派遣から直接雇用に切り替わる時の注意点は?働き方の違いについても解説

派遣社員をしていると、業務態度やスキルを認められて直接雇用に切り替えることを提案されることもあります。

直接雇用になれば、安定した仕事も望めるので早くに受けたいと考える方もいるでしょう。

ですが、直接雇用に切り替えることは、良いことばかりではないので一度落ち着いて考えることをおすすめします。

この記事では、派遣から直接雇用に切り替わるメリットやデメリットに加え、注意点などについても紹介していきます。

参考にしていただき、自分に合う働き方を選べるようにしてください。

派遣から直接雇用への切り替えは派遣会社に相談をしてみましょう
派遣社員をしていると、直接雇用に切り替えないかと提案されることがあります。

ですが、実際は派遣から直接雇用への切り替えはなかなか機会がないので、正社員をしたいと考える方は、派遣会社ウィルオブなどの紹介予定派遣制度を適用している派遣会社を選ぶようにしましょう。直接雇用を結ぶまでのサポートもしてくれますよ。
まずはここから登録

派遣と直接雇用の違い

まずは、派遣と直接雇用で何が違うのか説明させていただきます。

派遣とは、派遣会社と雇用契約を結び、派遣先企業で一定期間勤務するスタッフのことです。

詳しくは、こちらの「派遣社員とは?正社員との違いや仕組み、給与、メリットデメリットを解説」で解説しているので、是非ご覧ください。

一方の直接雇用は、実際に勤務する会社と雇用契約を結んで勤務する社員のことで、自主退職や解雇の場合でないと、会社を辞めさせることはありません。

直接雇用に該当する雇用形態は、派遣以外の正社員、契約社員、パート、アルバイトなどです。

他にも違いがあるので、下記一覧をご覧ください。

【比較一覧】

派遣直接雇用
雇用主登録した派遣会社勤務する会社
業務時間求人によって自由に変えることができる雇用契約書にて一律に定められた時間で勤務
福利厚生求人ごとの勤務時間や日数によってないこともあるある

派遣から直接雇用への切り替えの可能性は低い理由

派遣社員というのは元々、臨時的・一時的に働く雇用形態です。

また、派遣社員は決められた業務を行う雇用形態である、という特徴もあります。

派遣社員から契約社員へ雇用形態が変わる可能性はありますが、正社員と派遣社員では能力やスキルに差があるケースが多いことから、いきなり正社員になれる可能性は低いと考えておきましょう。

メリット


では、直接雇用に切り替えることにより、どのようなメリットが発生するのかを紹介していきます。

雇用が安定する

業務時間は雇用契約を結ぶ時に定められる時間で勤務し、自主退職か解雇でない限り辞めることにはならないので安定した仕事を続けられます。

ただ、直接雇用には契約社員やアルバイトなどの雇用形態もあるので、その場合は正社員よりも解雇される確率が高くなります。

長期的に同じ職場で働きたい場合は、正社員として直接雇用してくれる会社を選ぶようにしましょう。

責任感を持って仕事ができる

派遣のときは、自分の業務に対する責任はありましたが、会社の業績に影響するような業務を任されることはありませんでした。

これは、あくまでも「派遣会社から派遣された社員」という認識も含まれているからです。

直接雇用を結んだ社員であれば、会社の業績に影響するような重要な仕事を任せるようになるので、派遣よりも責任感ある仕事を任されます。

やりがいや達成感を得たい方には、直接雇用がおすすめです。

福利厚生などの待遇が良くなる

福利厚生は、基本的に雇用契約を結んだ会社のものが適用されます。

そのため、派遣の場合は派遣会社ものを、直接雇用の場合は勤務する企業のものを確認しましょう。

直接雇用の正社員であれば、昇給やボーナスなどもあって待遇なども良くなり、収入の増加だけでなくやりがいにもつながりますよ。

デメリット

派遣から直接雇用に切り替えることでメリットとなる部分がありました。

ですが、逆に派遣でできていたことができなってデメリットを感じることもあるのです。

ここからは、そんなデメリットと感じることを紹介します。

自由な時間で働きづらくなる

派遣社員として働いていたときは、ライフスタイルに合わせた働き方ができていました。

勤務時間や勤務日を希望し、それに合わせた求人を紹介してもらえることに慣れている方には、直接雇用を結んで働くことが厳しいと感じることもあるでしょう。

正社員であればフルタイムで働くことが多く、アルバイトも会社が決めたシフトで働かなくてはなりません。

自分の都合に合わせた働き方ではなく、会社に合わせた働き方に変わるのです。

ですが、会社によっては考慮して勤務時間や休日の考慮をしてくれることもあるので、直接雇用の契約を結ぶ際に相談をして解決することもありますよ。

業務内容が増える

派遣の業務内容は、仕事を紹介される時に求人情報に掲載されている内容に専念をすることでした。

ですが、直接雇用になると、会社で決められた時間に清掃業務をする、在庫管理をする、ミーティングに参加するなどの自分の業務以外のことも行うようになります。

業務内容も増えることもあり、なかなか自分のメインとなる業務に専念できなくなってしまうのです。

また、会社で定めた目標に向けて自分なりに工夫をしたり、業務を増やしたりする必要も出てきて、派遣よりも忙しくなってしまいます。

仕事を辞めにくくなる

派遣であれば、一定期間ごとに面談があるため、辞めたくなったらその時に契約更新をしないと言うことができます。

契約満了として、派遣先企業での仕事に区切りをつけて辞めることができます。

しかし、直接雇用となると任される長期的な計画の仕事をしていて区切りがつきにくかったり、安定した現状から抜け出すという不安も出てきます。

なかでも、正社員であれば役職を得る可能性もあるので、会社を辞めにくくなってしまいます。

また、辞める時には派遣社員の場合は派遣会社の担当者が間に入って手続きなどを行ってくれましたが、直接雇用の場合はすべて自分で行わなくてはなりません。

直接雇用に切り替える時の注意点

これまで派遣と直接雇用の違いや、メリット・デメリットについて解説をしてきました。

ですが、直接雇用が良いと思っても、提案してきた企業が自分に合うか、希望する条件に近いかなどを確認する必要があります。

ここでは、そんな直接雇用に切り替える際の注意点を紹介していきます。

雇用形態や業務時間などの確認をする

直接雇用に切り替えると聞いて、正社員とイメージしてしまう方は多いかもしれません。

ですが、最初にも話したように、正社員以外にも契約社員・パート・アルバイトのような雇用形態も含まれています。

そのため、まずは雇用形態が何かを確認しておきましょう。

そこを確認したら、続いて業務時間や仕事内容などの仕事に関する細かい部分を見ます。

業務時間が派遣で働いていたときよりも早かったり、遅かったりと変わることがあるので、自分が続けていけるかをチェックしてください。

仕事内容でも業務が増えていたり、少し違ったことをするようになる場合があります。

少しでもわからないことがあったら、直接雇用を提案してきた会社に聞くようにして、自分が望む働き方に近づけるようにしましょう。

わからないことは派遣会社にも相談

派遣では自分の仕事に専念するだけで大丈夫だったので、直接雇用を提案してきた会社がどういったことをしているのか詳しくわからないこともあります。

雇用契約の条件だけではわからない部分があるときは、派遣会社の担当者に相談ができるのは、派遣の強みです。

1人で悩んだり抱え込んだりせずに、派遣会社を頼りましょう。

実は派遣から直接雇用は難しい


派遣から直接雇用に切り替えるには、派遣先企業から直接雇用して社員として働いてもらいたいと思ってもらう必要があります。

ですが、派遣は事業や業務の強化、人員不足などの一時的に利用するためで、長期的な契約を見込んでいるわけではありません。

事業や業務が安定したり、人員不足の解消されたりすると、契約は終了します。

そのため、不安要素となる部分が解消されたあとも雇用するという方向に向きにくいのです。

また、派遣会社ウィルオブでは仕事を紹介するだけでなく、将来的に直接雇用で働きたい方に対するプラン提案やサポートも行っていますので、気になる方はお問い合わせください。

派遣から直接雇用に切り替えるのが難しいと感じた方は、以下の2つの方法を検討してみましょう。

紹介予定派遣制度を活用

紹介予定派遣とは、最長6ヶ月の派遣期間を経て、派遣先の企業が直接雇用に切り替えるかを審査してもらう制度のことを言います。

通常の派遣とは違い、最長6ヶ月の派遣期間後は派遣先企業と直接雇用を結ぶことを前提としています。

直接雇用を結ばない場合は、また別の企業で直接雇用を目指すこととなります。

もし、紹介予定派遣で直接雇用を目指すのであれば、制度を適用している派遣会社を選んで登録をし、相談をしてください。

最初から正社員を目指して転職活動

派遣から直接雇用に切り替えるとしても、その雇用形態が自分が希望する雇用形態とは限りません。

そのため、もし正社員を目指している場合は最初から正社員を目指して転職活動をする方が、早くに就職できることもあります。

それでも、仕事先を1人で探すのは大変であり、希望に沿う条件で働けるかもわかりません。

派遣会社ウィルオブの「ChanceWork(チャンスワーク)」では、正社員を目指す方の転職をサポートするサービスです。

希望やスキルを伺い、1人ひとりに合う就職先を紹介させていただくだけでなく、正社員になるためのプランも提案させていただきます。

1人で転職活動をするのも良いですが、なるべく早くに就職したい方は、このようなサービスを活用することも検討してみましょう。

まとめ

派遣社員は、自分の生活に合わせて働くことができるので、スキルを積んだり経験を積みたい方にはおすすめの働き方です。

ですが、その生活をずっと続けるとなると、いつ契約が切れるかと不安を抱きながら働かなくてはなりません。

そのため、派遣先企業から直接雇用の提案をされたらすぐにでも受けたくなる方もいます。

ここで注意していただきたいのが、その直接雇用が自分が希望する雇用形態とは限らないことです。

直接雇用への切り替えは断ることもできるので、契約を結ぶ前に雇用形態や業務内容などを確認するようにし、わからないことは派遣会社の担当者にも聞くようにしてください。

直接雇用で働き始めたときに「思ってたのと違う」と思わないように対策をして、自分が希望する働き方を目指しましょう。

直接雇用を目指すなら切り替えも良いが紹介予定派遣や直接探すのもアリ
派遣から直接雇用への切り替えを提案される確率は低めなので、派遣として最初から直接雇用を目指した働き方や、希望する雇用形態で転職活動をする方が早いこともあります。

派遣会社ウィルオブでは、紹介予定派遣制度を取り入れており、希望する雇用形態で働ける転職支援サービスもあります。気になる方は、是非一度ご相談ください。
登録はこちら