自社開発エンジニアへ転職するためのコツは? 仕事内容と特徴の紹介

  • はてブ

現在SIerやSESとして働いているけれど、もっと業務やスキルの幅を広げたい。そう考え、自社開発エンジニアへの転職を考えている人も少なくはないでしょうか。

自社開発エンジニアは求められるスキルや仕事内容が異なります。

本記事では、自社開発エンジニアの仕事内容やメリット・デメリット、転職のコツなどについて解説します。自社開発エンジニアに求められるポイントを知り、転職を成功させましょう。

自社開発エンジニアへの転職をお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いましょう

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする

自社開発とは

自社開発とは、アプリやWebサービス、システムなどを自社で開発することです。外部に委託して開発を進めるのではなく、リリースまですべて担っている会社を自社開発企業と呼ぶこともあります。

自社開発エンジニアの業務領域は広く、市場におけるニーズのリサーチから企画、開発とさまざまな業務に携わるのが特徴です。何らかのトラブルが発生した折には、自社で速やかに対応しなくてはならないため、エンジニアには高い技術力と対応力が求められます。

自社開発企業は多々ありますが、有名企業としてGoogleや楽天、DeNA、リクルートやサイバーエージェントなどがあります。

自社開発エンジニアの主な仕事内容

自社開発エンジニアの仕事内容として、市場の調査や分析が挙げられます。どのようなサービスに需要があるのか、トレンドは何かといったことをリサーチし、開発に反映させます。

企画やアイデア出しもエンジニアの役割です。市場調査と分析から得たデータに基づき、チームでアイデアを出し合います。企画やアイデアをもとに、開発に必要となる設計書・仕様書などを作成し、実際に開発にとりかかります。

リリース後も、ユーザーの声を聞きつつ改善しなくてはなりません。常にブラッシュアップを続け、必要に応じてシステムの改修も行います。

自社開発エンジニアへの転職のコツ

自社開発エンジニアは、SlerやSES、受託開発エンジニアに比べ、自由度の高い働き方ができる人気の職種です。

Slerとは、システムの管理や運用、イレギュラーが発生したときの保守などを請け負うサービスです。SESは、エンジニアの派遣を行うサービス、企業を指します。受託開発は、他社から仕事を請け負って開発を行う契約です。

自社開発エンジニアの仕事は自社開発ゆえの大変さもあるため、転職後に思わぬギャップを生まないように、メリット、デメリットを両方知っておく必要があります。

▼エンジニアの転職については
こちらの【2022年】エンジニア転職におすすめの転職エージェントと転職サイトを紹介でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

自社開発エンジニア 5つのメリット

自社開発エンジニアとして働くうえでの主な5つのメリットを解説します。

1. コミュニケーションが取りやすい

自社開発においては、自社に在籍する社員がプロジェクトの立ち上げや運営を行います。そのため、プロジェクトのメンバーが顔見知りであるケースも多く、気軽にコミュニケーションを取れるメリットがあります。

部署間をまたいだ確認や連携が必要なときも、自社開発であれば容易にコミュニケーションを取れます。意思疎通がしやすく、情報共有も容易です。また、自社の社員であれば細かいニュアンスまでしっかりと伝えられるので、認識の違いが生じにくいというメリットもあります。

SESで企業に派遣されて働く場合は、知っている人が誰もいない環境でプロジェクトに取り組むため、最初はスムーズなコミュニケーションが困難です。

コミュニケーション力が低いと、職場で孤立してしまうリスクもあります。そうなると情報共有が迅速にできない、認識違いが生じるなど、業務に支障をきたすことも考えられます。

2. スケジュール調整がしやすい

リリース時期などを自社だけで決められるため、スケジュール調整をしやすいというメリットがあります。開発工程で何かしらイレギュラーな事態が発生したときも、リリースのタイミングを柔軟に変更できます。決定権が自社にあるからこそ取れる対応と言えます。

一方、受託開発では、スケジュール調整は困難です。クライアントから依頼を受けて開発を行っているので契約時に約束した期限を守らなくてはなりません。

納期に遅れてしまうと、クライアントに損害が発生するリスクもあるため、延期できないケースがほとんどです。自社開発ならスケジュール調整がしやすいため、納得のいくシステムやサービスの開発が可能なのも魅力です。

エンジニアとして力を発揮し、充実した仕事がしやすい環境と言えるでしょう。

3. 企画段階から携わることができる

自社開発であれば、企画段階から開発に携われます。企画会議ではメンバーが集まりアイデアを出しあうため、自身のアイデアが採用されるなど、決定内容に大きく貢献するともあるでしょう。

自分の出したアイデアが採用されれば、仕事へのやりがいやモチベーションが高まり、より意欲的に仕事へ向き合えます。

一方、受託開発では企画段階から関わることはできません。

基本的に、仕様はすべてクライアント側で決めるので、仕様書に基づいた開発を行う必要があります。もっとこうすればよいのに、といったアイデアが湧いても、受託開発である限り、決定された事項に対して忠実に作業することが優先です。

また、一つのプロジェクトが終了するとメンバーは解散してしまうため、モチベーション維持が難しいという側面もあります。

4. ユーザーの反応を反映しやすい

自社で開発してリリースしたサービスであれば、ユーザーからのダイレクトな評価を得られます。操作性や視認性、機能性など率直な意見が伝わるので、得た情報を速やかにサービスへ反映できます。

これも自社で企画から開発、リリースまで行う自社開発だからこそできることです。

受託開発の場合、クライアント側がリリースするため、ユーザーからの意見は直接伝わりません。変更や修正に関しても、クライアントがまとめた情報を元に行います。

ユーザーから直接高い評価を得られれば、エンジニアとしてモチベーションアップにつながります。また、ユーザーの反応によってブラッシュアップを繰り返す中で、サービスをさらに洗練させられるので、自身のスキルアップにもつながるでしょう。

5. ヒットすれば恩恵を受けられる

自社ですべてを手掛けているため、ヒットすればエンジニアも恩恵を受けられます。たとえば、サービスが大ヒットした場合には、自社の直接的な利益が増えるため、エンジニアへの評価が高まり昇進や昇給につながる可能性もあります。

開発に関わったチームだけでなく、社員全員で喜びをわかち合えるのも魅力です。ヒットにより組織そのものが大きな恩恵を受けるため、達成感や充実感を味わえるでしょう。

一方、受託開発はクライアントからの依頼で開発を行うため、ヒットしても自社に直接的な恩恵はありません。評価されるのはクライアント企業です。

▼エンジニアの転職については
こちらの【2022年】エンジニア転職におすすめの転職エージェントと転職サイトを紹介でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

自社開発エンジニア 4つのデメリット

いくつものメリットがある自社開発エンジニアですが、デメリットがあることも理解しておきましょう。

1. 企業によって待遇の差がある

Googleのように、世界的な規模の自社開発企業もあれば、規模の小さな国内企業もあります。そのため、高い年収や高待遇を用意して迎えてくれるところもあれば、最初は待遇がよくない企業もあるのです。

自社開発エンジニアを求めている企業の多くは、スタートアップやベンチャー企業です。誕生したばかりで、まだ事業が軌道にのっていないケースでは、給与が低く福利厚生も充実していない場合が多々あります。

そのため、自身の仕事にあまり関係のない雑事に追われることもあるかもしれません。また、自社開発エンジニアは自由度の高い働き方ができるイメージがありますが、必ずしもそうとはいえません。

企業によっては無理のあるスケジュールを組むこともあり、休日出勤は当たり前で残業も毎日ある、といった働き方になるリスクもあります。

2. 使うスキル・技術に偏りが出る

限定的な分野の技術しか用いないケースがあるため、注意が必要です。特に、細かく役割分担をしたうえで開発を行うような場合には、使えるスキルが限定的で、自身のスキル向上の機会を妨げてしまうリスクがあります。

また、自社で独自のフレームワークを用いて開発を行うケースも珍しくありません。フレームワークにより、効率的な開発は可能ですが、社外では使えない技術ばかり身につき、スキルに偏りが生じてエンジニアとしての成長が妨げられてしまうかもしれません。

3. 人脈を広げにくい

開発からリリースまでをすべて自社でまかなうため、関わるのも基本的に自社の人間ばかりです。そのため、人脈を広げにくいというデメリットがあることを覚えておきましょう。

特定の企業に骨を埋めるつもりであれば、人脈は必要ないかもしれません。一方、今後フリーランスとして活躍したい、独立して起業したいと考えているのなら、人脈を広げられる環境のほうが適しています。

たとえば、受託開発であればクライアント企業をはじめ社外とコミュニケーションを取る機会に恵まれます。SESなら、様々な派遣先で業務に関わることで、人脈を広げられるでしょう。

フリーランスになったとき、仕事を受注するには人脈が必要です。将来のことも考えたうえで、自社開発エンジニアを目指すかどうか考えなくてはなりません。

4. 未経験での入社が難しい

未経験の人材を募集している企業もありますが、ほとんどの場合新卒が対象です。新卒以外で、エンジニアとしての経験がまったくないとなると、採用されるのは難しいかもしれません。

また、エンジニアとしての経験があったとしても、企業が求めるスキルを保有しておく必要があります。そのため、自社開発企業への転職を考えているのなら、どのようなスキルが求められるのかを確認しておきましょう。

自由度の高い働き方が可能でありさまざまなメリットを得られるため、自社開発エンジニアの求人は人気が高く競争率が高い傾向があります。企業は、応募してくる大勢の中から選べる立場にあるため、経験もスキルも乏しいとなると、採用されるのは難しいといわざるを得ません。

自社開発エンジニアに必要な3つのスキル

自社開発エンジニアに必要な3つのスキル
自社開発エンジニアを目指すのであれば、どのようなスキルが求められているのかを理解しておきましょう。以下、自社開発エンジニアに必要な3つのスキルを紹介します。

1. スピード感ある対応力

スケジュールの融通はききやすいものの、少しでも早く製品のリリースを行うために、自社開発エンジニアにはスピード感が求められます。特に、競合がひしめく領域においては、他社よりも先行する必要があるため、短期間でリリースできる対応力が求められるのです。

スピードと併せて、柔軟性も必要です。ユーザーがいつまでもサービスに満足しているとは限りません。ユーザーが何を求めているのかを把握し、そのときどきに応じて柔軟かつスピーディーに対策をとる必要があります。

エンジニアがスピード感のある対応をできるかどうかが、企業の利益に直結します。多くの自社開発企業がスピードを意識したビジネスを展開しているため、他社に負けないために必要なスキルです。

2. ITに関する技術力

システムやサービスの開発においては、さまざまなIT技術を利用します。自社開発ではエンジニアが中心となり、どのようなIT技術を利用するべきなのか判断しなくてはなりません。

そのためには、現状でどのような技術が存在するのかを把握し、システムに実装できる能力も必要です。プログラミング能力だけにとどまらず、ITに関する幅広い知識と技術が求められます。

足りない知識を補うため、日々の情報収集や勉強も怠ることはできません。

転職時には、採用担当者に自身の知識や技術力をきちんと示す必要があります。これまでどのようなシステム、サービスの開発に携わってきたのか、日頃からポートフォリオを作成しておくとスムーズに伝えられるでしょう。

3. ニーズを正確に捉える分析力

システムやサービスの開発においては、需要のないシステムやサービスをリリースしても、利益につながりません。どのようなサービスが求められているのか、正確にニーズを把握したうえで開発に取り組まなくてはなりません。

ニーズを正確に捉えるには、調査や分析が必要です。ニーズの移り変わりは激しいことを理解し、そのうえで日々の情報収集能力と分析力が求められます。

分析力を養うのに適したフレームワークもあるので、活用してみるとよいかもしれません。分析力が高まれば、ニーズに即したアイデアや企画も生まれやすくなり、その結果、ユーザーにとって満足度の高いシステムを開発できるでしょう。

まとめ

自社で企画から開発、リリースまで手掛ける自社開発なら、自由度の高い働き方が可能です。SIerやSESから、もっと仕事の幅を広げたい人には、自社開発エンジニアとしての働き方はとても魅力的なのではないでしょうか。

ただ、多くのメリットがある一方で、デメリットがあるのも事実なので、両方をきちんと把握しておかねばなりません。

また、どのようなスキルが必要なのかも理解したうえで、転職活動を展開しましょう。

自社開発エンジニアへの転職をお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いましょう

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする
  • はてブ