社内SEの年収は低い? 年齢別の相場や年収アップの方法も解説

  • はてブ

エンジニアに人気の「社内SE」。仕事内容や転職時のポイントについてご紹介します。

社内SEの仕事内容や平均年収・相場、社内SEがSEよりも年収が低くなりやすい理由から年収アップの方法まで分かりやすく解説します。

「社内SEとして活躍したい、でも年収で妥協したくない」、そんな方にこそ知ってほしい情報をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

年収アップを目指しているならば、、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いましょう

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。
キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?
ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする

社内SEとは? SEとの違い

ひとくちに「SE(システムエンジニア)」といっても、社内SEとSEでは仕事の内容から定義まで、大きな違いがあります。
ここではまず、社内SEとSEの定義について分かりやすく解説します。

社内SEとは

社内SEとは、企業独自で情報システム部などのIT部門を設け、その部門に雇い入れられたSEを指します。

社員が専門的な知識とスキルをもって自社システムを担当するため、企業にとっては社内向けのシステム開発や管理をワンストップで行えるというメリットがあります。

一企業の組織に所属している社内SEの仕事範囲は自社のシステムやITに関する事項全般となります。

詳しくは後ほど解説しますが、具体的には自社で使用するシステムの企画・開発や運用、管理の他にも、社内のIT関連の困りごとの相談や解決、経営をサポートとするシステムの提案など多岐に渡ります。

仕事柄、様々な部署とのやりとりが発生しますので、SEと比べてコミュニケーション能力が求められることも特徴です。

SEとは

社内のシステムに関わる業務全般を担当する社内SEとは異なり、SEは顧客からの受託開発がメインとなります。

SEの顧客は社外であり、それぞれの要望をヒアリングしてシステムの設計図を作ります。開発の上流工程といわれる要件定義から詳細設計までを担い、必要な予算や人員、進捗管理などのマネジメントを行うこともあります。

開発や設計業務に注力できる専門職であり、IT業界において最もニーズが高い職種だといえるでしょう。

社内SEの仕事内容

社内SEの仕事は、大きく分けて「システム部門の予算作成・管理」「システムの企画・導入」「システムの開発」「システムの運用・保守」「ヘルプデスク」の5つがあります。
ここからはそれぞれの具体的な仕事内容について解説していきます。

システム部門の予算作成・管理

自社で導入している、または今後導入を検討しているシステムの予算を年間または期末ごとに作成します。

具体的には、既に運用・管理しているシステムのランニングコストや改修コストの予算を作成したり、新たにプロジェクトを立ち上げて開発を外部委託したりする際には見積書をもとに予算を立案します。

また、年度の節目ごとに予算と実際のコストを比較し、予算の超過が見込まれる場合は是正措置をとるなどの予算管理も大切な仕事です。

システムの企画・導入

自社の経営戦略やIT戦略などに基づき、経営や事業の課題を解決するシステムの企画を立案します。

既存システムの課題に留まらず、業務の効率化やコスト削減など、社内全体で起こっている問題や今後見込まれる課題を分析し、スケジュールや予算などを算出した上で経営層に提案を行います。

社内SEに期待される使命のひとつが「ITシステムを活用して課題の解決や自社の業績をアップさせること」であり、管理者の立場と経営者の視線をもって企画・提案をすることが求められます。

システムの開発

企業が抱えている課題を解決するために自社で使用するシステムの設計、開発、テストを行います。

基本的に運用・保全を目的として最低限の社内SEを確保するのみで、自社システムの開発に十分な人員のいない企業では、開発を外部委託する場合もあります。その際はプロジェクトの進捗管理や品質管理といったベンダーマネジメント業務を社内SEが担当します。

システムの運用・保守

導入されたシステムが、問題なく継続的に稼働できるよう、日常の運用や保守を担当します。

特に基幹システムとなると予期せぬトラブルが会社の事業や利益に大きな打撃をもたらすこともあるため、システムを毎日・当たり前に使い続けられる状態を保ち続けることは重要な役割といえます。

通常の運用・保守の他に、社内の要望に応じてシステムの改善や変更、拡張を行うこともあります。

ヘルプデスク

社内からのITに関する問い合わせ窓口、いわゆるヘルプデスクとしての役割もあります。社内システムはもちろん、パソコンやプリンター、Office製品の使い方などの問い合わせは情報システム部に寄せられます。

社員がシステムやIT機器を快適に利用し、滞りなく業務を進められるよう適宜サポートを行います。

社内SEの平均年収・相場

つづいて、社内SEの平均年収と相場について解説していきます。

全年齢を平均した社内SEの年収は、2022年4月時点で430万円となっています。平均年収は年ごとに変化しており、2015年から2019年までの推移は以下となっています。

社内SEの平均年収の推移(2015年~2019年)

  • 2019年…568万円
  • 2018年…551万円
  • 2017年…550万円
  • 2016年…547万円
  • 2015年…592万円

参照元:年収ガイド「システム・エンジニアの年収」

社内SEの年収は年々上昇しているとはいえず、年によって増減していることが分かります。一方でいずれの年も500万円代で推移しており、2020年度の国税庁の調査による日本人の平均年収441万円を超えていることからも、社内SEは比較的高い年収を安定して得ているといえます。
平均年収は年だけでなく男女でも差があり、男性では534万円、女性においては420万円となっています。女性は結婚や出産などのライフスタイルの変化によって勤務形態の変更や早期退職をするケースがあり、男性に比べて女性のほうが、平均年収が低くなる傾向は多くの業界に共通しているといえるでしょう。

社内SEの年齢別の平均年収・相場

では次に、年齢別の平均年収の違いを見ていきましょう。

社内SEの年齢別の平均年収・相場

  • 20代…約450万円
  • 30代…約550万円
  • 40代…約600万円

参照元::HOP!ナビ転職「社内SEの平均年収

年を重ねるごとに年収の開きが大きくなっていくことから、経験とスキルの成熟度が年収アップの要素になっていることが分かります。

しかし、同じ20代でSEの平均年収は483万円となっており、比較的社内SEの年収が低い傾向にあります。
その理由については、次から詳しく解説していきます。

▼関連記事
システムエンジニアの年収についてはSE(システムエンジニア)の平均年収は?1000万円を目指す方法を解説でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

社内SEがSEよりも年収が低くなりやすい理由

社内SEの年収が低くなりやすい理由として、主に次の3つが挙げられます。

・高い専門性がいらないから
・生産性のない仕事内容だから
・残業が少ないから

ここからはそれぞれの理由別に詳しく解説していきます。

高い専門性がいらないから

1つ目の理由として、社内SEはそこまで高い専門性を求められないことが挙げられます。

社内SEは社内システムの運用・管理が主な仕事ですが、それらの仕事は必要なことを覚えてしまいさえすれば、深い知識がなくともこなせてしまうのです。また、社内のパソコンやプリンターの割り振りや各種マニュアルの整備についてもすぐにメーカーに確認できるため、ここでも高い専門性を必要としません。

中にはマニュアル通りに対応するだけの社内SEもおり、評価を得られない理由となっているかもしれません。保守・管理のみならず要望・課題に対して解決案を提案するなど積極的に存在感をアピールできなければ、なかなか高い評価や高収入を得るのは難しい現状があるといえるでしょう。

生産性のない仕事内容だから

2つ目は、社内システムの維持管理などが主となる社内SEは、企業の生産性に寄与しにくいことが挙げられます。

企業にとってやはり重要視されるのは利益を上げることであり、営業職などと比べて業績への寄与が見えにくいポジションである社内SEは、増収に繋がる評価を得るチャンスが少ない仕事です。

社内システムに問題がなければ目立ちにくく、また問題が発生した際に的確な対応ができても、多くの企業は問題が起こらない前提でシステムを使用するため、評価を得られない結果となりがちです。

社内SEは企業の事業を維持するためには必要不可欠な存在であることは間違いありませんが、あくまで「縁の下の力持ち」のポジションであり、その仕事によって劇的に評価が上がったり年収が大幅にアップしたりすることは少ないのです。

残業が少ないから

3つ目は、残業の少なさです。

一般的なSEはシステム開発の納期に間に合わせるために残業を余儀なくされるケースが多々あります。一方、多くの社内SEは社内のサーバーやシステム管理、社員からの問い合わせ対応などの日常業務を行い、残業を必要とするケースはほんの一握りです。

納期に追われて残業しがちなSEと比較して、社内SEは就労時間が短いぶん、同一の時給額でも年収は少ない傾向となります。

年収の高い社内SEになるには

ここまで社内SEの平均年収が低くなりやすい理由について紹介しましたが、全ての社内SEが低収入と限られるわけではありません。一方で高い年収を得るためには、社内SEとして一般的に求められる仕事よりも高い目標をクリアしなければならないことも事実です。

最後に社内SEとして年収を上げるために心がけておきたい4つのポイントを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

▼関連記事
システムエンジニアの年収については社内SEへの転職は難しい? 失敗しないポイントと求められるスキルでも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

大企業の社内SEになる

1つ目のポイントは、大企業の社内SEに就職することです。

社員数が多い大企業にとって社内システムは必須であり、組織の規模に応じてシステムも大規模になる傾向があります。大規模なシステムやサーバーを管理・維持するためには、知識や経験を積んだ社内SEが多人数必要になることから、求人も頻繁に出されます。

社内SEの年収は企業の規定に則りますが、大企業では規定や制度がしっかりとしていることが多く、高水準の給与が設定されていることも珍しくありません。

IT戦略・マーケティング関連の社内SEになる

2つ目のポイントは、IT戦略やマーティングに関する経験・スキルを習得することです。

年収が低くなる理由のひとつとして「覚えてしまえば誰でもできてしまう仕事」を挙げましたが、IT戦略やマーケティングに関する仕事を担当する場合には、これに当てはまりません。

システムを管理・維持するのみを目的とした社内SEと比べ、専門知識・スキルを駆使してIT戦略から企業の課題解決や業績アップを図る社内SEでは、収入に大きな差が出ます。

実績を上げられるようになったら大企業で大規模な社内システムの企画・立案する部署を目指すのもいいでしょう。実力次第で高収入を得たいのなら、ITコンサルティングスキルを身に付けることをおすすめします。

資格をとる

3つ目のポイントは、IT系の資格の取得をすることです。

社内SEは資格がなくても勤まる職種ではありますが、資格を取得しておけば転職時の選考で有利になります。

社内SEとして年収を上げるためにはスキルもさることながら「どこで働くか」が非常に重要なポイントとなってきます。特に大企業の社内SEとなれば応募が殺到することが予想されますので、何の資格も持っていないと面接官の目に留まらず書類選考すら通らない可能性があります。

IT系の資格はその人の専門分野によって取得すべきものが異なります。例えば社内SEとしてIT戦略の企画・管理力をアピールしたい場合は「PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)」、ベンダーとしての知識を示すなら「オラクルマスター」「シスコ技術者認定資格」などがおすすめです。サーバー管理者ならば「システム監査技術者」「ITストラテジスト」などの上位資格を有していると転職を有利に進めることができるでしょう。

いざという時に備えて、自分の実績とスキルに見合った資格を取得しておくといいでしょう。

転職エージェントを利用する

4つ目のポイントは、転職時には転職エージェントを利用することをおすすめします。

社内SEの転職成功の秘訣は、IT業界に強い転職エージェントを選ぶことです。転職エージェントには非公開求人が数多く登録されており、中には高年収のレア求人もあります。

また、企業のニーズと求職者の適性を見定めてマッチングしてくれるため、双方が納得できる転職が実現しやすいのです。
収入アップを目指して転職する場合は、IT業界に強い転職エージェントを活用するとよいでしょう。

まとめ
社内SEは、残業に少ないなどの利点がある一方で、年収アップを狙うには工夫が必要です。

社内SEとして条件の良い環境で働きたい方に様々な求人を知り、自身のあった職場を探す必要があります。

転職エージェントや転職サイトを活用して、年収アップだけでなく、将来的なキャリアステップまで想定した企業とのマッチングを目指しましょう。

年収アップを目指しているならば、転職を視野に入れよう!

年収アップを目指しているのならば客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。
キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?
ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする

関連記事

社内SE

エンジニアの年収

  • はてブ