ネットワークエンジニアに転職するには? 必要なスキルやキャリアパス

  • はてブ

ネットワークエンジニアに転職する際には仕事内容だけではなく、必要なスキルや役立つ資格などを理解しておくことが大切です。
本記事ではネットワークエンジニアへの転職や仕事を継続するために知っておくべきことについて詳しく解説していきます。ネットワークエンジニアのキャリアパスも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

エンジニアとしてキャリアアップをお考えならば、自身のスキルの整理を行いましょう!

将来が不安でキャリアに悩んでいるのであれば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることからはじめてみましょう。
1人で悩む前にキャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?
ウィルオブテックは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

無料相談を申し込む

ネットワークエンジニアとは

まずは、ネットワークエンジニアの仕事内容とネットワークエンジニアに向いている人はどういった人なのかという点を確認していきましょう。

ネットワークエンジニアの仕事内容

システム開発ではなくインフラ部分を担当するのがネットワークエンジニアです。主な仕事の段階は次のように分けられます。

ネットワークの設計

ネットワークシステムを構成する技術や製品の特性などを参考にしながら、ネットワークの設計を行います。場合によっては、製品や技術が導入に適しているかどうかを事前にテストします。

ネットワークに導入する技術や製品などが決まったら、システムの利用者やソフトウェアベンダーの関係者に設計レビューを提案します。

システムに不具合が生じた際の復旧作業を提案するのも仕事のひとつです。新規の設計だけではなく、既存ネットワークシステムのリプレイス業務を担当することもあります。

ネットワークの構築

スケジュールと作業内容を決めたうえで、機器の設置やソフトウェアのインストール作業などを進めていきます。このような構築作業を終えたら、通信テストやセキュリティテストなどを行います。

テストの結果を顧客に説明して不合格とされた場合は、問題が生じている箇所を特定したうえで改修しなければいけません。

ネットワークの運用と保守

ネットワークシステムの構築後も機器の設定や構成を随時変更する必要があります。

ネットワークシステムには故障やトラブルが必ず発生するため、発生した際には原因を究明して適切な対応を行い、円滑なネットワークを維持します。

ネットワークエンジニアに向いている人

ネットワークエンジニアに向いている人とは以下のような特性をもつ人だと考えられます。

新しい技術を吸収できる人

ネットワークシステムに関する技術は常に新しくなっています。そのため、新しい技術を吸収して最先端のネットワークシステムを構築・運用できなければいけません。

自分のやり方に固執せず、周りのやり方や情報を柔軟に取り入れていければ、あらゆる事態にも対応できるエンジニアとして重宝されるでしょう。

トラブル発生時に仕事を最後までやりきる遂行力と忍耐力がある人

ネットワークシステムに発生したトラブルの原因究明が難しいケースもあります。

このような場合に自分の不明点を洗い出し、粘り強く調べて対応するリサーチ力も求められます。予想外の事態でも、責任感を持って仕事を最後までやりきる遂行力と忍耐力が必要です。

土日や深夜でも対応できる人

ネットワークの構築作業は、他の業務に影響がない土日や深夜になることも少なくありません。そのため、プロジェクトに関わっている時期は生活が不規則になることもあります。

ある程度は緊急事態に柔軟に対応する覚悟を持っていた方が、自分の中でも納得して業務に望めるでしょう

コミュニケーションスキルがある人

ネットワークシステムの設計・提案ではクライアントと直接かかわります。また、構築・保守では設計者と連絡を取り、運用ではネットワーク利用部門との連携が欠かせません。

このように、ネットワークエンジニアの仕事は他者と接する機会が多くなるため、コミュニケーション能力が欠かせません。

また後述もしますが、キャリアアップを今後考えた場合、上流工程に進むにもコミュニケーション能力は必要となってきます。今後の自分の進む道を決める場面でも生きてくるスキルと言えるでしょう。

▼ネットワークエンジニアついては
こちらのネットワークエンジニアってなに?他のエンジニアとの違いについても解説でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

ネットワークエンジニアの将来性

ネットワークエンジニアへの転職を考えていても、将来性に不安があるという方もいるかもしれません。クラウド型サーバーの普及によって自社サーバーを設計・構築する機会は減少しているのが実情ではあります。

しかし、ネットワークの運用や保守・監視・運用業務は必ず発生するものですので、今後も必要とされ続けるでしょう。

ネットワークインフラは企業にとっての生命線です。運用スタイルには多少の変化があるかもしれませんが、ネットワークエンジニアの需要はゼロになりません。

逆に、ネットワークの膨張に伴って仕事が増加する可能性さえあります。事実、不正アクセスの防止や通信量の増大解消など、新しい技術が求められる仕事は増えているのです。

ただし、ネットワークエンジニアに求められるスキルは変わってくるでしょう。クラウドの知識やスキルを習得しておかなければ、ネットワークエンジニアとして活躍できる場が少なくなるかもしれません。

▼ネットワークエンジニアの将来性については
こちらのネットワークエンジニアの将来性は?今後も活躍するために必要なスキルとはでも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

ネットワークエンジニアに転職するために必要なスキル

ネットワークエンジニアに転職するために必要なスキル

・ネットワークに関する専門知識
・論理的思考力
・コミュニケーション能力

それぞれ詳しく解説していきます。

ネットワークに関する専門知識

ネットワークエンジニアに転職するにはWANやLAN、IPなどの専門知識や、配線や設定に関する知識と技術力が必要です。新しい情報や技術について学び、知識をアップデートする姿勢も求められます。

基本的な知識だけではなく、作業に伴って使用する関連機器の最新情報や操作方法も熟知しておかなければいけません。

ネットワークに限らず、機器や技術は月単位で更新されているのが現状です。そのため、専門的な知識の深さと高い技術力を維持しながら、新しい情報を吸収して活用する対応力が重要になります。

論理的思考力

ネットワークの構築において発生したトラブルを解決に導くために論理的思考力も必要です。新たにネットワークを構築する際には、思わぬ場面でトラブルや障害が発生することも少なくありません。

テストの段階でトラブルの原因に気づくには現象を理論的に掘り下げて解決に導く論理的思考力が求められます。

論理的思考力を身につけていればクライアントが求めている要件を正確に理解できるようになるため、クライアントとの信頼関係維持にも役立つでしょう。

コミュニケーションスキル

ネットワークを構築するためには、クライアントの要望を正確に把握するところから始めます。

要望の主な把握方法はヒアリングになりますが、このヒアリング段階で「クライアントが希望しているネットワーク」や「クライアントが抱えている業務上の課題」を引き出せるコミュニケーション能力が必要になります。

ネットワーク構築の作業中においても、企業内でのミーティングやネットワークの説明を行う必要があります。ネットワークエンジニアは、単独で仕事を進めるわけではありません。

設計の段階から運用・保守に至るまで、さまざまな関係者と意思の疎通を行いながら業務を続けていきます。そのため、オンライン・オフラインを問わず多様な手段でのコミュニケーションは欠かせません。

ネットワークエンジニアへの転職に役立つ資格

ネットワークエンジニアへの転職に役立つ以下の資格も確認しておきましょう。

・CCNA
・CCNP
・基本情報技術者試験
・ネットワークスペシャリスト試験

それぞれ詳しく解説していきます。

CCNA

CCNAは「Cisco Certified Network Associate」の略で、Cisco(シスコ)社が主催している資格試験です。試験は6段階のグレードに分かれており、取得すればネットワークやセキュリティに関する基礎知識があることを証明できます。

試験時間は120分でPCを用いて解答するCBT方式を採用しています。資格の取得を目指して勉強するだけでも実務に役立つ知見を習得できるはずです。

CCNP

CCNPは「Cisco Certified Network Professional」の略で、CCNAの上位資格です。この資格を取得すれば、大規模なインフラの導入や運用・整備を担当できるスキルを証明できます。

試験は7種類のコースに分かれているため、得意なジャンルのコースを選択することも可能です。出題形式はPCを用いたCBT方式となります。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、情報処理推進機構が認定している国家資格です。この資格を取得すれば、エンジニアの基本的な知識や技術を証明することができます。

出題範囲はネットワークやセキュリティだけではなく、経営戦略も含めて多岐にわたるため、エンジニアとしての基礎知識習得にも役立つでしょう。エンジニアとして働きたいのであれば、必ず取得しておきたい資格のひとつです。

ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークスペシャリスト試験は、基本情報技術者試験や応用情報技術者試験の上位資格です。この資格を取得すれば、ネットワークエンジニアとしてレベルの高い作業ができ、人に指導できるスキルを備えていることを証明できます。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催する国家資格で、試験は午前2部と午後2部の計4部で行われます。選択式と記述式に分かれて出題されますが、記述式は問題を選択して解答するのが特徴です。出題範囲は幅広いため、苦手分野を克服するためにも取得しておきましょう。

ネットワークエンジニアのキャリアパス

ここではネットワークエンジニアという職種における主なキャリアパスを紹介します。

・マネージャーを目指す
・ITスペシャリストを目指す
・ITコンサルタントに転身する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

マネージャーを目指す

現場でひと通りの経験を積んだ後で、プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーに昇進するという代表的なキャリアパスです。
現場での経験を基に各プロジェクトの責任者となって成功までの管理を行い、さらなる成長を目指すポジションとなります。

そのためには、経験しやすい保守・運用の現場で経験を積むことはもちろん、構築作業などにも携われるよう挑戦していきましょう。紹介した資格を取得し、スキルを客観視できるようにするのも大切です。

指示を出す立場になれば、コミュニケーション能力も必要になります。目指すポジションを定めて、今の自分に足りないものをコツコツと身に付けていきましょう。

ITスペシャリストを目指す

ネットワークエンジニアのプロフェッショナルとして、技術や知識を追求しながら現場に貢献できるキャリアパスです。特定分野における専門家のような存在となるため、経験や実績が豊富な人材として活躍の場が広がります。

はじめは中小規模のネットワーク構築案件が中心になります。要件定義から設計・構築までを対応できるようになると、大規模なシステム構築に携わるプロジェクトマネージャーへの道も開けてきます。プロジェクトマネージャーは現場を統括する重要な人材です。

仕事を深く理解するためにもスペシャリストを目指しながら、プロジェクトマネージャーへと進むという道筋もあります。

また、スペシャリストのスキルを証明するための「ネットワークスペシャリスト試験」を受験して資格を取得することもおすすめします。上位資格を保持していれば、上のステップへスムーズに進めるチャンスも広がるでしょう。

▼プロジェクトマネージャーの転職については
こちらのプロジェクトマネージャーに転職するには? 向いている人や将来性を解説でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

ITコンサルタントに転身する

ネットワークエンジニアとして培った経験やスキルを活かして、ITコンサルタントに転じるキャリアパスです。

プロジェクトの最上流業務に携わりたい場合はITコンサルタントへの転身を検討してみてください。ネットワークエンジニアから転職するケースはそれほど多くありませんが、事業の発展に関わることができる重要なポジションに就くことができます。

ただし、求められるスキルは高くなります。ITに関する知識だけでなく、クライアントとなる企業の情報収集や、案件に適した提案の手法といった多様な知見が必要になります。転身は容易ではありませんが、レベルの高い業務にチャレンジしたいという方は視野に入れておくといいでしょう。

▼エンジニア転職については
こちらのIT/Webエンジニアの転職を成功に導くエージェント10選|比較しながら徹底解説! でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

まとめ

ネットワークエンジニアは今後も需要の増加が期待できる職種です。

習得しておきたいスキルや資格も多いですが、クリアできれば上位の業務に就くこともできます。そのためには何を身に付ければより良くなれるか、長期的に考え行動していく姿勢も大切です。

エンジニアとしてキャリアアップをお考えならば、自身のスキルの整理を行いましょう!

将来が不安でキャリアに悩んでいるのであれば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることからはじめてみましょう。
1人で悩む前にキャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?
ウィルオブテックは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

無料相談を申し込む

よくある質問

ネットワークエンジニアに転職するために必要なスキルはありますか?

はい、まずポイントとして「ネットワークに関する専門知識」「論理的思考力」「コミュニケーション能力」があげられます。その上で転職活動を成功させるためには、スキルの棚卸しや求人情報のリサーチなど、十分な対策を行う必要があります。エージェントを活用することもおすすめです。詳細は「ネットワークエンジニアに転職するために必要なスキル」で説明しているので確認ください。

ネットワークエンジニアのキャリアパスを教えてください。

はい、よくキャリアパスとしてあげられるのは「マネージャーを目指す」「ITスペシャリストを目指す」「ITコンサルタントに転身する」などになります。詳細は「ネットワークエンジニアのキャリアパス」で説明しているので確認ください。

関連記事

ネットワークエンジニア

エンジニア転職について

  • はてブ