正社員?自営業?自分に合う働き方を比較!

今の世の中、働き方の選択は増えて個性を生かせるようになりました。ですが、雇用形態によって収入や社会保険などに差があるのです。そのため、働く際には働きたい!と思える仕事を選ぶだけでなく、雇用形態によって違う部分も比較することをおすすめします。
そうは言っても、実際にどういった差があるのか聞かれてもわからないという人が多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは雇用形態別でメリットとデメリットを分かりやすく比較をしていきます。どういった働き方が自分に合うのか、探してみてください。こちらの「派遣社員は正社員・契約社員・アルバイト・パートとどう違う?」でも各雇用形態と比較しているので併せてご覧ください。

働き方に悩んでいるなら、派遣会社に相談してみては?
様々な働き方がある現代、自分に合った働き方がわからないという方も多くいます。

そこで自分にはどの働き方が合っているのか悩んだら、派遣会社ウィルオブに相談してみては?派遣会社の担当者にどんな働き方をしたいか希望を話し、自分に合う働き方を見つけていきましょう。
登録はこちらから

雇用形態の種類とは?

それぞれの雇用形態を比較する前に、一度雇用形態の種類を一覧で見てみましょう。

■雇用形態一覧
正社員 収入と保険にメリットが大きい安定タイプ
契約社員 専門的なスキルを要する実力重視タイプ
派遣社員 希望の就労条件が見つけやすいこだわりタイプ
パート・アルバイト シフトを自分好みに設定しやすい自由タイプ
その他(フリーランス、在宅ワークなど) 会社に勤めたくない自営業タイプ

上記のように雇用形態によって働きたい特徴も変わってきます。収入を重視するのであれば正社員、自分のライフスタイルを重視するのであればアルバイトといったように自分に合わせた働き方が見つかると思います。

では、ここからは雇用形態ごとに深堀をしていきましょう。

収入と保険の安定性が特徴の正社員

一度は「正社員を目指した方がいい!」という意見を聞いたことがあるのではないでしょうか?
そういわれる大きな理由は、年功序列制度を起用している会社があることや、保険や昇給、昇進などもあって安定性が抜群に高いというメリット部分が大きいからです。もちろん、ほかにも正社員になるメリットはあります。

■メリットとデメリット
メリット デメリット
  • 収入が安定する
  • 保険や福利厚生がある
  • 退職金が出る
  • 雇用期間に制限がない
  • 社会的な信用が得られる
  • 休日出勤や残業といった時間の拘束がある
  • 転勤や異動の可能性がある
  • 責任などのプレッシャーが強い

比較すると、メリット部分の安定性の大きさが改めてわかります。ですが、デメリットを見てみると、業務上での拘束や責任という面での精神的な負担があります。収入が安定するのを考えると仕方のないことかもしれません。

正社員に向いている人は、安定した収入を重視する人責任感ある仕事がしたいという人におすすめの雇用形態と言えます。
また、正社員を雇う目的の一つとして、長く勤務してもらってその会社に必要なスキルや仕事を身につけ、より優秀な人材になってほしいということもあります。新社会人や中途採用でも似た業種での仕事経験がある人は積極的に正社員を狙ってみましょう。

正社員という雇用形態についてさらに詳しく知りたい人はこちらの「正社員のメリット」をご覧ください。

専門的なスキルが求められる契約社員

契約社員とは、定められた期間(1度の契約で最長3年間)での雇用契約を結ぶといった形態です。
決められた期間雇えるため、繁忙期などの忙しい時期だけ雇うという会社が多いです。そのため、即戦力となる人材が求められます。

■メリットとデメリット
メリット デメリット
  • 自分のスキルを発揮できる
  • 転勤や異動の心配がない
  • 役割が明確
  • 収入が安定しない
  • 昇給や賞与などがない
  • 福利厚生がつかない

正社員に比べると、あまりメリットがないように見えてしまうかもしれません。ですが、仕事で自分の力を発揮できる、契約終了時期がわかるのでメリハリのある仕事ができる、などといった仕事に関するメリットが大きいです。仕事にやりがいを求める人におすすめの雇用形態になります。

定められた期間を1度の契約で最長3年間と言いましたが、これはあくまでも1度の契約の期間です。契約を更新するのであれば、引き続きその会社で働けます。

契約社員という雇用形態についてさらに詳しく知りたい人はこちらの「契約社員のメリット」をご覧ください。

細かい就労条件で仕事が探せる派遣社員

派遣社員とは、雇用形態の中で唯一直接雇用ではない「間接雇用」という契約をします。派遣社員とはその名の通り、派遣会社から派遣をされて働きます。派遣、と聞くとあまりメリットがないように思えてしまうかもしれませんが、実はそうではありません。

■メリットとデメリット
メリット デメリット
  • 時給が高め
  • 勤務地やシフト時間などを細かく希望できる
  • 派遣会社がサポートをしてくれる
  • 後腐れなく勤務先から去ることができる
  • 未経験でも働ける求人が多い
  • さまざまな業種での経験が積める
  • 時給なので収入が安定しない
  • 同じ勤務地では3年間しか働けない
  • 交通費が出ない可能性が高い

派遣会社がサポートしてくれるのは大きなメリットと言えます。たとえば「勤務地は駅から近い方がいい」「時給は1200円以上がいい」「未経験だけどあの仕事に挑戦したい」といったような希望を伝えれば派遣会社で仕事を探してくれます。もちろん、実力も考慮して探してくれるので希望に合わない場合もあるかもしれません。ですが、自分で仕事を探すよりも希望の仕事が見るかる可能性があります。

しかし、一方でやはり時給制というのもあり、収入は安定しない上に、交通費が出ない会社が多いのが現状です。どんなに職場環境が良くても同じ場所では3年間しか働けないというのも辛いところです。上記契約社員のように更新もできないので、割り切ることが大切です。

この派遣社員にはいろいろなことにチャレンジしたい好奇心旺盛な人や、自分で仕事を探すのが厳しい人などにおすすめの雇用形態です。
また、中には派遣社員から正社員として雇用される可能性もあるので、とりあえず経験を積みたい人にも向いていると言えます。

派遣社員という雇用形態についてさらに詳しく知りたい人はこちらの「派遣契約とは?」をご覧ください。

自分のライフスタイルに合わせられるパート・アルバイト

パート・アルバイトとは、シフトや勤務時間などを自分で決められる雇用形態としては一番融通が利く雇用形態と言えます。
この「パート」「アルバイト」ですが、実は法律的にはどちらも同じ扱いとなります。ただ、学生や若い人には「アルバイト」、主婦やご年配の人などには「パート」という使い分けをしているところが多いようです。

■メリットとデメリット
メリット デメリット
  • 自由にシフトや時間が設定できる
  • 学生などでもできる仕事がある
  • 求人が多い
  • 収入が少ない
  • 時給制のため収入が不安定
  • 社会的信用が低い

やはり、メリットで大きいのは自由度が高いという点です。特に学生や主婦の場合は空いた時間で少しでも稼ぎたいという人がいるため、自分の生活に合わせた仕事を入れることができるのは魅力的です。掛け持ち(Wワーク)もできるところが多いので昼は飲食店、夜は内職といったように使い分けることも可能です。

ですが、時給制となる場合が多く、シフトも週3日などのように少ないのでそれに比例して収入が減ります。

保険もシフトによっては加入できないものもあるので、将来を考えると少し不安になるのがデメリットと言えます。そして、特に男性に多いのが40代になってもアルバイトを続けていると社会的信用も低くなってしまいます。

そのため、パート・アルバイトは空いた時間で小遣い稼ぎをしたいやりたいことのためにとりあえず働く体験してみたい仕事があるという人におすすめです。

あくまでも短期的であり、パートやアルバイトだけで生きていくというのは少し厳しいようです。

それぞれ利点も欠点もある

メリットやデメリットから見るとやはり経済面も精神面も満足するというのは難しいようです。社会全体から見たときに良いと思われるのは、正社員でやりたい仕事を見つけることでしょう。

ですが、派遣社員や契約社員で経験を積んでやりたいことのために向けて働くというのも良い選択と言えます。

自分がやりたいこと、後悔しない道を選んだ結果であれば、正社員でもバイトでもどれも良い選択と言えます。

もし、やりたいことがわからない人で何となくアルバイトを選んでいる場合は、一度将来を見据えて仕事というものを考えてみましょう。今は良いかもしれませんが、65歳以上になるともらえる「年金」で差が出てきます。

やりたいことがわからなければ、将来やりたいことを見つけたときに挑戦できるよう、今から貯金やスキルアップを目標に仕事を探してみてください。

ワンランク上を目指すにはどうしたらいい?


今はフリーターやアルバイトでその日を生きるためのお金を稼いでいる人でも、将来を考えたとき、少しでも貯金があると嬉しいですよね。
そういった人が、今からお金を稼ぐためにワンランク上の雇用形態を目指すためにはどうしたらいいか。

希望する雇用形態で募集している求人に応募

正社員でも契約社員でも、まずはその雇用形態で募集している求人を探し、応募しましょう。やはり、正々堂々申し込むのが一番の近道となります。

また、採用されるためには応募の時点で履歴書をきちんと書くことが大切です。今はネット上で応募することもできますが、もし、郵送で応募する場合には履歴書だけでなく、添え状を同封することも重要になります。
そして、履歴書を書くのにもコツがあります。そんな履歴書の作成・郵送に関するマナーやコツについてまとめた記事がありますので、下記参考ページも併せてごらんください。

【参考】
履歴書に書いてもいい資格ってどんなもの?仕事に関係ない資格まで書くべきなのか?
履歴書の本人希望欄には何を書くの?書いていいことと書くべきではないこと
履歴書の特技の書き方・例文を紹介!特技が思いつかないときの対策も教えます!
求人応募に添え状を同封するのはマナー!書き方、例文、注意点を解説

経験やスキルを上げてから目指したい

入りたい会社の求人に応募したいけどスキルや経験がなくて自信がない、という人もいるでしょう。そのため、バイトなどで経験を積もうと考えていませんか?ですが、経験を積むにも収入が低いと生活が厳しくなってしまいます。

そこで、経験やスキルをつけてからワンランク上を目指したい人は、まずは派遣会社でいろいろな会社での経験を積み、働きたい会社があったら「紹介予定派遣」という制度を利用する手段があります。

紹介予定派遣とは、派遣先の会社で数カ月(最大6カ月)派遣社員として働き、その後、派遣先の会社が派遣社員を採用すれば直接雇用になるというシステムです。ただ、この紹介予定派遣で直接雇用になるケースは少ないのです。

その理由は派遣よりも直接雇用の方が高コストだからです。ですが、そのコストをかけてでも欲しいと思わせるスキルや経験を磨けたらそれは強みとなります。

この制度を利用したい人は、以下の参考記事に派遣という働き方や紹介予定派遣に関する情報が記載されているので、併せてご覧ください。

【参考】
人材派遣会社は大手がいいの?自分に合った派遣会社の選び方
「派遣社員」という働き方〜これからは自分の働き方を選べる時代!
派遣社員の平均月収はどれくらい?どんな仕事の給与が高いの?
派遣から直接雇用に切り替わる時の注意点は?働き方の違いについても解説

一人でどうしたらいいかわからないなら相談するのが一番!

自分に合う会社はどこか、何を基準に仕事を探せばいいのか、求人に掲載されている仕事のレベルはどのくらいなのかなどのように、求人を見るだけではわからず不安に思う人がいるのかもしれません。
そんな不安を持っている人はまず誰かに相談をすることをおすすめします。

たとえば、ハローワークの求人検索の端末を活用し、窓口で相談する方法があります。多くの企業を扱っているので、ネットで掲載していないような会社も扱っている場合があるので、より細かい指定をして仕事を探せます。

さらに親身に相談に乗ってほしい場合は、転職に関するサポートをしてくれる「Chance Work(チャンスワーク)」に相談してはいかがでしょうか。しっかり働けるよう求人探しから就職までのプランを提案・サポートしてくれます。

一人で悩むよりも、そういった専門の話を聞いてみてください。視野が広がり、より自分に合う仕事を見つけることができます。

雇用ではなく個人で仕事を始めたい

働き方は、なにも企業に勤めるだけではありません。個人で事業を始めたり、請負業務で繋いだりと自由に働くことができます。ですが、それにともなう責任なども大きくなるので、そのあたりは覚悟しておきましょう。

まず、個人での働き方について簡単に一覧にしてみましょう。

■働き方一覧
個人事業主 自分のやりたい仕事を始められる自立タイプ
フリーランス 自分のスキルを活かした仕事をするワンマンタイプ
在宅ワーク 家にいながら仕事ができるインドアタイプ
内職 夜でも仕事ができる小遣い稼ぎタイプ

意外と選択肢があることがわかります。また、いずれの働き方でもメリットといえるのは「長く働ける」ということです。

どこかの会社に雇用されている場合、定年退職や契約満了、解雇などの理由で辞めることになります。ですが、どこにも属さない働き方であれば、仕事を辞める時は自分で決められます。

定年を迎える年になってもまだ働ける!というのであれば、そのまま仕事を続けていけるので、老後のお金の心配も軽減されます。

では、それぞれの働き方でメリット・デメリットを比較していきます。

自分のやりたいことができる個人事業主

自分で会社の独立や開業する際、開業届を税務署に提出していれば個人事業主となり、事業を始めることができます。
今、「開業届を税務署に提出」と言いましたが、実は開業届を提出していなくても特に何があるというわけではありません。このことについては「開業届とは?」であらためて説明をするので、ひとまず置いておきましょう。

自分で起業してやりたいことができる働き方に、一度は夢を持ったことがあるのではないでしょうか?そんな個人事業主として働くメリットやデメリットをまとめました。

■メリットとデメリット
メリット デメリット
  • 誰からの指示もなく責任もって仕事ができる
  • 得られた収入はすべて自分の収入となる
  • 勤務時間や休みなどが自由に取れる
  • 売り上げがないと収入がないのでシビア
  • すべての責任が自分にある
  • 厚生年金が受けられない
  • 確定申告などの手続きが面倒

個人事業主は雇用されるよりもずっと厳しく実力がものを言う世界です。メリットやデメリットで分かるように、すべて自分でこなさなくてはなりません。

売り上げや業績が安定すれば成功と言えるかもしれませんが、そこに行くまでの下積みや環境・人脈作りなどで数年かかるので苦労をするでしょう。中には芽が出ずすぐに廃業となる人も多くいます。

そのため、個人事業主を目指すのは、しっかりとした計画性や努力することができる人本気でやりたい・成功したいと思う人におすすめです。

小遣い稼ぎ程度ではなく、それで食べていくのであればしっかりと覚悟を決めてから始めるのが一番です。

『開業届』とは?

簡潔に言うと、開業届とは税務署に「開業しました!」と報告するための書類です。
この報告をすることにより、個人事業税や消費税などの納税が課せられるようになるため、特に大規模な起業をした場合は必要になります。

提出する必要があると言いましたが、この開業届、実は提出しなかったとしても催促や罰則があるわけではないのです。それでは何故提出する必要があるのか。
この開業届は何も開業したことを報告するだけではなく、税金に関する資料が税務署から届く、青色申告ができるようになる、屋号や銀行口座を得ることができるなど、メリットが多くあります。

面倒だからと省かずに起業する際には開業届を提出することを心がけましょう。

自分で仕事を取ってくるフリーランス

最近よく聞くのが「フリーランス(自由業)」という働き方です。
この働き方は、どこかの企業に専従せずに自分で仕事を探し、請負業務を行うといった自由なスタイルです。会社で契約、というよりは仕事ごとに請けるので受けた分だけ稼ぐことができます。

デザイナーやイラストレーターなどといった仕事をする人に多い傾向があります。

企業に専従せず仕事をする点でフリーランスと個人事業主を一緒に考える人が多くいます。ですが、厳密にいえば別物です。

おおまかな見分け方は、税務署に開業届を提出するかしないかにあります。この書類を提出することで個人事業主と分類されます。

■メリットとデメリット
メリット デメリット
  • 自分のスキルを発揮できる
  • 好きな仕事を探せる
  • 就業時間や休日の設定が自由
  • 仕事がある限り続けられる
  • 実力が伴わないと続かない
  • すべての責任が自分にある
  • 確定申告が必要な可能性がある

最近では単発で仕事を依頼するサービスもあり、仕事が見つけやすくなってきています。その影響か、フリーランスで働くという選択をする人も増え、初心者でも実力があれば仕事を獲得できるようになっています。まさに実力社会です。

誰かに言われて働くことが負担になるという人はフリーランスに転職しても良いかもしれません。ただし、その分厳しい世界ではあるのでご注意ください。

外に出なくても働ける在宅ワーク

主婦であればなるべく子供のそばに居てあげたいという思いが強く、他にも外に出るのが怖い、介護のためにあまり家を離れられないなどの理由で外に出て働くという選択ができない人がいるでしょう。そんな人に向いているのが「在宅ワーク」という働き方です。

会社に出向しないということでフリーランスも含まれると思いますが、実は、在宅ワークだからフリーランスということにはなりません。

会社に勤務していても仕事によっては在宅でも可能なものもあるので、そういった人は普通に雇用契約している在宅ワーカーとなります。

■メリットとデメリット
メリット デメリット
  • 通勤時間がない
  • 家の用事と仕事がこなせる
  • 昼夜問わずに仕事ができる
  • 仕事がある限り続けられる
  • 時間配分が難しい
  • 情報管理の責任が大きい
  • 仕事によっては収入が少ない

在宅ということもあり、時間が十分にある分、プライベートと仕事への時間配分が難しくなっています。また、家に会社に関連する情報やデータを持ち込むため、その情報に関する責任があります。

会社によってはPCまで用意してくれるところもあるので、紛失や漏洩、破損といったことにならないよう注意する必要があります。

昼夜問わず空いた時間に家で作業ができる内職

指定された分の仕事を期日内にできるなら昼夜問わず仕事ができる内職は、昼間に忙しく夜間に余裕がある人におすすめの仕事です。

同じ家での仕事でも、在宅ワークとは別になります。
何が違うかと言いますと、大まかに分けて在宅ワークは家でデータ入力や事務作業といったPCでの仕事を言い、内職は家で梱包作業やシール貼りといった作業系の仕事をメインとして扱う違いがあります。

■メリットとデメリット
メリット デメリット
  • 通勤時間がない
  • 人間関係に悩まない
  • 昼夜問わずに仕事ができる
  • やればやるだけ稼げる
  • 一つの仕事の賃金がピンキリ
  • 単純作業が多く飽きる
  • 仕事によっては量が少ない時がある

家での仕事となるので、人と関わらなくても良いというのはコミュニケーションが苦手な人にとってはありがたいことです。また、空いた時間でできるというのも大きなメリットとなります。

ただ、賃金はその仕事の出来具合によるので低い場合もあれば高い場合もあります。

単純作業が好きでコツコツしたことがやりたい人、夜が暇なので空いた時間で簡単な仕事がしたい人におすすめです。

まとめ

いろいろな雇用形態がありましたが、何か自分に合いそうな働き方はみつかりましたか?
同じ働くでもお金のためばかりでなく、仕事を楽しめるよう自分に合う働き方で日々充実した生活を送りましょう。

自分に合った働き方を見つけたいならプロに相談するのがおすすめ!
アルバイト、正社員、派遣社員、自営業…たくさんある働き方の中から自分にある働き方を選ぶのは難しいものです。それぞれの働き方にもメリット・デメリットがあるので、じっくり検討して選ぶことが大切です。

そんなときは、仕事紹介のプロである派遣会社に相談してみることをおすすめします。希望の条件や経験を考慮して、あなたに合った働き方を提案してくれますよ。
気になる方はこちらから登録