【例文あり】社内SEの志望動機 | 書き方やNGな表現例を解説

  • はてブ

エンジニアに人気の「社内SE」。仕事内容や転職時のポイントについてご紹介します。

社内SEの基本的な仕事内容や求められる適性のほか、志望動機の書き方についても例文を交えて詳しく解説します。

転職時に役立つポイントを未経験者・経験者別に抑えていますので、社内SEに興味がある方はぜひ参考にしてください。

社内SEへの転職をお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!
アドバイザーと自身のスキルの整理を行いませんか?

転職を考えているなら、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。
キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?
ウィルオブテックキャリアは専属2名体制であなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

まずは無料キャリア相談を申し込む

社内SEとは

企業独自で情報システム部などのIT部門を設け、その部門に雇い入れられたSEを社内SEといいます。

業務内容や担当する範囲は勤めている企業によって異なりますが、システムを開発し納品すれば業務完了となる一般的なSEと異なり、一つのシステムの開発から運用保守まで長く関わることもあるのが社内SEの特徴です。

自社の社員が専門的な知識とスキルを持ってシステムを担当するため、企業にとっては社内システムの開発や管理をワンストップで行えるメリットがあります。

社内SEの仕事内容

一企業の組織に所属している社内SEは自社のシステム全般が仕事範囲となり、大きく分けると「社内システム」「社内インフラ」「ヘルプデスク」の3つがメインの業務になります。

それぞれの具体的な仕事内容については次から分かりやすく解説していきます。

社内システム

財務会計や生産・在庫管理、販売・顧客管理、人事・勤怠管理など、社内で導入している各種システムが問題なく継続的に稼働できるよう、日常の運用や保守を行います。

特に基幹システムとなると予期せぬトラブルが会社の事業や利益に大きな打撃をもたらすこともあるため、システムを「毎日」「当たり前に」使い続けられる状態を保ち続けることが社内SEの非常に重要な使命になります。

既存のシステムで会社の課題を解決することが難しい場合は、自社に合ったシステムの構築を行うこともあります。

社内インフラ

社内のネットワーク環境やサーバーなどのインフラを整備し、社内システムの安定的な稼働をサポートします。どんなに優れたシステムを導入しても、使えなければ意味がありません。

サーバーを自社に設置したり近年急速に普及しているクラウドサービスを利用したりするなど、どの方法が企業にとって最適解であるかを見極めて実行します。

ヘルプデスク

社内からのITに関する問い合わせ窓口、いわゆるヘルプデスクとしての役割もあります。

社内システムはもちろん、パソコンやプリンター、Office製品の使い方などの問い合わせは情報システム部に寄せられます。

社員がシステムやIT機器を快適に利用し、滞りなく業務を進められるようサポートを行います。

▼関連記事
社内SEについてはこちらの社内SEの年収は低い? 年齢別の相場や年収アップの方法も解説でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

社内SEに求められる適性

ここまで社内SEの仕事について紹介してきましたが、いかがでしょうか。
「これなら自分でもできそう」「意外と楽そうだな」そう思った方は、ちょっと待ってください。

社内SEは一般的なSEやフリーランスと違い企業の一組織に所属しているわけですから、SEとしてある程度の知識や経験があれば誰にでも勤まる、というわけではありません。

では、どんな人が社内SEに向いているのでしょうか。
社内SEとして企業に求められる適正について、次から詳しく解説していきます。社内SEに興味を持っている方はぜひ、ご自身と照らし合わせてご覧ください。

知識・経験・スキル

本記事「社内SEの仕事内容」でも触れたように、社内SEの使命の一つに企業のインフラ整備があります。ネットワーク構築やサーバー構築のためには基本的な知識やスキルは欠かせません。

社内SEはその他にも社内システムの運用・管理などの仕事がありますが、それらの仕事は必要なことを覚えてしまいさえすれば、深い知識がなくともこなせてしまうものもあります。

ここでのポイントはマニュアル通りに対応するだけの人が向いているのではなく、「社内のIT専門家」として必要な知識とスキルを身に付けるための向上心を持ち続けることが重要だという点です。

勤勉性

日進月歩で進化しているIT業界に合わせてシステムも自分もアップデートし続けられる勤勉性は、社内SEにとって非常に重要な要素です。

企業の課題を解決するためには今後どのようなシステムが必要か、そのために求められる知識やスキルはどのようなものかを見極め、新しい情報を取り入れる努力が求められます。

現状に満足せず、ITの力で企業の業績アップに貢献するために貪欲に努力し続けられる人が重宝されるでしょう。

コミュニケーション能力

社内システムは一人の優秀な社内SEに全権が委ねられるのではなく、さまざま部署の社員の要望や事情を汲みながら作り上げていくものです。

ヘルプデスクも兼ねる社内SEは自部署だけでなくさまざまな部署と接する機会が多く、システムの変更や改善提案を行う際は経営層や幹部クラスの人とやりとりする場面もあります。

そのため、ITの知識がない社員にとって理解しやすい説明を心がけたり、相手の意見を受け止め、自分の意見をわかりやすく伝えるために工夫したりするなど、上手に周りと協力しながらスムーズに仕事を進められる人が評価されます。

独りよがりな進め方をせず、常に相手がいることを意識したコミュニケーション能力が社内SEには必要不可欠だといえるでしょう。

▼関連記事
社内SEの転職についてはこちらの社内SEへの転職は難しい? 失敗しないポイントと求められるスキルでも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

社内SEの志望動機における採用側の確認ポイント

ここまで読んで「ぜひとも社内SEに挑戦したい!」という方向けに、ここからは転職時に役立つ志望動機の考え方について解説していきます。

社内SEとして必要なスキルや適性があっても、企業に十分にアピールできなければ転職活動はなかなか上手くいきません。企業は求職者の志望動機のどこに注目しているのかと、アピールのために欠かせない志望動機の構成を併せてご紹介します。

企業を選んだ理由

まず1つ目のステップは、複数ある企業の中からその企業を選んだ明確な理由です。希望する企業を徹底的に研究し、その企業でなければならない理由を裏付けることで入社意欲の高さをアピールしましょう。

自分が所属するであろう情報システム部の情報だけでなく、業界内のポジションや力を入れている事業、競合他社との差別化や社内風土など、面接官にはっきりと説明できる「その企業を選んだ理由」を明確にしておきましょう。

判断ポイントは、企業名を変えれば他の企業でも通用する汎用的な理由になっていないことです。
企業研究の時から、既に選考は始まっています。

ここで手を抜くか抜かないかで、その後の選考の結果に大きな差が出ます。

社内SEになりたい理由

2つ目のステップは、通常のSEではなくあえて社内SEを志望する理由です。

社内SEは企業の中でも「縁の下の力持ち」のポジションといえますが、それゆえに「社員の役に立ちたい」という単純な理由だけを述べてしまうと面接官の腑に落ちず、結果的に印象に残らないというありがちな落とし穴に嵌まってしまいます。

社内SEとしてインフラ面で社員のサポートをすることはもちろんですが、サポートに留まらず会社の業績アップに貢献していくことを前向きにアピールし、自分が企業の成長に必要な人材であることを伝えましょう。

企業としては、よほど守りに特化した人材でない限り、守りも攻めもできるジェネラリストのほうが汎用性が高く、魅力を感じやすいのです。

どのように貢献できるか

ここまで「企業を選んだ理由」と「社内SEになりたい理由」を受けて、実際にどのように企業に貢献できるかが3つ目のステップとなります。

これまでSEとして培った知識・経験・スキルを活かせる場面を分かりやすく表現しましょう。具体的には、どのような場面で、どのような知識・経験・スキルを発揮して、どのようなポジションで、どのような成果を上げられるのかを伝えます。

現職ではサポートに徹しており、目立って役立つスキルがなかなか思い浮かばない人でも安心してください。

人のサポートをすることが好きな人や、「縁の下の力持ち」としてチームを支えることが得意な人は社員から頼りにされやすく、それが立派なスキルでありアピールポイントになります。

どのような経験であっても視点を変えて「どう活かせるか」を考えれば、自ずと貢献できることが見えてくるはずです。

社内SEの志望動機の書き方・ポイント

社内SEとしての志望動機がまとまったら、いよいよ文章にしましょう。

せっかく面接官に刺さる素晴らしい志望動機を考えても、文章で上手く伝えられなければ書類選考で落とされてしまう可能性もあります。

文字だけでいかに自分の思いを相手に伝えられるかが評価を左右するところも、志望動機を作る難しさです。

ここからは、絶対に抑えておきたい志望動機の書き方のポイントを紹介します。実際に文章に落とし込む前に必ずチェックし、あなたの熱い思いを余すことなく面接官に伝えてください。

結論から書く

志望動機に限らず、結論から書く・伝えることは社会人にとって重要な要素です。

結論から書くことでメインとなる主張がはっきりと分かるため、後に続く理由や具体例がすんなりと読み手の中に入り込みます。

結論から書くことは全体を論理的な構成に整えることであり、相手に伝わる文章への第一歩でもあるのです。

読んでいる最中に「結局何が言いたいの?」と思われてしまうと、どんなに素晴らしい志望動機であっても印象が薄れてしまいます。そうならないように、まず話の全体像を印象付けてから付随するエピソードを繋げるようにしましょう。

具体例を書く

冒頭で最も主張したい内容を書いたら、その主張を後押ししたり裏付けたりできるエピソードを盛り込みましょう。

どんなに素晴らしい思いや熱意であっても、根拠が無ければ説得力がありません。志望動機の根拠として、実際の経験とそのとき何を感じてそのあとどう行動したのか、一連のエピソードがどのような変遷を経て現在の考え方に繋がったのかを具体的に記載します。

具体例などのエピソードは「その人らしさ」を表現します。それが他の選考者には無い強みであれば差別化となり、有利に選考を進められる可能性が高まります。

社内SEの志望動機の例文

志望動機の書き方のコツが分かったところで、ここからは実際の例文を用いてご紹介します。
未経験者の転職と経験者の転職、それぞれのパターンに分かれて詳しく解説しますので、当てはまるほうを参考にしてください。

未経験者の転職の場合

・例文

私は、前職では約3年間、商品部の営業として働いておりました。

その中で今後のキャリアを考えた時、自分が学んだ知識や技術を誰かの役に立てたいと思い、以前から興味のあったプログラムやインフラについて学ぶべく、専門学校の週末コースに通いました。

実際にプログラミングを勉強しレベルアップするにつれ、今後の社会全体の働き方を左右するであろうITの力で会社に貢献したいという気持ちが高まり、転職を決意しました。

常に最先端のIT技術を追求し働く人々の効率アップを実現している貴社でなら、自分のビジョンに合った貢献ができると考え、志望いたしました。

営業は会社にとって利益を生み出す重要な職種であると同時に、問題解決のプロでもあります。

営業先で起きたトラブルを解決するのはもちろん、私は常に「どうしたら未然に防げるか」を考えて、過去の事例をもとにルールの見直しや新しい制度の提案を社内外問わず行ってきました。

その結果、お客様から感謝され本部長賞を受賞した実績もございます。

この経験を活かし、社内SEとして貴社のインフラを支えることはもちろんですが、IT戦略に基づき課題解決や業績アップのための改善や構築を行うことを目標に働きたいと考えています。

<ポイント>
未経験であってもエンジニアの仕事に興味があり、努力する姿勢があることを必ず盛り込みましょう。

今までの実績が分かるエピソードを書き、それが社内SEとしてどのように役に立つかをアピールできる構成を心がけてください。

経験者の転職の場合

・例文

私は、前職ではシステム開発の会社に所属し、利益管理や会計システムの開発に携わってきました。

要件定義から上流工程まで幅広く経験し、主任として複数のプロジェクを担当していましたが、自分たちが構築したシステムが実際どのように使われて会社に貢献しているのかを最後まで見届けたい、ユーザーの生の声を受け止めて改善したいと強く思うようになりました。

部署問わず多くの社員とコミュニケーションを取りながら、社員一丸となって最適なシステムを構築するという貴社の理念に共感し、志望いたしました。

前職では常に効率化を念頭に業務にあたっており、この強みと経験を活かして、経営視点を持って組織の成長に貢献したいと考えています。

<ポイント>
前職でどのような業務を担当していたのか、その経験によって得た強みを最大限にアピールしましょう。前職とまったく同じ姿勢で臨むのではなく、次の段階にステップアップしたいという意思を書き、それが社内SEとしてどのように貢献できるのかを伝えてください。

社内SEの志望動機におけるNGな表現例

最後に、志望動機を書くときに気を付けておきたいNGな表現例をご紹介します。

せっかく素晴らしい志望動機でも、誤った表現を使ってしまうと上手く伝わらないどころか減点されてしまうことさえあるので、注意が必要です。

志望動機を書き終えても最後まで気を抜かず、NGな表現がないかもう一度確認してみましょう。

言葉の表現が幼稚

志望動機はその内容以外に言葉遣いもチェックされます。

正しい言葉遣いができていない人はビジネスマナーが身に付いていないとされ、選考では致命的なマイナスポイントになり得ます。

志望動機を書く履歴書はフォーマルな書類ですから、

「ちょっと」「~というか」「~的な」「〜みたいな感じです」などの話し言葉は相応しくありません。

「少々」「と考えます」などの書き言葉に置き換えましょう。

受け身な文章

志望動機は求職者の熱意を企業にぶつけるチャンスの場です。その中で「させていただきたいです」といった受け身な表現は、企業側に消極的な印象を与えてしまう可能性があります。

企業が、能力が高く社風に合った人材を求めるのはもちろんですが、それに加えてやる気があり、仕事や成果に対する熱意が強い人ほど魅力的に映ります。

「成長力が高い人だな」と企業に感じてもらえるよう、仕事への熱意は謙遜せず余すことなく伝えましょう。

志望理由が弱い

くり返しになりますが、企業にとって志望理由は選考結果を左右するほど重要なポイントです。

志望理由が「貴社の転職の少なさが魅力的です」「あまり頑張りすぎずに適度に働きたいです」など、明らかに熱意が感じられないものは印象ダウンを招きます。

先程「社内SEの志望動機の例文」でも解説しましたが、働ければどこの会社でもいいと捉えかねられない表現は入社意欲が低いと見なされます。

なぜその企業を選んだのかという明確さは熱意に直結しますので、その企業で実現したいことを合わせて盛り込みましょう。

まとめ

社内SEはまさに「社内のIT専門家」であり、採用されるためにはどのように貢献できるかを伝えることが非常に需要になります。

志望動機を上手くまとめる自信がない方は、転職エージェントへの相談がおすすめです。

専属のキャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーが企業対策はもちろん、あなたにベストな選択肢を多角的な視点でアドバイスがもらえます。

妥協せず納得のいく転職で、今後のキャリアアップを叶えましょう。

社内SEへの転職をお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!
自身のスキルの整理をアドバイザーと行うのがおすすめ!

転職を考えているなら、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。
キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?
ウィルオブテックキャリアは専属2名体制であなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

まずはキャリアの相談をする

よくある質問

社内SEの志望動機を作るときのポイントはありますか?

はい。志望動機の作成のポイントとして、まずは3つがポイントとしてあげられます。

  • 企業を選んだ理由
  • 社内SEとして働きたい理由
  • 入社後の目指す姿

その上で転職活動を成功させるためには、スキルの棚卸しや求人情報のリサーチなど、十分な対策を行う必要があります。エージェントを活用することもおすすめです。
詳細は志望動機における確認ポイントで説明しているので確認ください。

社内SEに求められる適性は何ですか?

はい。よくあげられているのは以下になります。

  • 知識・経験・スキル
  • 勤勉性
  • コミュニケーション能力

詳細は社内SEに求められる適性で説明しているので確認ください。

関連記事

社内SE

  • はてブ