履歴書の特技が書けない!自分に合う特技の見つけ方や特技の書き方を紹介

履歴書を目の前にして、「さて、何を書こうか」と悩んだことはありませんか。きっとつまずくのは、「特技」の欄ですよね。ですが、特技は誰もが持っているものです。自分には何もないと思いこまず、自分を見つめ直せばきっと見付かります。

そこで、表現に迷いがちな特技欄の書き方や例文の紹介や、特技が思いつかないときの対策方法を紹介していきます。これから履歴書を書こうとしている方の参考にもなると思うので、是非ご覧ください。

「これが私の特技!?」無料で客観的なアドバイスがもらえます
特技というと「全国大会で優勝」「特別な賞を受賞」などすごく難しいことを書かなければいけないと思っていませんか?実は、「話し方」や「表情」「日常のちょっとした習慣」など些細なことが他人からは「あなただけの特別な特技」と見られる場合があります。 人材会社のプロに第三者視点で見たあなたの特技を見つけてもらうのもオススメです。
特技を見つけるお手伝いも無料!『ウィルオブ』

目次

特技欄はなぜ必要?

特技を書くのが苦手は人にとっては「なんでこんな項目があるの?」「仕事と関係ないよね?」と思われるかもしれません。ですが、この項目は意外と必要となります。ここでは、履歴書に書く特技の意味を説明していきます。

応募者の人柄が見える

その人が何を特技にしているかで、その人がどういう人なのか、何を得意としているのかが見えてきます。また、質疑応答だけの面接では緊張してしまい、その人の人柄が見えてきません。
応募者の特技の話をすることによって少しでもその人らしさを見ようとするときにこの特技を話題に出します。

面接の空気の緩和

面接となると、応募者はその会社で採用されたいと思い、面接官は応募者を見極めなければと互いに緊張してしまうものです。
そこで、堅苦しい質問ではなくこうした特技を聞いて応募者の好きな話題を出すことで面接の空気の緊張がほぐれます。面接官も、応募者が話すことをきっかけに話題を広げればその人の内面が見えてきてより一層人となりを理解することができます。

つまり、この特技というのは応募者にとっては緊張をほぐしつつ自分の個性を見せる場となり、面接官にとっては応募者の表面的な部分だけでなく人となりを見て判断することができるようになる重要な質問材料なのです。

履歴書の特技の欄は何を書くべきか迷う

氏名や住所など、考えずとも事実をただ書き入れれば良い箇所と異なり、「取り立てて、特技なんてないんだけどな…」と思ってしまう人は多いでしょう。また、「こんなことを書いて、自慢していると思われないだろうか?」と考えてしまう心境も分かります。特技欄の書き方って、本当に難しいですよね。

しかし、自分をしっかりアピールするためには、この特技欄も面接の武器にしなければなりません。どんな特技が面接官の心を突き動かすのか、それは、仕事をするうえで、またコミュニケーションをするうえで役立ちそうな特技です。そして、その特技にどれほど入れ込み、どんな成果を残したかをも、人事は見ています。

「かといって、人に見せられる成果なんてなにもないし」と落ち込む必要はありません。コツをつかめば誰でも効果的な書き方をマスターできます。

履歴書の特技の書き方

履歴書の特技の書き方には、コツがあります。それは、「読書」「映画鑑賞」など、特技そのものだけでは終わらせないことです。文章を書きましょう。

得意であることが思い浮かぶようなエピソードや、その特技がどんなことに役立つかを添えるのです。特技欄を読んだ人の心が、どう動くかをイメージしながら作成するのが大事です。

「このユニークさ、便利かも」と思わせる特技

例えば、面接官に「こういう仕事のときに、この人がいてくれたら便利かもしれない」と思わせれば、他の求職者よりもかなり優位に立てるでしょう。

英語はその典型的な例ですが、特技としては地味に見える書道も、手書きの添え状を書くときなどに重宝されます。デジタル時代の世の中で、手書き文字に自信の持てない人が増えているためです。

もしたとえ短期間だとしても書道を習った経験があったり、その経験を生かして何かしたことがあるのであれば、その旨を書きましょう。ただし、あくまで社会人になってからの内容に留め、「小学○年生のときに○○入賞」というような内容を記載しないほうが無難です。

「コミュニケーションに役立つ」と思わせる特技

営業はもちろん、他の職場でも、コミュニケーション力は社会人必須の能力として注目されています。カラオケや一発芸、ダンスなどは、かなりの高ポイントです。

すみずみまで声がよく通りそうな演劇、接待に使えるゴルフなど、趣味程度でもいいのです。「こんな場面で役立つ」または「役立った」と、具体的に書きましょう。

潜在能力を匂わせる特技

1つのことに打ち込める集中力、長く続ける持続力、高い成績を上げられる能力は、面接で高く評価されます。スポーツなどで突出した実績を持っていればもちろんですが、たんに長く続けていることも、特技と数えていいのです。

ジャンルは問いません。特技を書いたあとに、「○年続けています。長く続ける力は誰にも負けません」などと添えましょう。

特技の見つけ方

特技と言い切ることは難しいことです。何を基準にして言って良いのか、周りと比べたときに自分は特技と胸を張っていいのか、などのように悩んだことがあるのではないでしょうか。目に見えた点数があるわけでもなく、自分の匙加減で決まってしまうようなものです。
そこで、どういった場合に特技と言っていいのかなどの目安を挙げていきます。自分に合った目安を見つけ、特技を見つけていきましょう。

好きなことや時間をかけられること

まず、一番わかりやすいのは自分が好きなこといつまでやっても飽きないようなことです。
誰かと比べるものではなく、好きだから詳しい、好きだからずっと続けられたというものが自然と特技になっていたりするのです。また、好きであるからこそいろいろ調べたり経験をして詳しくなる。それだけでも十分特技になります。
ただし、あまりにマニアックすぎる内容ですと相手に引かれてしまう場合がありますので、ご注意ください。

経験してきたことを思い出す

今まで生きてきた中で「あれ、これは苦痛ではなかったな」「意外と好きだったのかも」と思い当たることがいくつかあるかもしれません。そうであれば、それは自分に合っている可能性があります。
それがもし、仕事で生かせるようなことであれば大きな特技となり、強みにもなります。あまり意識していないものの中に特技が隠れていたりするので、一度人生を振り返ってみてはいかがでしょうか?

説明ができる

人に聞かれ、それについて説明ができるということは、それだけ興味を持って深く理解し、意識していたからです。つまり、そのことについてはほかの人よりも詳しく自分が得意とする分野だと言えるでしょう。
たとえば、料理のレパートリーが多かったり、調理過程での技術について詳しく説明できる人は、すでにその「料理」というものを特技と言えます。このように、誰かに聞かれてすんなり説明できることで特技を見つける場合があります。実際に何について説明できるかを試してみてください。

実際に経験する

イマイチ特技と言うことに不安を感じるのであれば、実際に経験してみましょう。
読書であれば本を読む、スポーツであれば運動をするなどの経験です。やってみることで改めて得意だと認識し、納得して特技と言えるようになります。また、それが初めてのことであればさらに経験を積んだり知識を得たりし、自分のものにしていくのも自分の幅が広がるのでおすすめします。

特技が思いつかないときの対策

何の特技も思いつかないのであれば、他人に聞くのが一番です。親や幼いころからの友達に、「自分の特技って何だろう?」と尋ねてみましょう。「早起き」「人の顔を覚えるのが早い」「皿を洗うのが早い」など、自分自身では意識していない、意外な答えが返ってくるでしょう。

「そんなもの、特技でも何でもない」と思うでしょうか。意外と、何でも面接に有効な特技に変えられるのです。次項で例文をご紹介します。

履歴書の特技の例文と解説

早起きを特技として時間の正確さ、誠実さをアピール

特技:早起き
小中高と、一度も親から起こされることなく、無遅刻でした。1人暮らしを始めた大学生活でも、寝坊したことはありません。慌てて家を出ませんので、忘れ物をしたこともほぼありません。

「無遅刻」という響きは誠実で時間にシャープな人物である印象を与えます。ビジネスの場面で時間を守るのは至極当たり前のことですが、絶対に守れると言い切れる人物は稀です。子供の頃からそれを体現してきているということは大きなアピールになります。

人の顔を覚えるのが早いのを特技として、営業能力の高さをアピール

特技:一度見た人の顔と名前を忘れない
誰かの顔を思い出せず、失礼をしたという経験がありません。人ごみのなかでは、必ず私のほうが先に相手を見つけます。

IT化が著しく進み、30年前のビジネスと比較すると圧倒的に対面の機会は減っていると言えます。

お客様に直接お目にかかる機会が減っているからこそ、特に営業職や接客に携わる方であれば、一度会っただけで名前と顔を覚えることができるとそれだけでビジネスにおいて秀でているとも言えます。

皿を洗うのが早いのを特技として、処理能力の高さをアピール

特技:皿を洗うのが早い
何事もテキパキと終わらせるのが好きで、とくに皿を洗うのが早いと友人や家族に言われます。コツをつかんで最短で仕事を仕上げるのが得意です。

ビジネスにおいて、ていねいに仕上げることはとても大切です。しかしながら、厳しい競争社会の中で、いくらでも時間を使っていいという現場は稀でしょう。

期待を裏切らないクオリティの仕事を、できるだけ短時間でできてこそ優秀さが発揮できるという点で、テキパキと物事を進めることが得意であることは大きなプラスです。

文章を書くのが苦手なら箇条書きがおすすめ

もし、文章を書くのが苦手な方や特技が複数ある方は、箇条書きでまとめることをおすすめします。
よく、文章でくわしく書かないといけないと思われがちですが、実はそんなことはありません。この特技欄は、何が特技であり、どういったことができるかが分かれば良いものです。

つまり、以下のような書き方ができます。

  • 英会話(大学時代に半年ほど海外留学を経験しています。)
  • 料理(余った食材などを自分なりに工夫して作ることが楽しく、毎月節約に役立っています。)
  • バスケットボール(高校時代にバスケットボール部に所属しており、今でも週末にチームメイトと試合をしています)

このように、要点が書けていれば相手に伝わります。
無理に文章にしたり、無駄に長く書こうとすると、逆に読みづらくなって相手に伝わりにくくなってしまいます。相手にいかに分かりやすく伝えるかに、重点を置いて書くように心がけましょう。

特技の一例

では、どういったものが特技となるのか、いくつか例を挙げつつ特技の例を一覧にしてみましょう。

安心の定番となる特技

    • 料理
    • 読書
    • スポーツ
    • コミュニケーションをとること

など

これらの特技は、様々な場面で使えて社会的にも必要となる場合が多いものです。専業主婦をしていて社会経験が少なく履歴書に書くことが思いつかないというパートの人でも、料理や読書といった仕事経験に左右されないのでおすすめです。困ったときは特技として検討してみましょう。
ただ、定番とも言える特技である一方、特技として挙げる人が多いので、周りに埋もれてしまわないようご注意ください。

特に社会で役立つ特技

    • PC操作が得意
    • 掃除
    • 書道
    • 物事をきちんと整理できる

など

こういった社会に出ても役立つ特技というのは、重宝されます。会社側にとっても、一から教えるときに手間にならないような人材の方が即戦力となるので採用される確率が高くなります。
たとえば「掃除」と書いたとしましょう。清掃業であればもちろん必要となりますが、それ以外でも役立ちます。掃除ができることを言い換えれば「身の回りの片づけができる」「整理整頓ができる」となり、つまりは清潔感があると言えます。人と接するのに清潔感は大切なことになりますので、印象が良くなります。
このように、別視点で見て言い方を変えて説明するのも特技としてアピールできるのです。

話の輪が広がる交流で役立つ特技

    • ハンドメイド
    • スポーツ
    • 釣り
    • ブログ
    • 旅行の計画を立てるのが得意

など

直接的に仕事で役立つということではないが、人となりが見えてくる特技もよく見られている場合があります。自分が経験したことや相手からの話を聞くことでさらに知識が広がり、周りとの交流も円滑になるので会社の人と慣れるきっかけにもなります。

性格から見つける特技

    • 何事も前向きにとらえられる
    • わからないことはとことん追求する
    • 集中力がある
    • 負けず嫌いで困難なことでも立ち向かえる
    • 行動力がある

など

これらは特に何がというものではなく、自分の性格から導き出す特技です。ただ自分の性格をいうのではなく、そこからどういった結果がだせるかを説明することで特技となります。
集中力があるという性格の場合であれば「自分は何か作業を始めると時間を忘れて没頭してしまうほど集中力があり、学生時代でも騒がしい中で勉強に専念できました」などという説明を加えることでアピールとなります。

履歴書の特技欄を自己PRに活用しよう

以上のように、特技欄に書くべきなのは、なにも輝かしい実績があるものばかりでなくてよいのです。長く続けている趣味や、他人から見た長所などを特技に変えてしまって構いません。

ポイントは、どんな特技も自己PRにつなげることです。仕事内容や、会社の求める人物像をよく見極めて、印象に残る特技欄を作り上げましょう。

あなたの魅力、ウィルオブで活かしてみませんか?
株式会社ウィルオブ・ワークは全国で正社員を採用中!

履歴書に書かないほうがいいNGな特技

ここまで読んで、履歴書の特技欄に何を書くかだいたいのイメージはできましたか?「これにしようかな…」なんて思いついたものがあったとしても、もしかしたらそれは一般的にはあまり良い印象を与えないものかも知れないので予めチェックしておきましょう。

履歴書ではNGな特技:ギャンブル

「日常のストレスをパチンコやスロットで発散しているうちに、自慢できるほどの腕前になった!」という方も少なくないかも知れません。

確かに、日常のストレス発散にギャンブルを趣味としている方はいらっしゃいますし、そのこと自体が悪いと決めつけてはいけません。

しかし、それが採用可否を決める場面だとしたらどうでしょうか。普段は熱心に仕事をして結果を出してくれても、その収入がすべてギャンブルに使用しているのでは?と思われてしまっては、せっかくの好印象も台無しです。

了見が狭く感じられるようにも思えますが、“ギャンブル好き”という印象はあまりポジティブに働かなさそうですよね。

履歴書ではNGな特技:ゲーム・アニメ・マンガ

ギャンブル同様、ゲームやアニメ、マンガを読む趣味そのものが悪いわけではありません。しかしながら、どれもあまりコミュニケーションやチームワークを必要とする趣味・特技ではないため、面接官によっては内向的でインドアすぎる印象を持ってしまうかも知れません。

また、採用するからには健康も自分自身できちんと管理することができ、バランス感覚に富んだ人物を選びたいというのが企業の本音でしょう。

会社にいる時間以外はすべてゲームに費やし太陽の光を浴びることはまずない、というような生活パターンが透けて見えてしまってはこれまた印象がよくありません。

ただし、エンタメ関連の職を志望している場合には「それだけ集中してゲームに打ち込むことができる」というポジティブな印象に繋がりプラスに働く場合もあるので、臨機応変に書き入れるかどうかを決めるようにしましょう。

履歴書に書く特技が思いつかない時に試して欲しい自問自答

特技を書き入れるためには最低限何かしら趣味のようなものが必要ですよね。ただ、それもあまりないという方もいらっしゃるでしょう。

また、深く突っ込まれた時に具体的に話ができるほどではないと思ってしまう場合もあります。そんな時には、以下のようなポイントをまとめておくとうまく乗り切れます。

どんなことで人に褒められたか

これまで、職場だけではなく学生時代でも何かしら人に褒められたことがあればそれをエピソードとして使い、特技として話せるようにしておきましょう。目立つポジションでなくても、サブの役割としてきちんと成し遂げたことがあれば良い特技になるでしょう。

自分自身では「大したことじゃない」と思っていることで謙遜している場合でも、実は他者からみたら素晴らしいこともあります。これを機に、他の人が褒めてくれた時を思い返してみましょう。

人に教えられること

なにか人に教えられるような技能があればそれはもちろん特技と言えるでしょう。語学やスポーツなど学生時代から取り組んできたものも良いですし、休日に楽しんでいる茶道や華道といった文化的なものも人間的な厚みを感じさせるので好印象につながりやすいです。

以前に比べ、企業は仕事に関する能力以外の人間としてのバランス感覚も重視するようになってきています。

オフのときに、どのようにしてリフレッシュしているのかという点も実は採用する上でよく見られています。普段の仕事とはまったく違った側面を持つ特技を持っていることは大きなプラスです。

面接時に話すことをまとめておく

特技をアピールするのは、履歴書だけではありません。面接で特技について話をすることがあります。
これは、履歴書だけでは拾いきれない特技とする理由や内容を掘り下げるだけでなく、話し方などから、どういった人柄で、どう話していくのかを見るためでもあります。

自分の特技について話すことは簡単だと思われるかもしれませんが、実は面接時の特技アピールは難しいものです。緊張している中で、自分の意見をきちんと伝えるためには、事前に要点をまとめておきましょう。

会社などのプレゼンや報告をする際にも同じことを言えますが、伝えなければならないことを分かりやすく説明するためには重要なポイントです。

もし、面接時に全く関係ないところで終わってしまうと、面接官は「どういうことだ?」と悩んでしまいます。
自分の話したいことが伝わっていないと分かると、焦ってしまうことも多くあります。どうしたら伝わるかと無理に話そうとすると余計な混乱を招きます。

相手に何かを伝える時に大切なことは「要点を簡潔に」することです。是非、面接をすると決まったら事前に話すことをまとめておいてください。

また、面接の際に印象を良くするポイントや、逆に嫌がられるポイントが「面接の自己紹介で印象をよくする7個のポイントと例文、嫌がられる自己紹介の例も紹介」で解説されています。面接に自信がない方は、こちらもあわせてご覧ください。

特技が複数ある場合は社風に合うものを選ぶ

もし、特技が複数あってどれを書けば良いか分からないのであれば、会社の雰囲気や仕事内容で選ぶのもおすすめです。

事務職の場合は読書や書道、エンジニア職の場合はゲームやプログラミング、販売職の場合は運動や人と話すこと、などのように仕事に繋がるようなものだと面接官の方に「うちの会社に合いそうだ」と感じてもらえます。

もちろん、無理に寄せる必要はありませんが、その方が好印象を与える確率が高くなるので、どの特技を選ぶか悩んだ際には参考にしてみてください。

おわりに

本当に特技が見つからない、という場合でも、「とくになし」と書くのはNGです。何かしら見つけるために、自分の生活を振り返ってみましょう。気づかなかった自分の特技を発見できれば、自信にもつながりますよ!

履歴書の作成が完了した方も、つまずいている方も、ぜひ人材派遣会社のウィルオブへご登録ください。より良い履歴書にするお手伝いをさせていただきます。また、様々な職種に多様性のある働き方が可能な求人をご用意しておりますので、あなたの特技を活かせる職場が見つかるかもしれません。

履歴書不要の働き方をご存知ですか?アルバイトでも正社員でもない派遣という働き方
アルバイトでも正社員でも履歴書は自分で作成する必要があります。でも実は「派遣社員」という働き方は、履歴書が必要ありません。 あなたの経験と希望を伝えれば、派遣会社の担当者が仕事を紹介してくれ、就業先へ履歴書に代わるレジュメの提出や交渉も行います。 働き方の選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?
履歴書不要の働き方を選ぶなら“ウィルオブ”