失業保険の給付期間中でもアルバイトはできる!注意点や手続き方法を解説

失業保険を利用した場合、もらえる失業手当の金額は、働いていたときの5割から8割程度です。

これでは生活ができないと、再就職まではバイトを検討する人もいるでしょう。

しかし、バイトを申告しないと、下手すれば3倍返しのペナルティが発生することになってしまいます。

失業保険の給付期間中にバイトをするときの注意点をお伝えします。

もう一度失業保険の基礎を見直したい人は「そもそも失業保険とは?」へお進みください。

即日勤務するならアルバイトより高時給な派遣の働き方もあり!
給付金をもらいながら給付金では不足する分をアルバイトで稼げたら、失業中でも安心ですね。

転職活動の時間を確保しながらお金を稼ぐ手段として、派遣社員という働き方があります。まずは派遣会社に登録をし、気になったらときに担当者に相談をしてみましょう。

『ウィルオブ』への登録はこちら

失業保険の給付期間中にバイトをしても大丈夫?

結論からいえば、失業保険の給付期間中でも、バイトをすることはできます。

ですが、そのために守るべきルールがあり、それは以下の3つです。

  • 失業保険の待期期間(7日間)は働かない
  • 勤務時間は1日4時間以上、週20時間未満
  • 必ずハローワークへ申告する

定職に就いたとみなされない程度に日数を収めなければ、「あなたは再就職した」とみなされ、受給停止になってしまう恐れがあるため、注意が必要です。

しっかり受給するために守るべき3つのルールについて、もう少しくわしく解説していきます。

待期期間の7日は働いてはいけない

この期間は、失業状態でなくてはならないので働くことができません。

もし、どうしても働きたい場合はこっそり働いてしまうのではなく、必ずハローワークへ相談をしましょう。

待期期間の延長など対応をしてくれる可能性があります。

勤務時間に要注意

失業保険の給付期間中にアルバイトや内職などの仕事をすることが可能です。

ですが、その仕事が雇用保険に入るような条件にならないようにすることが重要で、雇用保険に入ってしまうと失業保険を受けることが出来なくなります。

くわしい条件については、こちらの「派遣でも社会保険に入れるの?加入の条件やメリットをくわしく解説!」でも紹介しているので、あわせてご覧ください。

そのため、雇用保険の条件でもある1週間の勤務時間20時間以上を満たさないようにそれ以下の時間で仕事をしましょう。

そのため、短期の仕事で1日4時間以上の仕事がおすすめです。

アルバイトや内職、中には何かの手伝いでも賃金が発生する可能性があります。

賃金が発生する仕事をしたら必ずハローワークへ申告をするのを忘れないでください。

この申告をしないと、不正受給と判断されてペナルティーを課する事態になってしまいます。

申告対象か分からなければ必ずハローワークに相談

もし、給付期間中に働いてしまった場合、これは申告するべきか不要なのか分からないこともあるでしょう。

このとき、面倒だからと自己判断で申告をしなかったら、本当は申告しなくてはならないことだった……なんて可能性もあります。

そんなことにならないよう、分からないことは必ずハローワークへ相談しましょう。

ハローワークであれば確実なので誤った申告などせずに済みますよ。

減額対象になるケース

働いた時間や金額によっては減額対象になりかねません。

ここでは、注意が必要な3つのケースについて解説しましょう。

定職に就いたとみなされるケース

どの程度の日数を超えてしまうと、再就職したとみなされるのでしょうか。

それは、ハローワークの担当職員の判断にもよりますが、一般には雇用保険に加入する条件を満たしたときです。

一週間の労働時間が20時間以上であり、長期の雇用が見込まれる雇用形態であれば要注意といえます。

減額対象になるケース

一日の労働時間が4時間未満で、一定の金額を稼いだ場合には、手当の日額が減額されてしまうことがあります。

手当の日額に接近するような金額を稼いでしまった場合は、注意が必要です。

具体的には、「基本手当日額+バイト収入-控除額」が、「前職の賃金日額の8割」よりも多い場合、差額が手当の日額から減額されてしまいます。

詳しくは、ハローワークの職員と一緒に確認し、バイトをする場合は一日にどの程度の金額に収めればよいかを知っておきましょう。

給付が先送りになるケース

一日の労働時間が4時間以上になると、その日は労働をしたとみなされ、給付対象になりません。

しかし、給付額がゼロになってしまうわけではなく、給付日数が一日先送りになるだけなので、最終的にもらえる金額は変わらないということになります。

4時間未満の労働で減額になってしまうよりは、給付期間が延びるほうがお得に感じますよね。

一日4時間以上、週20時間以内で細々とバイトをしながら長く失業保険をもらうのが、再就職先がなかなか決まらない身にとっては最良の選択かもしれません。

ただし、これを繰り返しし過ぎて1年以上先送りとなってしまうと、失業保険を受けられる期間を過ぎてしまい、先送りした分を受け取れなくなるので、ご注意ください。

無申告だと受給額の3倍を返納しなければならない?

「ようするに、バイトしても申告しなきゃいいんじゃない?」と考えてしまった人もいるでしょう。

確かに、失業期間中にバイトをしたかどうかは自己申告制なので、そ知らぬふりをして「この期間は労働をしていません」と申告することは可能です。

いわゆる、無申告です。

ただ、この無申告は、ハローワーク側に見つけられてしまうと多大なペナルティを負う危険性があります。

無申告がバレてしまったら、当然のことながら残りの手当はもらえません。

また、これまでの支給額を全額返還しなければならない可能性があります。

そして、さらにこれまでの支給額の2倍を納付する義務を負うかもしれないのです。

つまり、無申告が発覚すると、これまでの受給額の3倍を返納しなければならない恐れがあるわけです。

貯金を一気に失ってしまう怖いペナルティですから、正直に申告したほうが身のためのようです。

不正受給がバレるパターン

「そんなこといっても、不正受給なんてどうやってバレるの?」と、疑問に思ってしまいますよね。

でも、バイト先で雇用保険に加入したら確実にバレてしまいます。

さらに、不正受給の発覚で一番多いのは、なんと通報、いわば密告です。

失業手当をもらっているのにバイトでも収入を得ていることを、自慢げに同僚へ告げてしまう人がいます。

すると、同僚が上司に、上司がハローワークに……などと、密告するケースがままあるのです。

人は、知らない誰かの不正には無関心でも、隣の人が自分よりズルく得をしていると感じたら、黙っていられないもののようです。

給付期間中のバイトは必ず申告しよう

気持ちよく給付金をいただくためにも、給付期間中のバイトは必ず申告しましょう。

想定よりも早く再就職が決まったとしても、給付がもらえなくて丸損だと考える必要はありません。

給付期間を3分の1以上残して再就職したときは残日数の60%、3分の2以上残しての再就職なら残日数の70%の給付金額がもらえるためです。

早くに生活が安定して、しかも国からお祝い金がもらえるなんて嬉しいですよね。

バイトに限らず、定職を得たら速やかにハローワークへ申告するほうがお得です。

どうだろう?と思ったら相談しよう!

納税などに詳しい職業に従事していた経験があったり、これまで何度も失業経験のある人でない限り、失業中に受け取れるお金の詳細についてよく理解できている人はそう多くありません。

ほとんどの方が、失業してみて、もしくは転職を考えるようになってから頭に浮かぶのが給付金のことなのではないかと思います。

在職中はあまり深く考えないことかもしれませんが、失業してからの生活や、新しく職業を探すためにもお金は必要になってくるので、給付金はしっかりと受け取れるように把握しておかなくてはなりません。

また、すでに失業保険を受け取っている人は、どのような申告が必要で、どのような申告を欠いてしまうとならないのかをきちんと把握して必要な申告はルールに則ってしておきましょう。

今はゆっくりと休みをとってリスタートする予定の方も、すでに再就職に向けて進んでいる方も、「あれってグレーだよなぁ…」と思うような後ろ暗いことがあるとなかなか前向きな進展がのぞめないものです。

先に説明したとおり、無申告で収入を得ていた場合のペナルティは痛手になりますし、何よりも今後就職をしようとしたときにそのことがネックとなってしまっては致命傷です。

社会人である以上、「知らなかったので申告しなかった…」というのは通用しません。

申告の方法がわからない、もしくは自分のしていることがルール違反でないかがわからない、といった状況の場合には、最寄りのハローワークや、区役所、もしくは税務署に立ち寄って訪ねてみましょう。

失業中、少しでも収入を得ておきたいと考えるのは普通です。

しかし、そしてその就業がルール違反にならないか説明を受けた上で行動していればまず問題は起きずに済みます。

そもそも失業保険とは?

まず、失業保険(失業等給付)とは、雇用保険での「失業等給付」のことです。

失業中の人が生活を心配することなく再就職するための就活に専念するための給付金のことを「失業手当」と言います。

失業保険を受けるには、ハローワーク(公共職業安定所)で手続きをし、定条件の就職活動を行ったと申請する必要があります。

失業保険がもらえる条件とは?

失業保険を受け取るには以下の条件を満たしている必要があります。

  • 再就職の意思があり、就職できる状況であるにも関わらず失業状態であること
  • 離職日以前の2年間で被保険者期間が通算で12か月以上あること

さらに詳しく説明をしますと、1つ目の条件で言っている「就職できる状況」とは、病気やケガ、妊娠出産などの育児、定年退職後に少し休みたい、結婚などで専業主婦に専念したい、などといった状況を除いたものをいいます。

そして、2つ目の条件である「被保険者期間」とは、雇用保険の被保険者であった期間の中でも離職日から遡って一か月で区切り、賃金支払い基礎となる日が11日以上ある月を一か月と換算したものを言います。

この条件に当てはまり、ハローワークに行って求職手続きを行った人が失業保険を受けられるようになります。

ハローワークでの手続きにつきましては、次の項目で説明をします。

失業保険の手続きはどうするの?

簡潔に手続きの流れをご紹介します。詳しい説明はその次から進めていきます。

①住所管轄のハローワークに出向き、必要書類を持参して手続きを行う
②手続き時に指定された日に行われる失業保険を受けるための説明会に参加
③対象となる失業認定日にハローワークへ出向き、認定してもらう
④給付金の入金
⑤以降は③~④を繰り返す

手順1.ハローワークでの手続き

退職した会社から離職票が届くかと思います。

そのとき、ハローワークに関する資料も添付されると思いますので、その指示に従ってハローワークへ行きましょう。

この離職票についてですが、会社側は対象者が退職した翌日から10日以内に手続きをしなければなりません。

そのため、会社からなかなか離職票が届かないといった場合には会社へ連絡をしてください。

手順2.失業保険を受けるための説明会に参加

ハローワークで手続きを行った際に渡される資料(受給資格者証や雇用保険受給資格者のしおりなど)を持って、指定された会場で説明会が行われます。

内容としては、失業保険に関する説明や注意事項などとなります。

ほかにもハローワークで行われているセミナーや求人検索をするための機械などに関する説明もあります。

手順3.ハローワークで失業認定をしてもらう

失業保険を受けるためには、失業期間中に就職活動をしていることが必須条件となります。

認定日は4週間に1度あり、次回認定日までに必要となる回数の就活を行うことで失業認定されます。

この就活は、求人サイトでの応募や面接、ハローワークでのセミナー参加や就職相談などが対象となります。

ただし、最初は手順2にある説明会への参加と必ず行われる就職相談の2つで認定対象となるので、4週間で2回以上の就活が条件という人はこの参加で失業認定条件を満たしたことになります。

手順4.認定されれば給付金が振り込まれる

失業認定をされれば給付金が振り込まれます。

この振り込みは、失業認定日から振込先である金融機関の営業日で数えて4~5日後となります。

給付金の金額につきましては、条件によって異なりますので、こちらの「失業保険はいくらもらえるの?」で詳しく説明をします。

手順5.最初の認定日以降は就活と失業認定を繰り返す

最初の失業認定を受けるまではどのように失業保険を受け取るかの手順説明となります。

この日を過ぎれば、あとは本腰を入れて就活を行い、給付金を受け取るという繰り返しです。

ハローワークに直接出向き、求人情報の検索機であれば、サイトに掲載されていない企業もあったりするので、積極的に利用しましょう。

もし、検索機でどういった企業なのかがわからない時も、ハローワークなので相談しに行くことも可能です。

注意!認定日に行かないと給付金は受け取れない

認定日に予定が入ってしまって行けなくなったときに「認定日変えてもらおうかな」と考えている人、それは大きな勘違いです。

実は、失業認定日とは特別な理由がない限りは変更することができません。

私用が理由で認定日に行けなかった場合は給付金を受け取ることができません。

もし、これが認定日内での時間変更であれば対応してもらえます。

午前中に認定日があるのを忘れて午後になってしまったのであれば、ハローワークへ電話をし、午後に行くということを伝えましょう。

そうすれば、問題なく失業認定を受けられます。

では、急に風邪を引いて行けない場合はどうなるのか。

私用ではなくやむを得ないときであれば、必要な書類を提出することによって認定日を変えることができます。

早めにハローワークへ連絡をし、必要書類についての説明などがあると思いますので、指示に従って対応しましょう。

ここでの説明で「給付金を受け取れない」と言っていますが、これはあくまでも「失業認定対象のひと月分」が受け取れないという意味であり、翌月の失業認定日に忘れず認定をもらいに行けば、給付金を受け取ることができるので消失するわけではありません。

ただ、受け取る月がひと月ずれるだけです。

ただ、だからと言って認定日を忘れ続けてしまえば就職活動の意思がないとみなされ、給付金を受ける資格を失う可能性がありますので、ご注意ください。

正社員・非正規雇用での違いは?

失業保険を受けるための手続きに説明をしたところで、正社員や非正規雇用(アルバイト・パート)では条件や手順に違いがあるのかを見ていきましょう。

正社員の場合

正社員であれば雇用保険に加入しているので、自己退職などの特別な要因がない限りは「失業保険がもらえる条件とは?」「失業保険の手続きはどうするの?」で説明した内容で問題なく失業保険を受けることができます。

非正規雇用(アルバイト・パート)の場合

こちらは、非正規雇用であっても雇用保険に加入してれば失業保険を受けることができます。

手順などは前述で説明した通りとなります。

フリーランスを目指す人は要注意

会社を辞めてフリーランスを目指す人がいるかもしれません。

そういった人が注意すべきことは、会社を辞めた後にフリーランスに転職するのであれば、失業保険を受けることはできません。

その理由は、そもそもフリーランスというものは、どこかの会社に雇用されるわけではなく、自らが雇用主となるものです。

つまり、すでに仕事を始めているとみなされてしまう上に、雇用保険の対象から外れてしまいます。

そのため、収入がなくともフリーランスで仕事を始めたにもかかわらず、そのことを申告せずに失業保険を受けようとすると、不正受給をしたことになって重いペナルティを受けることになります。

不正受給については「無申告だと受給額の3倍を返納しなければならない?」をご覧ください。

自己都合退職と会社都合退職での手続きの違い

正社員や非正規雇用での手続きの差はほとんどありませんでした。

失業保険は雇用保険が適用されている人であれば全員同じく受け取れると思われたかもしれません。

しかし、大きく差が出る状況はあります。

それは「自己都合退職」「会社都合退職」です。この2つの差で受け取る条件や期間などに差が出てくるのです。

■給付に関する比較
自己都合退職 会社都合退職
支給開始日(最短) 3ヵ月7日後 7日後
最大支給額 約118万円 約260万円
支給日数 90日~150日 90日~330日
国民健康保険 通常納付 最大2年間軽減

自己都合退職である場合、会社都合の場合よりも3ヵ月も長く失業状態があることになります。

この3ヵ月を収入なしで生活するのは厳しいかもしれません。

この失業保険に関する条件が自己都合退職のデメリットだといえます。

早く失業保険を受けたいのであれば退職理由は会社都合の方が…と言いたいところですが、会社都合とした場合にもデメリットがあります。

それは、転職するときです。

実は、会社都合退職は会社側から言われて退職をするので「解雇された」と思われる場合があります。

気にしない会社であればいいのですが、会社都合と聞いただけで転職の面接で「何故前の会社を辞めることになったか」「個人的な業績はどうだったのか」などの退職に関する質問が増えます。

これは、前の会社での業績はどうだったのか、業務態度に問題はないのかという点を心配するからです。

このように、自己都合退職や会社都合退職、それぞれに良い点と悪い点があります。

ですが、失業保険を受ける手続きの際に退職理由を記載することになるので、この部分は偽りがないようにしっかりとどちらかをはっきりさせて多く必要があります。

何が自己都合で何が会社都合なのかなどにつきましては、下記記載の参考サイトでも説明されていますので、あわせてご覧ください。

【参考】
派遣社員が失業保険をもらう方法は?基礎知識や受給条件・注意点など解説

前職を無断欠勤のまま退職した場合

自己都合退職も会社都合退職も、どちらも会社としっかり話し合った末の退職となるので会社側にとっても退職者にとっても作業がスムーズに進みます。

一方で、業務が自分に合わない、会社に行きたくないなどの理由で会社を無断欠勤するだけでも問題ではありますが、さらにそのまま退職してしまうという場合があるので、そうした場合の失業保険を受けることはできるのか、手続きはどうなるかなどの説明をします。

結論から言いますと「条件が合えば失業保険を受けることはできるし、手続きも変わりはない」です。

失業保険は次に向けての就職活動を支援するものであるため、条件を満たしていれば失業保険を受けることはできます。

しかし、無断欠勤な上、勝手に退職をしてしまったのでハローワーク側からの対応は少し厳しくなってしまうかもしれません。

次の職場では無断欠勤などをしないようにとハローワークでも念を押されます。

手続きに関しましては、変わりはないのですが、まずは失業保険を受けるために必要な離職票などを作成し、それを受け取らなくては始まりません。

なので、一度は前職の会社に連絡を入れることが必須…気まずいですが、自分がすでに離職しているかの確認にもなるので、必ず行いましょう。

失業保険はいくらもらえるの?

失業保険とは、いくらほどもらえるのか。

実は、支給される金額(基本手当日額)や給付日数などは最初に渡される「受給資格者証」に記載されています。

ですが、下記記載の計算式でもわかります。

■失業保険の支給額(日額)
離職日直前の6ヵ月の決められて支払われた賃金の合計÷180=賃金日額
※賃金日額のうち、50~80%となります。(個人差あり)

そして、この支給額ですが、年齢によって上限制限があります。次の表にて一覧にしましたので、こちらでも金額の基準がわかるのではないでしょうか。

■支給額上限(平成30年8月1日時点)
年齢 支給額(上限)
30歳未満 6,750円
30歳以上45歳未満 7,495円
45歳以上60歳未満 8,250円
60歳以上65歳未満 7,083円

おわりに

失業手当をもらうにあたっては、バイトができない期間もあります。

それは、失業保険の手続きをしてから7日間の待期期間です。

働いてしまうと、その翌日からまた7日間の待期期間が発生してしまうので、注意しましょう。

給付前も、給付期間中も正しい申告をして、余計なペナルティを背負わないようにしたいものです。

失業保険の給付が終了してしまう、終了してしまった方でこれからバイトや派遣を考えている方は人材派遣会社ウィルオブで働いてみませんか?

事務、コールセンター 、販売、介護、軽作業、保育など沢山の職種を扱っていますのであなたに合った働き方が見つかるもしれません。

「正社員のお仕事」も「つなぎの仕事」もご紹介可能な人材会社
給付期間中でも働ける仕事を探すなら、派遣会社に相談することがおすすめです。

期間中の仕事内容や転職活動の調整はなかなかに難しいものです。派遣会社なら、担当者に相談できるので安心して仕事を探せますよ。まずは登録をしていつでも仕事を探せる状態にしておきましょう。

“ウィルオブ”への登録はこちら