扶養控除の壁を知らないと働き損になるかも!フリーターの所得税について

働き始めると、「知らない」では済まされなくなるのが税金の仕組みです。フリーターの方々は、同居家族を支えるためにも自分がもっと稼がなきゃ!と張り切っているかもしれませんが、年収によっては税金面で働き損になることをご存じでしょうか。フリーターの税金について解説します。

被扶養者のフリーターは考えるべき税金の壁

親と同居しているフリーターには、考えるべき税金の壁があります。「月にどのくらい稼いでいるんだ?」と親に聞かれても、収入を知られるのが恥ずかしくてなかなか言えていない、という人はいませんか。親は興味本位で聞いているわけではありません。あなたが稼ぎすぎると、親の税金がアップする恐れがあるから聞いているのです。

親の扶養に入っているフリーターは、自分の年収をきちんと把握しておくべきです。年収がある一定の金額を超えると親の税金や自分の手取り額に大きく響いてきます。この金額は、超えると一気に家計へ影響することから壁によく例えられ、「103万円の壁」「130万円の壁」「141万円の壁」と呼ばれています。それぞれ詳しく説明しましょう。

被扶養者の税金の第一の壁は103万円

被扶養者となっているフリーターにとって、税金の第一の壁は103万円です。年収が103万円以下の場合、所得税がかかりません。年収が103万円を1円でも超えると、所得に応じた税率で所得税がかかってくるようになります。

ここで、「バイト先から源泉徴収されているけれど、それって税金を払っているということでは?」と疑問に思った人もいることでしょう。源泉徴収票の税金欄に金額が書かれている人は、年収が103万円以下になるなら確定申告しましょう。納める必要のなかった所得税が、まるまる戻ってきます。

また、被扶養者となっているフリーターの年収が103万円を超えると、その親は扶養控除を受けられなくなります。扶養控除を受けることができていたときよりも、納めるべき税金額がアップしてしまうのです。親と同居しているフリーターにとっては大打撃ですよね。自分が稼いでも、家族の納める税金が増えたら、家計的には意味がありません。

第二の壁は130万円

税金の第二の壁は、130万円です。それまで被扶養者だったフリーターの場合、年収が130万円以上になると、社会保険料を自分で支払わなければならなくなります。扶養から完全に外れてしまうのです。

「アルバイトだから、社会保険になんて入れないのでは」と思っている人もいるでしょう。しかし、アルバイトでも、一定の勤務日数や時間数を満たせば、会社の社会保険に加入しなければならないと定められています。上司に確認してみましょう。

ちなみに、年収が130万円の場合、19万円弱の社会保険料を支払うことになります。結構な痛手ですよね。130万円を超えるようなら、割り切ってどんどん働いてしまったほうが、収入面ではいいかもしれません。

第三の壁は141万円

税金の第三の壁は、141万円です。あなたが男性の場合は、この壁はありません。既婚女性で夫の扶養に入っている場合だけ、この壁が現れます。

先ほど、「被扶養者の年収が103万円を超えると、扶養控除が受けられなくなる」と説明しました。しかし、被扶養者が配偶者の場合は、103万円を超えても「配偶者特別控除」が受けられます。この配偶者特別控除は、配偶者の年収が141万円を超えると受けられなくなります。つまり、自分が働くことによって、夫の税金が高くなってゆくのです。

壁を越えて働くと働き損になるかもしれない

02

年収が増えると自信がつきますし、欲しいものを買おうという意欲も高まってきて、生活が明るくなるでしょう。しかし、たくさん働いたその後には、税金や保険をたっぷり納めなければならないとしたら、ちょっと悔しくなってしまいます。壁を超えて働くと働き損になるかもしれないことを念頭に置いて、年間計画を立てましょう。

おわりに

「もっと働きたい」と考えたら、まずは家族と話し合いの場を持つことが一番大事です。家計を支える一員として、どう働くのが最もお得かを考えながら行動しましょう。税金のことなんて気にならないほどバリバリ働き、年収をぐんとアップさせるのもアリです!