派遣会社の正社員とは?派遣先に常駐する働き方やメリットなどを解説

派遣会社の正社員というと、派遣会社内で勤務する企業に向けた営業や派遣スタッフフォローをする担当などをイメージされる方も多いのではないでしょうか。

でも、派遣会社の正社員にはそれ以外の働き方もあります。

実は、派遣社員の働き方には、「登録型派遣」「常用型派遣」の2種類があり、「常用型派遣」は派遣会社の正社員であることが多いのです。

派遣会社の正社員として働くとはどういうことなのでしょうか?

ここでは、派遣会社の正社員としての働き方についてくわしく解説をしていきます。

派遣会社の正社員とは?

派遣会社の正社員には、2つの働き方があります。

  • 派遣会社の正社員として派遣会社の社内で勤務する
  • 派遣会社の正社員としてクライアントである派遣先で勤務する

会社によって細かい決まりが変わりますが、ここでは以下の2種類で説明をしていきます。

社内勤務型

こちらは、派遣会社の社内で勤務する正社員のことを言います。

派遣会社の正社員として雇用契約を結び、営業やコーディネーターなどの社内業務を行います。

一般的な正社員と同じ待遇を受けることができ、安定して働けるので派遣会社の社内で働きたい方はこちらの正社員を選びましょう。

派遣先勤務型

こちらは、いわゆる「常用型派遣」や「特定派遣」のことを言います。

一般的な派遣社員は「登録型派遣」といい、派遣先の企業で一定期間の契約を結んで働くことをいいます。

登録型派遣の働き方については、こちらの「派遣社員とは?正社員との違いや仕組み、給与、メリットデメリットを解説」をご覧ください。

登録型とは違い、常用型派遣は契約期間なく、派遣先の企業で常駐して働くことです。

業務内容は専門的な業務が多く、派遣先に直行直帰する場合も多いです。

そして、雇用は派遣会社の正社員ですので、派遣会社の正社員としての福利厚生や待遇を受けることができます。

派遣先で勤務するからと言って、派遣社員としての雇用になるわけではありません。

社内勤務型のメリット・デメリット


派遣会社の社内勤務には、どんなメリットやデメリットがあるのか、分かりやすくまとめていきます。

メリット

  • 派遣会社のノウハウが身につく
  • 多くの人と関われる
  • 派遣会社の勤務規定通りに働ける

やはり、社内勤務なので、自分が担当する以外にも色々な仕事を担当することがあります。

いずれの仕事も派遣会社には必要となる業務ばかりなので、派遣会社のノウハウを学ぶことができるのです。

また、業務によっては求職者と関わる機会が多いので、それだけ色々な人と話せます。

色々な人と接しながら仕事をしたい方にとっては、楽しいと思える職場と言えます。

求職者にはどんな仕事が合うのか、どんな求人が良いのかなどを自分なりに考え、提案することができるため、やりがいも感じられますよ。

そして何より、派遣会社と雇用契約を結んでいるので、派遣会社の勤務規定通りに働けます。

派遣先勤務型のようにクライアントの勤務体制によって変わることがなく、安定した仕事をすることができるのです。

デメリット

  • クライアントの声が届きにくい
  • 仕事に時間を取られやすい

社内勤務だと、派遣先であるクライアントがどういった不満を持っているか、何を希望しているかという声が届きにくいという問題があります。

状況は時間が経つにつれ変わっていくので、クライアントの希望も変わってくるものです。

クライアントが抱える不満や要望などがすぐに届かないと対応できるものであってもすぐに行動できず、満足いくサービスを提供することができません。

そして、1社ではなく複数のクライアントや求職者を担当するため、それぞれの時間帯に合わせる必要があります。

相手の都合に合わせることになるので自分の仕事の時間を取られ、ペースを乱されてしまいます。

多種多様な働き方をする方々を相手にするため、このようなことが起こってしまうのです。

自分の中でスケジュールをしっかりと管理することで、クライアントや求職者の方々に振り回されない働き方ができるようになります。

派遣先勤務型のメリット・デメリット

ここでは、特殊な働き方である派遣先勤務で働くことのメリットは何かを説明していきます。

メリット

  • 仕事や収入が安定する
  • 専門的なスキルが身につく
  • クライアントの声を拾いやすい

派遣先で勤務していても、派遣会社の正社員なので月給制です。

もし、就業先である派遣先が見つからなくて自宅待機になったとしてもその間も給料が発生するので、収入が安定しています。

派遣先勤務型は、システムエンジニアのような専門的なスキルが必要となる仕事が多くあります。

そのため、派遣では求人があまりない専門的なスキルを必要とする仕事を長期的にできるので、専門的な仕事の経験やスキルを身につけやすいのです。

派遣会社の正社員として派遣先で働く期間は、クライアントと派遣会社側でよほどの理由がない限り、期限なく働き続けることができます。

長期的に働けることで、経験やスキルだけでなく、キャリアアップも目指せます。

また、派遣先のクライアントの元で働けることで、現場の声を聞ける機会が多いのもメリットの1つです。

その理由は、現場の声を聞くことで、派遣会社に届きづらい細かい不満や希望などを聞けるようになります。

細かい部分もフォローできるようになり、クライアントがより満足してもらえるようなスピーディーな対応が可能となるのです。

デメリット

  • 身につくスキルが限定的
  • 派遣会社への帰属意識が低い

メリットでも話しましたが、派遣先勤務型の求人は専門的なスキルを必要とする仕事が多い傾向です。

そのため、専門的なスキルしか身につけることができないので、その仕事が減っていった時に苦労してしまう恐れがあります。

また、派遣先で働くので派遣会社に向かう必要なく派遣先に直行直帰するので、派遣会社への帰属意識が低くなってしまいます。

派遣会社と雇用契約を結んでいたとしても、実際に働いているのは派遣先の企業であることが要因と言えます。

派遣先勤務型の正社員と派遣社員の違いとは


これまでそれぞれの働き方について説明をしてきました。

働き方については理解しても、派遣先勤務型の正社員と派遣社員は同じように派遣先に出向いて働くのに何が違うのか、その差が明確になっていない方もいるでしょう。

そこで、ここではその2つの働き方はどこが違うのか、分かりやすく3つの項目に分けて貝絵説をしていきます。

雇用形態

明確に違うのは、雇用形態です。

どちらも雇用主は派遣会社ではあるのですが、正社員と派遣社員とで雇用形態自体が違うのです。

そのため、派遣先で働くことに変わりがなくても、業務内容や給料、待遇などに差が出てきます。

求人の傾向

派遣先勤務型のメリット・デメリット」でも話しましたが、派遣会社の正社員の求人は、専門職であるシステムエンジニアのような仕事を多く扱っています。

そのため、派遣先勤務型で働こうと思っても自分の希望する仕事が見つからない可能性もあるのです。

派遣社員であれば、求人は幅広い業種を扱っていることが多いので、自分がやりたい仕事が見つけやすい傾向にあります。

自分が希望する仕事と派遣会社が扱っている求人を比較し、どちらが自分に合っているかを派遣会社の担当者に相談してみることをおすすめします。

福利厚生などの待遇

正社員と派遣社員なので、福利厚生や待遇などが変わってきます。

たとえば、ボーナスや昇給を見ると正社員には適用されるのに、派遣社員にはそういった待遇はありません。

ほかにも、正社員はフルタイムで働くので社会保険加入の条件を満たしていることが多いので加入できます。

ですが、派遣社員の場合は、勤務時間や日数によっては加入条件を満たせずに未加入のまま仕事をしなくてはなりません。

福利厚生についても、派遣会社の正社員であれば適用されます。

このように、派遣先で働くことで同じように思えても、こういった部分は正社員と派遣社員で大きく差が出てくるのです。

社内勤務型に向いている人

正社員であれば基本的には変わらないのですが、その中でも、人材派遣会社の中で働く社内勤務型にはどんな方が向いているのか、その傾向を紹介していきます。

もし、正社員でも人材派遣会社が自分に合わなそうと思ったら別の仕事で正社員を探してみましょう。

幅広いスキルを身につけたい

社内勤務型の場合は、多くの求職者を担当することとなるので、1人ひとりに合った提案をするためのスキルが身につきます。

また、職種によっては仕事紹介から就業後のフォローまで担当することもあり、幅広い経験ができるのも派遣会社ならではの業務と言えるのです。

1人ひとりと長く付き合う仕事を担うので、書類だけでは分からない求職者の性格や好みを知り、その人に合う仕事を見つけたいと思う方におすすめの働き方ですよ。

人のためになる仕事をしたい

求職者と企業を結ぶ仕事をしているので、派遣会社で行う仕事は人の為になる仕事と言えます。

担当業務にもよりますが、コーディネーターや営業の仕事をするのであれば、人と接して仕事や求人の提案やサポートを行っていきます。

また、そうでない仕事でも、求人情報をまとめたり社内業務を支えることにより、求職者へ情報が届くので誰かの為になります。

誰かの為になる仕事をしたい方には、向いてる仕事と言えます。

派遣先勤務型に向いている人

これまで、派遣先勤務型と社内勤務型について、メリットやデメリットで説明をしてきました。

デメリットを理解した上で、派遣先勤務型で働きたいと思われたかもしれません。

ですが、自分に合っていないと長く続けることができないので、派遣先勤務型での働き方に向いている方の傾向について紹介していきます。

自分がそれぞれの働き方に向いているのか、向いていないのかを判断し、希望する働き方を選べるようにしましょう。

お客様の近くで働きたい

派遣先勤務型は、派遣先であるクライアントの元で働くので、要望や不満など現場の声を聞くことができます。

お客様の声が聞けて、それを仕事に反映させられるのが派遣先勤務型の強みです。

人と接することが好きで、お客様の近くで長く働きたい方におすすめの働き方と言えます。

専門的な知識を活かした仕事をしたい

派遣先勤務型の多くは、エンジニアなどの専門的なスキルを必要とする仕事です。

もちろん、それ以外の事務職や営業などの仕事もありますが、そちらは派遣社員でも多く扱っている業務なので派遣先勤務型での求人は少なめです。

特殊な技術やある長期プロジェクトで、必要となるスキルを持つ人材を求める会社が利用することが多いのです。

もし、派遣社員などでなかなか専門的な仕事が見つからない方がいましたら、派遣社員ではなく、派遣会社の正社員で扱っていないかを派遣会社に相談をしてみてください。

派遣会社の正社員になる方法


では、実際に派遣先勤務型や社内勤務型で派遣会社に勤務したい方はどうすればいいのでしょうか。

それぞれの方法を、分かりやすく紹介していきます。

社内勤務型の場合

派遣社員として働いていたけど、派遣会社の仕事に興味を持ち、自分も派遣会社の社内で働きたいと思った方は、2通りの方法があります。

(1)派遣会社に相談
(2)派遣会社の社内勤務の求人から応募

元から派遣社員として働いていた方は特にそうですが、派遣会社の担当者に正社員として社内で働きたいことを伝えてください。

派遣会社と一言で言っても、配属される部署によっては仕事内容が変わってきます。

まずは希望する仕事と求人している業務が合うかを探し、能力が正社員として雇う水準に達しているかなどの確認をする必要があります。

その後、担当者から実際に面接を行う社員への引継ぎなどが行われ、正社員として社内で働くようになるかを検討してもらいます。

もし、派遣社員として働いていないのであれば、通常の正社員と同じく派遣会社が出している求人を探し、そこから応募をしてください。

履歴書の確認や面接を通し、採用するかを決めてもらえます。

派遣先勤務型の場合

派遣先勤務型で働きたい方は、派遣会社に相談をしてください。

自分が働きたいと思える求人を保有する派遣会社に正社員として働きたいことを相談すれば、自分のスキルや経験などからどんな働き方が良いかを提案してくれます。

仕事によっては特殊なスキルや経験が必要となる場合があるので、その条件に満たなければ派遣社員で経験やスキルを磨く必要があります。

その場合も、どのようなスキルが必要かなどを派遣会社が提案をしてくれるので、将来的に派遣会社の正社員として働きたい方も早めに派遣会社に相談をしておきましょう。

まとめ

派遣会社の正社員と一言で言っても、派遣先勤務型や社内勤務型といった働き方がありました。

どちらも良い点も悪い点もあり、どの働き方が良いのか悩まれるかもしれません。

そんな時は、派遣会社に相談をすることで、自分のスキルや経験も考慮してアドバイスをしてもらえます。

双方の働き方を見直し、自分にはどちらが合っているのかを選択できるようにしましょう。