アパレル販売員は何歳まで働ける?長く続ける5つのポイント

アパレル販売員と聞くと、やはり若い人がやる仕事というイメージが強いのではないでしょうか?
笑顔で元気ある接客業なので、若いうちでないとできない仕事と思われがちですが、実は、アパレル販売員に年齢制限はありません。

厳密には、年齢によって需要が変わるので別店舗への転職を行わなくてはならない場合もありますが、服を扱う販売員としてなら年齢関係なく活躍できるのです。

そこで、今回はアパレル販売員としての仕事と年齢によって働き方はどう変わるのか、さらに長く働くためのポイントを解説していきます。

アパレル販売員に年齢制限はある?

先にも言ったように、アパレル販売員に年齢制限はありません。
年齢が高くなってもそれまでに培ってきた経験を必要としてくれるお店は多いもので、さまざまな場面で重宝される可能性があります。

ただ、ブランドにはターゲット層があるので、年齢によって働ける条件が厳しいところがあるのは仕方がありません。

たとえば、50代の人が10代向けの服を扱う店舗で働くとなると、価値観の違いや年齢差でお客様と販売員、どちらも気を遣ってしまうでしょう。

そうならないために、ターゲット層に合うブランドを選ぶ必要があります。
この選択を間違えなければ長く販売員として働いていけるのです。

年齢で見る働き方とは

ターゲット層に合うブランドを選ぶといいましたが、実際にはどういった働き方をすればいいのでしょうか。年齢ごとに分けてみていきましょう。

10代~20代の場合

この年代は、一番選択肢が豊富と言えるのではないでしょうか?

10代でも高校や大学で服に気を遣い始める時期です。ショップやデザインも様々で、アパレル販売員にとっては働き盛りと言えます。

そのため、未経験でも働ける場合が多くあり、この年代では経験を積むことが重要です。

社会人としてのマナーもそうですが、接客術やファッションに関する知識を蓄積し、今後に生かせるようになれば長く働くことができるでしょう。

30代~40代の場合

20代で培ってきた経験を生かして少し上のターゲット層を扱うブランドに転職するか悩む年代でしょう。
また、子育てに専念する人や、子供が落ち着いたのでまたアパレル販売員として働きたい人も増えてきます。

ターゲット層も、ママ世代やミセス世代といった服装が出てくるので、少し落ち着いた感じのデザインを扱うブランドが目立ってきます。

この年代で多い悩みが体力子育てではないでしょうか。
20代と違って体力が落ちてきた、子育てをしていてシフトを組むのが難しい、子育てを終えて復帰したもののブランクがあるなどの悩みを抱えるようになります。

これらの悩みがあるためにアパレル販売員から離れ、別の職種で頑張る人も少なくありません。ですが、それでもアパレル販売員を続けたい人は、もう一度最初から学ぶ気持ちでマナーや知識を得ていきましょう。

お客様の雰囲気も20代より落ち着いていたり、社会人として長く働いている人が多いので、対応も変わってきます。その変化により、学ぶことは多いはずです。

50代~65歳の場合

この年代まで働く人は少なく、ここまでくるとベテランと言えるかもしれません。
年齢に合った個人経営のショップ百貨店などで働く人が多くなります。特に百貨店などは高級な服を扱う場合もあるので、これまでに得た知識やマナーをフルに発揮し、重宝される可能性があります。

ただ、注意すべきは、時代によってファッションやデザインなどが変わるところです。これまでに得た知識はもちろん必要ではありますが、時代に合わせたファッションも学ぶ必要が出てきます。
この年代になると、個性も必要ではありますが、年齢に合わせてお客様に合うデザイン着やすさなどを選んで勧めることが重要になります。

こうした対応ができるようになれば、定年まで働くことも夢ではありません。

定年後も働きたいのであれば自分の店を持つ

雇用されれば定年退職というものがあり、あとはパートなどで稼ぐという働き方が一般的です。
ですが、自分のお店を持っていれば、自身が雇用主となるので定年関係なく働いていけます。

もし、定年後も働きたいと思っていて、アパレル関係の仕事をしたいのであれば早い時期からお店を持つことをおすすめします。

定年間近になってから準備を始めると、商品の用意や店舗の準備に追われてしまいます。顧客も安定するかもわからないので、事業が失敗に終わってしまう恐れがあります。

そうならないために、働き盛りの時期から店舗を始めて商品の取引先や顧客を安定させ、老後もそのまま安定した経営ができるよう基盤を固めると良いでしょう。

定年関係なく働けて自分がやりたい仕事ができることが、自分の店を持つ自営業(個人事業主)の魅力ですが、一方でデメリットな部分もあります。こちらの「雇用ではなく個人で仕事を始めたい」で詳しく説明をしていますので参考にしていただければと思います。

長く続ける5つのポイント

では、年代によって働き方が変わるアパレル販売員ですが、変動がある中でなるべく長く働くためのポイントを5つ紹介します。

①販売員としての知識は時代に合わせる

ファッションとは時代によって目まぐるしく変わり、何世代か後に再びブームが戻ってくるという流れを繰り返します。
ですが、ブームが戻ったとしても昔と今ではどこか違うところがあります。

つねにその時代に合うファッションを学び、最先端と言えるコーディネートができるようにしましょう。

そこにちょっとしたアレンジもできるようになるとさらに良いです。
これは、どの年代でもいえることであり、販売員として重宝されるかが分かれる部分でもあります。

②コミュニケーション能力を向上させる

長く続けるためには馴染みのあるお客様ができることでもありますが、アパレル業界では初対面の場合が大きな割合を占めています。
そんな初対面の人とも話せるようなコミュニケーション能力があると、お客様への商品アピールをする機会が増えるので売り上げにも貢献できます。

多分、長くアパレル販売員をやっていれば自然とつく能力かとは思いますが、営業力プレゼン力につながる部分もあり、アパレル関係でも接客以外の企画や営業などの分野でも活躍できる可能性を持っています。

あっても損がない…むしろ長くアパレル販売員をやるためには必須となるので出来る限り鍛えておきましょう。

③身だしなみに気を配る


人に見られる仕事であり、ブランドの服を着るのであればブランドの名前も背負うことになるため、身だしなみには細心の注意を払ってください。
年代関係なく、身だしなみが整っていれば清潔感がありますし、コーディネートが良ければ真似をしたいと思ってもらえるようになります。

いつでも人の目があることを意識し、身だしなみや姿勢に気を付けてください。

④接客マナーは忘れずに

接客でのマナーだけではなく、社会人としてのマナーも忘れずに心がけることが大切です。

長くアパレル販売員をしていると、馴染みのお客様ができたりする場合もありますが、そういった人相手でもお客様に変わりはないのでマナーを重んじるようにしてください。

あまりに友達感覚でいすぎるものトラブルの原因にもなる場合があるため、一定の距離を保ってお客様とコミュニケーションを取ります。

このマナーさえ守れていれば、どれだけ年代が離れていても問題なく対応できるので、早いうちから身につけるようにすることがポイントです。

⑤体力作りをしておく

これは「アパレル販売員とは?仕事内容やメリット・デメリットや接客術などを解説」でも話しているように、アパレル販売員とは体力が必要となる仕事です。特にセールや特売といったような繁忙期には欠かせません。

年を重ねるごとに体力は減っていくだけではなく、育児などで仕事から離れていたために体力が減った、加齢によって体に不調が出てくるなど、さまざまな理由で体は衰えていきます。

アパレル販売員はほとんど立ち仕事と言っていいほど体力を使うため、早い段階で体を鍛えるようにしましょう。
もし、アパレル販売員という仕事を離れたとしても、ほかの職業でも体力は必要となるため鍛えておいて損はありません。

販売員の知識を生かした仕事に転職するのも一つの手段

ファッションが好きだし販売員という仕事をまだやっていたい。でも年齢的にも厳しくて困る…という人は、転職を検討してみてください。

販売店で培ってきた経験は接客業務ではもちろんのこと、コールセンターや事務でも生かすことができます。一から言葉遣いやマナーを教える必要がない分、会社側としては欲しい人材となるでしょう。

事務系であれば、体力もあまり使わないので身体的に限界が来る前に転職をし、体調を崩さなくてすみます。

しかし、事務系の仕事は座りっぱなしの場合は腰痛肩こりといった体の不調に襲われる可能性がありますので、適度な運動をするようにしましょう。

初めてのアパレル販売員なら派遣がおすすめ

アパレル販売員として働く際に雇用形態を選ぶのであれば、なるべくなら安定した正社員が良いかもしれません。ですが、経験したことがなくて不安がある人は派遣社員として働くことをおすすめします

派遣会社である「ウィルオブ」なら、担当者と働く希望条件や不安に思っていることなどを話し合い、いろいろなアドバイスを受けられるのです。
未経験の仕事を選ぶ場合、不安がある人には研修制度もあるので、仕事に対して自信が持てるようになります。

派遣先で仕事をしているときに悩みや不安ができた場合でも担当者がすぐに相談に乗ってくれて、対応もしてくれるので十分なサポートがある状態で仕事に向かうことができます。

正社員にこだわるならこちら

また、派遣社員ではなく正社員として働きたいのであれば「Chance Work(チャンスワーク)」があります。
ここでは、転職しても正社員で働きたい人をサポートするサービスです。どういった仕事が合うのか、どうすれば希望の会社に就職できるのかをじっくり話し合うことができ、就職までのサポートプランを提案してくれます。

転職となると不安になるのは仕方のないことで、何から手を付けていいかもわからない人もいます。
そんなとき、ひとりで悩むのではなく誰かに相談することで転職の糸口が見えてくることもあるのです。

「年齢的に厳しいかも…」「やったことがない仕事なんて無理かも…」と思っていてもこれまでの経験が生かせることもあるので、やりたい仕事や働きたい場所など細かく相談をし、転職してよかったと思えるような仕事を目指しましょう。

まとめ

アパレル販売員と聞くと若いうちにしか働けないと思う人が多いかもしれません。ですが、百貨店や街中を見てみれば、意外とご年配の人でも販売員をしている人はいます。

つまり、アパレル販売員とは年齢に関係なく働ける職業と言えます。

長く続ける5つのポイントに挙げた中でも特に身だしなみやファッションについては、時代や年代によって変化します。特に気を付けていかなければならない職業なので大変ではありますが、やりたいと思ったのであればきっと楽しく働くことができます。

日々の努力を忘れず、やりたい仕事を長く続けられるよう頑張っていきましょう。

▼▼ アパレル業界のお仕事をチェック! ▼▼
Fashion Work 希望の条件で好きなファッションを仕事にする