介護の仕事とは?業務内容やメリット・デメリット・やりがいなどを紹介

介護職に興味がある、やってみたいと思っている方の中には、漠然と介護が必要な方のお世話をするのだろうと思われているでしょう。

実は、介護といっても資格の有無や施設や職場によってできる仕事が変わってきます。

介護職の中でも自分がどのような仕事をしたいのか、そのためには何が必要なのかを把握しておくことが大切です。

ここでは、そんな介護の仕事について紹介していきます。

介護職の経験がある方も、未経験の方も、自分が望む仕事を選べるようになるための参考にしてくださいね。

介護の仕事をしたいならウィルオブ・ワークにご相談ください
介護職で仕事をしたくても、どのような仕事か、何が必要かなどわからない方もいます。

派遣会社ウィルオブ・ワークでは、介護業界にも力を入れているので求人数も多く、未経験の方から資格を持って経験を積んでいる方まで、幅広い方へのサポートも行っています。まずは登録をし、コーディネーターにご相談ください。
介護派遣を希望するなら登録はこちら
介護正社員を希望するなら登録はこちら

介護の仕事とは?

介護職と聞くと、介護を必要とする方の生活を支えるお世話を行うので、大変でつらいと言えます。

それでも、人の役に立てるという魅力があるので、大変な分やりがいも感じられる仕事です。

ですが、資格があるかないかでできる仕事が変わってくるので、自分がやりたいと思っている仕事ができないこともあります。

おおまかに分けるのであれば、介護を必要とする方の身体に触れるか触れないか、に分けられます。

どのようなものが対象なのか、これから説明していきます。

資格があればできる仕事

これは、一般的に介護職のイメージとして言われるような仕事がほとんどです。

介護対象者の身体に触れて、介護をする仕事が主な内容となっています。

対象となる資格は色々ありますが、中でも基礎となるものは「介護職員初任者研修」であり、現在は廃止されている「ホームヘルパー2級」と同等の資格と言われています。

この資格を持っていれば、介護を必要とする方の食事・入浴・排泄などの日常生活の手伝い、洗濯や掃除といった身の回りの世話をすることが可能です。

勤務先も施設だけでなく、介護を必要とする方の自宅に訪問して行うこともできるので、活躍の場は幅広いと言えます。

また、直接世話をするだけでなく、ケアマネージャーや介護事務のような介護を必要とする方と介護士が円滑な仕事をできるサポートをするための資格もありますよ。

介護職で必要となる資格については、こちらの「介護の仕事で役立つ6つの資格とは?おすすめの資格や目的別で詳しく解説」でも紹介しているので、あわせてご覧ください。

資格や経験がなくてもできる仕事

基本的に行う仕事は、介護対象者の身体に触れない仕事を行います。

たとえば、施設内にあるベッドメイク・清掃・調理、そして介護士の方をサポートする業務などが当てはまります。

介護を必要する方を直接お世話することはないのですが、いずれの業務も介護施設にとっては大切な業務です。

自分はサポートだから、と手を抜いたり勤務態度が悪かったりすると、施設のスタッフ間で良いコミュニケーションが取れなくなってしまいます。

また、ご家族の方が出入りされるような施設であれば顔を合わせることもあるので、元気で明るい挨拶や誠意ある態度などが求められます。

施設や職場について

ここからは、実際にどのような場所で働くようになるのかを紹介します。

大きく分けて3種類ありますので、覚えておきましょう。

入所型施設

この入所型は、老人ホームや介護老人保健施設など介護を必要とする方が施設内で生活をする形態のことです。

生活のすべてを介護スタッフに任せることができますし、ほかの入所者との交流もできるので安心して生活することができます。

また、中には認知症や身体が不自由な方のために医師が駐在しているところもあるので、医師の方の指示に従ってサポートする業務も出てきます。

夜間も何があるかわからないので、夜勤が発生することがありますよ。

通所型施設

通所型は、デイサービスやデイケアのような施設に自宅から通い、日中は施設で介護やリハビリなどのサポートを受ける形態です。

介護を必要とする方のお世話だけでなく、利用者同士の交流の場として楽しく過ごせるように施設を工夫したり、レクリエーションを考えたりすることが大切です。

他の施設形態と比較すると、日中だけなので身体的負担は軽減されますよ。

訪問型

訪問型は、介護を必要とする方の自宅に向かい、日常生活や清掃などの介護をする形態です。

それぞれの家庭のルールがあるのでそれに準じた介護をしなくてはならないため、慣れないうちは大変と感じる方もいます。

ですが、自宅での介護なので利用者の精神的な負担は軽減されますし、介護士も1人に対しての世話を行うので、身体的な負担が少ないのです。

1人の方とじっくり向き合いたい方は、訪問型で働くことをおすすめします。

介護職のメリット・デメリット


これまで、介護職の仕事について話してきたので、ここからはメリット・デメリットを紹介していきます。

メリットやデメリットを考慮し、自分でも働けそうかなどの目安にしてくださいね。

メリット

  • 年齢や性別関係なく働ける
  • 求人の需要が安定している
  • 家族の介護に活かせる

介護職は、大変でつらい仕事と言われているため常に人手不足の状態なので、求人の需要は常にあって安定しています。

未経験の方でも働ける求人もあるので、長く介護職で働きたい方は仕事がなくなる不安はほかの業種に比べて少ないと言えます。

また、年齢や性別関係なく働けるということも、長く続けたい方にとっては嬉しい仕事です。

自分が年齢的に高くなってしまっても、介護で大切な明るく元気で丁寧に、誠意ある態度で接することができれば介護職で働くことができますよ。

もし介護職を辞めることになったとしても、それまでに得た介護に関する知識は、将来的に家族で介護が必要になったとき役立ちます。

デメリット

  • 精神的・肉体的に大変
  • 夜勤の可能性がある
  • 資格がないとできないことがある

やはり、介護をする仕事は大変なので体力が必要となります。

1人ひとり個性があるので、苦手な方の世話もしなくてはならない場合もあり、精神的にストレスを感じてしまうこともあります。

また、介護職は給料が低めの傾向ではあるのですが、こちらは工夫次第で給料を上げることができます。

時給相場などについて「介護派遣の時給相場はいくら?介護職の給料比較や時給アップの方法を紹介」で解説しているので、あわせてご覧ください。

施設によっては夜勤もあるので、もしかしたら夜勤を任されることもあります。

夜勤をしたくない方は、夜勤の可能性が低い通所型施設を選ぶようにすることで不安が軽減されますよ。

そして、業務内容は最初に話したように、資格の有無でできる仕事が変わってきます。

自分がやりたい仕事を目指すには、資格取得を目指さなくてはならない可能性もあるので、働きながら資格取得の勉強することは大変です。

派遣会社やハローワークなど、働き方の相談ができるところに相談をすることで働きながら資格取得を目指せる方法を一緒に考えてもらえます。

介護職のやりがい

介護職は、大変な仕事という印象があるかもしれません。

ですが、どの仕事でもそうですが、大変な中にもやりがいや魅力を感じる部分はあるものです。

ここでは、そんな介護職のやりがいについて紹介していきます。

人の役に立てる

介護職を目指す方は、やはり誰かの役に立ちたいという気持ちを強く持っています。

そのため、介護を必要とする方にとってはとても魅力的な仕事と言えます。

また、誰かをサポートした後に「ありがとう」とお礼を言われることも多くあるので、やりがいにもつながりますよ。

コミュニケーションが取れる

介護をするには、やはり介護を必要とする方とのコミュニケーションは必要です。

他にも、ご家族の方やスタッフ同士の交流も必要なので、人と接することが好きな方には良い環境だと言えます。

会話をするだけでなく、レクリエーションを行ったりすることもあるので、どんなことをしようかと考えるのも楽しいですよ。

キャリアアップを目指せる

介護職は、資格がない方でも始められる仕事があるので、未経験の方でも始められる職業です。

また、資格を保有しているとより多くの業務を任せられるのでキャリアアップを目指せますよ。

将来的に長く介護職の現場で働きたい、介護関連の施設を立ち上げたいと考えているのであれば、資格取得を目指してキャリアアップすることをおすすめします。

介護職に向いている人の傾向


ここで、介護職はどのような人に向いているのかを紹介します。

ただ、傾向が必ずしも当てはまるわけではないので、目安として覚えておいてください。

  • 介護職をやりたいと思っている人
  • 人の世話をするのが好きな人
  • 人とのコミュニケーションを取るのが好きな人

介護職は、これまで何度も話しているように大変でつらい一面がある仕事です。

そういった仕事を続けるには、やはり介護職をやりたい、人の世話をすることが苦じゃないと思っている方に向いていると言えます。

もちろん、資格の有無でできる仕事が変わってきますが、いずれも介護を必要とする方のためになる仕事です。

そう思いながら頑張れる人には、向いている仕事だと言えます。

また、介護を必要とする方だけでなく、施設内のスタッフの方とのコミュニケーションも大切です。

スタッフとの連携を取り、施設を利用する方にとって良い対応を取れるようにすることで、安心して任せてもらえるようになります。

施設によっては、レクリエーションを考えたりもするので利用者とスタッフの一体感を得られますよ。

コミュニケーションを取りたい、人との交流が好き、といった方にも介護職は向いているのです。

派遣社員で経験を積むのもおすすめ

もし、介護職の経験がない、以前働いていたけどブランクがあるといった場合は、いきなり介護職を始めるのに不安があります。

そこで、正社員として働く前に派遣会社に登録をし、派遣社員として働いてみませんか?

派遣会社からのサポートがありますし、介護職に特化した会社であれば保有する求人の中からおすすめの介護の仕事を紹介してもらえます。

1人では大変でも派遣会社のコーディネーターからのサポートを受けられるので、安心して介護職に専念することができますよ。

派遣会社ウィルオブでは、介護派遣に特化した「お仕事紹介サービス」を提供しています。

また、資格も経験もあるから正社員として働きたい方には、こちらの「介護ワーク」もあります。

自分がどう働きたいかを検討し、一度相談してみましょう。

まとめ

介護職と言っても、資格の有無や施設の傾向などによって働き方は変わってきます。

長く介護職で働きたい方には資格は必須となるので、現場で経験をしながら資格取得を目指してみましょう。

1人では難しい方であれば、資格取得のためのスクールや講習を受けることをおすすめします。

人材派遣会社ウィルオブ・ワークでも介護資格を取得するためのスクール「WILLOFケアアカデミー」があります。

経験豊富な講師がついてくれるので、キャリアアップについても相談することができますよ。

介護職は大変な仕事と言われますが、誰かのためになる仕事でもあるのでやりがいを感じられます。

少しでも興味がある方は、是非一度検討してみてください。

介護業界で働きたい方はウィルオブ・ワークにご相談を!
介護職で仕事を探そうとすると、資格を保有していることが条件とされていることもあり、未経験の方にとっては難しいこともあります。

派遣会社ウィルオブ・ワークは、介護業界にも力を入れているので、未経験の方でもできる仕事も扱っています。もちろん、資格がある方に紹介する仕事も多く保有していますよ。
介護派遣を希望するなら登録はこちら
介護正社員を希望するなら登録はこちら