社会人として知っておきたい!ハローワークが持つ機能とは?

社会人であれば、ほとんどがハローワークという機関について聞いたことがあるのではないでしょうかしかし、ハローワークで具体的にどういったことが行えるのか、企業がハローワークをどのように活用しているのか詳しく説明できるという人意外に少ないようです失業期間や転職活動をすることがなければ、あまり足を運ぶ機会がないハローワークです一体どのような働きを持った場所なのでしょう? 詳しくご紹介していきます 

そもそもハローワークとは何か 

ハローワークの正式名称は「公共職業安定所」。「職安」と呼ぶ場合があるのは、この正式名称を略しているためです。国が運営している組織であるということが、民間企業との違いです。民間企業でハローワークのような働きをしているのが、転職エージェント。ハローワーク・転職エージェント共に無料でサービスを受けられますが、企業にはハローワークを通じて応募があった場合に必ず面接をしなければならない制約があります。 

企業が転職エージェントを利用して紹介された人材を採用した場合、転職エージェントに成功報酬として紹介した人の年収の2~3割程度の紹介料を支払うこととなります。対して、ハローワークを利用する際は無料で求人掲載が可能です。利用者の中には、ハローワークにはあまりよい求人がないと思いこんでいる人もいるでしょうが、地元の有力企業など魅力的な求人案件が載っている場合もあります。うまく活用できれば自分の転職活動にも大いに役立ってくれることでしょう。 

ハローワークで企業が行えること 

ハローワークについての概要を知ったところで、実際に企業がどのように利用しているのかをご紹介していきましょう。 

求人票を出して求人を行う 

ハローワークにはテンプレートで記述する求人票が用意されており、その企業の従業員数や設立年月、勤務時間や待遇・手当、残業の実態などさまざまなことがA4、1枚の用紙でわかるようになっています。企業情報をたっぷり詰めこむので、その求人票の作成が少々大変であること、法律に触れていないかどうかについても確認が必要なため、作成に少々時間を必要とするのがデメリットといえます。しかし、無料で求人掲載が可能なので、採用費用を抑えたい企業はよく活用しています。 

紹介を通じて面接を行う 

ハローワークに来た求職者は、ハローワーク職員からの紹介状と履歴書を志望する企業へ送付します。企業は応募が来たら必ず面接をするのがルールとなっていますので、日程調整をして面接を行います。面接結果については本人宛に書面もしくは電話で通知、ハローワークへは紹介状に合否を書いて返送し、一連の選考が終了となります。 

各種助成金の給付を受ける 

ハローワークでは求人活動以外に、さまざまな助成金給付を受けることができます。人を雇用して助成金給付を受ける、社員のキャリアアップ支援をハローワークで給付された助成金で行うなど、さまざまな助成金を給付しているのです。求職者の味方というイメージのあるハローワークですが、企業に対しても多くのサポートを行っています 

ハローワークで個人が行えること 

次にハローワークで個人が行えることとして、どのようなものがあるのかをご紹介します。転職をした人でも退職後すぐに新しく仕事を始めた、あるいは民間企業の転職エージェントや転職サイトを利用した場合、まったく知らない場合も多いはずです。ぜひこの機会に知っておきましょう。 

職探し関連のサポートを受ける 

ハローワーク職員がこれまでの経験を生かして、あなたの経験やスキルではどのような企業に行くのがおすすめなのかアドバイスをしたり、最適な求人を紹介してくれたりします。ハローワーク職員からの紹介だけではなく、ハローワークに登録されている求人はハローワーク施設内にあるパソコンで絞り込み検索が可能です。
プリントできる枚数は限られていますが、自分の応募したい企業が見つかったらハローワーク職員に紹介状を書いてもらって応募することからスタートします。職業訓練と呼ばれる新しい仕事に就くための実習や研修のようなものを受けることもできますので、自分の能力を伸ばすために活用するのもよいでしょう。 

雇用保険の資格変更 

雇用保険はある一定の条件を満たせば、加入することができる保険です。しかし、働かない期間が発生した場合、雇用保険適用の対象外となりますので、資格喪失の届けを出しに行く必要があります。一般の人の場合、求職関連の取り組み以外にハローワークを訪れるのはほとんどこれらの手続きのためです。 

失業手当の給付を受ける 

企業を自己都合・会社都合のいずれかで退職し、しばらく無職で転職活動をする期間がある場合、ある一定の条件を満たしている人は失業手当を受け取れます。その際もハローワークに行き、どのような事情で退職に至ったのかなどを伝えて、各種条件に合わせた給付金額を受け取るための手続きが必要です。無事に安定した職業に就くためや、無職の期間をサポートするための手当なので、もしものときのために知っておきましょう。 

ハローワークの機能を知って将来に役立てよう

転職したことがあっても、実際に利用したことがない人も多いハローワーク。意外と知られていないポイントを企業と個人視点に分けてご紹介しました。どのような機能を持った機関であるかを知っておくことで、将来的に役立つことも多いはずです。安心できる未来のためにぜひ今知っておきましょう。