派遣の顔合わせ、登録会にふさわしい服装は?やっぱりスーツを着るべき?

派遣の顔合わせは、書類だけではわからない人となりを判断される場面です。初対面の相手に与える第一印象は、服装で決まると言ってもいいでしょう。社会人にはビジネスマナーとして、TPOをわきまえた服装をすることが求められています。ここでは派遣の顔合わせや登録会で好印象を与える服装や身だしなみについてお伝えします。 

派遣会社の登録会に適した服装とは 

派遣で仕事をするためには、まず派遣会社の登録会に参加する必要があります。この登録会に何を着ていけばいいか悩む人が多いようです。登録の段階では派遣先に出向くわけではないので、あまりかしこまった服装をしなくてもいいのでは……と思うかもしれません。しかし、派遣会社の担当は、あなたをクライアントに安心して紹介できる人物かどうかを登録会で判断します。顔合わせに準じた服装で望むようにしましょう。 

ただし、新卒の就職活動のようなリクルートスーツに身を包む必要はありません。派遣会社の担当に「この人なら安心してクライアントに紹介できる」という印象を与える服装を意識しましょう。誰から見ても好感度の高い、オフィスカジュアルかスーツが無難です。 

オフィスカジュアルとは 

オフィスカジュアルとは、ビジネスカジュアルとも呼ばれ、ビジネスシーンに適した服装のことです。スーツほど堅苦しくなくても、きちんとした印象があり、オフィスでも浮かないファッションを指します。派手な色やデザインは避け、グレー・ネイビー・黒・ベージュなどの落ち着いたものを選びましょう。ジャケットを着用するときちんと感が出るので、1枚持っていると重宝します。 

あまり堅苦しく考える必要はありませんが、何を着たらいいか迷ったときは「仕事をする上でふさわしいか」「周囲の人に好感を持たれるか」「清潔感があるか」の3点をチェックしましょう。 

服にシワやヨレ、シミなどがあるとだらしなく見えてしまいます。シャツやブラウス、スカート、パンツ、ジャケットにはアイロンをかけておくか、クリーニングを利用するなど、丁寧なお手入れが必要です。 

女性のオフィスカジュアル 

白や薄い色合いのシャツや襟付きブラウス、カットソーに、膝丈スカートを合わせます。派手なリボンや大きなフリル付きのものは控えたほうが無難です。パンツでも構いませんが、なるべく細身のものを選びましょう。幅広でデザイン性が高いものは、登録会や顔合わせなどにはふさわしくありません。 

シャツやブラウスの上から、ジャケットもしくはカーディガンを羽織ります。カーディガンよりもジャケットのほうがよりフォーマルな印象を与えられるでしょう。オフィスカジュアル用に、黒のジャケットを用意しておくと便利です。 

足元はベージュのストッキングと黒パンプスが定番です。ヒールの高さは5cm前後のものを選びましょう。ヒールが細すぎるものは、歩くたびにカツカツと音が響いて周りに不快な思いをさせるかもしれません。反対にヒールがないものや爪先が出ているものはNGです。 

男性のオフィスカジュアル 

できればスーツで行くのが無難です。しかし、スーツを着用しない職場から登録会に直行する場合や、スーツを持っていない場合は、オフィスカジュアルでも構いません。襟付きのシャツにジャケットを羽織りましょう。ジャケットの色は落ち着きのある紺やベージュがおすすめです。 

パンツはスラックスかチノパンを合わせます。アイロンのかかった清潔感のあるものを着用しましょう。パンツには必ずベルトを着けるようにしてください。ベルトも凝ったデザインのものは避け、黒や茶色などのシンプルなタイプを選びます。靴と色を揃えると統一感が出るでしょう。足元は革靴がおすすめです。 

登録会で「私服でもOK」と言われたら 

ほとんどの派遣会社が、ホームページ上で「登録会は私服でOK」とうたっています。この場合の私服OKとは「スーツを着用しなくても問題ない」という意味です。友達と遊びに行くようなファッションを指すものではありません。 

普段着で良いと言いつつも、実は参加者の服装をちゃんとチェックしているものです。カジュアル過ぎず、清潔感のあるファッションを心がけましょう。社会人としてビジネスの場面にふさわしい服装で出向いてください。特に指定がなくてもオフィスカジュアルが無難です。 

こんな服装はNG 

登録会で避けるべき服装は「だらしない」「露出度が高い」「派手」の3点です。以下のような服装は、登録会に不向きと心得ましょう。 

だらしない服装 

普段着と指定されて、本当に普段着ているジーンズやTシャツといったラフな格好で出かけると、派遣会社の担当者に怪訝な顔をされることがあります。普段着としては便利なアイテムでも、真剣に仕事を探している人が参加する場にはふさわしくありません。同じ理由で、スウェットやパーカー、フリースなども避けましょう。 

露出度が高い 

たとえ夏場であっても露出が多い服装はNGです。ミニスカートやノースリーブ、キャミソール、ミニスカート、ショートパンツ、胸元が大きく開いたトップス、ミュールやサンダルなどは避けてください。 

派手な服 

派手な色や柄、デザインの服装は清潔感が損なわれ、相手に良い印象を与えません。モノトーンやパステルカラーなどの落ち着いた色合いのものを選びましょう。 

派遣先へ顔合わせの服装は 

派遣社員には派遣先企業との顔合わせはありません。派遣法で、派遣先企業は派遣社員の選定を目的とする行為を禁じられているからです。しかし、実際には「顔合わせ」や「職場見学」という名目で、一度は会うケースがほとんどです。実質的には顔合わせに近い行為であり、この顔合わせに行ったときの服装や印象で不採用になることもあります。派遣先企業に好感を持たれる服装で臨みましょう。 

派遣先への顔合わせ時の服装は、スーツがベストです。ただ、リクルートスーツでは場違いな印象を与えかねないので、一般的なビジネススーツを着用するのが望ましいでしょう。色は黒や紺、グレーなどの落ち着きのある色合いが一般的です。柄は無地か極力目立たないものを選んでください。 

どんなに高価なスーツでも、大きめのサイズを選ぶと全体的にだらしない印象になってしまいます。自分の体型に合うものを着用することが大切です。 

女性の場合 

女性の場合、スカートかパンツスーツかで悩む人も多いようですが、基本的にはどちらを選んでも構いません。インナーは、白でシンプルなデザインのシャツかブラウス、もしくはカットソーを合わせましょう。 

スカートでもパンツでもストッキングを着用します。ストッキングの色はベージュが基本です。黒ストッキングには弔事をイメージする人もいるので、顔合わせ時にはふさわしくないとされています。靴はシンプルな黒いパンプスを選びましょう。 

男性の場合 

ワイシャツは清潔感のある白無地のものが基本です。ビジネス用のシンプルなデザインのものを着用しましょう。ネクタイに関しては、柄や色に特に決まりはありませんが、派手すぎるものは好まれません。ブルーやえんじ色、ネイビーなどの落ち着いた色の中から、自分に似合うものを選んでください。柄は無地かドット、ストライプといったシンプルなタイプが無難です。常識的な話ですが、無地の黒と白は冠婚葬祭用なのでビジネスシーンにはふさわしくありません。 

靴は黒かダークブラウンの革靴が基本です。足元は意外と見られているので、汚れていないか、底がすり減っていないかを確認しておきましょう。 

アパレルの顔合わせは何を着ていく? 

アパレル業界の場合、その人のファッションセンスを確かめる意味もあり、私服での顔合わせを指定してくる会社もあります。こうしたケースでは、無難なスーツを着るのは逆効果です。先方の意図を汲んで、清潔感のある身だしなみを心がけつつも、ファッションセンスをアピールできる服装を考えましょう。迷ったときは、派遣会社の担当者に確認しておくと安心です。 

顔合わせでの髪型はどうすればいい 

服装と同時に、髪型も気をつけたいところです。明るい茶髪よりも自然な黒髪のほうが好印象を与えます美容院に行くタイミングあれば、登録会に行く前に暗めのトーンに染め直すことをおすすめします。男性は長髪がNGのところもあるので、短髪にするのが無難です。当日は寝癖がついていないか確認しましょう。ヒゲはきちんと剃っておきます。女性の長い髪は後ろで結んでまとめましょう。 

小物やメイクにも注意しよう 

顔合わせで見られるのは、服装や髪型だけではありません。小物やメイクも抜かりがないかチェックしましょう。 

メイク 

ビジネスシーンで派手なメイクも考えものですが、反対にノーメイクはマナー違反とされています。顔合わせでのメイクは、清潔感があることがポイントです。健康的なナチュラルメイクを心がけましょう。リップの色は鮮やかすぎる色味を避け、自然な血色に近いものを選びます。チークとリップの色を揃えるとナチュラルな仕上がりになるのでおすすめです。 

つけまつげ・カラーコンタクト 

今やおしゃれの定番となっているつけまつげとカラーコンタクトですが、顔合わせの場ではNGです。 

ピアス・イヤリング 

ピアスやイヤリングは、できれば外しておくのが無難です。 

ネイル 

指先は意外と見られているものです。爪は短く切って、きれいに磨いておきましょう。長い爪や派手なネイルアートは清潔感に欠けるため、顔合わせの場にふさわしくありません。マニュキュアを塗るのであれば、透明なものにとどめましょう。 

香水 

顔合わせのときは、香水をつけないのが基本です。自分のにおいが気になるからといって香水を使うと、かえって相手を不快な気持ちにさせてしまいます。 

時計 

現在は、時間の確認をスマートフォンで行うことが多くなりました。しかし、ビジネスシーンでは腕時計をするのがマナーという考え方が今も根強く残っています。シンプルなビジネス用の腕時計を付けておくと安心です。 

まとめ 

派遣の顔合わせでは、きちんとした印象を与えられる服装や髪型、メイクなどを心がけましょう。特に指定がなくても、スーツやオフィスカジュアルが無難です見落としがちなネイルや足元にも気を配りましょう。事前に準備して、当日は自信を持って顔合わせに臨んでください 

参考サイト: