派遣から直接雇用に切り替わる時の注意点は?働き方の違いについても解説

派遣社員として働いている中、「直接雇用になりませんか?」と言われた時に、嬉しさのあまり即答するのは危険かもしれません。

即答してしまわないように、直接雇用のメリット・デメリット、判断する際の注意点についてご紹介します。

派遣と直接雇用のどちらがいいか、働き方で悩んだら派遣会社に相談をしてみては?
企業から直接雇用の話が出てくることがあるかもしれません。それは、あなたの実力が認められ、企業にとって必要とされているからです。それは嬉しいことであり、直接雇用契約になれば派遣の契約更新を気にする心配もなく、安定した働き方ができるようになります。

ですが、本当にその働き方が自分にとって最善なのでしょうか?派遣と直接雇用の違いを把握し、自分が働きやすい方法を見つけることが最善の働き方への第一歩です。
『ウィルオブ』への相談や登録はこちら

直接雇用には契約社員と正社員があるが、どう違うの?


直接雇用とは、働いている企業と直接雇用契約を結ぶことです。

正社員と契約社員が直接雇用となります。

派遣会社の社員である派遣社員が勤務先の企業との直接雇用に切り替える時、いきなり正社員というケースは非常に少なく、契約社員が多いようです。

契約社員と正社員にはどのような違いがあるのでしょうか。

分かりやすく各項目を一覧でまとめていきます。

正社員 契約社員
雇用期間 定年までの長期契約。解雇や自主退職しない限りは働ける。 雇用期間に定めがある。期間は原則として最長3年だが、企業によってまちまち。契約更新されなければ契約終了となる。
業務時間 雇用契約書で社員は一律に定められ、それに従って勤務。 正社員同等の勤務時間が定められることがある。場合によっては自分のライフスタイルに合った勤務時間にすることも可能。
副業など 1つの企業に勤務。基本的には複数の企業で雇用契約を結ぶことができない。 他の企業で働くことも可能。ただし、会社によっては認めていないこともある。

また、契約社員や派遣社員などの契約に期間がある働き方には、3年ルールというものがあります。

このルールについては「派遣3年ルールの概要は?メリット・デメリットや働き方6つのコツを紹介」でもくわしく解説しているので、あわせてご覧ください。

派遣から正社員への契約変更がほとんどない理由とは


派遣社員というのは元々、臨時的・一時的に働く雇用形態です。

企業側がコスト削減のために短期的なスポットとして採用することが多いため、期間の制限があります。

派遣社員から契約社員へ雇用形態が変わる可能性はありますが、正社員と派遣社員では能力やスキルに差があるケースが多いことから、いきなり正社員になれる可能性は低いと考えておきましょう。

正社員のメリット・デメリットは?

それでは正社員のメリット・デメリットにはどのようなものがあるのか見てみましょう。

正社員のメリット

正社員は、一覧でまとめたように、全体的に安定した働き方が魅力です。

どのように安定しているのか、他にはどんなメリットがあるのかを紹介していきます。

雇用が安定している

一度採用されればよほどの事情がない限り解雇されません。

自分から辞めることがなければ、同じ会社で働き続けられます。

収入が高い

賞与や退職金などがある正社員は、契約社員に比べて給与が高いです。

また、福利厚生なども充実していることが多いです。

昇給のチャンスがある

正社員には責任のある仕事を任される分、昇給・昇進のチャンスがあります。

アルバイト、派遣から正社員になるためにはチャンスワークがオススメ!

正社員のデメリット

安定はしているが、その分会社から求められることも多く、契約社員や派遣社員に比べてデメリットと感じる部分もあります。

転勤がある

大きな会社の正社員には、常に転勤の可能性があります。

転勤に際して引っ越しをしたくなくても、基本的には業務命令に従う義務があります。

人間関係で苦労する可能性がある

部署の異動などがない限り基本的に一緒に働く人がガラッと変わることはありません。

苦手な人とずっと同じ部署で働かなければいけないということもあります。

契約社員になるメリット・デメリット

もし、直接雇用の誘いがあったらどうしますか?

安定した働き方をしたいから受けるべきと考える方や、派遣のように自由な働き方ができないから断るべきと考える方がいます。

そこで、直接雇用でもある契約社員のメリットやデメリットを見ていきます。

契約社員のメリット

契約社員は、直接雇用なので派遣よりは安定していますが、正社員よりは不安定な働き方です。

そんな契約社員としての働き方のメリットをくわしく見ていきます。

派遣切りに遭う心配がなく雇用が安定する

契約社員は企業から直接雇用されるため、派遣と比べて不安定ではなく安心できます。

極めたいスキルを持っていろいろな職場で働くことができる

業務内容が限定されるため、例えば翻訳だったらその仕事だけに注力できます。

雇用期間が最長3年なのでキャリアを積んで別の会社にキャリアアップすることが可能です。

プライベートとの両立が可能

企業と話し合った上で自分の都合によって勤務時間を決めていくことも場合によっては可能です。

例えば育児や学校への通学など仕事以外の活動をしたい方は融通が利くことがあります。

契約社員のデメリット

自分が働きたいように働けるのが魅力でしたが、そんな契約社員にもデメリットとなる部分があります。

長期雇用してもらうことができない

派遣社員よりはずっと雇用期間は長いものの、雇用期間は契約によって定められ、一般的には最長3年です。

更新が近づいてくると転職を考えなければならない不安があります。

福利厚生が充実しない

福利厚生は付いてくることが一般的ですが、正社員に比べて利用できる範囲が限られているケースが大半です。

契約期間中に出産して育児をしようと思っても、3年の雇用期間内で1年間育児休暇を取得することは難しいでしょう。

出世への道がない

より責任のある仕事を受けて昇給したいと思っても出世への道はほとんどありません。

契約が満了するまでに次のステップアップを考える必要があるでしょう。

アルバイト、派遣から正社員になるためにはチャンスワークがオススメ!

仕事内容の範囲が広がる可能性がある

派遣社員の場合、派遣会社との契約で担当する業務の内容がしっかりと決められています。

それが契約社員になると、仕事の内容が変わったり、業務の範囲が広がったりする可能性が高いです。

派遣社員として専門的な分野で集中的にスキルを磨いてきた方にとっては、臨機応変にいろいろな仕事を引き受けなければいけない可能性があります。

自分の得意な分野だけで仕事をしたい方は派遣社員で、色々な業務をやってみたい方は契約社員で働くといった選び方もできます。

業務内容が事前のイメージと違っても3年の雇用契約の途中で辞めることが難しい

実際に働いてみたけど、契約内容が事前にあった説明とイメージが違い、働きづらいこともあるでしょう。

このような状況になったら、派遣社員であれば人材派遣会社の担当者に相談でき、派遣先を変えてもらったり、派遣先企業へ担当者から話をするなどの対応をしてもらえます。

一方、契約社員にはそれが出来ずに契約期間中に辞めることが難しいのです。

企業は派遣社員を契約社員に切り替える時に、人材派遣会社に成功報酬として年収の1/3を支払うのですが、そうしてまで雇った人材なので3年以内に辞められては損失になります。

そのようなプレッシャーが契約社員にはあると考えておきましょう。

派遣から契約社員に切り替えて失敗した例


契約社員で直接雇用されても良いことばかりではありません。

派遣社員より給料が下がってしまった、労働環境がかえって悪化したなどが失敗例として挙げられます。

派遣社員と比較すれば正社員に近いと思われがちですが、果たして本当にそうでしょうか。

契約社員で5年以上働いた場合無期契約にしなければいけないという制度もありますが、5年経ったら契約を切るなど常に会社側に主導権があるため、正社員に近いとは言いがたいでしょう。

ゆくゆくは正社員を目指したいのであれば、契約社員から正社員を期待するよりも、紹介予定派遣から入った方が良いこともあります。

年齢が30代未満であれば紹介予定派遣の求人も豊富なため検討すべきでしょう。

    【紹介予定派遣とは?】
    最長6ヶ月の派遣期間を経て、派遣先の企業が正社員として雇うかを審査してもらう制度となります。

    また、派遣期間後の審査で派遣社員と企業の双方が合意しなければならないので、企業が断れば正社員となれません。

    企業によっては、正社員でなくても、契約社員などの直接契約をしたいということもあるので、直接雇用を希望する方におすすめの制度と言えます。

契約社員への切り替え前に確認すべき事項


企業によっては派遣社員より契約社員で雇った方が人件費の削減になるため直接雇用を早くから勧めてくる場合もあります。

その場合、契約社員にさせたいために良いことばかり言ってくる可能性もあるでしょう。

条件や働き方の面で納得して契約社員として働くことを決めたけれども契約社員としての勤務が始まってから「聞いていたことと違う」という問題は多発しているようです。

そうならないためには、契約社員になる前に下記の2つをきちんと事前に確認しておくことが重要です。

正社員の登用があるかないかについて確認する

「契約社員から正社員に登用されることもあります」と謳う企業もありますが、登用実績はあるのか?制度はあるのか?を押さえましょう。

正社員登用の制度があったとしても、高条件を設定して登用できないようにされていることもあります。

制度がある、ないだけでなく具体的に実績がどのくらいあるのかという点を把握し、なぜその方が正社員になれたのか?などを具体的に聞いておくと良いでしょう。

雇用契約書で「更新の有無」を確認する

雇用契約締結時に内容をしっかり確認することは前提ですが、特に更新の有無を確認しましょう。

口頭で「必ず契約更新する」と言われても契約書に記載されていなければ保障はされません。

また、更新されない場合があるかどうかという点も見落としがちです。

「業績が良好な場合にのみ契約を更新する」などの条件付きの可能性もありますので、記載があっても曖昧な表現になっていたら担当者にきちんと確認しておきましょう。

まとめ


派遣社員は雇用が安定しないという点で更新の度に不安になり、「更新のことをこれからもずっと気にしなければいけないのか」と考えてしまうこともあるでしょう。

一方、契約社員は、一度派遣から切り替えてしまえばそのような悩みからは開放されるかもしれません。

また、その他の点で福利厚生、フレキシブルな勤務時間、基本的には専門分野での仕事を任される、などの点でメリットが増えるでしょう。

ですが、3年の期間を満了したとしても正社員になれる可能性はかなり低く、その点では派遣社員と同じように期限があるといえるので、油断しない方がよいでしょう。

30歳前後で正社員を望まれる方は、紹介予定派遣から正社員を目指すことも推奨されています。

30代以上の方は派遣から契約社員になった場合、常にその専門職でキャリアアップできるようなスキルを身につけていくことが大事になってくるでしょう。

アルバイト、派遣から正社員になるためにはチャンスワークがオススメ!

参考サイト:

安定を重視して直接雇用を希望するなら人材派遣会社に相談するのがおすすめですよ!
直接雇用には、正社員や契約社員、アルバイトといった働き方があります。直接雇用を希望するのであれば、この中からさらに自分に合う働き方を見極める必要があります。

ですが、それは1人では難しいもので、時間もかかってしまいます。そこで、幅広い求人を扱う人材派遣会社ウィルオブに相談することをおすすめします。希望に近い働き方を探すことができます。1人で悩むのではなく、一緒にあなたに合う働き方を見つけましょう。
“ウィルオブ”への相談や登録はこちら