アパレル販売員で働くなら派遣社員がおすすめ!理由や働き方などを紹介

アパレル販売員は給料が低いとよく聞きますよね。

確かに他の業種に比べれば給料は低めに見えますが、それはアルバイトとして働いたときのことです。

実は、アパレル販売員でも「派遣社員」ならば、高い時給をもらえたり、アルバイトには無いお得なメリットがあったりとおすすめの職種なんです。

そこで今回は、アパレル販売員として働くなら派遣社員がおすすめな理由を、ほかの雇用形態と比較をしながら説明していきます。

また、派遣社員については、こちらの「派遣社員とは?正社員との違いや仕組み、給与、メリットデメリットを解説」で詳しく紹介しているので、あわせてご覧ください。

アパレル販売員の経験がない方は派遣社員で経験を積むことがおすすめです
アパレル販売員は定収入という印象は少なからずありますが、実は派遣社員であればアルバイトに比べ時給は高く、シフトにも自由が利きます。

そのため、アパレル販売員として働きたい方は、派遣社員という働き方を検討してみませんか?希望条件に合わせた仕事の提案もできますので、自分に合う働き方を目指せます。
まずはこちらから登録

雇用形態は派遣社員がおすすめな理由

正社員は安定していますが、拘束時間が長かったり、責任がある仕事をするなど、人によってはそれを窮屈に思うかもしれません。

そういった人には、派遣社員での働き方がおすすめです。

派遣は、いろいろな職場で働くことができるため多方面のスキルを伸ばすことが可能です。

また自分に合わせた時間で自分のスキルを存分に生かした働き方ができるのも魅力の一つです。

そのため、仕事とプライベートを自分で調整したい人や、自分のスキルを存分に発揮して仕事をしたい人にはおすすめの雇用形態だと言えます。

アルバイトやパートではなく派遣をおすすめする理由

バイトやパートは、学生や主婦、Wワークをしたい人におすすめの働き方となるため、自由度はありますが、少し給料が低めとなります。

ですが、同じように自由度はあるのに派遣は給料が高めとなっています。

それはなぜなのか?

実は、交通費が給料に含まれていたり、直接雇用するよりも税金などの面で安く済むといったような理由があるため、派遣は給料が高めになっています。

さまざまな要素が含まれているため、場合によっては正社員よりも派遣の方が給料が高くなることもあります。

アパレル販売員をやるなら派遣がいい理由


先ほど話したことは、全体的に見た派遣をおすすめする理由です。

ここからは、アパレル販売員に絞ってなぜ派遣がいいのかを解説していきます。

アパレル販売員は経験を積んで成長する

アパレル販売員とは?仕事内容やメリット・デメリットや接客術などを解説」でも話しているように、接客技術やファッションセンスなどは実際に働いて得られる技術となります。

その点、いろいろな職場で働ける派遣社員は多くの職場を経験できるので、うってつけの働き方といえます。

またそれだけではなく、派遣会社では未経験の人を受け入れる求人を多く扱っています。

そのため、これからアパレル販売員をやってみたいと思う人でも仕事が見つけられるのも嬉しいメリットです。

正社員だと同じ職場で限られた経験しかできず、アルバイトやパートだと未経験で受け入れてくれるところを見つけることが困難となるので、こうした点からも派遣社員として働くことの利点がわかりますね。

自分の仕事に専念できる

正社員の場合、販売員としての仕事以外にも、新人の指導やシフト管理など責任のある仕事もやらなくてはいけません。

こうした業務が苦痛と感じる人にとっては、負担となってしまいます。

ですが、派遣社員は与えられた仕事に取り組むことが優先されるので、自分の仕事に専念することができます。

派遣会社のサポートがある

派遣とは、派遣会社に登録をして、紹介される派遣先で勤務する形式となっているため、派遣会社の担当が必ずついてくれます。

この担当者と密に話し合いをして就業先を決めるため、自分のことをよく理解してくれている人といえます。

仕事を探すときだけでなく、就業先での疑問や悩み、不満なども聞いてくれるのでサポートが充実しているのも、派遣ならではの大きなメリットになります。

給料が高めで社員割引制度が利用できる

アパレル販売員は、雇用形態で時給の差が顕著に出ているので、実際に雇用形態別で給与の違いを比べてみましょう。

■雇用形態別平均給料
雇用形態給与
正社員月給:約20万円(時給:約1100円)
派遣社員時給:1200円~1500円
アルバイト・パート時給:最低賃金~1200円

時給で計算をすると、正社員よりも派遣社員のほうが稼げる!なんてこともあるんです。

一方のアルバイトはやはり低めの給料となります。

最低賃金によっては時給が800円や900円のように1000円もいかないこともあるのです。

アパレル販売員は、勤務先であるブランドの服を購入し、それを着ながら接客をしなければなりません。

言い換えれば、就業先の服が制服の代わりとなるのです。

この服を購入するのにもお金がかかるので、アルバイトやパートなどの時給が低い雇用形態だと厳しいでしょう。

その点、正社員や派遣社員であれば、社員割引を利用することができるので、お得に購入することができるというメリットもあります。

値の張る服を買わなければならない点を含めると、アルバイトではなく派遣社員くらいの給料は必要になります。

派遣だと不安な面もある

これまで派遣社員として働くと良い理由を話してきましたが、もちろんそれだけではなく、派遣ならではのデメリットと感じる面もあります。

そのデメリットとなる点を3つ紹介していきます。

同じ職場では最長3年までしか働けない

正社員やアルバイトなどは、企業との直接雇用を結んでいるので雇用期間に制限はありません。

そもそも派遣社員とは、臨時的・一時的な利用を目的としています。

ほかにも、正社員の仕事を奪うような常用代替の防止、派遣社員の方により良い条件で働ける機会を与える、派遣先企業への直接雇用に切り替える提案をするなどの目的も含まれています。

そのため、最長3年とし、その途中でも一定期間の派遣先企業との面談が設けられているのです。

派遣社員には雇用期限があり、面談の内容によっては3年よりも早くに契約満了を迎えてしまうこともあるため、仕事が安定しないというデメリットが出てくるのです。

しかし、これにはちゃんとした理由があり、派遣社員のためでもあるので、もし長期的に働きたい企業を見つけたら派遣会社にご相談ください。

派遣法3年ルールについては、こちらの「派遣3年ルールの概要は?メリット・デメリットや働き方6つのコツを紹介」でも解説しているので、気になる方はご覧ください。

働き方で収入に大きく影響が出る

正社員の場合は月給制なので、毎月の収入に大きな差が出ることはほとんどありません。

ですが、派遣社員の場合は時給制のところが多く、働いた分だけ収入を得られます。

働く時間が少なければ少ないほど収入は減り、多く働いたらその分収入が増えるので、そのあたりの調整が難しい働き方と言えます。

勤務時間を増やしたり、時給が高めの求人を選んだりしましょう。

なかなか調整がうまくいかない場合は、派遣会社の担当者に相談をすることで、派遣先企業との交渉や新たな求人を提案してもらえたりしますよ。

福利厚生がつかないこともある

福利厚生には、「法定福利厚生」「法定外福利厚生」の2種類があります。

正社員であれば両方適用されるのですが、派遣社員の場合は働き方や派遣会社によって福利厚生がつかないこともあるのです。

よく勘違いされてしまうのですが、派遣社員の雇用主は派遣会社なので、福利厚生の内容は派遣会社のものが適用されます。

福利厚生について調べる際は、派遣先企業のものではなく、派遣会社の規約を調べてください。

わからないことや、適用条件を詳しく知りたい方は、登録している派遣会社に相談をしましょう。

全体的なバランスを考えると派遣が一番おすすめ


アパレル販売員がなぜ派遣に向いているのか理由を説明してきました。

ほかにもシフトが選べるのでプライベートの時間が確保できる、仕事を探すのも派遣会社の担当者が紹介してくれるので苦労せず好条件の仕事を紹介してもらえるなど、いろいろなメリットはあります。

これらを考慮した結果、一番給与と労働のバランスがいいのは派遣社員という働き方になります。

デメリットとなる交通費についてですが、給料に含まれてしまって別途で出ない場合は、自宅から近い勤務地を希望し、派遣会社の担当者と相談して決めれば最小限で抑えられます。

また、派遣なので契約期間があるのは規則なので仕方ありません。

ですが、勤めていたブランドが好きであれば、店舗が変わっても同じブランドで次の勤め先を探せば見つかるのでさほど問題ありません。

つまり、デメリットに関しては派遣会社との相談次第で解決できることが多いのです。

たとえデメリットがあったとしても、これらのメリットを見れば派遣社員という働き方が一番おすすめの雇用形態と言うのも納得できますよね。

結論:アパレル販売員をするなら派遣社員がおすすめ

では、今までのことを一覧でまとめてみます。

  • 時給で比較をするとアルバイトや正社員よりも給料は高い
  • 自分のやりたい仕事に専念できる
  • 好きなブランドの服を社員割引で購入できる
  • いろいろな職場で働くことができるため多方面のスキルを伸ばすことができる
  • 派遣会社の担当者が紹介してくれるので自力で探さななくても好条件の仕事を紹介してもらえる

デメリットがあるものの、メリットと思える部分の方が大きく感じられます。

アパレル販売員として働くのであれば、場数を踏んで実際の店舗で対応できるようにならなければなりません。

その点、派遣という働き方であれば様々な店舗での経験が踏める上に、アルバイトやパートようにシフトが選べるのに給料が高いので自分に合わせた働き方ができます。

アパレル販売員の経験がない人にも、経験してきた人にも適した働き方といえます。

派遣社員として働きたいのであればこちらのウィルオブがおすすめ!

アパレル販売員のお仕事を探すのであれば、派遣会社ウィルオブ・ワークが運営しているFashion Workがおすすめです。

ウィルオブ・ワークは、アパレル・コスメ業界の求人が多く、未経験OKの求人情報を多数扱っていますので、アパレル業界でキャリアを磨きたい方にもおすすめです!

まずは気軽に相談をしてみはいかがでしょうか。

条件や勤務地などを担当者と話し合うことで、きっと希望に合う就業先を見つけることができますよ。

まとめ

派遣のアパレル販売員、いかがでしょうか?

アパレル販売員として、一番欲しい経験を積みつつお金も稼げる働き方が派遣であることに少しでも「なるほど!」と思っていただければ幸いです。

より自分に合った働き方を検討し、思い描くアパレル販売員となれるよう頑張っていきましょう!

▼▼ アパレル業界のお仕事をチェック! ▼▼
Fashion Work 希望の条件で好きなファッションを仕事にする

アパレル販売員の派遣社員は自分に合う働き方を目指す方にピッタリ!
アパレル販売員として働くには、身だしなみに気を遣う必要があるので何かと出費が多い職業です。そこで、時給が高めで希望条件に合わせた働き方ができる派遣社員で働きませんか?

アパレル・コスメ業界の求人を多く取り扱っているウィルオブなら、希望に合う仕事も見つかる可能性が高いので、まずは派遣会社に登録をし、担当者にご相談ください。
登録はこちら