身分証が全くないときはどうするべき?再発行の方法も紹介!

身分証を紛失してお困りの人もいると思います。身分証が1つもない状況だと、派遣スタッフとしての登録もできません。そこで今回は、身分証が1つもないときの対応法などを紹介します。 

目次

身分証(身分証明書)には、どんな種類がある? 

はじめに、代表的な身分証の種類について見てみましょう。今から紹介する身分証のうち1つでも持っていれば派遣スタッフとして登録できるチャンスがあるので参考にしてみてください(使用できる身分証は派遣会社によって異なります)。 

1.運転免許証 

運転免許証は、自動車やバイクなどを運転するときに必要な身分証です。運転免許証を発行していたとしても、乗り物を運転しない人だと運転免許証の存在を忘れている人もいます。あらためて、運転免許証を持っていないか確認してみてください。 

2.健康保険証 

健康保険証は、病院での診察時に提示することがある身分証です。ただ、写真付きの身分証ではないため、運転免許証と比較すると使いづらいかもしれません。国民年金加入者は各自治体から、厚生年金加入者は勤務先企業(派遣社員の場合は派遣会社)から発行されます。 

3.マイナンバーカード 

マイナンバーカードとは、その名の通りマイナンバーが記載されているカードです。ICチップが搭載されており身分証として利用できるケースも多いです。ただし、通知カードとは別物になるのでご注意ください。 

4.年金手帳 

年金手帳とは、年金加入の記録などが記入されている手帳です。年金手帳には「基礎年金番号」「年金加入開始日」などが載っています。 

身分証が何もない場合は、市区町村の役所へ行って住民票の写しを取得しよう

身分証が何もない人は、市区町村の役所で住民票の写しを取得することをおすすめします。理由は、他の身分証を発行するときに役立つためです。この章では、住民票の写しを取得するときの注意点を紹介します。 

住民票の写しを得るときにつかえる書類とは? 

本人確認書類がないときに住民票の発行をするときは、いずれか2点(1~7から1点、8~12から1点)の下記書類を提示してください(熱海市を例に紹介してあります)。
1.学生証(写真付)
2.生徒手帳(写真付)
3.勤務先が発行した身分証明書(写真付)
4.国や地方公共団体の機関が発行した資格証明書(写真付)
5.公の機関が発行した資格証明書で写真のあるもの
6.公の機関又は公益法人の発行する資格者証・登録証・会員証など
7.運転経歴証
8.クレジットカード
9.通帳
10.診察券
11.定期券
12.キャッシュカード etc

ただし、有効期限が過ぎている書類だと認めてもらえないこともあります。 

市区町村によって準備するものは異なる 

住民票の発行時に必要な書類は、市区町村の役所によって異なります。上述した書類が、他の市区町村だと利用できないケースもあるため最寄りの役所へ問い合わせることをおすすめします。 

提示できる書類が何もない場合でも、役所に相談してみよう 

読者のなかには、住民票発行時に提示できる書類がない人もいると思います。その場合も役所へ相談しましょう。役所の担当者と話す中で、住民票発行時に使える書類が見つかるかもしれません。自治体のホームページに載っていない書類でも、特例で認められるケースもあるため諦めないでください。 

各身分証の発行方法を見てみよう 

身分証の再発行方法はそれぞれ異なります。この章では、代表的な身分証の発行方法を見てみましょう。 

運転免許証の発行方法 

運転免許証を発行するときは、下記の持ち物が必要です(免許証を再交付する会場で準備できるものもあります)。

写真(縦3.0cm、横2.4cmで、肩より上を撮影した正面の写真)
手数料
印鑑
身分証明書(住民票など)

ただし、運転免許証が交付されるまでの期間は都道府県によって異なります。山口県を例にみると、山口県総合交通センター(いわゆる免許試験場)で手続きした場合は即日交付されますが警察署で手続きした場合は2週間前後かかります。免許証再発行の受付時間も場所によって異なるためご注意ください。 

健康保険証の発行方法 

健康保険証の発行方法は、厚生年金加入者or国民年金加入者で変わります。厚生年金加入者の場合は、勤務先企業(派遣社員の場合は派遣会社)へ「健康保険被保険者証再交付申請書」などの書類を提出すると、再発行してもらえます(各企業によって、申請手順は異なります)。
たいして国民年金加入者は、各自治体の役所内に設置されている「保険年金課」で手続きを行えますが、身分証明書とマイナンバー関連の書類(マイナンバーカード、通知カードなど)が必要となります。
再発行した健康保険証は原則「郵送」で送付されますが、顔写真付きの身分証明書を持っている場合は、その場で健康保険証を交付してもらえるケースもあるので覚えておくとよいでしょう。 

マイナンバーカードの発行方法 

マイナンバーカードを発行するときは「本人確認書類、顔写真(縦4.5cm、横3.0cm)」が必要です。なお、本人確認書類は運転免許証など写真付きの書類であれば1点、写真無しの書類の場合は2点必要となります。なお、マイナンバーカードの再発行は申請後、1カ月前後かかるので気を付けてください。 

年金手帳の発行方法 

年金手帳を再交付してもらうときは「年金手帳再交付申請書」を年金事務所へ送付するのが一般的です。ただ、年金手帳再交付申請書には、基礎年金番号などを記入する必要があります。基礎年金番号を覚えていない人は、この方法での手続きはできません(厚生年金加入者は、勤務先企業で基礎年金番号を確認できます)。
その場合は、最寄りの年金事務所に相談しましょう。年金事務所から届いた郵送物(例.ねんきん定期便など)を持参すると、スムーズに手続きできます。なお、年金手帳の再発行費用は無料です。

身分証に関して絶対にやってはいけないことは?

最後の章では、身分証がなくてもやってはいけない行為を紹介します。悪質な犯罪だと認められると逮捕されるケースもあるため、これから紹介することは絶対に真似しないでください。 

他人の身分証を使う 

他人の身分証を使うと「詐欺罪」に問われる可能性があります。場合によっては、刑事事件となり身分証を貸した側が罪に問われるケースもあるため、他人の身分証を使うのは絶対にやめてください。 

業者から個人情報を買い取らない 

個人情報を販売している業者(個人)から、他人の個人情報を買い取ることも絶対にしないでください! 業者が取り扱っていた個人情報だとしても、購入者も罪に問われる可能性が高いです。悪徳業者と関わりを持たないようにしましょう。 

身分証を偽造しない 

身分証の偽造は立派な犯罪です。なかには、身分証の偽造を請け負う業者もいますが、決して利用してはいけません。偽装した身分証の精度が高いと思っても、身分証を偽装していないか調べる機械があるため、ごまかすのは難しいと思った方がよいです。身分証の偽造が発覚すると「文書偽造罪・偽造文書行使罪」に問われる恐れもあるので覚えておきましょう。 

身分証は、必ず手元に保管しておこう

遣スタッフの登録手続き以外でも、身分証を使う機会はあります。身分証が全くない状況だと生活面で困る場合があるため、写真入りの身分証を最低でも1枚は自宅に保管しておきましょう 
ただ、自宅内で身分証を保管していても盗難される恐れあります。金庫内など、第三者が手を触れられないカギ付きの場所へ保管することをおすすめします。 

参考サイト: