バイトを辞めるときの伝えるタイミング、言い方、伝える相手など辞め方を詳しく解説!

何らかの理由でバイトを辞めたい、または辞めなければならない事情を抱えたとき、いつ、だれに、どのように伝えればよいかご存じでしょうか。いいタイミングで伝えられないと、トラブルに発展する危険性もあります。

バイトの辞め方について、ノウハウをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

バイトを辞めたいことをだれにいつ伝えればいいのだろう?

あなたがバイトを辞めたいと思うのは、どんな理由からでしょうか。「仕事がキツいから」「人間関係がよくないから」「このバイトでは、自分の成長は望めないから」なんて考えている人は、そのまま伝えてはいけません。

また、「どうしても明日辞めたい!」「もう、二度と行きたくない」と願ったとしても、そうはいかないのがお仕事というものです。「もう行かないからと同僚に告げ、そのまま消えた」なんて、最低の辞め方です。

「じゃあ、どうすればいい?」と思った人も、不安になる必要はありません。バイトの辞め方には、きちんとコツがあります。スムーズに、円満にバイトを辞められるよう、参考にしてください。

バイトの辞め方ノウハウ

辞めることを伝えるタイミング

辞めることを伝えるタイミングは、遅くとも辞める2週間前までとしなければなりません。これは、民法上決められていることです。「明日からは来ません」では、マナー違反どころか、法律違反になってしまいます。

ただし、多くの会社では、退職の申し出は一ヶ月前までに行うと定めています。退職の手続きや、人員確保に時間がかかってしまうためです。また、シフト制で回っている職場だったら、2ヶ月前までとしている場合もあり得ます。辞めたいと思ったら、速やかに就業規則を確認してみましょう。

伝える相手

辞めることを伝える相手は、最終的にはトップ、つまり社長や店長ということになります。しかし、大人数が働く場では、社長や店長が遠い存在に思えてしまうことがあるでしょう。

そんなときは、まずは直属の上司に相談するのがベストです。職制があいまいなら、リーダー格の社員や、新人のときにお世話になった先輩に相談してみましょう。

大事な話をするわけですから、仕事中の忙しい時間帯に切り出すわけにはいきません。辞めることを伝えようと思った日は、早い段階で「今日、お仕事が終わったら大事なご相談があります。少しだけお時間をいただけませんか」などとアポを取っておきましょう。

辞めるときの伝え方

辞める理由の伝え方を間違えると、引き留められる可能性があります。忙しいことや人間関係が悪いことなど、会社側に改善の余地があることを理由にすると、「改善する努力をするから」「こんなふうに働き方を改めるのはどうだろう」と提案されてしまうでしょう。それで納得できるならいいですが、本当に辞めたいなら、会社都合の理由は避けたいものです。

辞める理由は、あくまで自己都合の事情によるものにしましょう。「違う業界に就職したいと思っているから、将来につながるバイト先を見つけたい」「将来のために、学業に専念したくなった」「遠くへ引っ越しをする」など、嘘にならない範囲で理由を伝えます。

大事なのは、会社への不満などネガティブな要素を出すことなく、あくまで自分の都合で辞めるのだと主張することです。「本当に、自分のわがままで申し訳ない」「本当は続けたいが、家庭の都合なので仕方ない」と頭を下げれば、きっと理解してもらえます。

マナーを守って気持ちよく辞めよう

02

辞めることが決まったら、上司に指定された日に周囲のスタッフへ辞める日を告げて、最後の日までは元気よく働きましょう。表向きは自己都合だとしても、それを周囲に漏らすべきではありません。まだまだそこへ残って働きたいと考える人が、不快に感じてしまいます。

また、辞める日までにロッカー内など私物を片付け、制服や名札は忘れずに返却しましょう。そして、「お世話になり、ありがとうございました」と感謝の気持ちを一人ひとりに伝えます。マナーを守って気持ちよく辞めることができれば、次の職場でも晴れ晴れした気持ちで働くことができますよ。

おわりに

辞めたいと切り出しても、なかなか辞めさせてもらえないブラックバイトの場合、労働基準監督署やハローワークに相談しましょう。本来、民法上では「辞める」という意思を示せば、必ず辞められるものです。

自分の明るい将来のためにも、毅然とした態度でトップと話し合ってくださいね。