コールセンターの派遣社員とは?業務内容やメリット・デメリットなど解説

コールセンターの派遣と聞くと、お客様対応がメインというイメージが強い仕事です。

確かにお客様対応がメインの業務ではありますが、お客様への対応にはいろいろな種類があります。

「自分はコールセンターで働くことができるか」
「やってみたいけど詳しい業務内容が分からない」

と、実際に興味があってもわからないことがあって、なかなか踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

ほかにも、これから働くけどより詳しく知りたいという方はいませんか?

ここでは、コールセンターの業務内容やメリットやデメリット、コールセンター業界に強い派遣会社などを紹介していきます。

コールセンターの仕事に対し、より深く理解していただければと思います。

コールセンターの仕事なら派遣社員として働くのがおすすめです!
コールセンターで働きたいと思っても、なかなか希望通りに仕事が見つからない方やどんな仕事なのか知らない方もいるでしょう。そういった方は、派遣社員として働くことをおすすめします。

仕事探しから就業中の相談を受けてくれたり、仕事に関する研修などのサポートを行ってくれます。まずは登録をし、自分がどう働きたいかをご相談ください。
登録はこちら

コールセンター業務とは

まず、コールセンターという業務について紹介をしていきます。

業務内容は、「インバウンド」「アウトバウンド」の2種類に分けられますが、どちらもお客様とかかわるので、会社の顔として扱われることもある大切な仕事です。

この2種類がどのように違うのか、それぞれ解説をしていきましょう。

コールセンターではなく、派遣社員の働き方についてはこちらの「派遣社員とは?正社員との違いや仕組み、給与、メリットデメリットを解説」で解説しているので、あわせてご覧ください。

インバウンド

インバウンド業務とは「受信業務」とも言い、お客様からの問い合わせや商品の受注などのお客様からのアクションを受けます。

この業務で大切なことは、お客様の話をしっかりと聞き、丁寧に対応をすることです。

お客様からの問い合わせは、いずれも会社にとっては貴重な意見であり要望でもあり、自社のサービスや製品を改善するために貴重なデータとなります。

そんな声を流れ作業のように受けるのではなく、お客様に寄り添うような対応をしていきましょう。

また、インバウンド業務はお客様だけに対応するのではなく、会社や業務内容によっては、社員の方からの問い合わせにも対応することがあります。

業務が誰に対しての対応をするのか、どんな内容を受けるのかをしっかりと確認しておくことが大切です。

アウトバウンド

アウトバウンド業務は「発信業務」とも言い、インバウンドとは逆で、会社からお客様へ商品やサービスの案内などの営業やアンケート調査、クレジットカードや商品に対する支払いなどが停滞しているお客様への催促などを行います。

電話をかける相手や問い合わせる内容について決まっているので、詳細な対応マニュアルがあります。

その内容に沿って話を進めればいいので、インバウンド業務よりも心構えができますが、相手が個人ではなく法人であることもあるため言葉遣いなどには十分気を配りましょう。

顔が見えないお客様に対して電話をかけているので、言葉遣いや対応などに気を付け、会社の印象を悪くさせないようにすることが大切ですよ。

コールセンターで派遣社員として働くメリット


ここからは、コールセンターの派遣として働くメリットを紹介します。

メリットの後にデメリットについても解説しますので、是非ご覧ください。

仕事を紹介してもらえる

正社員やアルバイトでコールセンターの仕事を探すとなると、求人探しから面接だけでなく、採用された後も1人で頑張らなくてはなりません。

派遣社員は、派遣会社の担当者が希望に沿うような求人を提案してくれるので、自分で求人を探す手間が省けます。

派遣会社が保有する求人情報の中には大手企業での仕事もありますので、採用が難しい大手企業で働くチャンスがあるのもおすすめするポイントです。

就業までだけでなく、就業後も仕事で不安なことや疑問に思うことがあれば、派遣会社の担当者に相談することができますよ。

未経験から始められる仕事が多い

コールセンターの仕事をしたいと思っても、未経験だと「ちゃんとお客様の対応できるかな」「話し方は大丈夫かな」と躊躇してしまいます。

正社員やアルバイトなどの場合は、未経験の不安な気持ちを抱えたまま挑戦しなくてはならず、求人を見つけることも難しいのです。

ですが、派遣社員であれば未経験の方を募集している仕事も多く、派遣会社によっては就業前に研修を実施しているところもあります。

未経験の方だけでなく、ブランクがある方に対してもサポートを行っておりますので、すべて自分でこなさなくてはならない正社員やアルバイトにはない、大きなメリットといえます。

時給が高め

派遣社員の時給は、パートやアルバイトに比べて高めで設定されていることがありますが、コールセンター業務も例外ではなく高めの時給である場合が多いのです。

これは、派遣社員が時給制であることや、求人などでかかるコストが軽減するなどの会社側の理由や、時給に交通費が含まれているといった派遣会社のシステムによってさまざまな理由があって高めの設定がされています。

より高い時給で働きたい方は、もともとの時給設定が高めの求人や交通費が別で支払われるかといった条件を細かく見ると良いですよ。

自分の仕事に専念できる

正社員やアルバイトの場合、自分がやるべき仕事以外にも会社で定めている雑務や他の人の仕事を手伝うこともあるので、なかなか自分の仕事が進まないこともあります。

派遣社員は、最初に契約した業務のために派遣されているので、会社が定めている雑務や会議などをする必要はなく、自分の仕事に専念することができます。

自分の仕事を中断したくない、集中して仕事をしたい方などに向いている働き方です。

正社員も目指せる

正社員やアルバイトから始めることに不安がある、未経験だけどこの仕事で正社員になりたいと思っている方には、派遣会社が適用している「紹介予定派遣制度」で目指すこともできます。

仕組みは、まずは一定期間派遣先である会社で働き、勤務態度やスキルなどを見て会社が直接雇用に切り替えたいとなれば直接雇用で働けます。

このときに注意していただきたいのは、この直接雇用の雇用形態が何かです。

直接雇用には、正社員やアルバイトだけでなく、パートや契約社員といったものがあるので契約を切り替える際にはしっかりと確認をしておきましょう。

また、派遣先の会社が打診してきたとしても、こちらで断ることもできるので自分の希望に沿う仕事を選ぶことができるので、安心してください。

コールセンターで派遣社員として働くデメリット


メリット部分の話をしてきましたが、ここからはデメリットの話もしていきます。

それぞれのポイントを考慮し、コールセンターの派遣を目指すかを検討していきましょう。

スキルが身につきづらい

正社員やアルバイトに比べ、派遣社員はやることが決まっているのでスキルが身に付きづらいのです。

コールセンター業務は、基本的に電話を受けたり電話をかけたりする作業がメインなので、他の職種に比べると専門的なスキルを磨くと言う機会が少ないといえます。

これからもずっと電話の応対だけの仕事をするのかを焦り始めてしまう方もいますので、スキルアップを目指したいのであれば、派遣会社の研修や資格取得を目指すなどで自分からスキルアップを目指しましょう。

業務は座りっぱなし

コールセンター業務は、電話やメールの対応がメインとなるので、基本的に座りっぱなしです。

体力に自信がない方や、妊娠中の方、肉体労働を好まない方などにおすすめの業務ではあるのですが、ケアをしっかりしないと足のむくみや腰痛などに悩まされてしまいます。

休憩時間や通勤時間などでなるべく身体を動かし、体調管理を心がけることで座りっぱなしの業務でも不安を軽減して業務に臨むことができますよ。

クレーム対応がつらい

とくにインバウンド業務で多いのですが、お客様からのクレーム対応がストレスで長く続かないこともあります。

あからさまなクレームはもちろん、クレームではない対応の中にも嫌な言い方をされたり、横柄な対応を取られたりする小さなことの積み重ねでも心労は溜まっていきます。

クレームではありませんが、アウトバウンド業務では商品やサービス案内などで断られることが多く、話も聞いてもらえないこともあるので心が折れてしまう可能性もあります。

プライベートな時間で心が休まる時間を作ったり、休日には自分のやりたいことをしたりして、ストレスをためないようにしていきましょう。

もし、それでもつらいのであれば、別の会社でコールセンター業務を目指すか、別の職種を探すことをおすすめします。

コールセンター業界に特化した派遣会社

これまで、派遣のコールセンター業務について紹介してきました。

ですが、派遣会社に登録をしようと思っても、数が多いのでどの会社を選べばいいのかわからないこともあります。

コールセンター業界に特化したおすすめの派遣会社3社を紹介しますので、自分に合う派遣会社はどこか、参考にしてください。

また、ここで紹介する以外にもコールセンター業務を扱う派遣会社はありますので、もっと多くの会社と比較したい方は「コールセンターを扱う派遣会社おすすめの8社を比較!業務内容なども解説」もあわせてご覧ください。

ウィルオブ・ワーク


東証一部上場のウィルグループのグループ会社で、全国に支店を持つ派遣会社です。

社員が業界経験者であることが特徴で、未経験で始めた仕事でも研修や面談でしっかりとサポートしています。

インバウンド業務・アウトバウンド業務だけでなく、コールセンターのスタッフのスケジュール管理などを行うスーパーバイザーや、より専門的知識を必要とするテクニカルサポートなどの求人もあります。

より重要なコールセンター業務を目指す方に対し、どのような働き方が良いのかも提案することも可能です。

ホームページには載っていないお仕事も多数取扱いがあるため、まずは登録して自分の希望条件を伝えた上で仕事を探してもらうことをおすすめします。

【公式サイトはこちら】

サウンズグッド


コールセンター業務以外にも、接客、軽作業、オフィスワークなどの業務も扱っている派遣会社です。

キャリアアップのための研修や教育制度が備わっており、自分にはどんなキャリアが良いかの相談ができるキャリアコンサルティングも充実しています。

安全衛生にも配慮をしていて、コールセンターというストレスと上手く付き合っていかなくてはならない仕事にとってはとても重要なポイントとなるのです。

また、社会保険や福利厚生といった制度もあり、仕事だけでなく生活面でも安心して過ごすことができますよ。

【公式サイトはこちら】

日本パーソナルビジネス


日本パーソナルビジネスは、コールセンターや携帯業界に特化している派遣会社です。

仕事探しから就業後までサポートをしてくれる、専任コンサルタント制度も備わっているので、仕事で不安や悩みがあったときにすぐ相談することができます。

有休休暇などの書類申請は、WEBでも受け付けているので24時間対応してもらえるので、何かあったときは時間を気にせず申請することが可能です。

派遣会社への登録は、WEBで完結するので来社するのが難しい方でも簡単に登録ができます。

【公式サイトはこちら】

まとめ

コールセンターの派遣社員の働き方には、「インバウンド業務」「アウトバウンド業務」に分けられていて、どちらもお客様と電話やメールでやり取りをする業務でした。

また、大きく分けて以下の大きなメリットがありました。

  • 未経験から始められる求人が多い
  • 時給が高め
  • 正社員を目指せる

一方で、ずっと座り仕事で腰痛や足のむくみが出たり、クレーム対応でのストレスが溜まったりする心身の負担がかかるというデメリットがあります。

私生活で仕事でのストレスを解消する方法を見つけることにより、コールセンター業務を長く続けることができます。

ですが、派遣社員であれば仕事の紹介をしてもらえますし、初めての業務に対する研修もあるので、未経験でもブランクがあっても即戦力として働けます。

派遣会社の担当者に仕事での不安や悩みを相談ができるという安心感をもって働きたい方は、働きたいと思った派遣会社に登録をして相談をしてみてくださいね。

コールセンターに強い派遣会社ウィルオブ・ワークにご相談ください!
派遣会社であれば、求人を探す手間も省けますし、仕事のことで不安や悩みがあったらすぐに担当者に相談できるので、初めてのコールセンター業務でも安心して働けます。

ウィルオブ・ワークでは、就業前の研修や将来どんな働き方をしたいかなどを視野に入れた仕事の提案を行っています。気になる方は登録をし、担当者に気になることをご相談ください。
まずはここから登録