寸志はボーナスと何が違う?社会人が知っておくべき報酬のこと

ボーナスを受け取るとき、「寸志」として支給されることがあります。「寸志って何?ボーナスと違うの?」と考え込んでしまう人もいることでしょう。寸志とボーナスの違いや、寸志をいただいたときの対応法を紹介します。

寸志とは?

寸志とは、「心ばかりの感謝のしるし」という意味です。内容は金銭や品物などさまざまですが、会社で寸志が支給される場合は、主に現金です。経営側から社員へ、日頃の働きに対するねぎらいの気持ちを表したものといえます。

また、忘年会や歓送迎会をするときに、上司から幹事役へ寸志が渡されることがあります。参加費用に1,000円から5,000円程度を上乗せした金額が一般的で、「ほんの少しですが、宴会の足しにしてください」という気持ちが表れています。

いずれにせよ、寸志は目上の人から目下の人へ渡される金品を指しています。よって、お世話になっている取引先へ、日頃の感謝のしるしとして寸志を渡すようなことは、失礼にあたります。取引先へ金品を渡したい場合は、のしがきに「感謝」や「ご挨拶」と書きます。

寸志とボーナスの違い

さて、会社側からボーナスの時期に「寸志」が出た場合は、これをどう捉えればいいのでしょうか。ボーナスでしょうか、それともただのお小遣い程度という意味でしょうか。実は、「ボーナス」でも「寸志」でも、会社側からの賞与であるという意味に違いはありません。ボーナスの名称は、とくに定められていないためです。

よって、「寸志」と称してボーナスが出る場合は、経営側の「本当はもっとたくさんの賞与をあげたいのだけれど、それが叶わないので、心ばかりの感謝を贈らせてください」という気持ちが込められています。寸志というへりくだった表現をすることで、日頃の働きへのお礼を示しているのです。

なかには、正社員へのボーナスは「賞与」、アルバイトやパートへのミニボーナスは「寸志」と呼んで区別している会社もあります。いずれにせよ、寸志としてボーナスが支給されたときには、通常のボーナスと同じように所得税の対象となります。

宴会などで寸志をいただいた時のマナー

上司などから、宴会の場で寸志をいただいたときには、幹事がその場でみんなに披露し、心遣いに感謝を述べるのがマナーです。ここで注意したいのが言葉遣いで、「寸志をいただきました」と言ってはいけません。寸志は「ちょっとばかりのお金」という意味なので、いただいた側がそのまま使っては失礼にあたります。

寸志をいただいたときは、「○○課長からご厚志をいただきました!」と呼びかけましょう。このとき、金額をそのまま言うのもマナー違反ですから、ご厚志という表現にとどめましょう。同じ意味合いの表現に、「ご芳志」があります。

幹事側からこのような呼びかけがあったら、参加者たちは「ありがとうございます!」「いただきます!」と応答します。上司本人にお酌する機会がまわってきたり、帰り際に声をかけられるチャンスがあったりしたら、必ず「本日はご厚志をありがとうございました」と言い添えるのがマナーです。

寸志にお返しは必要?

寸志には、基本的にお返しは必要ありません。ただ、心遣いには十分に感謝の意を表しましょう。その場でお礼が言えないときは、後日会ったときに「先日はご厚志をありがとうございました」と挨拶します。なるべく早めにお礼を言うのが、いただいた側のマナーです。

また宴会の場合、会費を前もって徴収しているにもかかわらず寸志をいただいたり、精算の後にいただいたりしたときには、その宴会には活かせません。そんなときには、その場で披露するにとどめ、次回の飲み会で会計の足しにしましょう。次の幹事に、忘れずに渡しておきます。

おわりに

寸志というと、普段はなかなか使わない言葉ですから、いただいたら戸惑ってしまうことも大いにあるでしょう。マナーをあらかじめ知っておけば、落ち着いて対応できます。ビジネスマナーに沿った対応を心がければ、しっかりした社会人として周囲に認めてもらえますよ。