アパレル販売員を辞めます!おすすめの転職先とは?

アパレル販売員に憧れ、働いてみたけどだんだん厳しくなってきた…と思っている人はいませんか?
仕事量は多いけど給料が少ない、体力的にきつい、ブランドイメージと年齢が離れてきた、などの理由でアパレル販売員として働くことに限界を感じているのであれば、一度、転職を検討してみましょう。

アパレル販売員という仕事から離れ、今よりもっと自分に合う仕事を探すと今よりもっと自分に合う仕事が見つかるかもしれません。

そこで、今回はアパレル販売員から転職する人におすすめする転職先をご紹介します。今まで培ってきたスキルを発揮できる仕事などを中心に見ていきましょう。

アパレル販売員から転職を検討するなら派遣会社に相談してみませんか?
アパレル販売員として働いて、お給料や体力などからこの先ずっと続けていくことに限界を感じはじめたら転職を考えるかもしれません。
ですが、働きながらの転職活動は意外と難しいものです。

そこで、派遣会社に相談することをおすすめします。希望の条件からあなたに合ったお仕事を提案してくれるので、スムーズな転職活動が行えます。気になる方は登録をし、派遣会社の担当者に相談をしてみてください。
まずはこちらから登録

アパレル販売員を辞めたい!その原因とは?

おしゃれで華やかに見えるアパレル販売員という仕事。ですが、実際は常にお客様の視線を気にしなければならないし、在庫管理や商品の補充などで忙しく体力を使います。
そうして仕事をしているうちにさまざまな理由でアパレル販売員を辞めたくなってしまうかもしれません。

まずは、辞めたいと思った原因をいくつか挙げ、次の仕事では何を希望するかを明確にしていきましょう。

辞めたい原因①仕事量と給料が見合ってない

今述べたように、アパレル販売員という仕事はお店での接客だけではなく、商品の点検や管理、店舗の整理など裏での仕事の方が多いのです。
ですが、給料は時給900円~1500円あたりと言われています。高い金額であればまだマシではありますが、これが900円や1000円といった金額になると低いと言えるでしょう。

店舗によっては、ブランド服を着て仕事をしなければならないところもあり、その購入は社員割が使えたとしても自腹での支払いになります。せっかくもらった給料でブランド服を買わなくてはいけないのは少し不満に思える場合があるかもしれませんね。

そう考えると、生活費や食費などを差し引くと手元に残るお金は少なく、満足いく給料とは言えなくなってしまいます。

辞めたい原因②土日休みがなくて友達と遊べない

アパレル関係の仕事は、土日祝日などの休みの日が忙しくなるので、平日休みを採用しているところが多いです。土日休みの友達と時間が合わず、なかなか会えない日が続いてしまいます。少し寂しいですね。

ですが、平日休みのメリットは、出かけたときに休日よりも人が少ないことです。
普段混んでいて行けないお店がある場合は、平日休みを利用すればすんなり入れるので満喫できます。

これは、どちらに重きを置くかにもよりますが、土日休みがいい人にとっては辞めたいと思うのも仕方のないことでしょう。

辞めたい原因③体力がもたない

少し前にも言いましたが、アパレル販売員とは体力を必要とする仕事です。
接客では店舗内で立ち続け、在庫管理のために商品の検品や整理、商品棚の数が少なくなればその補充にと座って休む暇がほとんどありません。そのうえ、立ち続けるということは足がむくんでしまったりすることもあるのでそのケアも大変になります。
常に笑顔でお客様へ気を配ることも忘れてはならないので、精神的にも体力的にも負担が大きくなります。
若いうちであれば多少の無理はできるかもしれませんが、年を重ねていくとそれができなくなってしまい、最悪、怪我に繋がっていく可能性があります。

そのため、アパレル店員を続けたいけれど辞めなければならなくなってしまいます。

辞めたい原因④ブランドイメージと年齢が合わない

アパレル販売員として長く続けたいと思っても月日が経つにつれ、年齢も重なっていくのは当然のことです。
どんなにそのブランドが好きであったとしても、イメージが合わないと言われて辞めざるを得ない場合があるのです。

年齢と近いお客様をターゲットにしているブランドに変えることが多いのですが、そのブランドが気に入らずに仕事への意欲が減ってしまうこともあります。そうなってしまうと、仕事を続けていくのは逆にストレスとなり、精神的に追い詰められてしまう可能性も。

辞めたい原因⑤将来が不安になる

仕事は好きだしまだまだできるとは思っていて、給料が低くてもやりたいことができているから満足!といった人もいるもしれません。ですが、それは今の生活を見た場合です。
長い目で…将来的な部分も見てみると不安に思えてしまうかもしれません。

それは「老後について」です。
アパレル販売員で正社員であればいいのですが、アルバイトとして働いている人は老後に受け取れる年金が正社員よりも少なくなってしまうかもしれません。アルバイトの場合、条件によっては厚生年金制度を受けられないので、その分、受け取れる年金が減ってしまいます。

働けているうちに多く貯金をしていく人はそれでも良いかもしれませんが、アルバイトの給料でそこまで貯金をするのは難しいことです。老後に対する不安がある人は、厚生年金制度を適用している会社や貯金をする余裕を持てる仕事に転職するのが良いでしょう。

仕事を辞めるに向けてすべき行動とは?

辞めると決めたのであれば、お世話になった店舗に迷惑をかけないように退職をしましょう。そのための準備とやるべきことを順に説明していきます。
仕事を辞めるタイミングや言い方などに関してこちらの「バイトを辞めるときの伝えるタイミング、言い方、伝える相手など辞め方を詳しく解説!」に詳しく記載されていますので、あわせてご覧ください。

辞めることを責任者に告げる

まず、辞めると決めたのであれば責任者(直属の上司、店長など)に伝えます。
そこでしっかり話し合い、お互いの折り合いがつくようにしてください。ここで無理に辞めようとするとトラブルに発展してしまう恐れがあるので、真摯に向き合いましょう。

退職をするにあたり、退職に必要な期間や書類がある場合は、その会社の方針に従って動いてください。

引き継ぎを行う

自分が行っていた業務を誰かが引き継ぐようになります。自分がいなくなっても問題なく仕事が進むように引継ぎ作業を行ってください。
引き継ぐ相手も、上司や店長などと話し合い、必要となる時間の確保や資料作成についても話し合いましょう。

自分の後に仕事をする人への最大の配慮となります。

最後の挨拶はしっかりと

辞めることとなり、それからは引継ぎやら近辺整理などでバタバタしていたかもしれません。ですが、最後までしっかりと対応してください。
今までお世話になった人たちへの挨拶や、もし常連客などがいて仲良くしていたのであれば、一言告げても良いでしょう。

心機一転!転職するならこの職業がおすすめ!

仕事を辞めて次に始めるならどういった仕事が良いのか。希望条件に合う職種や、アパレル販売員としてのスキルを活かせる転職先をご紹介します。

未経験からでも始められる「事務職」


今までアパレル販売員として働いてきて、それ以外のスキルがない人にとってはどの職種も未経験かと思われます。

そういった人でも始められるのが事務職です。
簡単なPC作業をメインとし、販売員とは違って立ちっぱなしの仕事にはならないので身体的にとても楽になります。また、接客スキルを活かして電話や来客対応などもできるでしょう。

休日も大体が平日勤務となり、土日祝日はしっかり休むといったメリハリのある生活が可能になります。

接客スキルを活かした「営業職」

話すことが好きだった人であれば、営業職がおすすめです。
アパレル販売員としてお客様へ服の組み合わせや着方などについてアドバイスをしていたのであれば、営業職も合うのではないでしょうか。
自社の商品をお客様へアピール・提案をし、業績につなげる仕事は目に見えて成果がわかるのでやる気も出てきます。また、成果報酬型の場合は成果を出した分、給料もアップするので収入も増えます。

ジャンルを変えての挑戦「接客・サービス業」

アパレル販売員として疲れたけれど、販売員としての仕事は好きな人はジャンルを変えてみてはいかがでしょうか?

飲食店ではホールでの接客業、デパートなどの惣菜店であれば販売員としてのスキルも活かせます。また、制服貸与の店舗も多いので服装に悩むこともありません。
アクセサリー店や雑貨店であれば、服装が自由のところも多いのでこれまでに買ってきたブランド服を活用できるでしょう。

アパレルではないにしろ、販売員としてのスキルは備わっているので業務に慣れるのも早く、重宝される可能性が高いです。

アパレルが好きなら「アパレルメーカー」

販売員は嫌だけどおしゃれは好き!という人は、アパレルメーカーの企画やマーケティングを目指す道もあります。

アパレル販売員として培ってきたスキルがあれば服の生地の性質や流行などにも敏感なので、企画提案といった部分で活躍できます。
もちろん、それまでの経験以外にしっかりとした知識が必要となるので、アパレル関連の資格を取っておくと、より採用される確率が高くなります。

アパレル関連で必要となる資格は何か、こちらの「アパレル販売で役立つおすすめの資格ベスト3を紹介!」でいくつか紹介していますので参考にしてください。

転職する際の注意点

実際、転職をするとなったらどうするべきか。転職時に困らないよう、前もって気を付けておくべきことを紹介していきます。

転職の条件は明確に

ただ闇雲に転職先を決めてしまうのではなく、自分が何に重きを置くのかを明確にすることが大切です。
平日勤務が良いのか、給料はいくらが良いのか、服装、勤務内容、勤務地など、さまざまな条件が見えてきます。ですが、その希望全部を叶える企業とはなかなか見つからないかもしれません。

そこで、自分にとってこれは外せないというものだけをピックアップしていきましょう。
「駅から少し離れていても土日が休めれば良い」「社会保険がしっかりしていれば給料が少なめでも良い」など、他は妥協しても絶対に外せないものを決めておくことで、選べる仕事の幅を増やすことができます。

転職をするなら早めに行動

もし、転職を考えているのであれば、年齢的にも早めのうちから行動することをおすすめします。

販売員以外の仕事経験がない場合は特にそうですが、未経験から始めるとなると、なるべく早めから教育をしていかなければなりません。そのため、年齢が若いと仕事の飲み込みが早く、採用される確率が高くなります。
また、企業側が年齢制限をしている場合もあるため、早めに転職をした方が仕事が見つかる確率も幅も多くなるのです。

仕事探しをするならこちらがおすすめ!

転職を希望しても次にどこで仕事をするか、雇用形態はどうするかといった悩みはつきものです。そんな悩みを持つ人におすすめする仕事探しの方法をご紹介します。

未経験のままでは不安だから経験を積みたい

未経験でも受け入れている企業はありますが、実際に未経験のまま仕事を始めると自分に合うか、長続きするかなどの不安を感じてしまうかもしれません。
そこでおすすめしたい方法が派遣社員として働くことです。
派遣会社「WILL OF(ウィフオブ)」は、未経験を受け入れている企業を多く扱っているうえに、業種の幅も広いのです。そのため、自分がやってみたい仕事があればまずは派遣社員で経験を積むことができます。
派遣社員とは、派遣期間というものがあり、契約を更新しなければ後腐れなくその会社から離れることができるのです。
派遣社員として働きつつ、様々な業種の仕事を経験すれば自分の成長につながりますし、思ってもいない仕事が自分に合うと気づけるかもしれませんね。

次に働くなら安定した収入が欲しい

アパレル販売員では体力が必要で大変なのに給料がそれに見合っていなくて不満だった人は、安定している正社員を目指してみてはいかがでしょうか。

非正規雇用でも稼げる人は稼げていますが、生涯働いていく中で稼ぐ金額はまだ正社員の方が高いのです。しかも、保険も完備されているところが多くあります。
正規雇用・非正規雇用の差についてはこちらの「【2019年最新】非正規雇用と正社員サラリーマンの生涯年収を比較!男女、学歴別手取り平均月収も」で詳しく比較されていますのであわせてご覧ください。

正社員を目指したくても中途採用だと難しいのではないか…と思ってなかなか一歩を踏み出せないのであれば「Chance work(チャンスワーク)」をおすすめします。

このサービスは、未経験でも正社員を目指す人を仕事探しから就職までサポートしてくれるのです。一人一人に向き合い、相談やサポートプランの提案をしてくれるので、安心して仕事を探すことができます。

少し年齢が高くなってしまい仕事が見つかるか不安

アパレル販売員として長く務めてきたが、年齢や体力的に厳しくなったので転職を決意したのが遅めだった人には「Chance work for 40(チャンスワーク40)」をおすすめします。

こちらは、40歳以上で正社員を目指している人をサポートするサービスです。
年齢制限があってなかなか仕事が見つからない、やりたい仕事が何か見つからない場合でも安心して相談ができ、年齢制限があってもそれに見合う仕事を一緒に探してくれるサービスとなっています。

まとめ

憧れて始めたアパレル販売員ではありますが、やっていくと様々な問題にぶつかり、やむを得ず転職することになっても安心してください。
それまでに培ってきたスキルを活かす仕事や、まったく新しい職業、やってみたかった仕事などがあれば気持ちを新たにその仕事に向けて頑張ってみるという道があります。

一番気を付けるべきは、無理をしすぎて体を壊さないようにすることです。本当に無理だと感じた時には、転職を検討してみてください。

▼▼ アパレル業界のお仕事をチェック! ▼▼
Fashion Work 希望の条件で好きなファッションを仕事にする

未経験でも転職を成功させるなら派遣がおすすめ!
転職を成功させるには、転職条件を明確にすることと早めに行動することが大切です。

アパレル以外の職種が未経験で不安な方はまずは未経験OKの求人を多く取り扱う派遣会社に登録をし、派遣として経験を積むことをおすすめします。派遣から正社員を目指すサポート行っているので、転職で悩んでいるならお問い合わせください。
派遣が気になる方はこちらから登録