大企業vs中小企業!事務職にとってそれぞれの持つ魅力とは?

就職するなら大企業!そう思う人は多いでしょう。待遇面や福利厚生、それに安定性などを考えるとやはり大企業に利点が多いのは否めません。しかし実は、中小企業には大企業にない良さもあって、あえてこちらを選ぶという人も。特に事務職の場合は完全なる内勤ということもあって、条件だけではなく職場環境も重要になってきます。

そこで皆さんは事務職として働くなら大企業と中小企業のどちらが良いと考えているのか、アンケートをとって調べてみました。

5

 

待遇の良さと安定性で大企業が人気!仕事も人間関係もクールに

アンケートではやはり「大企業」と答えた人が多く67パーセント。具体的にどんなところに魅力を感じているのでしょうか。

・大企業でしょう、すべての待遇が違いますし、福利厚生も違います。(30代/男性/会社員)

・大企業が仕事が多そうだし、あまり切られることもなさそうだから大企業がいいです。(30代/女性/専業主婦)

・やっぱり、安定した大企業で働きたいし、作業もちゃんと手順が確立されていてやりやすいと思うので。(50代/男性/専業主夫)

・人数の多い職場の方が少人数の職場より割り切って仕事が出来そうだから(40代/女性/専業主婦)

大企業の利点としてはやはり福利厚生などの待遇面や安定性が大きいようですが、仕事内容や職場環境についても見逃せない点があります。大きな組織になると個人の裁量に任せる部分が少なく、作業がマニュアル化されているのでわかりやすい、という特徴が。

また人が多い分個々の関係が薄く、人間関係でも悩むことが少ないと考えている人もいます。事務職を希望する人は特に効率を重視する傾向が高いので、そういった意味でもこうした大企業ならではの特徴は希望にかなっているといえそうです。

大企業の事務職を検討している方に人気の求人

幅広く活躍できる中小企業でスキルアップを狙う!

「中小企業」を選んだ人は33パーセントと少数派ではありますが、全体の3分の1を占めており決して無視できない数字となっています。

・中小企業の方が人数が少ないので、色んな仕事をさせてくれる。経験ができるから、転職するときに、あれもこれもしてましたって言える。(30代/女性/会社員)

・事務の仕事は周りの人とのコミュニケーションが大事であり、中小企業はより親密な関係を築くことができる。(50代/男性/会社員)

・大企業だと、派閥や女同士のギスギスしたイジメなどありそうだから。(20代/女性/公務員)

・中小企業のほうがいいかなって思います。大手はライバルや規律が大変そう(30代/女性/パートアルバイト)

人によっては大企業のメリットがそのままデメリットととらえられているようです。マニュアル化された仕事では豊かな経験が積めずスキルアップが望めない、人が多いとコミュニケーションがとりにくく派閥もできやすい、など。これらをそのまま裏返すと中小企業のメリットになる、ということですね。

高待遇や安定性よりも幅広い経験をしたい、ある程度自分の裁量に任せてほしい、心地よい人間関係を構築したい、といった希望のある人にとっては中小企業の方が高評価となっています。

中小企業の事務職を検討している方に人気の求人

自分は将来どうなりたい?それも見据えて考えよう

アンケートの結果を見ると、仕事に対して求めるものが人によって違うということがよくわかります。事務職の場合、待遇面を考えれば大企業、経験を積みたいなら中小企業ということになります。安定性では確かに大企業の方が上かもしれませんが、中小企業で得た体験・スキルは将来転職することになったときには大きな武器になります。

一つの会社に長く勤めるか、実力をつけて転職するか、という考え方の違いもあるでしょう。職場を選ぶ際にはこうした将来へのビジョンも合わせて考えたいものですね。

■調査地域:全国

■調査対象:年齢不問・男女

■調査期間:2015年12月22日~2016年01月05日

■有効回答数:100サンプル

post_banner