンジニア転職を目指すうえで主に必要とされるスキルや知識です。

リソースが不足している傾向にあるとはいえ、エンジニアは専門職にあたるため、基本的に誰でも簡単に従事できるわけではありません。最低限のITインフラの知識は必要となります。必要なスキルを押さえて有利に転職するためにも、求められることは事前に整理しておきましょう。

1.技術スキル

原則として、サーバーやネットワークに関するテクニカルスキルは必須要件となる場合がほとんどです。サーバーやネットワークを構築・運用するために必要な管理スキル、トラブルシューティングのスキルは欠かせないでしょう。

また、どのような業界においても多角的な視点を持って業務に従事できる人は重宝されます。そのため必須というわけではなくても、プログラミングや情報セキュリティに関する知識を持っておくことも重要と考えられます。

さらに、クラウド移行が著しく進む現代の状況に対応していくためには、クラウドサーバーをはじめとしたクラウド関連のスキル・知識を持っておくことも必須になってくるでしょう。

2.コミュニケーションスキル

エンジニア職は、インフラエンジニアもSEも含めて、外から見ているよりも意外と多くの場面でコミュニケーションスキルを求められるのが特徴です。

クライアントがどのような要望を持っているのか細かくヒアリングし、適切な提案を行うことがエンジニアの務めです。高いコミュニケーションスキルを持っているインフラエンジニアは、あらゆる場面で重宝されると考えられます。

3.マネージメントスキル

インフラエンジニアへの転職を考えるうえで、特に30代以降のある程度キャリアを積んできている人に関しては、マネージメントスキルが求められることも珍しくありません。

会社に所属して案件を担当する以上、基本的にエンジニアはチーム内でスムーズに連携を取りながら業務を進めていく必要があります。その際にリーダーとして高いマネージメントスキルを発揮できれば、プロジェクトはスムーズに進みます。

こういったマネージメントスキルを発揮できるインフラエンジニアは、転職においても需要が高いと言えるでしょう。30代以降の転職でも、即戦力として期待されやすいです。

インフラエンジニアに求められる資格

インフラエンジニアへの転職では、エントリーにあたって必須資格があるわけではありませんが、関連する資格を持っていれば当然それは転職において有利に働きます。

有利になる可能性のある資格としては、主に次のようなものが挙げられます。

  • ネットワークスペシャリスト試験
  • システムアーキテクト試験
  • データベーススペシャリスト試験
  • シスコ技術者認定
  • Linux技術者認定試験
  • Microsoft Azure認定試験
  • AWS認定
  • オラクルマスター

ネットワークスペシャリスト試験とシステムアーキテクト試験、そしてデータベーススペシャリスト試験の3つは国家資格になります。「高いITスキルがなければ合格できない難易度の高い試験」と一般に認知されているため、合格の実績をアピールすれば、転職で有利に働く可能性は高いです。

それ以外の資格は各ベンダーが用意する民間の資格になります。しかしどれも知名度が高く、インフラエンジニアとして欠かせない知識につながる資格・試験になるため、アピール材料としては申し分ないでしょう。

転職前に知識をつける機会にもなるため、特に実務経験のない人は積極的に受験を検討したいところです。

インフラエンジニアの転職を成功させるポイント

最後により実用的なポイントとして、インフラエンジニアへの転職成功のために意識したいポイントを見ていきましょう。

特にこれまでインフラエンジニアとして経験を積んできた人は、転職にあたって積極的にキャリアアップを目指したいところです。そのためにはただやみくもに転職先を探すのではなく、より戦略的に動いて自分自身をアピールしていくことが不可欠となります。

1.知識経験・技術力を高める

インフラエンジニアとして好条件での転職成功を目指すには、あらゆるスキル・経験の底上げが大切です。

サーバーやネットワーク、その他プログラミングやセキュリティに関する知識・技術力を高めることは大前提ですが、ヒューマンスキルを高めて、IT人材としての市場価値アップにつなげることも欠かせないでしょう。

ITに関する専門知識だけでなく、提案力や統率力に長けているエンジニアは重宝されます。

また、ITトレンドに対して常にアンテナを高く張っておくことも大切です。クラウド、AI、IoTといったトレンド知識を多分に持つインフラエンジニアは、転職の際に高い評価を得られる可能性があります。

2.書類・面接でアピール

企業の採用担当者の心を打つようなアピールをすることも重要です。どれだけ華々しい経歴を持っていても、書類や面接でのアピールが弱ければ、内定獲得にはつながらないケースも多くなるでしょう。

まず、応募書類で経験を記す項目については、携わってきたプロジェクトすべてを記載しておきましょう。短期のプロジェクトも積極的に含めておきたいところです。

また、経験・実績を羅列するだけではアピール材料として弱いため、こだわったポイントや具体的な成果を、数字を持ってわかりやすくアピールすることが重要となります。

インフラエンジニアは顧客とのやり取り・提案において高いスキルを求められる傾向にあります。顧客折衝に関しては、「これまでにどのような工夫や心がけを持って対応してきたのか」をアピールしていけるとよいでしょう。

3.エージェントのカウンセリングサービスを利用する

IT転職のスムーズな成功において、IT業界に強い転職エージェントを利用することは必要不可欠といっても過言ではありません。

全体的に人手不足気味なIT業界は、転職エージェントを通じて優秀な人材に出会うことを求めています。そのため転職エージェントに相談すれば、より好条件で転職できる可能性はアップすると言えるでしょう。

IT業界に強い転職エージェントなら、インフラエンジニアを含め各職種の転職事情について知り尽くしているプロのサポート・カウンセリングを受けられます。

エージェントは、本人のキャリアアップにつながる転職求人の紹介を受けられるのが大きな魅力です。よりよい環境、よりよい待遇で働きたいというエンジニアの支援を徹底しているため、一人ひとりに合ったアドバイスのもと、最適となる転職先を探すことができます。

後悔しないIT転職を実現するための対策として、ウィルオブ・テックキャリアのカウンセリングサービスをぜひ利用してみてください。現職が忙しくなかなかインフラエンジニアへの転職活動が進められない場合でも、企業との日程調整や条件交渉など全面的にサポートを受けられます。

▼エンジニアの転職エージェントについては
こちらの【2022年】エンジニア転職におすすめの転職エージェントと転職サイトを紹介でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

まとめ

インフラエンジニアは将来性のあるIT関連職種の一つです。

今後、IT業界の成長とともにサーバーエンジニア・ネットワークエンジニアの需要はさらに拡大していくと見られるため、キャリアアップを前提とした転職は積極的に考えたいところです。

その際には、技術力やヒューマンスキルの向上、アピールの工夫、そして転職エージェントの活用などはしっかりと意識していきましょう。

インフラエンジニア転職をお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いましょう

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする

関連記事

  • はてブ