定時退社で働く方法とは?無理なく出来る5つのポイントなどを解説

仕事によっては、残業が多いところもあります。

ですが、残業が多いとその分休める時間が減りますし、自分のやりたいことに費やす時間も作りづらくなってしまい、ストレスを感じてしまう方もいるのです。

残業ばかりの仕事にストレスを感じるのであれば、残業がない働き方を目指すことをおすすめします。

定時退社ができるようになると、生活のリズムが整えやすくなりますし、自分の時間を確保できるようになるので、心身ともに休めることができるのです。

ここでは、そんな定時退社をするポイントや、定時退社できる働き方は何かなどを紹介していきます。

定時退社を目指すなら派遣社員として働くのがおすすめです
正社員やアルバイト・パートだと残業する機会が増えることもあります。ですが、残業ばかりだと自分の時間が確保できずにストレスが溜まってしまいます。

そこで、ライフスタイルも大切にしながら働きたい方は派遣で働いてみませんか?残業はほぼありませんし、時給もアルバイト・パートよりも高い傾向にありますよ。
まずは派遣会社に登録を

定時退社とは?

そもそも定時退社とは、会社が定めている業務時間の終わりの時間に退社することを定時退社と言います。

たとえば、フルタイム勤務の方で9時~18時まで勤務している場合は18時に、パートタイム勤務の方の定めた終了時間に変えることが定時退社となるのです。

そして、就業時間を過ぎても働くことは、残業となります。

この残業の時間を減らすことにより、自分の時間を確保することができます。

定時退社は生活も大切にできる

既に説明をしていますが、定時退社をすることで生活や家庭にかける時間を増やすことができます。

前もって何時に終わるかが決まっていれば仕事終わりの予定も立てやすくなりますし、生活のリズムが整いやすくなるので安定した生活を目指せます。

また、仕事の終わりが分かることで「あと少しで今日の仕事も終わるな」と、仕事に対するモチベーションを最後まで保つこともできますよ。

定時退社は悪いことではない

定時退社がなかなかできない人の中には、ほかの人がまだ仕事をしているのに自分だけが帰るのが悪い気がする、という理由があります。

それは、上司や同僚が忙しいのに自分だけが帰ってしまうと、自分への印象が悪くなるかもと考えたり、自分の仕事がなさすぎるのかと不安になったりするからです。

ですが、本来であれば自分の仕事をしっかりと終えられていれば定時に帰っても大丈夫なので、どのような雇用形態であっても自分がやるべきことは把握しておきましょう。

自分の仕事を終えていないのに、定時だからと帰ってしまうと会社に悪影響を与える可能性があるので印象が悪くなってしまいます。

そうならないためにも、最低限自分のやるべき業務は終わらせてから帰るようにしてください。

もし、余裕があればほかの方の業務を手伝うことで、頼りになると会社で必要とされる人材になりますよ。

定時退社をする5つのポイント


前の項目でも言いましたが、自分の業務を終えていないのに定時だからと帰ってしまうと、業務によっては会社に悪影響を与えてしまう可能性があります。

どうすれば会社に迷惑をかけずに定時退社することができるようになるのか、5つのポイントを紹介しますので定時退社を希望する方は試してみてください。

やるべき仕事のリストアップ

まずは、自分がやるべき仕事のリストアップをし、どんな仕事を抱えているかを可視化することにより現状を把握しやすくなります。

すると、優先順位や業務負担などがどのくらいかを見ることができるので、自分がどういう順番で仕事を進めていけば良いかが整理できます。

この時、それぞれの業務をどのくらいまでに完了させれば良いかなどを聞いておくと、手際良く業務を進められますよ。

スケジュール管理をする

仕事をするうえで大切なスケジュール管理を行うのも、定時退社をするために大切なことです。

会社によってはスケジュールを共有するツールを活用しているところもあるので、そういったものに自分のスケジュールをメモしておくことをおすすめします。

スケジュール管理をすることで、業務を何時までに終わらせるかという目標が立つので仕事にメリハリがつきます。

また、休憩時間をどこに入れるかも自分で調整ができるようになるので、長時間同じ格好でいると体を痛めてしまうという方は休憩時間をスケジュールに入れて定期的に体を動かくことを習慣づけられますよ。

業務や休憩の時間をスケジュール管理することで、仕事を定時に終わらせることができて定時退社も可能になるのです。

業務連絡を取る

自分の業務を管理するだけでしていると、上司や同僚との業務スピードや量に差が出てしまいます。

そこで、上司や同僚に業務に関する連絡を取って自分の業務がどこまで進んでいるか、今は何をしているかなどを共有しましょう。

会社で共有しておくことにより、急な会議や業務などが入るとしても一声かけてもらえるので、自分の業務や仕事後の予定とすり合わせることもできますよ。

また、連絡を取り合うことにより社員との交流も取れますので、定時退社をしてもしっかり周りと連携を取って仕事をしていると理解してもらえ、悪印象を与えてしまうことを回避できるのです。

業務量によって朝早めに出社も検討

自分の業務内容が分かっていると、自分がどのくらいの時間をかけてやればいいのかもわかってきます。

もし、残業が必要そうな業務があった場合は定時後も仕事をするのではなく、その分朝早くに出社するように検討してみましょう。

朝早くに出社しても問題がない方は良いのですが、こどもを保育園や幼稚園へ送らなくてはならない方は、その日だけパートナーや両親などに変わってもらうなどをして対応しておくことをおすすめします。

会社によっては早くに出社することを許可していることもあるので、上司や担当者にご相談ください。

どうしても朝は無理で残業も厳しい場合は、業務量について相談して軽減してもらったり分担してもったりと、会社で対処してもらえるようにするのもアリですよ。

定時退社がしやすい環境で働く

スケジュールや業務の管理をしていても、上司や同僚と連絡のやり取りをしても残業が続いてしまって定時退社ができない方は、定時退社がしやすい会社に転職をすることを検討してみましょう。

会社でできないことを無理に変えようとすると、人によっては大きなストレスとなってしまうことがあります。

そうなると、自分にも会社にも負担がかかってしまうため、努力をして無理だと感じたら転職に切り替えた方がストレスも軽減されます。

今は、色々な会社で残業を減らそうという活動を積極的に行っているところも増えているので、もしかすると、今よりも自分に合う会社が見つかる可能性がありますよ。

定時退社を希望するなら派遣がおすすめ


定時退社をしたい人の中には、以下のような希望を持っている方がいるでしょう。

  • 仕事後の時間を楽しみたい
  • プライベートな時間を大切にしたい
  • 仕事とプライベートにメリハリをつけて働きたい
  • 子育てや家庭のために時間をかけたい

このように、定時退社をすることで仕事とプライベートな時間を安定して取れるようにしつつ、しっかりと働きたいと思うのであれば、派遣社員で働くことをおすすめします。

派遣社員は、仕事探しから仕事中に不安や悩みがあった場合は派遣会社からのサポートを受けることができるので、正社員やアルバイト・パートのようにすべて1人でこなさなくてはならないという負担が軽減されます。

そして、基本的に自分が担当する業務に専念できて残業もほとんどないため、ライフスタイルに合わせて働きたい方や、自分の仕事に集中したい方に向いています。

時給はアルバイト・パートよりも高めですし、会社によっては健康診断や福利厚生なども充実しているので、定時退社を希望しながらもしっかり働けます。

まとめ

ライフスタイルを大切にしたい方や残業をしたくない方は、定時退社を望まれることが多いです。

そのためには自分の仕事やスケジュールを管理し、定時までの業務内容を整理しておく必要があります。

また、自分の中で色々対策をしても会社の環境が定時退社しづらいのであれば、思い切って転職するのも1つの手段です。

正社員として転職をすることに不安がある場合は、派遣社員で転職活動をしませんか?

派遣社員なら、派遣会社の担当者が自分の希望する条件で求人を提案してくれますし、転職活動から仕事中まで不安や悩みがあったときにサポートしてもらえます。

定時退社を目指すことで仕事や生活のバランスが整えやすくなりますし、気持ちにも余裕ができるので自分に合う働き方を探してみてくださいね。

定時退社を希望するなら残業がほとんどない派遣に転職しませんか?
定時退社をするには、自分で業務やスケジュールの管理をしたり、上司や同僚に業務連絡を取ったりして自分の仕事をきちんとこなすことが大切です。

そんな対策をとっても定時退社ができない方は、残業がほとんどない派遣社員としての転職をおすすめします。自分の働き方に疑問を持つ方は、まずは派遣会社に登録をし、担当者に相談をしてみてください。
登録はこちら