再就職手当をもらう条件とは?もらえる金額やいつ支給されるかも徹底解説

「失業保険を受けるからには、できるだけ再就職を引き延ばして上限ギリギリまで手当をもらわないと損をする」なんて考えている人はいませんか。

失業保険を受給しながら早めに就職が決まれば、再就職手当がもらえます。

再就職が決まるタイミングなどには条件がありますから、制度概要と受給要件をきちんと確認しておきましょう。

ここでは、そんな再就職手当の受給条件や計算方法、そして、もらえなかった場合の対処法などについて解説していきます。

再就職手当は派遣社員にもある!4月から条件を満たして働きませんか?
再就職手当は、派遣社員でも条件を満たせば受け取れます。大切なのは、条件を満たした働き方をしているかです。

4月スタートの仕事も増える今の時期だからこそ、自分に合う再就職手当の受給条件を満たした働き方をしてみませんか?わからないことを派遣会社に相談をすることで、条件に合う仕事を提案してくれますよ。
まずはここから登録

目次

再就職手当とは?

再就職手当とは、失業保険の給付を受けている期間中に再就職が決まった場合、支給残日数が3分の1以上あり、一定の要件を満たせばまとまった金額が支給されるものです。

支給額は、支給残日数×基本手当日額×給付率です。

給付率は支給残日数によって違い、残日数が3分の2以上ある場合は70%、3分の1以上3分の2未満の場合は60%とされています。

再就職手当は、支給残日数の支給額が全額もらえるわけではないので、一見損をしているように見えるかもしれません。

しかし、当然のことながら、再就職すればお給料が入ります。

お給料をもらえるうえに、再就職手当が手に入るのですから、結局は得をしているのです。いわば、お祝い金をいただけるようなものです。

再就職手当の計算方法

では、再就職手当をもらえる場合、どのくらいもらえるかを計算式で知っておきましょう。

いくらもらえるかを知ることにより、早期就職でどれだけ多くもらえるかが分かってきます。

「計算式」

    支給残日数×基本手当日額×給付率

給付日数が120日あり、基本手当日額が4000円の方の場合で計算式に当てはめていきます。

どれだけ就職までの日数でどれだけ再就職手当の金額が変わるかを比べていきましょう。

「給付日数を60日残して再就職した場合」
4000円×60日×60%=144000円

「給付日数を80日残して再就職した場合」
4000円×80日×70%=224000円

以上のようになります。

ですが、この基本手当日額には上限があり、離職時の年齢が60歳未満であれば、基本手当日額は6,195円が上限です。

60歳以上65歳以下の場合は、5,013円が上限となります。(令和2年8月現在。毎年8月1日に変更)

比較した通り、早ければ早いほど多くの再就職手当がもらえることがわかります。

折角なら失業保険を全額貰おうと思っている方も、もしかしたら早期就職を目指した方が多くの手当てがもらえる可能性があるので、是非早い就職を目指して活動してください。

再就職手当の受給条件


再就職手当をもらうには、タイミングの他に次のような条件があります。

条件を満たせば、正社員や派遣社員など雇用形態に関係なく受けることができます。

待期期間を満了している

失業保険を受給するためには、受給手続きをしてから7日間の待期期間を経なければなりません。

この7日間のうちに早々と再就職が決まったら、再就職手当はもらえません。

支給残日数が3分の1以上ある

失業手当の所定給付日数の3分の1以上あれば受け取れます。

この3分の1以上というのは、就職日の前日までの日数を指しています。

離職前の事務所へのリターンではない

退職した会社に再雇用となる場合は、再就職手当が出ません。

違う会社に就職した場合でも、退職した会社と資本面や人事面で密接なかかわり合いがある場合は、受給できません。

給付制限のある場合は紹介元に制限がある

自己都合での退職などで給付制限を受けている場合は、求職申し込みをしてから1ヶ月の間は、ハローワークあるいは職業紹介事業者の紹介によって就職しないと、支給の対象にはなりません。

職業紹介事業者とは、民間の人材あっせんサービスを指します。

自営を開始した場合も、同じように1ヶ月の期間経過後からが支給対象となります。

雇用保険の被保険者として1年以上勤務することが確実

再就職先で、正社員扱いなど雇用保険に加入する見込みがあることが要件です。

また、1年間の有期契約などによる雇用は、常用雇用とみなされず受給できません。

ただし、派遣社員の場合は例外の場合があります。

詳しくは、「派遣社員に再就職手当はある?」をご覧ください。

過去3年以内に再就職手当や常用就職支度手当の受け取りがない

再就職した時に受け取る以外にも、事業を始める際に受け取った場合も受け取ったこととなり、対象から外れてしまいます。

過去に再就職手当などを受け取ったことがある方は、いつ受け取ったかを確認しておきましょう。

受給資格決定の前に内定している会社がない

もし、離職してから受給資格決定の前から内定したと分かっている会社がある場合は対象から外れます。

再就職手当の支給決定日までに離職していない

再就職が決まったとしても、支給日が決定するまでに離職をしてしまうと、対象から外れてしまいます。

決定日のすぐ後に離職した場合は、状況によっては再就職手当てが支給されるのではなく、失業手当ての残りの受給する分の金額が支給されることもあります。

もし、すぐに離職してしまった場合は再就職手当がどうなるのか、ハローワークに問い合わせてみましょう。

再就職手当はいつもらえる?

受給については理解されたかと思います。

では、実際にこの手当がもらえるのはいつになるのでしょうか?

結果から言うなら、手当が支給されるのは「再就職(入社日)が決まってハローワーク(公共職業安定所)に報告をしてから約1ヵ月後」です。

さらに詳しく言うと、ハローワークから届く再就職手当支給決定通知書を提出してから1週間以内で振り込まれます。

再就職手当を支給してもらうには、まずはハローワークへ就職が決まったことを報告します。

その後、ハローワークより再就職手当に関する書類が入った封筒が届きますので、それを提出し、支給が行われます。

当然のことではありますが、再就職日や報告、振込先の金融機関の営業日などによって受け取る期間が延びる可能性があるため、早くに手当を受けたい人は早めに報告をしておきましょう。

再就職手当を受け取るまでの流れ

では、実際にどのような流れで再就職手当が受給されるのか、流れの説明をします。

基本的にはハローワークに申請をすれば書類を渡されるので、その時に受ける説明の通りに進めていきましょう。

    (1)再就職が決まったらハローワークへ報告
    (2)再就職手当支給申請書を受け取り、新しい就職先の会社から証明書を貰う
    (3)書類に必要内容を記入
    (4)再就職してから1ヶ月以内に書類を提出
    (5)ハローワークの審査後、問題がなければ支給

ハローワークで書類を受け取った後は、指示に従って書類に必要内容を記入し、就職したという証明のために就職先の企業から証明書を受け取れば再就職手当の申請は完了です。

特に問題がなければ、約1ヶ月ほどで受け取れます。

支給残日数が少なすぎると手当が受けられない

再就職手当の受給条件」を満たしていても、再就職手当を受けられない場合があります。

それは、「支給残日数が3分の1未満」であること。

再就職までに時間がかかってしまい、残り日数が少ないと手当の対象外となってしまうので、最初に自分がいつまでに再就職が決まれば再就職手当を受けられるかを確認しておきましょう。

再就職手当に関する疑問点


ここからは、再就職手当を受け取るにあたり、よく疑問に思われる点について解説していきます。

再就職手当をもらい損ねた!何かペナルティーはある?

再就職手当をもらうためにはそのための申請が必要となります。

ですが、申請をせず、手当をもらわなかったといって何か問題があるわけではありません。

条件がそろっていて、もらえるので希望をする人は申請をする…ということなので、必要ない人や、ハローワークに行って申請するのが大変という人は申請をしなくても構わないのです。

申請がないからとハローワークから催促が来たりもしないので、安心してください。

【申請を忘れてしまった場合】
もし、再就職手当の申請期間でもある1ヵ月以内に申し込めなかった場合は、1ヵ月過ぎるからと諦めるのはまだ早いです。

どうしても手当が欲しい!と思っている人は、1ヵ月以内に申請ができないことをハローワークへ連絡をしましょう。

というのも、再就職手当の申請期間は1ヵ月となっていますが、この申請の有効期限は2年間あります。

そのため、前もってハローワークへ連絡を入れておけば、1ヵ月を過ぎても申請をし、手当をもらうことができるのです。

【再就職手当の申請中に仕事を辞めることになった場合】
新しい仕事を始めたとしても、何かのトラブルや、やむを得ない事情ですぐに仕事を辞めることになることがあるかもしれません。

この時、再就職手当の申請をしていたのであれば、すぐにハローワークへ連絡をしましょう。

退職したのが、失業保険をもらっていた時に退職した日から1年以内であれば、まだ失業保険受給の権利が有効となっています。

そのため、残っている失業保険分を引き継いで受けることが可能となります。

試用期間があっても再就職手当はもらえる?

就職先が見つかり、その会社に試用期間があった場合でも再就職手当はもらえます。

試用期間中に雇用保険に加入できずとも、試用期間後に1年以上の雇用が見込まれ、雇用保険にも加入できるのであれば問題ないのです。

ハローワーク以外で就職先を見つけても大丈夫?

先の「給付制限のある場合は紹介元に制限がある」でも話しましたが、手当を受けるための条件にハローワークや職業紹介業者の紹介での就職が対象となります。

さらに、失業保険を受け取るための待期期間を完了していなければなりません。

そのため、この対象であればハローワーク以外で就職先を見つけても、手当をもらうことはできます。

ですが、この条件で重要となるのが「会社都合」「自己都合」による退職です。

【会社都合での退職】
再就職手当を受けるための条件が揃っていれば、ハローワーク以外で就職先を見つけても問題はありません。

【自己都合での退職】
給付制限期間内にハローワーク以外で就職先を見つけてしまうと、条件に当てはまらなくなってしまいますので再就職手当を受けることができなくなってしまいます。

この期間を過ぎれば問題はないので、給付制限期間を完了してから見つけるようにしてください。

就活で悩んでいる方は人材サービス会社とハローワークの利用がおすすめ

就職先を探す方法は様々ありますが、自分一人で仕事を探すのは大変です。

そんな時は、就職サポートをしてくれる人材サービス会社かハローワークに相談してみましょう。

人材サービス会社では、専任の担当者がついてくれて、様々な仕事の中から最適な仕事を紹介してくれます。

希望に合った仕事の紹介だけではなく、履歴書の書き方や面接の練習なども行ってくれる会社もありますよ。

人材サービス会社に相談をするなら、派遣会社ウィルオブがおすすめです。

派遣社員として紹介するだけでなく、正社員を目指す方を支援するサービス「Chance Work(チャンスワーク)」もあるため、幅広い働き方の提案ができます。

ハローワークでは、手当を受け取る手続きなどをする必要がありますので、訪れた際に求人を確認してくると良いでしょう。

ハローワークについてもっと詳しく知りたい場合は「社会人として知っておきたい!ハローワークが持つ機能とは?」をご覧ください。

どちらも無料のサービスなので、早く就職したいという方はどちらのサービスも利用してみましょう。

派遣社員に再就職手当はある?

派遣社員とは、派遣会社が雇用主であり、そこから各勤務地へ派遣されて働く雇用形態です。

そんな派遣社員もほかの正社員などと同じように再就職手当を受け取ることができます。

再就職手当を受け取る条件の中に「1年を超えて勤務することが確実であること」があります。

(参照元)ハローワーク「再就職手当のご案内」

派遣社員の場合、雇用契約書兼就業条件明示書には数ヶ月の契約期間が記載されていることの方が多いため、対象にならない、と思う人もいるかもしれません。

ですが、実は「更新の可能性あり」などと記載されている場合は再就職手当の受給資格があると認定されることがあります。

正社員などの無期雇用への就職はなかなか難しい場合には、長期的に働ける可能性のある派遣社員として就職するのも一つの選択肢です。

ただし、明らかに期間の決まった短期の派遣の仕事である場合や紹介予定派遣の場合は、再就職手当が受け取れない可能性が高いので注意してください。

紹介予定派遣の場合は、派遣会社から雇用元が変わる可能性があるためです。

アルバイトやパートに再就職手当はある?


正社員からアルバイトやパートへ転職するのはよくあるケースです。

条件を満たせば雇用形態に関係なく再就職手当がもらえると話しましたが、実はアルバイトやパートの場合は、条件を満たせないこともあります。

それは、「雇用保険の被保険者として1年以上勤務することが確実」であるかを証明できないことがあるからです。

この条件が満たせなかった方は、再就職手当ではなく、就業手当をもらえる可能性があります。

就業手当は、再就職手当の支給対象とならない形態で就業した場合に支給されるものです。

基本的な要件は再就職手当と同じですが、パートやアルバイト採用が決まるタイミングと、支給額に違いがあります。

パートやアルバイトが決まったときに、基本手当の支給残日数が3分の1以上あるか、45日以上ある場合に、就業手当が支給されます。

また、支給額は支給残日数×基本手当日額×30%で、一日あたりの支給額の上限は、60歳未満で1,858円です。60歳以上65歳未満の場合は、1,503円です。(令和2年8月現在。毎年8月1日に変更)

再就職手当をもらったら

再就職手当にしろ、失業保険にしろ、受け取ったらどのように使おうと考えていますか?

前職の蓄えがない場合には、それが生活費の足しになると言う方も多いでしょう。

せっかく再就職が決まったのですから、有効に使う方法を事前に考えておくと無駄になりません。

再就職の準備に使う:身だしなみを整える

再就職が決まって給付される手当なので、使いみちのひとつとして再就職の準備に使うという方法があります。

これまで、きちんとしたビジネススーツを持っていなかった方であれば、次の職場に来ていくビジネスに即したスーツを用意するのも良いでしょう。

ファッションに無駄遣いをするのではなく、身だしなみを整えて心機一転新しい環境に立つ、ということが目的であることを忘れないようにしましょう。

どういった服装が良いのか、こちらの「知っておくだけで失敗を9割回避! 新社会人の服装マナーとお役立ち情報」でポイントを紹介しているので、あわせてご覧ください。

再就職の準備に使う:予備知識をつける

また、次の職場で必要となる知識を蓄えるために書籍などを購入するのも前向きな使い方と言えるでしょう。

いくら未経験とはいえ、新しい職場の人が指導してくれる内容があまりにもちんぷんかんぷんでは心象が良くありません。

頭でっかちにならない程度に予め勉強しておくことで、「お、やる気のある人だ!」と思ってもらえるチャンスにつなげましょう。

おすすめしない使い方

再就職手当を受け取って、今後の自分にとってプラスな使い方ができるか、それとも無駄遣いしてしまうかによって将来は大きく変わってくると言っても過言ではありません。

せっかくの再就職手当も、今後の自分のキャリアのためや、生活のために使わず、友人との就職祝い(食事・プレゼントなど)に使ってしまったり、使途が不明のまま使い切ってしまった…という事態では、せっかく次の就職先が決まってもお先真っ暗です。

確かに、再就職手当は就職が決まった人に向けた「お祝い金」ですが、何のために給付されている手当なのかをよく考えた上で使いましょう。

ポジティブに使えた人は、今後のキャリアにおいてもポジティブな結果が待っていると思いませんか?

株式会社ウィルオブ・ワークは全国で正社員を採用中!

再就職手当を受け取るかをしっかり判断

これまで、再就職手当の金額や受け取る方法について説明をしてきました。

ですが、人によっては再就職手当を受け取らない方が良い場合もあります。

失業保険を最後までもらうか再就職手当をもらうか

失業保険を最後までもらうことにこだわると、せっかくの再就職のチャンスを無駄にしてしまいます。

「退職したのだから、しばらくはゆっくりしたい」と思うのは当然のことですが、半年も無職の期間が続くと、完全に昼夜が逆転してしまうなど、再就職してから生活を立て直すのが難しくなります。

いっそのこと、再就職手当という名の「お祝い金」を励みにして、早期の再就職を目指してみてはいかがでしょう。

支給残日数の3分の2を残して再就職したとしても、支給日数が90日なら、およそ1ヶ月の無職期間があることになります。

息抜きするには十分な期間と考える人も多いのではないでしょうか。

さまざまな制度をきちんと把握しておくことの重要性

この記事をここまで読んで、再就職手当をもらうか、失業保険を最後までもらうか迷っている方も多いことでしょう。

どちらを選ぶと良いかは今後のキャリア選択によっても異なるので一概には決めつけられませんが、制度をきちんと把握しておくことはどのような状況下でも重要です。

この記事にたどりつくまで、「再就職手当」というものを知らなかった方も少なくないはずです。

一般的に、仕事をやめたときに受け取れる失業保険は誰しもこれまで聞き覚えのある言葉であるかと思いますが、「再就職手当」はそれほどの認知をされていない印象です。

知らないままであれば選択肢もないままに「失業保険」を最後まで受け取ってしまっていたであろう方も、この記事に触れることでその他の選択肢もあるということに気が付かれたはずです。

仕事をしていない期間は、誰しも不安を持ちながら過ごすものです。

次の仕事に出会うまでの間の生活費はもちろんのこと、転職活動をするのにも費用が伴います。

お金の心配を少しでも減らし、ストレスの少ない中で職探しができたほうが、よりよい条件の仕事を見つけるチャンスにも恵まれるでしょう。

また、「再就職手当」を受け取れると知れば、その気持ちによって、より前向きに再就職に対して動ける人も多いものです。

知らないでいるにはあまりにももったいない制度だと思いませんか。

仕事をやめて期間が空くことはこれからもあるかもしれません。

その日のためにも、今一度給付金をはじめとしたさまざまな制度についてよく知っておくと良いでしょう。

あまり知られていない制度も実はたくさんあります。

おわりに

再就職手当も、就業手当も、制度があることを知っているのと知らないのでは、再就職にかけるやる気がぐっと違ってきます。

もしも早めに転職先が決まったらいくらもらえるのか、自分の基本手当から計算してみましょう。

「再就職手当がもらえたら、ご褒美にあれを買おう」などと想像して転職活動に臨めば、モチベーションアップにつながりますよ。

再就職にはぜひスタッフ満足度No.1の人材派遣会社ウィルオブをご利用ください。

もちろん、再就職手当も手に入りますし、様々な職種からあなたの希望に合った職をご提案します。

自分が希望する働き方ができる仕事を早く見つけたい方は派遣がおすすめ
再就職手当をもらうには、条件を満たすだけでなくできるだけ早く就職する必要があります。派遣会社であれば条件に沿う仕事を紹介してもらえるだけでなく、早くに仕事を見つけることができます。

今なら、4月に向けて求人数も増えている時期なので、より幅広い求人情報の中から自分に合う仕事が見つかりますよ。
まずはここから登録