103万の壁を超えたらどうなる?扶養内での働き方についてくわしく解説

「103万円の壁」という言葉を、聞いたことのある人は多いでしょう。

「それ以上働くと、税金や社会保険の面で損をする」といわれているパートやバイトの年収の壁には、103万円、106万円、130万円、150万円の3つの壁があります。

ここでは、それぞれ、どんな壁なのか。どのような義務が課せられるのかなどを解説します。

生活に少しでも余裕を!扶養内で働くなら派遣がおすすめ
配偶者の人で生活が厳しいと感じれば、少しでも生活の足しになればと働くことを考えるでしょう。

派遣であれば家族との時間も確保しながら働く方法を探すことができますよ。スタッフ満足度No.1の派遣会社ウィルオブに登録をし、担当者に相談してください。
『ウィルオブ』への登録はこちら

パートやバイトは一定収入を超えると社会保険料が変わる


パートをしている人なら、年収が103万円を超えないように調整するのが年末の習慣になっているかもしれませんね。

バイトやパートは、一定年収を超えると税金を払わなければならなくなったり、社会保険料が変わってきたりします。

それでも、生活費に充てるお金が欲しい、自分が自由に使えるお金が欲しいなどの理由で働きたいのであれば、税金が増えないように働くことが大切になります。

つまり、「扶養控除の範囲内」で働くのです。

年収が100万円を超えるようだったら、税金や社会保険の勉強を始める合図です。

払わなければならない税金や保険料を考えたら、もしかすると働き損になってしまうかもしれませんよ。

パートやバイトの年収に関わる3つの壁について正しく理解しましょう。

年間の収入を調整して働くならウィルオブ・ワークがオススメ!週2〜3日の短期の派遣やバイトのお仕事を扱っており、あなたの希望に沿った職場をご提案します。

扶養内とは?

扶養控除の範囲内で働く(扶養内で働く)と言いましたが、実際にはどういうことなのか。

この意味を知っておくことも、上手な働き方ができるポイントとなります。

そもそも、この扶養控除は2種類あることをご存知でしょうか?

その2つは、「税法上」「社会保険上」です。

  • 税法上……住民税や所得税など配偶者控除や配偶者特別控除に関すること(103万円、150万円)
  • 社会保険上……厚生年金や健康保険などに関すること(106万円、130万円)

それぞれの金額を上回ってしまうと、控除の範囲外となって支払わなくてはならない税金や、加入しなければならない保険などが増えてしまいます。

この金額を知っておかないと、家計のためにと思って働いたはずなのに、逆に負担になっている……という事態になる可能性があるのです。

つまり、扶養内とは「配偶者控除の範囲内」になります。この扶養内で働くことにより、手取り収入を増やすことができるのです。

扶養控除の範囲については、次から解説をしていきます。自分がどこまで働けば家計に負担を掛けずに済むかを検討し、仕事を探しましょう。

103万円の壁

103万円の壁とは、所得税の壁です。

年収が103万円を超えると、所得税が課せられます。

所得税を計算するとき、収入から差し引いてよい控除額があります。

全ての人が控除できる基礎控除額は、38万円です。

給与所得の金額によって控除できる給与所得控除額の最低額は、65万円です。

合計して103万円の控除額となるため、パートやバイトの収入金額が103万円以下なら、所得税がかからないのです。

また、103万円の壁は、パートやバイトをしている配偶者を持つ納税者の税金に影響してきます。

配偶者の年収が103万円以下であれば、納税者本人が所得税の配偶者控除38万円分を受けることができるためです。

つまり、配偶者の年収が103万円以下であった場合、配偶者は税金を払わなくともよく、納税者の税金負担も軽くなるのです。

ただし、配偶者の年収が103万円を超えても、201万円までであれば、納税者の合計所得金額が1000万円以下の場合(給与収入のみなら年収1220万円以下)は、配偶者特別控除を受けることができます。

配偶者特別控除の金額は、配偶者の所得金額により異なりますし、配偶者が多く稼ぐほど配偶者特別控除額は減っていきます。

106万円の壁

106万円の壁とは、社会保険の壁です。

パートやバイトの年収が106万円を超えると、社会保険に加入しなければならない可能性が出てきます。

パートやバイトが社会保険に加入する義務が生じるのは、正社員の4分の3以上の日数・時間を働いているか、次の5つの条件を満たした場合です。

  • 雇用期間が1年以上(見込み)
  • 1週間当たりの所定労働時間が20時間以上
  • 1ヶ月の賃金が8.8万円以上
  • 会社の従業員数が501人以上
  • 学生ではない

いずれにも当てはまっている場合には、社会保険に加入する義務があります。

たとえば世帯主の扶養に入っている配偶者であれば、自分で社会保険料を払わなくても、健康保険や厚生年金の対象者となっています。

しかし、上に示した条件に全て当てはまると、自分で保険料を払わなければならなくなってしまうのです。

年に10万円以上を納めることとなり、「106万円をちょっと超える」くらいで働いている人には、大きな痛手です。

2つの大きなメリットがある

やらなくてはならないことが増える106万円の壁ですが、実は、長い目で見るとそれほど悪くはないのです。

メリットとなる2つを紹介しますので、余裕がある人は106万円を超える働き方を検討してみることをおすすめします。

(1)医療関連の保障が充実
健康保険への加入対象になることで手取りが減ってしまうのは事実です。

しかし、見方を変えると医療に関する保障が充実するので安心感があります。

怪我や病気はもちろん、出産に関する手当ても受けられるようになるので、一回でかかる大きな負担が軽減されます。

このように、医療に関する保障が付くメリットは魅力的です。

(2)将来受け取れる年金が増える
健康保険だけでなく、厚生年金にも加入する必要が出てきます。

この厚生年金とは、国民年金に上乗せしてもらえる年金です。

そのため、厚生年金に入っていない人に比べ、より多くの年金が受け取ることができるのです。

つまり、今は厳しくても老後のことを考えると、少しでも受け取れる金額が増えることはメリットと言えます。

年金については、こちらの「年金って何?基礎から年金受け取りまでを解説」でくわしく解説していますので、あわせてご覧ください。

130万円の壁


130万円の壁は、扶養の壁です。

扶養家族となっていた配偶者や学生は、パートやアルバイトで年収130万円を超えると扶養から外れることになります。

自分で国民健康保険料や国民年金を納めるか、パートやバイト先の社会保険に加入しなければなりません。

もし、年収が130万円以上となる見込みがあり、かつ正社員の4分の3以上の労働時間、日数で働いているなら、社会保険に加入できるかどうか、雇用主に確認してみましょう。

扶養内ではなく単独で社会保険に加入すれば、傷病手当金がもらえたり、将来の年金受給額が増えたりします。

メリット面も、十分に確認することが必要です。

150万円の壁

2018年に税制改正が行われでできた150万円の壁とは、配偶者特別控除の壁です。

150万円の壁とは、配偶者特別控除に影響するもので、配偶者が150万円を超えて働くと、この控除額が徐々に減っていくのです。

103万円以上150万円以下で働くのであれば、配偶者控除は適用されないものの、配偶者特別控除が適用されるので、控除額の変化はありません。

たとえば、世帯主の年収が900万円以下であった場合、控除額を満額受け取りたいのであれば配偶者の年収は150万円以内とすれば良いのです。

ですが、150万円を超えて働いてしまうと、そこから徐々に配偶者特別控除額が減っていくので注意が必要です。

この減額は、201万円までいってしまうと控除額が0になってしまいます。

ここまで見て、配偶者特別控除が適用されるのであれば150万円以内で働こうと思われるかもしれません。

ですが、その前に106万円・130万円の壁があるので、その辺りも確認しつつ自分がどこまで働けるかを検討していきましょう。

103万円と130万円ではどっちが得?

これまで、それぞれの壁を超えると何が課せられるかを説明してきました。

今度は、それらを踏まえてどの壁を目安に働くのが一番得をするのか見ていきましょう。

  • 103万円の壁を超えた場合……所得税が課せられる
  • 106万円の壁を超えた場合……一定条件を満たせば社会保険への加入義務が課せられる
  • 130万円の壁を超えた場合……扶養から外れて社会保険への加入を課せられる
  • 150万円の壁を超えた場合……配偶者特別控除が201万円まで徐々に減っていく

106万円と130万円に大差はように思われますが、扶養から外れることによって損をする場合もあります。

そのため、130万円をギリギリ超える程度であるなら、130万円の壁を超えない扶養内で働くことをおすすめします。

そして、103万円と106万円の違いは、一定条件を満たせば社会保険への加入が課せられることです。

社会保険への加入で負担がかかると感じるかもしれませんが、将来的には年金が増えるので、将来への備えと考えればそれほど悪くないでしょう。

ですが、これは106万円ギリギリだと手取りが減るので、大きな負担となります。

106万円を超えるのであれば、130万円ギリギリの収入となるように調整しましょう。

総合的に見れば、106万円の壁をこえて130万円未満、かつギリギリで抑えるのが一番お得と言えます。

もし、130万円を超えても良いのであれば、配偶者特別控除が満額もらえる150万円以下に抑えて働くと良いですよ。

これは、あくまでもお得ということなので、家庭の経済状況によって無理のない働き方を選びましょう。

損をしないように労働時間を上手に調整しよう


今、年収が100万円程度のパートやバイトをしていて、かつ配偶者の扶養に入っている人は、損をしないように労働時間を上手に調整しなければなりません。

働く日数を抑えて家族のための時間を増やすか、税金と年金を納めても働き損を感じないくらいガッツリ働くか。

自分のライフスタイルと照らし合わせて決めましょう。

まとめ

年収が100万円を超えると、全ての住民に住民税がかかってきます。

このように、働けば働くほど納める税金や保険料はどんどん多くなります。

バイトやパートを決めるときには年収だけでなく手取りベースでシミュレーションし、希望の金額を稼げる職場を選びましょう。

年間の収入を調整して働くならウィルオブ・ワークがオススメ!週2~3日の短期の派遣やバイトのお仕事を扱っており、あなたの希望に沿った職場をご提案します。

多種多様な働き方を検討できる時代!配偶者の人も活躍できます
配偶者の働き方や扶養内での働き方も、今は様々な業界・職種で探すことができます。派遣では未経験OKの仕事があるので、まずは派遣としての働きかを検討してみませんか?

派遣会社の担当者に自分はどう働いたら良いのかを相談してみましょう。まずは派遣会社へ登録をし、いつでも仕事を探せるようにしておきましょう。
ウィルオブへの登録はこちら