インフラエンジニアの平均年収は? 1000万円を達成する方法も紹介

  • はてブ

インフラエンジニアへの就職・転職を目指す方にとって、どのくらい給料を得られるのか、取得すべき資格はあるのか気になるところです。企業の規模や役職にもよりますが、実際に年収1,000万円を超えているインフラエンジニアの方もいます。

インフラエンジニアの平均年収はいくらなのか、また年収をアップするためにはどのような努力が必要なのかなど、気になる疑問をわかりやすく解説していきます。

キャリアアップして年収を上げたい・・・!そんな時はまずは悩みを相談することから始めましょう

今後のキャリアについて悩んでいる時はまず、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリアの相談をしてみる

インフラエンジニアの仕事とは

インターネット検索すると「やめとけ」「きつい」「年収が低い」など、マイナスのワードも多数出てきますが、そもそもインフラエンジニアとはどのような職種なのでしょうか。

エンジニアと一口に言ってもさまざまな職種、業務内容がありますが、インフラエンジニアもその内の一つです。ネットワークやサーバーといった、ITの土台を支えているインフラ技術の保守・運用を担います

作業範囲も多岐に渡り、サーバーの構築や運用、保守を行う「サーバーエンジニア」安全かつ安定したネットワーク環境を構築・設計する「ネットワークエンジニア」など、同じインフラエンジニアでもいくつかの種類に分かれます。

現代はITインフラなしに成立するのは困難になっており、その屋台骨となるインフラエンジニアは、将来性抜群の仕事といっても決して大袈裟な表現ではないでしょう。

▼関連記事
インフラエンジニアについてはこちらのインフラエンジニアの将来性とは?今後の需要予測についても解説でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。
▼関連記事
ネットワークエンジニアついてはこちらのネットワークエンジニアの平均年収は? 年収アップの方法も解説でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

インフラエンジニアの平均年収を解説

ネット上の求人・転職サイトで記載されているさまざまな調査やアンケート結果を見てみると、インフラエンジニアの平均年収は455〜525万円ほど。

幅広く定義されているため正確ではないものの、厚生労働省の職業提供サイトでは、平均年収690万円というデータも出ています。

労働者全体の平均年収は420〜440万円となっていますので、インフラエンジニアの平均年収は一般的なサラリーマンより高水準であることがわかるでしょう。

主な理由としては、専門的で独学でノウハウをすべて習得することが困難なこと、それにより大卒の割合が多いこと、技術手当を支給する企業があることなどが挙げられます。

参照元:令和2年度 厚生労働省 日本版O-NE「システムエンジニア」 

男女別の平均年収

続いて男女別、年代別にインフラエンジニアの平均年収をみていきましょう。

20代の平均年収

インフラエンジニアの平均年収は、20代前半で314〜339万円、20代後半は391〜445万円となっています。

新入社員やIT未経験、初心者の割合が高い20代は、専門性の高いスキルや経験に乏しく、年収に関してもまだまだこれからといったところ。

ただ、国税庁発表の「民間給与実態統計調査(令和元年分)」によると、20代前半(20歳~24歳)の平均年収は264万円、20代後半(25歳~29歳)が369万円です。
わずかではあるものの、専門職として金銭面で評価されていることがわかります。

30代の平均年収

スキルを身につけた30代前半となると年収も上がり、429〜533万円、30代後半は490〜573万円が平均年収となります。

20代と同様に現場で活躍する人もいれば、マネジメントスキルの向上を意識、発揮する人もいるでしょう。

また、プロジェクトリーダーのポジションに任命され、リーダー職に就く人も増えてきます。

国税庁発表の「民間給与実態統計調査(令和元年分)」では、30代社会人の平均年収は425万円となっていますので、20代と同じく高額な年収を得ていることがわかります。

40代の平均年収

40代になるとマネージャーや管理職に就いているケースが多く、仕事の成果やポジションによって大きく左右される年代です。

平均年収は、40代前半が550〜621万円、40代後半が616〜651万円ほど。

40代後半から50代前半にかけて年収のピークを迎え、平均月収40万を超える人も出てきます。

もちろんどれだけキャリアを積んできたかで変わってきますが、同年代の一般的な社会人の平均年収は480万円ですので、相当な収入が見込めるといっても良いでしょう。

参照元:令和2年度 厚生労働省 日本版O-NE「システムエンジニア」 
参照元:forGEEK

男女による平均年収の違い

最後に男女の年収の違いですが、マイナビAGENTによると、20代男性の平均年収が382万円で女性は355万円。

30代男性の平均年収が559万円で女性は497万円と、平均年収に開きがあることがわかります。

その理由は明確で、インフラエンジニアの80%以上が男性というデータが出ており、女性の割合が極端に少ないことが原因です。

一方で、現在のIT業界は深刻な人材不足に陥っており、インフラエンジニアも例外ではありません。

そのため、インフラ女性への注目度は日々高まっており、積極的に採用しようとしている企業も増えつつあります。

▼関連記事
エンジニアの年収ついてはこちらのSE(システムエンジニア)の平均年収は?1000万円を目指す方法を解説でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

インフラエンジニアが年収アップを目指せる働き方

前途でも軽く触れましたが、インフラエンジニアで年収アップを目指すには、スキルアップや役職に就くことが重要です。

では、この他に年収アップが見込める働き方はあるのでしょうか。

このセクションでは、年収を上げるためには働き方をどう変化されるべきなのか、3つほどご紹介していきます。

大手企業へ転職する

年収アップの方法でもっとも手っ取り早い方法が、有名な大手IT企業への転職です。

大手は経営が安定している企業も多く、転職が実現すれば年収の大幅アップも夢ではありません。
企業規模が10〜99人の企業と、1000人以上が働く規模の大企業では、平均年収が100万円以上違うというデータもあります。

ただし、人材が不足しているとはいえ、大手企業ほどレベルの高いエンジニアが多く在籍しており、転職も簡単ではありません。

これから転職を目指すなら、大手企業が求めているスキル、実績が必要であることは肝に銘じておきましょう。

外資系企業へ転職する

大手企業だけでなく、実力主義の外資系企業への転職も年収アップを目指すなら有効な手段の一つ。

最新のIT技術に触れられるためキャリアアップも狙えますし、超大手の外資企業であれば年収1,000万円超えも現実味を帯びてきます。

成果が重要視されるため社内競争は激しいですが、年収1,000万円超えを果たしたいという野心家の人は、大手外資企業の管理職を目指してみるのもよいでしょう。

フリーランスで働く

副業の解禁や新型コロナウイルスの感染拡大により、近年急激に人口が増加しているフリーランスも年収を増やす方法の一つです。
フリーランスのインフラエンジニア案件は多く、実力次第では会社に属する以上に収入を増やすことも可能です。

また、場所にとらわれずマイペースに働けること、人間関係のストレスがない点もフリーランスの魅力といえるでしょう。

完全実力主義のシビアな世界ではあるものの、実績とスキルに自信があるという方は、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

▼関連記事
エンジニアの転職についてはこちらの【2022年】エンジニア転職におすすめの転職エージェントと転職サイトを紹介でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

インフラエンジニアの年収1000万円へのキャリアプラン

専門職として高年収が見込めるインフラエンジニアで活躍するなら、年収1000万を目指したいと考える方も少なくありません。
実際、年収1000万を超えている方もたくさんいますが、どのようにキャリアプランを構築していくとよいのでしょうか。

資格を取得する

まず、自分のスキルや知識を対外的に伝えられる手段として資格を取得することがおすすめ。

IT国家資格の「情報処理技術者試験」、世界的に知名度が高いITベンダー資格である「AWS認定資格」「CCNA(シスコ技術者認定)」「ORACLE MASTER」などは外資系企業にも評価されやすく、グローバルなITエンジニアを目指すならぜひ取得しておきたい資格といえます。

また年収アップを目指すなら、最新のトレンド技術は必ず抑えるよう心がけましょう。

マネージャーを目指す

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトの意思決定から成功まで、チーム全体を管理して指揮する人のことをいいます。
平均年収891万円と、IT関係の職種の中でもトップレベルに生涯賃金が高い職種になっています。

しかし、高年収な反面求められるものも多く、ITスキルはもちろん、コミュニケーション能力や視野の広さ、リーダーシップやプレッシャーに打ち勝つ精神力も必要になってきます。

他人にはないスキルの取得、「プロジェクトマネージャー試験」「PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)」といった、プロジェクトマネージャー向けの資格もありますので、ぜひ活用してスキル向上に役立ててください。

スペシャリストを目指す

コミュニケーションが苦手で、プロジェクトマネージャーは不向きという方も多いのではないでしょうか。

そういった方は、インフラエンジニアとしての知識、技術をとことん追求するスペシャリストがおすすめです。

現代では必須ともいえるクラウド系の技術、VR・XRといった仮想化の技術など、一般的なインフラエンジニアが習得していないハイレベルな技術の向上を目指しましょう。

特にIT業界は目まぐるしく変化していくため、トレンドに対して常にアンテナを張っておき、最新技術の情報収集を行うことが重要です。

ITコンサルタントを目指す

ITコンサルタントとは、ITに関する豊富な知識を元にクライアントへのコンサルティングを行い、問題・課題を解決へと導く専門家です。
クライアントとのヒアリングで洗い出した問題・課題を整理して分析を実施し、結果を踏まえ解決策を提案、チーム作りや進捗管理といったマネジメントなどが主な業務です。

豊富な経験や知識がモノをいう職種なため、収入も高水準にあり、独立して軌道に乗れば平均年収1000万円を超えるケースも少なくありません。

当然ながら、自身の提案をクライアントに納得してもらうためのプレゼンテーション能力や解決策を提示する分析能力、リーダーシップなど求められるスキルも多岐に渡ります。

ITコンサルタントを目指すなら、不足しているスキルを意識して身につけていきましょう。

▼関連記事
エンジニアの転職についてはこちらの【2022年】エンジニア転職におすすめの転職エージェントと転職サイトを紹介でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

インフラエンジニアの年収アップに必要なポイント

最後に、インフラエンジニアに必要な能力、年収アップするためのポイントをいくつかご紹介していきます。

後述で解説するのは、いずれも基本的なことやメンタル面のスキルとなりますが、こうした地道な活動こそ、目標である年収アップにつながるかもしれません。

コミュニケーション能力

もっとも必要なのはインフラエンジニアとして活躍するためのスキルですが、次に重要といっても過言ではないのが、コミュニケーション能力です。

打ち合わせでの最低限のコミュニケーション能力のほか、社内でのコミュニケーションによってさまざまな案件への参画もでき、スキルアップにも繋がります。

セールストークが求められる営業ほど重要ではありますが、インフラエンジニアに限らず生活のあらゆるシーンでコミュニケーションは必要になりますので、自分自身の価値を上げるためにも身につけておいて損はないでしょう。

幅広い知識量

携帯電話やゲームの進化を見てもわかる通り、IT技術の成長スピードは凄まじく、少しでも気を抜くとあっという間に時代遅れになってしまいます。

インフラエンジニアとして活躍するためには、常に最新の技術動向に目を配り、知識やスキルをアップデートしていくことが重要となります。
常に探究心を持って日々成長を続けられる人は、インフラエンジニアに向いている人材といえるでしょう。

また、システムエンジニアやプログラマー以上に資格が評価されやすい職種であるため、前述で記載した「AWS認定資格」「CCNA(シスコ技術者認定)」などの資格取得を目指すことも有効な方法の一つです。
取得することで転職する際にスキルをアピールすることができますし、企業によっては資格取得補助が出るところもあります。

資格以外でどこから学べばいいのかわからないという方は、情報処理推進機構が提示している「ITスキル基準(ITSS)レベル3」を目指すのもおすすめです。

エンジニアのプロフェッショナルであることを証明するスキルになりますので、ぜひ挑戦してみてください。

スキルアップへの姿勢

上記と似ていますが、現状に満足することなく、常にスキルアップしていくという姿勢は常に持っておきましょう。

マンネリ化しないために、サーバーエンジニアとネットワークエンジニアそれぞれの知識を深める、積極的に新規プロジェクトへ挑戦していくなど、工夫も必要です。

まとめ
これからインフラエンジニアへの就職・転職を目指す方へ向けて、平均年収や必要なスキル、年収アップのポイントなどを解説してきました。
インフラエンジニアは、一般的な社会人や数多くあるITエンジニアよりも高収入を見込める職種。努力次第では年収1,000万円超えも夢ではありません。

また、IT人材の不足は日本全体で深刻化しており、未経験者の方にも十分チャンスがあります。

エンジニア転職をお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いましょう

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする

関連記事

エンジニアの年収

  • はてブ