フリーターでも就職できる?正社員を目指せるおすすめの職種とは

学校を卒業後、定職につかずフリーターとして働いていた人も、20代半ばを迎えると「そろそろ就職したい」と感じ始める人が多くなります。とはいえ、ずっとフリーターを続けていた身では、はたして自分を採用してくれる企業があるのか、正社員としてきちんと働けるのか……と不安は募るばかりです。

しかし、決してあきらめる必要はありません。未経験者には未経験者の就職を成功させるコツがあります。ここでは、フリーターが就職しやすい仕事の種類や、就職・転職活動を成功させるためのポイントをお伝えいたします。

未経験から正社員になるのが不安なら派遣から始めるのもおすすめ
フリーターからいきなり正社員を目指そうと思っても経験不足から不安に感じてしまう方も多くいます。ですが、未経験だからといってあきらめる必要はありません。

まずは経験やスキルを積むために派遣からはじめてみるのもおすすめです。将来どんな働き方がしたいかを派遣会社の担当者に相談をしてみてください。

気になる方はこちらから登録

フリーターが就職を考えるのはどんなとき?

今までなんとなくフリーターを続けてきた人も、次のようなきっかけで就職しようと考えることが多いようです。

収入が不安定

フリーターは気ままに働ける反面、時給が低いのが最大のデメリットです。正社員が年齢とともに収入が上がるのに対し、フリーターはほぼ横ばい状態となっています。また、アルバイトやパートの場合、シフト制で働くことがほとんどなので、企業や店舗の都合によってシフトが削られ、収入が急に減ってしまう可能性も考えられます。

将来が不安

フリーターは厚生年金や社会保険に加入していないことが多く、万が一の病気やケガ、失業時に、たちまち生活できない状況に陥るリスクがあります。今後、両親が高齢になれば、いざというときに頼ることもできません。そのため、今の生活費はなんとか稼げていても、将来に対して漠然とした不安を抱えている人が多いようです。

フリーター仲間が就職した

同じようにフリーターとして働いていた仲間が次々と就職を決め、充実した生活を送っているのを目の当たりにすると、自分だけが置いてけぼりを食らった気持ちになるのではないでしょうか。そうした状況の中で「このままではいけない」と焦りを感じ、就職活動を始めたという声もよく聞かれます。

社会的地位が低い

一般的にフリーターは社会的地位が低く、年を重ねれば重ねるほど世間の風当たりが強くなる傾向があります。収入も不安定なため、住宅ローンや自動車ローンの申し込みをしても審査に通りにくいでしょう。将来「結婚をして子どもが欲しい」「マイホームが欲しい」と考えたときに、社会的信用度が低いままでは実現は難しいかもしれません。

脱フリーター!私はチャンスワークで正社員に慣れました!段階を踏んで正社員になれる。

企業はフリーターの採用をどう考えているの?

いざ就職活動を始めたときに、フリーターは企業からどう見られるのでしょうか。厚生労働省が実施した調査によると、正社員を採用する際、約半数の企業が「フリーター」よりも「新卒」や「他社の社員」を優先したいと考えていることが明らかになりました。

しかし、実際にフリーターを採用した企業が、そのスキルに下した評価は決して低くありません。特に、仕事への責任感や、熱意、人格や人柄に対する満足度は高い結果となりました。

この結果から、たとえフリーターであっても、仕事に対する熱意や意欲をうまくアピールできれば、採用のチャンスがあるといえるでしょう。

フリーターが就職しやすい職種とは?

フリーターが就職を目指す場合、特殊なスキルや実務経験が必須の職種だと、いきなり正社員として採用されるのは難しいかもしれません。

反対に、人間性や人柄、社会人としてのマナーといったヒューマンスキルが重視される仕事なら、フリーターからでも努力次第で正社員になれる可能性があります。また、慢性的に人材不足の業界であれば、新しい人材を積極的に採用したいと考えているはずです。

フリーターが就職しやすい仕事の具体例として、次の5つが挙げられます。

一般事務職

事務職は安定性の高さと働きやすさから、女性にとても人気がある職種です。事務職には、経理事務や貿易事務、営業事務、医療事務などさまざまな種類があります。その中でもフリーターがトライしやすいのが一般事務職です。基本的なパソコン操作ができれば、未経験からでも働くことができます。

ただし、近年では機械化が急激に進んでいることから、求人募集はあまり多くありません。一般事務職で正社員を目指すのであれば、競争率の高さを覚悟しておいたほうがよいでしょう。

オフィスワークやデスクワーク希望の人におすすめなのが、コールセンター業務です。常に求人が出されているので、人と話すのが好きであれば未経験でも就職しやすいといわれています。全体的に高時給で募集されており、他の事務職に比べると服装や髪型の自由度が高いのが特徴です。

営業職

営業職は特別な資格を必要とせず、人間力が物を言う仕事です。求人件数が豊富にあり、フリーターが正社員として就職しやすい職種の1つといえるでしょう。営業は大変という印象があるかもしれませんが、頑張った分だけ成果につながりやすく、やりがいや手応えを感じられる仕事でもあります。

技術職

具体的な職種でいうと、IT系のエンジニアやプログラマーが該当します。急激な成長を遂げているIT業界は、業務を担う人材の育成が追いつかず、未経験者の採用を積極的に行なっています。新しい知識や技術を学ぶのが苦でなければ、フリーターでも比較的チャレンジしやすい職種です。

販売、サービス職

スーパーやアパレル、商業施設、飲食店などのスタッフとして、顧客に商品やサービスを提供する仕事です。特別な資格がいらず、未経験者でも応募できる求人が多いので、フリーターでも採用されやすいでしょう。接客が好きな人であれば、誰でもチャレンジできます。ただし、給料の面では他の業界に比べて低い傾向にあります。

介護職

少子高齢化に伴い、介護業界は常に人手不足に悩まされています。フリーターが就職しやすい職種の筆頭に挙げられており、「最後の砦」と考えている人も多いかもしれません。低賃金でハードワークという印象が強い職種ですが、働きながら上位の資格を取得すれば、キャリアアップしながら収入を上げることも十分可能です。

  • 事務職
  • 営業職
  • 販売、サービス職
  • 介護職
  • コールセンター
  • 保育士

上記の求人が豊富なチャンスワークで正社員になりませんか。

向いている仕事がわからない!そんな人には派遣社員がおすすめ

フリーターにとって、いきなり正社員の求人に応募するのは少しハードルが高く感じられるかもしれません。実際、いざ就職活動を始めても「どんな仕事が自分に向いているのかわからない」と思い悩む人も多いようです。そうした自信のなさから、就職活動が円滑に進まないこともあるでしょう。

フリーターが就職する選択肢の1つとして、派遣社員として働く方法があります。派遣社員なら、いろいろな仕事を経験できるため、自分の適職を見つけられます。紹介予定派遣であれば、派遣社員として実務経験を積みながら、正社員を目指すことも可能です。

派遣会社の多くはサポート体制も充実しています。無料や格安のスキルアップ講座を受講できる上、コーディネーターによるアドバイスや相談も可能なので、経験の少ないフリーターにとって力強い味方となってくれるでしょう。

まとめ

現在フリーターだからといって、正社員を目指すのをあきらめる必要はありません。たとえ未経験でも、企業に仕事への責任感や熱意が伝われば、正社員として就職するのは十分に可能です。

フリーターから正社員として就職したい人は、未経験でも歓迎される職種を選ぶことをおすすめします。どんな仕事が自分に合うかわからないと悩んでいる人は、派遣社員として働くのも1つの手です。

派遣社員としていろいろな職種を経験するうちに、自分に合った仕事を見つけられるでしょう。フォロー体制も万全に整っているので、正社員への就職をスムーズに進めたい人はぜひ活用してください。

参考サイト:

 

フリーターからでも正社員になれる!まずは派遣で経験やスキルを積みましょう
正社員になれる確率を高めるには経験やスキルと身につけることが重要です。

そこで、どんな経験やスキルを積んだらよいのか、どんな仕事が合っているのか悩んだら派遣会社に相談することをおすすめします。派遣会社であればあなたに合った働き方で正社員を目指す方法を提案してくれるので、一人では不安な就職活動もスムーズに進みますよ。一緒にあなたに合う働き方を探しましょう。
まずはこちらから登録