SIerからの転職!おすすめのキャリアパスは?転職先の選び方

  • はてブ

SIerから転職する際、どのようなポイントに注意して転職先を探せばよいのか、転職活動の方法やコツについて迷ってしまうもの。

SIerはIT業界の中でも需要が高く、高水準な収入に期待できる企業になるため、転職においてもその経歴は高い評価につながると考えられるでしょう。

しかしそうは言っても、SIerでエンジニアなどの仕事を経験していたとしても、転職活動がすべてにおいて有利になるというわけではないのも事実です。

志望する業界や具体的な毛歴、年齢によって有利・不利は変わってくるでしょう。

そこで本記事では、SIerから転職を考える理由や将来性について整理したうえで、候補として検討したいおすすめの転職先を紹介していきます。

SIerからの転職をお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いましょう

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする

SIerからの転職でよくある理由

SIerは各分野のエンジニアが所属し、企業などからあらゆるシステムやインフラの開発・運用・保守などの依頼を請け負っていることで知られています。

一般的にはSIerはIT技術職の企業という性質上、年収が高いなど給与面での待遇がよい場合も多いです。しかしそれでも現代においてSIerから転職を考える人は意外と少なくありません。

まずは、SIerからの転職理由としてよく挙げられることをチェックしていきましょう。

SIerからの転職でよくある理由<1>:下流工程の業務負担が大きい

SIerに勤めていると、「下流工程にあたる業務が多くてつらい」という現場の意見がよく取り沙汰されることがあります。

SIerでは、主に開発段階にあるシステムのテストや保守などを担当します。これらの業務は開発において必要不可欠となる重要なタスクにあたりますが、こなす量が多いうえに基本的に単調作業になることも多いのが特徴です。

そのためクライアントとのやり取りや設計などの上流工程と比べてやりがいを見いだしづらく、そのうえ負担も大きいという性質から、エンジニアを疲弊させる要因になっていることが考えられます。

SIerからの転職でよくある理由<2>:給与に満足しない

給与面での待遇に不満があるという理由で、SIerからの転職を検討するパターンも少なくありません。

SEをはじめとした専門職は比較的高水準の収入になることが多いですが、それはあくまで傾向なので、実際のところの待遇は企業の規模によります。

特に中小クラスのSIerでは業務の量や責任に対して給与が低いことも多く、大手ほどの待遇は望めない場合もあります。

そもそも、SIerを志望して就職した人の多くは、やはり給与面での待遇の良さに期待しています。だからこそ給与額に納得できないことは、転職を考える大きな要因になりやすいのです。

SIerからの転職でよくある理由<3>:より上流の工程に携わりたい

SIerに就職したとしても、残念ながら誰もが上流工程にかかわれるというわけではないのが実情です。これは本人のスキルだけでなく、会社の特徴も関係してきます。

SIerと一口に言っても、会社の規模や知名度、得意分野などはそれぞれ異なります。クライアント企業の事業戦略にかかわって大きな案件を担当する大手企業もあれば、より下請けの下流工程をメインでこなしていく中小企業もあります。

このため「三次請けなど下流工程ばかりで納得できない」という理由から、上流工程にかかわれる仕事を目指し、より大手のSIerを志望して転職するエンジニアも珍しくありません。

SIerからの転職でよくある理由<4>:希望のキャリアパスが実現できない

特に中小のSIerに勤めているエンジニアを悩ませるのが、自分自身のキャリアパスの考え方です。

大手であれば、実現したいキャリアパスを持って業務に従事できるチャンスが生まれます。かかわるプロジェクトも大型で、キャリアを積みやすいものが多いからです。

しかし中小のSIerの場合は、小規模の案件をこなすことが多いという性質上、思い描いていたキャリアパスを実現しづらくなってしまいます。このため今後のキャリアをより明らかに描いているエンジニアは、積極的に転職を考えるようになるのです。

SIerからの転職でよくある理由<5>:新しい技術に挑戦できない

IT業界のトレンドや最新技術などは日々変化し、それに合わせて動いていくことが理想的なかたちとなります。しかしながら、特に中小のSIerでは設備投資の予算に限界もあるため、「最新の技術に触れられる機会が少ない」ことが難点です。

したがってテクニカルスキルを磨き、知識をつけていくことにより意欲的なエンジニアは、中小クラスのSIerでは満足できないこと多いのです。

▼関連記事
SIerの将来性ついてはこちらのSIerに将来性はある?今後も必要とされる理由と市場価値を高める方法でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

SIerの将来性が「ない」と言われる理由とは?

ここで、SIerの将来性について考えてみましょう。一般的に見るとSEをはじめとした技術職には高い将来性があり、IT化の影響により需要も大きいと考えられますが、一部では「SIerにはもう未来がない」と取り沙汰されることも実は珍しくありません。

この理由として主に考えられるポイントを整理していきましょう。

理由<1>:クラウドが普及している

近年はあらゆるサービスのクラウド化は著しく進んでいる時代です。クラウドサービスの普及は非常に早いペースで進んでおり、SaaSやIaaS、PaaSといったクラウドありきで提供されるサービスのあり方は珍しいものではなくなってきました。

このようなかたちで時代が変化すると、従来のように一からシステムを作る必要はなくなっていきます。SIerは主に運用保守を請け負うことで成り立っている部分が強いため、「今後はクラウドの普及により、SIer事業の規模は縮小する」と予想されているのです。

理由<2>:厳しい下請構造による人材流出

SIerという業界のあり方は、基本的に下請けを重ねることで成り立っているのが特徴です。三次請け、四次請けといったパターンは決して珍しくなく、中堅以下クラスになればなるほどこういった下請けのスタイルは増えていきます。

下請け構造が今後も常態化するようであれば、SIerでキャリアを積みにくくなる状況はますます悪化すると考えられます。したがって一部では、中堅SIerに勤めていても未来がないと指摘されているのです。

理由<3>:エンジニア不足による慢性的な稼働力低下

みずほ情報総研株式会社が行った調査によれば、IT人材の需要と供給のバランスは今後もどんどん崩れていくとみられています。

IT人材需給に関する試算を行った結果、例えばITサービスの需要が今後も非常に大きく伸びた場合、2018年の段階で供給人材数1,031,538人に対して不足数は220,000人となっています。

しかし2030年になる頃にはIT人材の供給数は1,133,049人とそこまで変わらないのに対して、不足数は448,596人と、2018年に比べて倍以上の人数になっていることがわかります。

IT業界の人材不足問題は、今後に限ったことではなくもちろん現在もしきりに叫ばれている問題です。その問題が、今後はさらに大きく深刻なものとなっていくということです。

この試算結果のようにIT業界の市場規模が拡大していけば、IT人材は動員力という重要な価値を失ってしまいます。これは、職業としての優位性がなくなってしまう恐れにつながり、そうなった場合SIerは、「ただ忙しくてきついだけ」という扱いになってしまうことが考えられます。

SIerから転職しやすい?オススメ転職先とそれぞれのメリット

SIerから転職しやすい?オススメ転職先とそれぞれのメリット

では、SIerから転職するにはどういった業種や企業が選択肢として挙げられるのでしょうか。

同じ業界も含めて、転職を考える際にはあらゆる可能性を考えて視野を広げておきたいところです。おすすめの転職先とそれぞれの特徴とメリットについては、事前によくチェックしておきましょう。

大手SIerから中小SIer

まず注目しておきたいのは、同じ業界内での転職です。これまでに築いてきたキャリアや身につけてきた知識を活かして転職活動していきやすく、そうした経験を実績としてアピールしやすいことがポイントです。

特に大手から中小SIerへの転職は、テクニカル・マネージメント両方の面において重宝される傾向にあります。うまくいけば中小の管理職に就くことで、年収を上げられることもあるでしょう。

ただ、それでも中小の場合は大手と比べて規模が小さいため、傾向としては、年収は下がってしまう場合が多いです。有利かつスムーズに転職することを優先するか、それとも年収キープもしくはアップを優先するかの判断になるでしょう。

中小SIerから大手SIer

同じ業界で転職を目指す場合は、せっかくならより大手を目指しておきたいところです。中堅SIerから大手に転職できれば、要件定義のフェーズからプロジェクトにかかわれる可能性があり、エンジニアとしてのやりがいを感じられることも多くなるでしょう。

もともと描いていたキャリアパスが明確にある人は、大手にこそキャリアパスを実現するためのチャンスがたくさんあると言えます。当然、年収アップにつながる可能性も出てきます。

ただ、コーディングに触れる機会は少なくなる傾向にあると言ってよいでしょう。テストやコーディングなどの業務は、より下請け専門のSIerへ回るからです。

そのため自分でコーディングすることで、システムを作っているという実感がほしいというタイプの人には、性質的に大手は向かない可能性があります。

Web系企業への転職

エンジニアとしてのテクニカルスキルやコミュニケーションスキルなどを持っている優れた人材は、Web系の業種においても需要が高いと考えられます。Webエンジニア、Webデザイナーなどの仕事が主に該当します。

エンジニアとして培ってきたキャリアを存分にアピールすれば、スムーズに転職できる可能性は十分に高まるでしょう。ただ、残念ながら年収は下がるケースが多い傾向にあるため注意は必要です。

コンサルティングファームへの転職

IT系のコンサルに強いコンサルティングファームへ転職するのも魅力的な選択肢として挙げられます。

DXが進む現代においてITコンサルタントの需要は非常に高く、「業務をデジタル化したいが何をどうすればよいのかわからない」という企業からはたくさんの依頼があると考えられます。

ITコンサルでは、新システムを導入するなどして、ITの観点からあらゆる経営課題を解決に導いていきます。このためエンジニアとして培ってきた技術力や提案力は、重宝されやすいと言えます。

コンサルティングファームの給与面の待遇は平均よりもかなり高水準です。転職は一筋縄ではいかないことも多いですが、その分年収アップには期待できるでしょう。

SESへの転職

積極的に検討したい転職先としてはSESもあります。SESではIT人材が不足している企業から依頼を受けて常駐し、開発や運用、保守などの業務に携わることができます。

SESではあらゆる企業に出向いて仕事をする機会があるため、人脈形成のチャンスもあることで知られています。その後独立したりさらに転職したりするキャリアを考えている人は、その人脈を今後に活かしていくのもよいでしょう。

ただ、同じエンジニアでもSIerと比べると年収は低い傾向にあり、ときには業務負担の多さに対して給与が見合っていないと感じられることもあるため、転職先に選ぶべきかどうかは慎重に判断する必要があります。

一般企業の情報システム部への転職

SIerやSESではなく、そのほかの一般企業のシステム部への転職にも大きなメリットがあります。培ってきた技術力や提案力もアピール材料として役立つため、30代以降でも転職はしやすいと言えます。

要件定義などの上流工程に携わってきた場合、転職先のシステム部のかなめとしてそうした経験・能力を期待される可能性があります。年収がアップするかどうかは企業・業界の規模や役職次第です。

しかしこれまでに触れてこなかった業界に飛び込むことで、「ビジネスマンとしての経験値が総合的に上がる」という点は、将来を見据えれば大きな魅力として考えられます。

▼エンジニアの転職については
こちらの【2022年】エンジニア転職におすすめの転職エージェントと転職サイトを紹介でも詳しく解説していますのでぜひ、参考ください。

SIerから転職する際の注意点

SIerを辞めたいと感じることは、SIerで勤めていれば多くの人が感じることです。

特に現代は多くの人が転職を経験する時代ですから、少しでも不満に思うことがあれば、転職について真剣に考えたくなるものでしょう。しかし勢いのまま行動し、条件の悪い企業へ転職したり、適性に不安要素のある業界に転職したりすることは、得策とは言えません。

「不満がある→転職しよう」とすぐに判断するのではなく、最初は現職のまま不満を解決するためにはどうすればよいのか考えることが先決です。上司とまずは面談する時間を作ってもらい、希望条件を提案してみましょう。

そのうえでどうしても現状が変わらず、不満も解消されない場合は転職を考える…という流れを取るより望ましいでしょう。

SIerから転職を成功させるには

SIerから転職をする際には、できるだけ好条件で転職を成功させるためにも、転職支援のプロに相談するのが一番です。

SIerから転職を考える人の多くは、給与面などの条件にこだわりたい人がほとんどです。しかし自分自身が納得いくかたちで転職できる企業や業界を見つけることは、容易にこなせることではありません。エンジニアとして現職の仕事をしながらの状態ではなおさらでしょう。

転職に際して、「SIerを辞めたいという思いはあるものの、ではどこに転職するのが正解なのかはわからない」という人は少なくありません。そういったときにプロの観点から受けられる転職のアドバイスは、後悔のないIT転職において非常に役立ちます。

まとめ

SIerには会社の規模によってさまざまな課題があるため、それによって転職すべきか悩む人も少なくありません。そのためSIerから転職するかどうか迷ったときは、転職理由や転職先の選択肢について、まずはしっかりと理解を深めていきましょう。

SIerから転職する際には、築いてきたIT知識や経験を存分に活かして有利に転職するのがもっとも理想的なかたちです。そのためには転職サポートなども積極的に活用し、より納得のいく転職活動につなげていきましょう。

SIerからの転職をお考えならば、まずは「強みに気付くこと」が重要!自身のスキルの整理を行いましょう

転職を考えているのならば、客観的に自分の「強み」や「市場価値」を知ることが重要です。キャリアアドバイザーとともにスキルや今後についての整理をしてみませんか?ウィルオブテックキャリアは専属2名体制で今後についてお悩みのあなたをサポートし、キャリアアップへ導きます

キャリア相談をする
  • はてブ