派遣社員で働くメリット・デメリットとは?派遣社員の役割についても紹介

派遣社員という働き方は、他の雇用形態と比べて少し特殊なので、よく分からない方がいるのではないでしょうか。

ここでは、派遣社員として働くメリットとデメリットについて解説していきます。

また、企業側が何故派遣社員を必要とするのかについても説明していくので、派遣社員について知りたい方も、派遣社員を目指している方も是非ご覧ください。

派遣社員は自由な働き方を選べるのでプライベートと仕事の両立が可能です
派遣社員とは、派遣会社から派遣先企業に出向いて勤務する働き方です。そのため、勤務時間や希望条件に沿う仕事を探すことができます。

派遣会社ウィルオブでは、多くの求人情報の中から、希望に沿った仕事を提案させていただきます。将来に対する希望や不安などを相談もできるので、安心した環境で仕事ができますよ。
気になる方はこちらから登録

派遣社員とはどんな働き方?

まず、派遣社員とはどういった働き方をするのか、他の雇用形態とは何が違うのかを知っておきましょう。

メリットやデメリットを、より深く理解することができますよ。

こちらの「派遣社員とは?正社員との違いや仕組み、給与、メリットデメリットを解説」で詳しく解説していますので、派遣社員で働きたい方は合わせてご覧ください。

派遣社員とは

派遣社員は正社員やアルバイトなどの他の雇用形態と大きく違うのは、雇用主が誰なのかです。

正社員やアルバイトの雇用主は勤務先企業ですが、派遣社員の場合は派遣会社が雇用主となっています。

派遣社員は、派遣会社に紹介された企業で勤務していくのですが、これは派遣先企業と契約していることにはなりません。

正確に説明するなら「派遣会社の社員として企業で働くために派遣される」となり、あくまでも契約は派遣会社と結ばれているのです。

なぜ企業側は派遣社員を必要とする?

続いて、企業側にとって派遣社員とはどのような存在なのかを理解しましょう。

企業側が派遣社員を求める理由は主に以下の理由の場合が多いです。

  • 人員不足
  • 人件費削減
  • 業務の効率化
  • 新たな視点からの提案

業界によっては繁忙時期があり、その時期だけ人員を増やしたい企業では派遣社員を活用しています。

また、特定の業務の人員を増やしたい、という企業もあります。

他にも、新たな事業を始めるために、別の業界で仕事をしていた経験を持つ人からの業務提案やアイディアを期待するときもあるのです。

派遣社員は、業務が限定されていることが多いので、企業が強化したい業務に派遣社員を採用しているのです。

派遣社員に向いている人


派遣社員は他の雇用形態に比べると、特殊な働き方と言えます。

そんな派遣社員として働くのに向いているのはどんな人かを紹介します。

  • 副業をしたい
  • 短時間、短期間で働きたい
  • 自分のやりたい仕事に専念したい
  • 色々な職場で仕事の経験を積みたい
  • やりたい仕事を探したい

正社員だとフルタイムで働いたり、残業を必要とすることもあるので、会社に拘束されることが増えます。

ですが、派遣社員は派遣先企業との契約期間が定まっているので、派遣先企業に拘束されることがほとんどありません。

勤務時間なども、派遣会社と相談して希望する時間や日数で働けるので自由度が高いのです。

空いた時間で働きたい、自分のペースで仕事をしたい、将来の為に経験を積みたいといったような希望を持つ方に向いている働き方と言えるのです。

派遣社員のメリット

派遣社員として働くメリットについて紹介していきます。

未経験の仕事が多い

企業側が派遣社員を必要とする理由でも書きましたが、繁忙期による急激な人員不足の解消のためであれば、なるべく求人の間口を広げて人材を確保したいものです。

未経験でも受け入れることにより、短期間で必要人数の人材を確保することを可能とします。

そのため、未経験から始められる仕事を多く扱っている会社が多いのです。

初めての業界や職種で正社員の仕事を探すことに不安がある方は、まずは派遣社員で仕事経験やスキルを身に付けていくことをおすすめします。

自分の業務に専念できる

派遣社員は、自分が担当する業務が仕事を探す時点で決まっています。

正社員であれば自分がやるべき業務以外にも任されることがあるのですが、派遣社員はそういったことがほぼありません。

ただ、業務に必要なことであれば頼まれることがありますので、自分が無理しない範囲で仕事を受け入れるか、断るかの判断をしてください。

もし、担当業務以外の仕事を頼まれることが多すぎる場合は、派遣先企業に直接言うのではなく、まずは派遣会社に相談をしましょう。

勤務時間や出勤日数を決められる

自分の生活に合わせて勤務時間や出勤日数を希望し、それに近い条件の仕事ができるのが派遣社員の大きなメリットの1つと言えます。

そのため、給料は働いた分だけ発生する時給制が多いのです。

求人情報の中には、どうしてもやりたい仕事があっても時間を短くしたい、といった少しだけ条件が合わない場合もあります。

そのときは、派遣会社から求人情報を出している企業へ勤務条件の交渉を行ってくれるので、諦めずに派遣会社に相談をして自分がやりたい仕事を探してください。

会社のしがらみがない

派遣社員は、派遣会社から派遣されて仕事をする社員です。

そのため、派遣先企業の規則に従ったり、飲み会などへの参加義務などはありません。

派遣期間によっては短期間となるので、人間関係のストレスや会社のしがらみなどを気にせず働けます。

派遣社員から正社員を目指すことも可能

実は、派遣会社によっては派遣社員から正社員を目指せることもできるのです。

仕事に自信がつき、そろそろ正社員として働きたいと思ったら派遣会社を辞めるのではなく、派遣会社の担当者に相談をしてください。

すると、派遣会社によっては「紹介予定派遣制度」を利用できます。

紹介予定派遣制度とは、一定期間派遣社員として勤務し、その後派遣先企業と派遣社員の合意があれば直接雇用に切り替えることができる制度です。

将来的に正社員になりたいと思っている方は、この制度を適用している派遣会社を選ぶようにしましょう。

また、派遣社員から正社員になるためにはどうすればいいのか、こちらの「派遣社員から正社員になるには?派遣で働きながら正社員を目指す方法」でも解説していますよ。

派遣社員のデメリット

ここからは、派遣社員のデメリットについて紹介していきます。

時給制である

派遣社員はほとんどの場合、時給制なので働いた分しか給料はもらえません。

そのため、祝日などの休みが多い月や短時間勤務の場合は、正社員との給料差が大きく出てしまいます。

だからこそ勤務時間や出勤日数を調整しやすいのですが、働き方によってはあまり多くは稼ぐことができません。

アルバイトより時給が高く設定されていることは多いですが、ボーナスなどがある正社員に比べると年収が低くなることもあります。

契約期間に上限がある

派遣社員は一定期間ごとに契約を更新するかの面談があり、契約更新となればそのまま働けるのですが、更新しない場合は契約満了で別の仕事を探さなくてはなりません。

しかし、契約をずっと更新すれば同じ会社でずっと働けるわけではなく、派遣労働法で同じ職場や部署で働ける期間は最大3年までと定められています。(通称:3年ルール)

つまり、同じところでは派遣社員として働けるのは3年までであり、それ以上働く場合は派遣先企業との直接雇用が必要となるのです。

どれだけ良い職場でも面談で契約が更新されなければ契約は終了、更新出来たとしても最長3年までと決まっているので、安定した仕事を望むことは難しい働き方と言えます。

派遣3年ルールについては、「派遣3年ルールの概要は?メリット・デメリットや働き方6つのコツを紹介」で詳しく解説しているのであわせてご覧ください。

解雇される可能性が高い

派遣社員は、派遣会社から派遣された社員なので、極端な言い方をすれば派遣先企業の社員ではありません。

そのため、派遣社員がいなくても自社の社員だけで十分やっていけるとなれば、契約満了で解雇されてしまうのです。

解雇される可能性は正社員に比べて高いと言えるので、安定した仕事をしたい方は、企業との直接雇用をする雇用形態で働くと良いですよ。

福利厚生がつかないこともある

派遣社員には、ボーナスや交通費支給などの福利厚生がつかないことがあります。

この福利厚生は、雇用主となる派遣会社で定めている規則で決められているので、派遣会社を選ぶ際に福利厚生を適用されるかを確認しておきましょう。

やりがいが感じづらい

派遣社員は、正社員に比べて責任が少ない仕事を任されることが多いのです。

自分が担当する業務への責任感があるので、自分の業務をこなすことでやりがいを感じる方であれば楽しい働き方と言えます。

ですが、短期の契約となる可能性もある派遣社員に大きな責任をともなう仕事を任せるわけにもいかないので、責任感からくるやりがいを感じることは少ないでしょう。

やりがいを感じづらい仕事だと長く続かず辛い方には、派遣社員は向いていない可能性があります。

自分の生活に合わせて働ける


これまでメリットやデメリットについて話をしてきました。

派遣社員は正社員と違って給料が低めであったり契約期限などの縛りがあって仕事が安定しない働き方と言えます。

しかし、その分正社員にはできない自由は働き方ができるのが、派遣社員ならではのメリットです。

勤務時間や出勤日数などを自分の生活に合わせて調整し、プライベートと仕事を無理なく両立させられますよ。

また、仕事に関しても派遣会社の担当者が相談に乗ってくれたり、何かあれば派遣先企業に話を通してくれるので、安心して働けますよ。

派遣会社ウィルオブでも、派遣社員への仕事に関するサポートはもちろん、派遣社員から正社員を目指す紹介予定派遣制度も適用しています。

まとめ

いかがでしょうか。

派遣社員は他の雇用形態にはない自由な働き方ができ、自分がやってみたい仕事に挑戦しやすい働き方と言えます。

メリットやデメリットをしっかり理解をし、自分が派遣社員として働くことに向いているかをしっかり考えましょう。

正社員になりたい方も、経験を積んだりスキルを磨いたりするために派遣社員という働き方を選択肢に入れてみてくださいね。

派遣会社として働きたくなったらウィルオブへ登録してみませんか?
派遣社員の働き方は勤務時間や出勤日数などを自由に選べるので、仕事とプライベートの両立が可能です、もちろん、何か資格取得を目指す方も勉強する時間を確保しやすくなりますよ。

派遣会社ウィルオブでは、なるべく希望に沿った働き方を提案できるよう、1人ひとりに対する面談や研修などサポートをご用意しています。
ウィルオブへの登録はこちら